メニュー

ミニクーパーのカラーコーディネートに役立つマメ知識

MINI初心者のための基礎知識|,

ミニクーパーのカラーコーディネートに役立つマメ知識

こんにちは、MINI東大阪の田伏(たぶし)と申します。先日、CLUB CARS編集部の方とお話した時に、私がかつてアパレル業界に勤務していて、デザイナーの経験もある話をする機会がありました。その際に「ミニのカラーコーディネートにファッション業界での色選びの知識は役立ちますか?」という質問を受けました。カラーコーディネートの知識はファッションやインテリアコーディネートの世界で役立てられることが多いのですが、あくまで一般的に相性がいい色の組み合わせについての知識で、車の色選びにも役立ちます。私もミニのセールスの際に前職で学んだカラーコーディネートの話に助けられることは度々ありました。もちろん、カラーコーディネートの知識から組み合わせたカラーパターンが全てではありません。個人の好みで定番の組み合わせから外れてもいいと思います。ただ、カラーコーディネートの知識があるとボディカラーやルーフカラー、ボンネットストライプなどの色の組み合わせで悩んだ際にイメージが湧きやすいので、よろしければ参考にしてください。

ミニ3ドア、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

MINI 東大阪 田伏正樹(たぶし まさき)さん

MINI 東大阪

セールスコンサルタント 田伏 正樹(たぶし まさき)さん

ミニクーパーSDクロスオーバーを所有。前職はアパレル業界でメンズ、レディースファッションの両方に詳しい。2014年11月にミニのセールスコンサルタントに転身。ファッション業界で培ったカラーコーディネイトの知識などを活かしたセールスが得意。

ミニのボディカラーの豊富さと特徴

ミニクーパーはカラーパターンが豊富

ミニはカラーパターンが豊富

一般的な車に比べるとミニで選ぶことができるカラーが非常に豊富です。ボディカラーで10種類以上、ルーフカラーは3種類(白、黒、ボディと同色。新型クラブマンのみシルバーが追加され4種類)+メーカーオプションのルーフステッカーが数種類、ボンネットストライプはメーカー純正だけで2種類用意されています。他メーカーの車でも7、8種類のボディカラーが選べますが、濃淡が違う似た色でのカラーパターンになっていることが多く、色の種類で言えばミニほどのバリエーションはありません。国産車だと白、シルバー、黒を選ぶ人が多いのでそうなってしまうのでしょう。高級モデルでは明るいカラーが用意されていることもありますが、無難なカラーバリエーションを中心に展開されていることが多いですね。ミニにこれだけいろいろな種類の色が採用されているのは、ミニオーナーは個性的なカラーを好む人が多いということでしょう。確かに、ミニオーナーはファッションやインテリアに詳しい人が多く、ミニを購入する際にも好みのカラーがハッキリしている方が多い印象です。ただ、ソリッド(単色)カラーの車に長年乗ってきた方はミニのボディカラーと組み合わせるルーフの色はどうするのか、ボンネットストライプをつけるかどうか、になると悩んでしまいますよね。カラーコーディネートの知識はこんな時に活きてきます。

ミニクーパーは鮮やかなボディカラーも人気

伝統的に人気なカラーと色の組み合わせ

ミニではホワイトやグレーのような落ち着いた色も人気がありますが、レッドやブルー、オレンジのような鮮やかな色も非常に人気があります。白や黒、シルバーでないと中古車の下取りが悪くなるのが中古車の世界では一般的ですが、ミニの場合はそれが当てはまらないのも面白いですね。他にもクラシックミニの時代から人気があったブリティッシュレーシンググリーンなども古くからのミニファンから人気があります。

ミニクーパーにブラックのアクセントカラーをつけるとスポーティ

同じボディカラーでもルーフやホイール色で印象が違う

また、国産車の世界では赤いボディカラーはあまり人気がありませんが、ミニの場合は常に人気上位に上がってきます。ブレイジングレッドのミニは可愛らしいですし、ルーフやボンネットストライプ、ホイールカラーを黒にするだけでスポーティなイメージに変えることもできます。また、JCWのみで選択できるチリレッドのような特別なカラーも昔から人気がありました(第2世代のミニではJCW以外のモデルでもチリレッドが選択できました)。可愛らしく見せたい、ミニのPOPなデザインが好きという方はホワイトルーフとシルバーのホイール。スポーティに見せたいという方はルーフやホイールにブラックを選ぶと印象がガラリと変わります。白は膨張色で、黒は車体が締まって見える収縮色というのも、この印象の違いに影響しているのでしょう。一般的に明るい暖色系の色は膨張色、暗い色や濃い色は収縮色とされています。ボディやストライプのカラー選びの際には膨張色、収縮色についても考えてみてください。

