メニュー

MINI 世田谷:スポーツカーを乗り継いできたMINI好き女性SC

ミニスタッフ紹介|---

P1232616

全国のディーラーで働くセールスコンサルタントをご紹介

ミニディーラーは敷居が高い、そう思っている人はいませんか? 輸入車ディーラーの中には確かに敷居が高いお店もありますが、ミニディーラーは誰でも気軽に来店してもOK。でも、どんなスタッフがいるのか、気軽に話せそうなのか、気になりますよね。このコーナーでは全国のディーラースタッフを紹介していきますので、近隣のディーラーの気が合いそうな人を見つけて来店してみてください。

第10回は、東京都世田谷区にある「MINI 世田谷」でお仕事されている中野さんを取材してきました。中野さんは大学生時代のスカイラインに始まり、ホンダS2000などスポーツカーを乗り継ぎ、現在はクロスオーバーに乗っています。過去にはフランスに住んでいたこともあり、その当時はアルファロメオでフランスや近隣諸国を走り回った経験もある女性です。

こんな人が出迎えてくれます

MINI世田谷 中野 舞さん

MINI 世田谷

中野 舞さん

2013年ミニクーパーS クロスオーバーを所有。祖父の影響で車好きになり、大学時代にスカイライン、社会人になってからはアルファロメオ155やホンダS2000を乗り継いできた。ミニ歴はミニクーパー(R56)と現在のクーパーS クロスオーバーの2台。

MINI世田谷 中野 舞さん

車好きになったのは祖父の影響です

小さな頃から車好きだったんですが、それは車好きの祖父の影響でしょうね。よく祖父の車の助手席に乗せてもらい、あちこちに連れて行ってもらいましたから。ドライブ中にカッコいい車を見つけると「あの車、何て名前なの?」と祖父に尋ねていたのを覚えています。実家の近所に古いスカイライン(ケンメリ)を持っている家があり、「カッコいい車だなぁ…」と思っていました。大学に入って、スカイラインを買ったのはもしかするとその影響かもしれません。ターボ付きのスカイラインGTS-t Type Mというモデルで、MT車でした。今のミニはAT車ですが、ずっとMT車ばかりを乗り継いできたんですよ。

MINI世田谷 中野 舞さん

最初はトヨタのショールームに勤めていました

大学卒業後はトヨタに勤めていました。池袋にあったアムラックスというトヨタのショールームで、お客様に車輌の案内をしていたんです。一般的なセールスとは少し違い、そこではお客様に車の説明をするだけで、商談になるとディーラーを紹介してそちらでお話していただくスタイルでした。アムラックスでの仕事は楽しかったんですが、車の販売やアフターフォローまでを担当できなかったのが少し残念でしたね。

MINI世田谷 中野 舞さん

その後、トヨタを退社して3年ほどヨーロッパに住んでいたのですが、帰国後にBMW 東京(MINI 世田谷の運営会社)で働くようになり、最初はBMWディーラーで受付をしていました。そこで「中野さん、ミニのセールスをしてみない?」と声をかけてもらって、念願のセールスコンサルタントになったんです。BMWディーラーで受付をしていた頃から、他のセールスの接客をじっと観察していて「自分がセールスになったらこんな案内をしよう…」などとイメージトレーニングをしていましたが…。実際やってみるとイメージ通りにはいきませんでしたね。でも、念願の仕事だったのでそういう苦労も楽しかったです。

今、乗っているミニ:ミニクーパーS クロスオーバー

ミニクロスオーバー

ハッチバックのミニクーパー(R56)からクーパーS クロスオーバーに乗り換えたのはゴルフに行くことが増えたからです。ハッチバックでもゴルフバッグは積めますが、何人かでゴルフに行くこともあり、余裕を持って荷物が積め、後部座席もゆったりとしているクロスオーバーは今の私にはピッタリな車です。

昔はスポーツカーばかりを乗り継いできたのに車の好みが少し変わってきたんだな、と感じます。ミニに乗る前はホンダのS2000というオープンカーを2台乗り継いできたんですよ。実は私、バイクの免許も持っているんですが、自分のバイクを持ったことがありません。S2000はバイクのように風を感じられる車だというのもあって、2台続けて乗っていたのかもしれませんね。

* 関連記事:ミニクロスオーバー購入ガイド

お客さんとのエピソード

MINI世田谷 中野 舞さん

ブログを見たお客様に声をかけられるのが嬉しいです

念願叶ってセールスコンサルタントをはじめたのですが、実は異動で4年ほどセールスから離れていました。2014年にまたMINI世田谷に戻って来られた時は、「心機一転、またゼロから頑張ろう」と思っていたんです。昔、担当させていただいたお客様に電話すると「お、中野さん、戻ってきたんだね」と何人もの方からそう言っていただいて。

他メーカーの車に乗っている方もお店まで会いにきてくれたりしました。お客様とのこういう人間関係を求めてセールスの仕事を選んだので、「やっぱりこの仕事はいいなぁ…」と改めて感じています。昔、セールスをしていた時と比べるとミニのモデル数が増えていて、覚えることも多いですが、いいお客様に恵まれて毎日を楽しんでいます。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

MINI 世田谷

MINI世田谷は環状八号(国道466)と国道246号が交差する世田谷区瀬田にございます。最寄りの高速ICは「用賀IC」です。豊富な試乗車を揃えて皆様のご来店をお待ちしていますので、お気軽にお越しください。
住所:東京都世田谷区瀬田3-5-4
電話:03-5717-3332 | 営業:10:00 - 19:00 | 定休:火曜日

HP:公式サイト

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「MINI 世田谷:スポーツカーを乗り継いできたMINI好き女性SC 」 に関するページです。

ページトップへ