メニュー

走行6万㎞のミニクーパーS、徹底的に納車整備してみました

メカニズム・メンテ講座|, , ,

2010年式ミニクーパーS

こんにちは、CLUB CARS編集部です。今回は私の2010年式ミニクーパーS(R56)の納車前の点検・整備について紹介しますね。前回も紹介しましたが、私のミニは購入時点で63000kmを走行していました。中古車市場では2万㎞以下の高年式の車両が人気ですが、5万kmを超えた車両は価格が手ごろになるので意外と狙い目です。電装系のトラブルはたまに聞きますが、BMW製のエンジンは非常にタフですしね。車検証から私のミニの前オーナーが2年でどのくらい走行距離を伸ばしたのかをチェックしてみると、どうやら毎日ミニを走らせていたようです。また、東京のようにSTOP&GOの多い過酷な道路状況で6万㎞以上を走らせていたわけではないミニですから、足回りへの負担もそれほどなかったはず(たぶん…)。

ミニ3ドア、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

安心して乗るために整備をお願いしました

2010年式ミニクーパーS

私は古いバイクも好きで、バイクでは出先でのトラブルをいくつか経験しています。その経験から「機械は壊れる前に整備をしておいた方が安くつく」と考えていて、下記のような整備をお願いしました。ミニを購入した福井県のファイブスターさんに最初からかなりの整備をお願いしましたが、これは車のコンディションとは関係ありません。できる限りのことをして、気持ちよく自分のミニに乗りたかっただけです。

誰にでもオススメできる納車整備内容

どんな中古車を買ってもおすすめしたいメニュー

では、納車までに行った整備作業を紹介しましょうか。まずはどんな中古車を購入した人にもオススメな整備内容を紹介すると…

  • ガラスコーティング
  • クーラント(冷却水)交換
  • オイル交換
  • 各部のゴム類点検
  • エアコンフィルター交換
  • エアフィルター交換

ガラスコーティング以外の内容は納車整備費用に含まれていることが多いでしょう。ガラスコーティングをお願いしたのは楽に洗車をしたかったから。各部のゴム類のチェックは私からお願いしました。ゴム部品なんて大した値段はしませんが、ゴムが摩耗することで周辺の部品にダメージが出てくることがあります。プロの目で診てもらい、消耗しているゴム部品は交換をお願いしました。

コンディション次第でオススメ

車両のコンディション次第でオーダー

次に紹介する内容は、車両のコンディション次第でオーダーすればいい内容です。納車前に整備せず、しばらく乗ってみてからのオーダーでもいいでしょう。下記の整備内容はファイブスターさんから提案してもらったサービスと、以前こんな取材をした際に教わったことをミックスして、整備内容を決めました。

参考記事:距離を重ねたミニのリフレッシュメンテナンス

ミニクーパーS 6万㎞走行後のヘッドコンディション

エンジンカーボンクリーニング

どのミニを買っても絶対にすると決めていたのがエンジンカーボンクリーニングです。第2世代ミニの直噴エンジンは距離を走ると内部が汚れやすく、ターボ搭載のクーパーSは特にカーボンが堆積しがちです(走り方やメンテナンス内容によって汚れ方は違ってきます)。ただ、私のミニはエンジンを開けてみたら、ヘッドもインジェクターも思ったほどの汚れではありませんでした。前のオーナーがしっかりとアクセルを踏んで走っていてくれていたのかもしれません。

ミニクーパーS エンジンオイルスラッジクリーニング

エンジンオイルスラッジクリーニング

オイルを抜いた後にオイルラインに洗浄剤を流し込み、こびりついたスラッジ(汚れ)を取り除く仕組みです。エンジンを循環するオイル自体にも洗浄効果はあるのですが、洗浄剤を使ってのクリーニング効果は絶大です。エンジンオイル交換のついでに作業ができるので、ある程度の距離を走ったミニオーナーにはオススメですよ。

Bellof製ワイパーに交換

Bellof製ワイパーに交換

ワイパーも消耗品です。スムーズに動かないと気持ち悪いので、納車ついでに交換しておきました。少しだけ奮発してBellof(ベロフ)製のワイパーにしてみました。

ミニクーパーS ドライブベルト交換

ドライブベルト(ファンベルト)交換

エンジンで発生したエネルギーで発電機やエアコンのモーターを回すためのゴム製ベルトです(下が新品)。そうそう切れることはありませんが、6万kmも走るとゴムが消耗したり、劣化したりしています。この状態でもすぐにベルトが切れることはないようですが、いい機会なので交換することにしました。

ミニクーパーS ブレーキローター、ブレーキパッド交換

前後ブレーキローター、ブレーキパッド交換

ミニの場合、ブレーキパッドだけではなく、ブレーキローターも消耗品で、定期的に交換する必要があります。ホイールが汚れにくい、低ダストのパッドに交換したかったので、ついでにローターも一緒に交換することにしましたブレーキパッドはファイブスターさんオススメのiSWEEPです。低ダストパッドは他にもいろいろ種類はありますよ。

ミニクーパーS ATF交換

ATF(オートマチックトランスミッションフルード)交換

密封されたオイルパン内で潤滑するオイルで、メーカーは交換不要としていますね。ただ、実際は少しずつ汚れて劣化してきます。オイルパンを開けてみると内部に取り付けられた磁石には金属粉が付着していました。ATFを交換するとATのシフトタイミングがスムーズになったり、燃費が改善したりと体感効果があるようです(私は交換後しか体感していないので比較できませんが…)。

ミニクーパーS ウォーターポンプ交換

ウォーターポンプ交換

ある程度距離を走った第2世代のミニではウォーターポンプからの水漏れをよく聞きます。写真右側が純正のウォーターポンプですが、ポンプ下部に茶色の蓋があるのがわかりますか? ここからの水漏れが多いんです。いずれは壊れる部品なので納車前に左側の対策部品に変更しておきました。右側と違って水漏れの原因となる蓋がないタイプで、これで安心ですね(サーモスタットハウジングから漏れることもあります)。

IGコイルタペットカバーガスケット交換

ガスケットが消耗し、オイル漏れしやすいポイントです。オイル漏れはまだ大丈夫でしたが、いずれ漏れてくるでしょうから交換してもらいました。

整備の結果? なかなかの高燃費に

2010年式ミニクーパーSの燃費。

上記のような整備を行ったからか、私のミニクーパーSは車両引き取りでの福井県~東京間の移動での燃費が13.5㎞/Lになりました。高速道路だけなら13.8km/Lです。東京に帰ってきた後、都内を走らせた際の燃費も11~12km/Lほどと、想像以上にいい数字でした。走行距離6万kmオーバーの車両はもっと燃費が悪いと思っていましたが、エンジンクリーニングなどの整備のおかげでしょうか。次回のコラムでは私のミニクーパーSに搭載されていたオプション装備の紹介と、今後取り付けてみたいパーツについてお話しますね。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

Hiroshi Hosokawa

大阪大学卒。卒業後は株式会社リクルートに就職、3年ほど勤務した後にモーターサイクル業界で起業。ウェブサイトや雑誌創刊などを行った後、わずか2年でバイアウトに成功した。バイアウト後は創業会社を退職し、「これまで働きすぎた充電期間」として世界50カ国を周遊する旅に。帰国後、(株)トラバースに参画し現在に至る。

HP:|Facebook|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「走行6万㎞のミニクーパーS、徹底的に納車整備してみました 」 に関するページです。

ページトップへ