カラーコーディネートから考えるミニの色選び

クルマのカラーは3色以内に抑えるのが効果的

カラーコーディネートの基礎知識

さて、カラーコーディネートの話に入りましょうか。細かく説明すると難しくて長い話になるのでファッションのカラーコーディネートの話をベースに簡潔に説明させてください。ファッションコーディネートの色選びの際にはベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3種類があります。ベースカラーとはジャケットやコートなど、全体に占める割合が高い色、ミニの場合はボディカラーを指すと考えてください。アソートカラーはその次に割合が高いカラーです。ルーフやボンネットストライプなどの色になるでしょう。最後のアクセントカラーはホイールやサイドミラーキャップ、サイドスカットルなど、全体の色を引き締めるための色で、主張が強い色(Rayパッケージなどのカラフルなサイドミラーキャップなど)が配色されることが多いですね。

マルチカラーのポールスミス ミニクーパー

3色以内の色でミニをデザインするのがオススメ

色の組み合わせを考える際に知っておきたいのは、一般的には3種類以内の色の組み合わせに抑えた方がいいということです。ファッションの世界ではクレイジーパターンと呼ばれる配色が最近人気で、4種類以上の色を使うファッションアイテムもあります。プロのデザイナーが組み合わせた配色なのでバランスが取れていますが、配色の組み合わせは非常に難しいと思ってください。クラシックミニ時代のマルチストライプのポール・スミスなど、評価の高いデザインパターンもありますのでチャレンジしてみるのも面白いでしょう。しかし、その際はファッション誌などで配色の参考にするアイテムを見つけておいた方がいいかもしれません。ちなみにカラーコーディネートの世界では3色での配色をトリコロール配色、2色をビコロール、単色はモノトーンと呼ばれます。

上品なカラーが魅力のミニジャーミン

少ない色で上品なミニをデザインする

ミニに採用する色が増えるほど、見た目が賑やかでポップなデザインのミニができ上がります。ただし、そういうカラーパターンは飽きが来るのも早いかもしれません。落ち着いた、上品なミニをデザインしたいという場合はシックな色を選んだり、色の数を抑えたりするのがオススメです。クーパーやクーパーSはボディカラーとルーフカラーを分けることができますが、そこをあえて同色にする手法はミニの特別仕様車でも採用されています。最近だとミニ3ドアや5ドアに登場したMINI JERMYNがその方法で上品さを演出しました。同色ではなくてもルーフカラーをボディカラーに近い色でまとめても同じような効果があるでしょう。ルーフだけをラッピング(ビニールフィルムを張り付けて自由に色を変えるカスタマイズ)すれば、もっと自由に色を組み合わせることも可能ですね。

クルマのカラー選びに役立つ基礎知識

カラー選びの参考にしたい12色相環図とトーンチャート

次に色選びの役に立つカラーパターンについて、カラーコーディネートの考え方から説明させてください。上の図は12色相環図とトーンチャートになります。12色相環図は色の種類を似た色の順に円形に並べて分類したモノで、さらに細かく24色で分類した相環図もあります。今回はわかりやすく12色に限定しました。12色相環図で隣り合っていたり、近くに配置されていたりする色は類似色、対角線上にあるのは対照色と呼ばれています。トーンチャートは同系統の色を明るさ(濃淡)や彩度(色の強さ)で分類した図になります。カラーコーディネートの世界で色の組み合わせを決める際にはカラー(色)や濃淡など(トーン)の2つの観点から組み合わせていきます(厳密にはそれだけではありませんが)。

