メニュー

ミニクーパー ホイールの基礎知識

メカニズム・メンテ講座|

意外と知らない.ミニのホイールの基礎知識

まずは自己紹介

はじめまして、MINI 箕面の岡崎と申します。基本的なホイールの役割や第1、第2世代から最新モデルまでのホイール変遷について、わかりやすく説明させていただきます。普段あまり意識されることのない部品ですが、どのような機能を持っているのか、ご理解いただければ幸いです。

「ホイールはどんな役割を果たしているパーツなの?」、そう尋ねられると皆さんはどうお答えになりますか? 「タイヤを固定している部品」、「ブレーキを取り付ける部品」…どれも正解です。普段あまり意識されることがない部品ですが、できるだけ簡単にご説明させていただきますね。

MINI姫路メカニック 高品 槙也さん

MINI箕面

店長 岡崎 寛さん

北摂のミニオーナーから篤い信頼を得ているMINI 箕面の店長。2014年式MINIペースマン クーパーSが愛車。輸入車ディーラーで25年もの経験を持ち、ミニだけではなくVOLVO、BMWなど輸入車全般に非常に詳しい。

目次

  1. ホイールを構成する3つの要素
  2. ホイールサイズの見方
  3. グレードによってホイールサイズが違うのはなぜ?
  4. ミニのホイールは全モデル、全世代で共通?
  5. 純正オプションのホイールラインアップ

ホイールを構成する3つの要素

ホイールを構成する要素には3つあります。

ホイールを構成する3つの要素

  • ホイールの役割
  • リム

    タイヤと接触しているホイールの外径部分

  • ハブ

    車軸と繋がり回転し、タイヤへエンジンで生まれた力を伝える部分

  • スポーク

    車輪中心のハブと外周のリムを繋いで支える部分

車によって、採用されるホイールの直径(リム径)はさまざまな種類がありますが、ミニ(ハッチバック)を例にすると15~16インチ(1インチ=2.54cm)のホイールが純正で採用されており、オプションで17~18インチのホイールを取り付けることができます。カタログなどで表記されているホイールサイズは、15インチ(175/65 R15)、16インチ(195/55 R16)、17インチ(205/45 R17)、18インチ(205/40 R18)となります。

タイヤ・ホイールサイズの見方

ホイールサイズの見方
  • 175はホイールの幅(リム幅)をmmで表したもの。
  • 65は扁平率。タイヤの厚み(タイヤの半径からホイールの半径を引いた数字)÷リム幅×100で表した数字。
  • Rはラジアルタイヤを意味する記号。ミニに採用されるタイヤはほぼすべてラジアルタイヤなので気にする必要はありません。
  • 最後の15はホイールの直径(リム径)を意味します。1インチ=2.54cmです。
wheel_check

今、お使いのタイヤを見れば上記のサイズ表記が確認できます。ご自分のミニがどのサイズのホイール・タイヤを使っているのかはそこを見ていただいてもわかります。

グレードによってホイールサイズが違うのはなぜ?

ミニ ONE、クーパーは15インチ、クーパーSは16インチホイールが装備されている。

さて、ミニ ONE、クーパー、クーパーSは各グレードでなぜホイールサイズやホイールの材質が違うのでしょう。少し難しい話になりますがお付き合いください。まず、ホイールが大きくなるメリット、デメリットについてご説明します。

メリット
  • 高速での安定性が高まる
  • タイヤの路面へのグリップが良くなる
  • コーナリングが安定する
  • ブレーキの利きが良くなる
デメリット
  • 路面の凸凹が車体に伝わりやすくなり、乗り心地が少し悪化する
  • 燃費が少し下がる
  • 17インチ以上のホイールになるとタイヤの値段が上がる

ミニ(ハッチバックの場合)クーパーSが16インチホイールを履いているのは、スポーツ走行寄りのモデルだからという理由があります。本格的にスポーツ走行をしたい方は17、18インチのさらに大きなホイールにする方もいますが、17インチ以上のホイール用のタイヤは非常に値段が高くなるので注意してください。街中から高速道路まで一般的な街中を走るのであれば15、16インチホイールで何の問題もありません。

