メニュー

プレミアムコンパクトカーライバル車比較 ミニがオススメな理由とは?

ミニクーパー 購入ガイド|, ,

プレミアムコンパクトカーならミニがオススメ

こんにちは、CLUB CARS編集部です。ミニオーナーの皆さんとお話していると「今のミニは大きくなり過ぎた」という話がよく出てきます。軽自動車より小さなローバーミニと現行の第3世代ミニを比較すると当然大きいですし、第2世代のミニ(R56など)と比較しても全長は確かに大きくなりました(ローバーミニと第1~第3世代BMW MINIのサイズ比較はこちらの記事で比較表を紹介しています)。ただ、プレミアムコンパクトと呼ばれる他メーカーの車と比較してみるとミニはどのくらい大きいのでしょうか。ボディサイズや排気量、パワーなどを比較してみました。なお、国産のコンパクトカーの中にはミニ3ドアハッチバック(F56)とほぼ同じサイズのモノもありますが、ボディの質感や装備の充実度からプレミアムコンパクトとは言えない車はこちらの比較からは除外しています。

ミニと比較対象になるプレミアムコンパクトカーとは?

ミニのライバルになるプレミアムコンパクトカー

プレミアムコンパクトSUVのライバル車種

ミニからは現行モデルで最もコンパクトなミニ3ドアハッチバック(F56、以下ミニ3ドア)と現行モデルで最大サイズの新型ミニクラブマン(F54)を取り上げました。対する他メーカーの車からは国産車を代表してレクサスのハイブリッドハッチバックのCT200h、フォルクスワーゲンからはゴルフ、アウディはハッチバックのA1、メルセデスベンツからはAクラスのA180をピックアップしてみました。「なぜフォルクスワーゲンはポロじゃないんだ?」などの意見もあると思いますが、現行のミニの中で最大サイズのミニクラブマンがライバル車と比較しても特別大きなサイズではない、ということをお伝えしたくて、こういったライバル車を選択しています。ミニと同じグループのBMW1シリーズも比較対象にしようかとも思いましたがFF(前輪駆動)とFR(後輪駆動)で個性や魅力が違うため、こちらでは取り上げませんでした。プレミアムコンパクトカーで唯一FRを採用するBMW1シリーズについては別に記事にしていますのでこちらの記事をご覧ください。なお、ミニクロスオーバー(R60)とライバル車種の比較記事も過去に制作しています。ミニクロスオーバーとライバルの比較が気になる方はそちらをご覧ください。

MINIと競合車種のスペック一覧

表は横にスライド出来ます。

BMW MINI アウディ レクサス フォルクスワーゲン メルセデス・ベンツ
ミニ3ドア(F56) ミニクラブマン(F54) A1 CT200h ゴルフ TSIトレンドライン A180
全長(mm) 3,835 4,253 3,985 4,350 4,265 4,300
全幅(mm) 1,725 1,800 1,740 1,765 1,800 1,780
全高(mm) 1,415 1,441 1,425 1,450 1,460 1,435
ホイールベース(mm) 2,495 2,670 2,465 2,600 2,635 2,700
重量(kg) 1,170~1,240 1,320~1,390 1,120 1,380 1,240 1,430
排気量(cc) 1,198~1,998 1,498~1,998 999 1,797 1,197 1,595
最高出力(ps) 102~192 136~192 95 99 105 122
最大トルク(Nm) 180~280 220~280 160 142 175 200
駆動方式 FF FF FF FF FF FF
ミッション 6AT 6AT,8AT 7AT CVT 7AT 7AT
ATの燃費(km/L) 17.6~19.2 16.6~17.1 30.4 21 17.6
ドア数 3 6 3 5 5 5
乗車定員 4名 5名 4名 5名 5名 5名
価格(万円) 240~332 344~384 249~ 366.2~ 266~ 296~
プレミアムコンパクトカーではミニ3ドアがオススメ

ボディサイズとプレミアムさではミニ3ドアが傑出

ミニ以外のプレミアムコンパクトで人気の車種だとVWゴルフやアウディA1などがイメージしやすいですね。メルセデスベンツではAクラスのA180を選びましたが、最近人気のCLA(シューティングブレーク)とミニクラブマンを比較する人もいるようですね。ただ、CLAは全長が4640㎜とボディサイズが大きいためA180を比較対象モデルとしています。こう比較するとミニ3ドアのサイズが圧倒的に小さく見えます。ボディサイズだけで見ると、ここでは紹介していないスズキのスイフトやマツダ デミオなどが似たサイズですが、このボディサイズでプレミアムな質感を持つクルマはミニ3ドア以外になかなか見当たりません。都心部、特に東京に住んでいる方には自宅周辺の道路の狭さや駐車場の問題からコンパクトカーしか選択肢がない人も多いでしょう。そういったボディサイズの条件があったとしても、満足できる質感の車が欲しい。余裕のある走りが楽しめるパワーやボディ剛性が欲しい、という方にはミニ3ドアがほぼ唯一の選択肢になるのではないでしょうか。また、釣り目の似たようなデザインの車が多い中、世代を経ても丸目のヘッドライトや特徴的なフロントグリルなど、基本的なデザインを大きく変えないミニの個性は際立っていると言えます。なお、過去にミニ3ドアとミニ5ドアに絞ってライバル車と比較した記事を掲載しています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ラグジュアリーな雰囲気が魅力の新型ミニクラブマン

車格が大きい車にも負けない新型ミニクラブマン

2015年秋に発売したばかりのミニクラブマンは従来のミニ以上に高級感溢れるインテリアが特徴的な、まさにプレミアムコンパクトと言えるモデルです。ボディサイズなどはメルセデスベンツのCLAより一回り以上コンパクトなものの、インテリア、エクステリアの質感の良さからCLAのようなボディサイズが違う高級車と比較して悩む人も多いと販売の現場から聞いています。ミニの名を冠した車なので走りの良さはもちろんのこと、高級車にこだわるユーザーが満足できるプレミアムな雰囲気を持つミニクラブマンは従来のミニにはなかったムーブメントを巻き起こすでしょう。まだ詳しい情報はありませんが、2017年に発売と噂される次期ミニクロスオーバー(F60)も恐らくミニクラブマンと同様のプレミアムなミニとなるはずです。上の表で挙げたボディサイズが似たプレミアムコンパクトはもちろんのこと、さらに車格が上のライバル車とも同等に戦えるミニ、それが新型ミニクラブマンです。

ミニならカスタム、チューニングの選択肢も豊富

ミニの各モデルはノーマルでも充分に楽しめる車ですが、エクステリアやインテリアを自分好みにデザインできるメーカーオプションが用意されていますし、メーカー純正品以外のカスタムパーツやアクセサリーも豊富に用意されています。こだわってデザインしていけば世界に1台しかないミニを作ることが可能ですし、そうしてカスタマイズされたミニならば長く愛着を持って乗り続けられるはずです。単なる移動の手段ではなく、見て楽しみ、乗って楽しみ、労わって楽しむ、そういった車を求めている人には間違いなくミニがオススメです。ミニのカスタムの豊富さがわかる記事はこれまで数多く掲載してきましたが、代表的な記事として下記リンクをご覧ください。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「プレミアムコンパクトカーライバル車比較 ミニがオススメな理由とは? 」 に関するページです。

ページトップへ