メニュー

編集部員のミニクーパーS、納車から3ヶ月が経ちました

編集部通信|, ,

CLUB CARS編集部員のミニライフ

こんにちは、CLUB CARS編集部です。私の2010年式ミニクーパーS(R56)の納車から3ヶ月が経ちました。3ヶ月での走行距離は約4000㎞。週末と平日の夜にしかミニを走らせることができない身にしては、予想以上に走った気がします。仕事を終えて、少し早めに自宅に帰ることができた日は1、2時間でもついついドライブに行きたくなり、少しずつ距離が伸びてしまいました。日中の東京は車で走る気になれませんが、深夜の東京は道が空いていて、都会の夜景も楽しめますからね。…ということで3ヶ月ミニを楽しんで気づいたことを今回はご紹介させていただきますね。

ミニ3ドア、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

東京で車を持つにはミニがギリギリサイズ?

15110402

編集部員宅では全長も車幅もミニ(R56)でギリギリ

皆さんの住んでいる住環境や道路事情によって意見は違うと思いますが、東京都中野区に住む私にとっては今のミニ(R56)は所有できるギリギリサイズの車でした。自宅周辺は一方通行の道が多く、道路幅は狭いので1,685mmの車幅でもドキっとさせられる機会がかなりあります。また、自宅前の車庫入れもスペースが限られていて、3,745mmとコンパクトな全長のR56でも車庫に入れるのに切り返しが必要でした。「ミニなら楽勝で車庫入れができるでしょ?」とサイズを測らずに借りたシャッターガレージでしたが、第3世代のミニ3ドア(全長3,835 mm)だったらヤバかったかもしれません…。それでも前回のコラムで紹介した通り、今のミニでも車庫入れ時にヘッドライト周辺を擦ってしまいましたが…(笑)。

屋外駐車の方は気にしていないでしょうけれど、ミニを納車したときに私が心配していたのが「シャッターガレージ内にミニを入れる際にアンテナを擦らないか」でした。ガレージの入り口だけが高さが低くなっており、高さを計測してミニを購入したファイブスターさんに伝え、一番短いショートアンテナに交換してもらいました。それでもアンテナの高さはギリギリです。ノーマルのアンテナはかなり長いモノが採用されているので、私のような半地下ガレージに駐車する人は注意してください。ニュークラブマン(F54)に採用されたドルフィンタイプのようなアンテナが標準になれば、そんな心配は必要なかったんですが…ちなみにショートアンテナはいろいろな長さのモノがアフターパーツで販売されており、折りたたみ可能なモノもありますよ。

月ごとのミニの維持費はどのくらい?

15110403

月1000㎞走行でガソリン代が11310円

輸入車にしては手頃な値段で購入できるミニですが、月間の維持費はどのくらいなんでしょうね。先月のようなミニを擦っての予定外の出費は省きますが、月に1000㎞走ると仮定しての費用を出してみましょうか。夜や週末のドライブだけに使用する、私のミニの燃費はだいたい11.5~12km/Lほどです。渋滞に長時間巻き込まれると11km/L近くに低下することもありましたが、11.5 km/Lで計算しましょう。燃費11.5 km/Lで1000㎞走行すると約87Lのガソリンが必要です。ハイオクガソリンの価格を130円/Lで計算すると、1ヶ月に使用するガソリン代は11,310円になります。現行のミニ3ドアやクロスオーバーのクリーンディーゼルモデルならガソリン代は10,000円を切ったかもしれませんね。任意保険の価格(5000円ほど)と遊びに使う高速代(ETCの明細を見ていないので正確にわかりませんが、10,000円ほど?)を合計すると月に約26,000円の維持費になりました。ローンで購入した人はここに月々の支払も加算されます。毎年の税金や消耗品(タイヤやオイル交換、ブレーキパッドなど)2年後の車検のコストについては交換タイミング時にそれぞれ紹介しますね。この程度の費用でミニのようなオモチャで遊べるならアリですよね。私は30代になってからほとんどお酒を飲まなくなったのですが、20代の時に毎月使っていた酒代を思い出すと安いモノです(笑)。

他のクルマとミニはどう違う?

15110404

用事が無くても乗りたくなるクルマ

実は私はミニに乗るまで、人生で自分の車を所有したことがありませんでした。ミニが生まれて初めての車です。車が必要になれば家族の車を借りたり、レンタカーをしたり、それで何も困ったことが無かったんです。以前はバイク関係の編集者として仕事をしており、1年中どこに行くにもバイクで移動していました。バイクは「運転を楽しむ乗り物」、車は「快適に移動するための乗り物」というイメージで見ていましたが、ミニはバイクのような楽しみ方ができる乗り物ですね。「今日は天気がいい」→「ミニでどこかに出かけたい」→「どこかイイところはないか?」のようなドライブをミニで楽しんでいます。他のミニオーナーもそんな人が多い印象ですね。ハイブリッドカーのような経済性を重視した車からミニに乗り換える人も実は多いのですが、そういう人は用事が無くてもつい乗りたくなる、ミニの魅力に惹かれていることが多い気がします。単に運転するのが面白いだけではなく、景色と一緒に眺めていてもシックリくる不思議な魅力の車ですよね。

ミニで行きたい場所はまだまだあります

ミニオーナーのFacebookなどへの投稿を見ていると、写真好きな人が多く、絶好のドライブルートをそれぞれにご存知で「日本にこんな場所があったのね」と教わることも度々あります。夜景の綺麗な駐車場やミニオーナーが集まるカフェ、車が無いと行けない絶景スポットなど、ミニで出かけたい場所が続々と増えてきています。これからはミニオーナーが集まるイベントにも少しずつ顔を出していく予定です。面白そうなイベントがあれば声をかけてください。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

Hiroshi Hosokawa

大阪大学卒。卒業後は株式会社リクルートに就職、3年ほど勤務した後にモーターサイクル業界で起業。ウェブサイトや雑誌創刊などを行った後、わずか2年でバイアウトに成功した。バイアウト後は創業会社を退職し、「これまで働きすぎた充電期間」として世界50カ国を周遊する旅に。帰国後、(株)トラバースに参画し現在に至る。

HP:|Facebook|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「編集部員のミニクーパーS、納車から3ヶ月が経ちました 」 に関するページです。

ページトップへ