メニュー

歴代ミニのフロントマスクのデザインについて

ミニクーパー 購入ガイド|

ヘッダー

50年以上受け継がれてきた伝統のデザイン

1959年にミニが誕生し、クラシックミニからBMW MINIに代わり現在まで、ミニの伝統的なデザインは脈々と受け継がれてきました。クラシックミニからBMW MINIに変わった当初は「デザインが変わり過ぎ」や「いや、ミニらしさは受け継がれている」などさまざまな意見があったようですね。初代BMW MINIが登場して以来、現在までに3世代のミニが登場しましたが、ミニを知らない人が見ると各世代の違いがわからない、それほどデザインを受け継ぐことにこだわりを持っています。最近の車は伝統的な名前は受け継ぐものの、見た目は昔のモノとまるっきり違うことが珍しくありません。そういった車はデザインではなく走りのコンセプトを受け継いでいるはずなので、一概にそれがダメとは思いません。しかし、時代を経ても変わらないデザインの車って素敵だと思いませんか?

そこで今回は、クラシックミニを含めたミニのフロントマスクの変遷についてご紹介しましょう。クラシックミニと今の第3世代のデザインにはしっかりと受け継がれてきたモノがある、それを知り、もっとミニを好きになっていただければ幸いです。

ミニ3ドア、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

新旧ミニ。フロントマスクの共通点

mkrsedai
mkrsedainew

ミニ3ドア、5ドアで強調されたクラシックなフロントグリル

まずクラシックミニとBMW MINIのフロントマスクの共通点について。メーカーに確認を取ったわけではありませんが、現行の第3世代ミニ(ミニ3ドアや5ドア)は、クラシックミニの世界でMk-Ⅱグリル(下記参照)と呼ばれていた六角形のフロントグリルをモチーフにしているように見えます。第1、2世代までの高さの無いフロントグリルから、より主張の強いデザインに変わりました。一方の第1、2世代のフロントグリルは、クラシックミニでMk-Ⅰグリルと呼ばれている丸みを帯びたデザインをモチーフにしているように思えます。

クラシックミニオーナーの中でもMk-ⅠグリルとMk-Ⅱタイプの人気は2分しており、ヴィンテージなテイストが好きな人は美しいRのラインが特徴のMk-Ⅰグリルを好む人が多い印象です。

Mk-ⅡグリルとMk-Ⅲグリル

フレームが6角形のデザインのグリルにはMk-Ⅲと呼ばれるモノもあります。簡単に言うとグリル内を左右に走るバーが8本のモノがMk-Ⅱ、11本のモノがMk-Ⅲだと考えてください。細かく説明するとボンネットオープナーの穴があるタイプ(1992年以前)、無いタイプ(1993年以降)…などさらに説明が必要になってきます(笑)。この記事の本文ではMk-ⅡとMk-ⅢグリルをまとめてMk-Ⅱタイプと一まとめで紹介しています。

Mk-Ⅱタイプのフロントグリル

クラシックミニ Mk-Ⅰ さざ波グリル

クラシックミニ Mk-Ⅰ さざ波グリル

Mk-Ⅱタイプのグリルにもいくつかの種類がある

現在、日本で販売されているクラシックミニのほとんどは1990年代のローバー・ミニのインジェクションモデルです。これらに採用されているフロントグリルは、Mk-Ⅱタイプのグリルです。ローバー・ミニをMk-Ⅰ仕様に変更するのは、ちょっとした加工が必要です(取付後に見える穴などを綺麗に埋めないのなら、Mk-Ⅰグリルを加工無しで取付可能)。手間が掛かることもあり街中で走っているクラシックミニの多くは、Mk-Ⅱタイプのまま走っています。

なお、フロントグリルにはルーバーと呼ばれる細長いバーが設けられています(家の窓や壁にも似たデザインがあり、同じ言葉が使われています)。このルーバーのデザインにもいくつか種類があり、ほとんどはツルっとした直線のデザインですが、波打つようなデザインのルーバーが採用されているフロントグリルもあります。波打つデザインのルーバーは60年代のオースチン・セブン(初期のクラシックミニの人気モデル)に採用されていました。愛好家からは「さざ波グリル」と呼ばれています。

ヘッドライト

主張の強いヘッドライト形状

主張の強いヘッドライト形状もミニの個性の1つ

次にミニのデザインの特徴である大きくて丸いヘッドライトについて。最近の車は流線型や吊り目のヘッドライトが主流になっており、ミニのヘッドライトのデザインはそれだけで個性になっています。クロスオーバーやペースマンは丸いデザインではありませんが、それでも他メーカーのモデルのように細長いヘッドライトは採用していません。主張の強いヘッドライト形状もミニの個性の1つです。クラシックミニのヘッドライトと比べると、BMW MINIのヘッドライトは非常に大きく見えますが、それはボディの大きさとのバランスをとってのこと。現行のミニにクラシックミニのサイズのヘッドライトを取り付けると間違いなくバランスが崩れてしまうでしょう。

フォグランプ

フォグランプのデザインや配置

フォグランプのデザインや配置にもこだわりがある

BMW MINIがクラシックミニのデザインをしっかりと受け継いでいると思うのが、フォグランプのデザインです。クラシックミニではこの位置にウィンカーが取り付けられているのですが、BMW MINIでは第1世代を除いて、ウィンカーはヘッドライトに内蔵されています。しかし、クラシックミニのデザインを受け継ぐため、フォグランプをあの位置に、あのデザインで配置しているのでは、と思います。

ちなみに、クラシックミニのウィンカーはボディから張り出した非常に可愛らしいレトロなデザインです。街中で見る機会があったら間近で観察してみてください。フロントグリルやヘッドライトについ目がいきがちですが、ウィンカーのデザインもクラシックミニのデザインを構成する重要な要素です。現代の車は衝突安全性を考慮に入れないといけないので、突起があるデザインを避けているのでしょう。

最後に

ミニのデザイン

長く乗っても古臭さを感じない、ミニのデザイン

斬新なデザインの車が主流の中で、ミニのレトロ過ぎない、ほどほどにクラシックなデザインは高い評価を得ています。単純にクラシックなだけのデザインだったら、ここまで広くミニが支持されることは無かったはずですが、伝統のデザイン+今風のデザインのバランスが絶妙なことがミニのデザインの素晴らしさなのでしょう。ミニ好きの皆さんのほとんどは「なぜこのデザインがいいのか」を突き詰めて考えたことはないかもしれませんが、皆さんも何となくミニのデザインの秀逸さを感じ取り、ミニを選んだのではないでしょうか。ミニのこの伝統あるデザインはこれからも多くの人に評価されていくのでしょう。

最新のトレンドのデザインを追いかける車もいいと思いますが、流行りのデザインが変わってしまうと新しいモノに乗り換えなければいけない気になってしまいます。ミニのデザインは10年経とうが20年経とうが古臭いとは感じません。実際、発売から10年以上経った第1世代のミニを変わらず愛し続けているミニオーナーがたくさんいます。走りの面白さだけではなく。変わらないデザインを長く楽しめるのもミニの魅力の1つではないでしょうか。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「歴代ミニのフロントマスクのデザインについて 」 に関するページです。

ページトップへ