定番人気のホワイトルーフ&ホワイトストライプのミニクーパーS

カラーとトーンから探す相性のいい色の組み合わせ

カラーとトーンからの色の組み合わせにはさまざまなパターンがあります。ファッションの世界では色の組み合せが自由なので、数多くのカラーコーディネートのパターンを理解する必要があります。しかし、車のカラーコーディネートではメーカーが提供しているボディカラーは限定されているので、カラーコーディネートの複雑な知識はほとんどの人には必要ないでしょう。色の組み合わせについて簡単に説明するとカラーの「類似色と対照色の組み合わせ」、トーンの「明るさや彩度の組み合わせ」で相性のいい色を探すことができます。

同系色でまとめられた50周年記念MINIメイフェア

似たカラーやトーンの色は相性がいい

似た色は非常に調和しやすく、バランスよく感じられます。そのため、同系統のカラーやトーンを組み合わせると相性が良い色の組み合わせができます。専門用語でドミナントカラー配色やドミナントトーン配色と呼ばれる色の組み合わせですね。家具などのインテリアの色の組み合わせはこのパターンで決めている人が多いのではないでしょうか。ミニでの参考例としては2009年に先代のミニ3ドア(R56)で発表された特別仕様車ミニメイフェアがこのタイプの配色になります。

レッドとブラックの組み合わせがスポーティなミニペースマン

対照的なカラーやトーンの組み合わせも調和する

似た色の組み合わせの相性もいいのですが、対象的な色や明るさの組み合わせも実は相性が良くなります。ただし、ミニの場合、ボディカラーは選択肢が豊富ですが、ルーフカラーはホワイト、ブラック、ボディ同色の3種類(新型クラブマンは4種類)しかないため、ルーフとボディでの完全な対照色の組み合わせを選ぶのは難しいでしょう。そのため、ボディが明るい色の場合はブラックルーフ、ボディが暗い色の場合はホワイトルーフを選んで対照性を出してみてはいかがでしょうか。ちなみに、ルーフステッカーやボンネットストライプはオリジナルでオーダーすることも可能です。ミニのエクステリアの全面をオリジナルカラーにするのはかなりの予算が必要ですが、ボディカラーだけ純正色を選び、ルーフやストライプはオリジナルのラッピングでオーダーすれば対照色を上手く組み合わせたカラーコーディネートができますよ。

ミニのサイドミラーキャップはアクセントカラーなので派手な色でもOK

アクセントカラーにはサイドミラーキャップがオススメ

最後にアクセントカラーについてです。メーカー純正ホイールはブラックとシルバーの2種類ですが、アフターパーツメーカーのホイールではゴールドがあったり、純正ホイールを塗装して色を変えたりすることもできます(そこまでする方はあまりいませんが)。また、JCWに採用されている真っ赤なブレーキキャリパーは充分なアクセントカラーにもなります。ホイールやブレーキとなると交換したり塗装したりするにはかなりの予算が必要ですが、もっとも手軽にアクセントカラーをつけるには、カラーパターンが豊富なサイドミラーキャップがお手軽でしょう。アクセントカラーは全体に占める割合が小さいので、思い切った色を選んでも問題ありません。こういった部分の配色にも注意しながら、色の組み合わせを考えてみてはいかがでしょうか?

最後に

今回はエクステリアのカラーコーディネートの話が中心になりましたが、インテリアカラーにも同じ知識が役に立ちます。類似色と対照色、色の明るさ、色の数…これらを上手く組み合わせてイメージ通りのミニをデザインしてみてください。ちなみにMINIディーラーのセールスはご希望のミニの色の組み合わせをデザインできるiPadを持っています(アレンジできるのは日本仕様のカラーパターンのみ)。車体に色を合わせてみないとイメージが湧きづらいでしょうから、色の組み合わせを見てみたい方は遠慮なく言ってください。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

MINI 東大阪

はじめまして、大阪府東大阪市のMINI正規ディーラー、MINI 東大阪です。当店は絶好のドライブルートで有名な生駒山が近く、奈良や大阪北部、和歌山にもアクセスがいいため、ミニを楽しむには絶好の環境が揃っています。お気軽に試乗にご来店ください。
住所:〒577-0023 大阪府東大阪市荒本1-2-7
電話:06-6618-3932 | 営業:10:00 - 19:00(定休:水曜日、第2火曜日)

HP:公式サイト|ディーラーページ|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「ミニクーパーのカラーコーディネートに役立つマメ知識 」 に関するページです。

ページトップへ