メニュー

CLUB CARS編集部にミニクーパーS(R56)がやってきましたよ!

編集部通信|, , ,

Header_web

こんにちは、CLUB CARS編集部です。ついに…CLUB CARS編集部にミニクーパーS(R56)がやってきましたよ! こちらをご覧の皆さんには「まだミニを持っていなかったの??」と思われそうですが、CLUB CARSの取材をしていながら、ミニを持っていませんでした(笑)。創業まもない小さな会社に勤めているので…購入まで時間がかかったんです。現金で購入するため、爪に火を灯すような生活をしながら貯金を…と、個人的な事情はいいですね(笑)。

このコラムでは私が、自腹で購入した2010年式ミニクーパーSに乗りながら、ミニを維持していくにあたって起きることを紹介していきます。月々、どのくらい維持費がかかるのか、どんなトラブルが起きて修理にいくらかかったのか、カスタム(派手なことはやりませんが)をオーナー目線で書いていきますね。

ミニ3ドア、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

ミニクーパーSを買った理由

parts01

最初は現行のミニクーパー狙いでした

では、まず2010年式ミニクーパーS(R56)を選んだ理由から紹介しましょうか。日々CLUB CARSで取材に回る身としては当然、第3世代のミニの購入を考えていました。狙っていたのは上記写真のようなミニ3ドアのクーパーです。2014年春の登場から1年以上が経ち、走行1万km以下の中古車が揃いはじめ、200万円代半ばで購入できるようになりましたからね。第3世代からONEにもクーパーにもターボが搭載され、日常でパワー不足を感じることがないのも見逃せないポイントです。

ただ、最近、兵庫県から東京へCLUB CARSのオフィスを移転、引っ越し関連で予定外の出費があったのと、東京でのガレージサイズの問題で第3世代のミニ3ドア(F56)の購入が厳しくなりました。ガレージ前が一方通行の狭い道で、第3世代だと全長が少し厳しかったんです(新旧ミニハッチバック (F56、R56) の違いを徹底解説)。

parts02

狙ったのは手頃な価格で後期型エンジンの2010年式

ということでターゲットを第2世代のミニ3ドア(R56)に移しました。R56は2010年を境に前期、後期に分けることができるのですが、値段の手頃さを考えれば当然前期です。100万円代前半で簡単に見つけることができます(CLUB CARS中古車検索でのR56前期モデル検索結果)。ただ、2010年3月以降、エンジン仕様が変更され、燃費や耐久性が向上しました。

さらに2010年10月にエクステリアデザインの変更やインテリアのスイッチ類のカラー変更などが加えられています(詳細はこちらの記事をご覧ください)。2010年以降の後期型エンジンはモデル末期のモノは200万円を超えますが、2010年式は意外と手頃です(CLUB CARS中古車検索での2010年式R56検索結果)。特にエンジン仕様は変わったけれど、デザインは前期型のままのミニは100万円代半ばくらいで見つけることもできます。

parts02

デザインはクーパー、パワーや仕様を考えるならクーパーS

次にミニクーパーSを選んだ理由ですが、デザインだけで見ると私はクーパーの方が好みです。クーパーSのダミーのエアダクトや武骨なフロントグリルのデザインより、クーパーのフロントマスクの方が上品な印象でしたから。ただ、第2世代ではクーパーSだけが唯一ターボエンジン搭載なこと、中古車ではメーカーオプションを選べないので装備面で絞りこんでいくと自然とクーパーSになりました(クーパーSは足回りも豪華ですしね)。たまたま、日頃親しくさせていただいている福井県のミニ専門店、ファイブスターさんにボディカラーもバッチリ好みなミニクーパーSがあったのも購入の決め手になりました。

parts02

走行6万㎞の車両だったので、納車前にしっかり整備してもらいました

ただ、私の選んだミニクーパーSは走行6万㎞超でした。今はエンジンの調子も良く、何も問題無く走るミニですが、出先でトラブルになるのが嫌なので、あらかじめいくつかの整備をしてもらうことにしました。CLUB CARSであちこちを取材していると「距離を走ったミニなら、これはやっておいた方がいいかな?」という整備の心当たりがありましたからね。それに加えて、ファイブスターさんから提案していただいたメニューもお願いすることにしました。納車前にどんなことをやってもらったのか、それは次週、紹介しますので少しお待ちください。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

Hiroshi Hosokawa

大阪大学卒。卒業後は株式会社リクルートに就職、3年ほど勤務した後にモーターサイクル業界で起業。ウェブサイトや雑誌創刊などを行った後、わずか2年でバイアウトに成功した。バイアウト後は創業会社を退職し、「これまで働きすぎた充電期間」として世界50カ国を周遊する旅に。帰国後、(株)トラバースに参画し現在に至る。

HP:|Facebook|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「CLUB CARS編集部にミニクーパーS(R56)がやってきましたよ! 」 に関するページです。

ページトップへ