純正ではスチール、アルミの重量差はあまりない

次にONEで採用されているスチール(鉄)製ホイールとクーパーで採用されているアロイ(アルミ)製ホイールの違いについてです。一般的にアルミホイールはスチールホイールより軽いとされています。しかし、アルミホイールの製造方法(鋳造、鍛造)の違いによって、アルミホイールですがそれほど軽くならないホイールもあります。

アルミに強い圧力をかけて成型する鍛造(たんぞう)ホイールだと軽量化に大きく貢献しますが、ミニの世界では軽量化を求める人はそれほどおらず、型に溶けたアルミを流し込んで成型する鋳造(ちゅうぞう)のアルミホイールが中心です。ホイール交換を希望するお客様からもホイール重量について質問されることはほとんどありません。お気に入りのデザインと色でホイールを選ぶのが一般的ですね。

ミニのホイールは全モデル、全世代で共通?

第2世代

2002年から日本で販売が始まったミニは第1~第3世代までのモデルがあります。それぞれのホイールには互換性があるのでしょうか? 第1、第2世代は一部互換性がありますが、第3世代からは新しいホイールになっており、旧世代のホイールを取り付けることはできません。

第1世代後期、第2世代は一部モデル(クロスオーバー、ペースマン)を除いてホイール中心部の車体への取り付け部分は同じ構造になっています(ボルト4本で固定)。ですから、ミニ(ハッチバック)のホイールをコンバーチブルやクラブマンに取り付けることは可能です。一方、クロスオーバーやペースマンは取り付け部のボルト本数(5本)が違いますし、取り付け部分の構造も少し違います。

ただし、例外もあります。2006年6月までの第1世代モデルは取り付けボルトが国産車と同じ12㎜で、取り付け穴の径がそれ以降のモデル(14㎜に変更)より小さいこと、クーパーSは強化されたブレーキを採用しているため、ブレーキ部品のサイズの関係上15インチホイールを装着することができないこと、この2つの例外があります。なお、登場したばかりの第3世代では車体への取り付けボルト本数が従来の4本から5本へと変更されました。ミニ(ハッチバック)がクロスオーバーやペースマンとボルト本数は同じになりましたが、これまでと同じく互換性はありません。

まとめると…

  • 第1世代後期、第2世代のホイールはほぼ共通(クロスオーバー、ペースマンや一部モデルを除く)
  • 第3世代からホイールが新しくなった。クロスオーバー、ペースマンだけが独自仕様なのは同じ。

純正ホイールラインアップ

下記にミニ3ドア、5ドア、クロスオーバー、ペースマンなどのホイールを価格とともにまとめてみました。参考にしてみてください。なお表示価格は2014年12月現在のものです。税金や取り付け工賃が別途必要ですので、詳細はお近くのMINI正規ディーラーへお問合せ下さい。

ミニ3ドア(F56)/ミニ5ドア(F55)

  • 15インチ ヘリスポーク シルバー
    15インチ ヘリスポーク シルバー
    5.5J×15 175/65 R15
    ミニワン:80,000円
    クーパー:標準装備
    クーパーS:—
  • 16インチ ループスポーク シルバー
    16インチ ループスポーク シルバー
    6.5J×16 195/55 R16
    ミニワン:188,000円
    クーパー:108,000円
    クーパーS:標準装備
  • 16インチ ビクトリースポーク ブラック
    16インチ ビクトリースポーク ブラック
    6.5J×16 195/55 R16
    ミニワン:220,000円
    クーパー:140,000円
    クーパーS:32,000円
  • 16インチ ビクトリースポーク シルバー
    16インチ ビクトリースポーク シルバー
    6.5J×16 195/55 R16
    ミニワン:220,000円
    クーパー:140,000円
    クーパーS:32,000円
  • 17インチ テンタクルスポーク シルバー
    17インチ テンタクルスポーク シルバー
    7J×17 205/45 R17
    ミニワン:282,000円
    クーパー:202,000円
    クーパーS:94,000円
  • 17インチ コスモススポーク シルバー
    17インチ コスモススポーク シルバー
    7J×17 205/45 R17
    ミニワン:282,000円
    クーパー:202,000円
    クーパーS:94,000円
  • 17インチ ルーレット・スポーク 2トーン
    17インチ ルーレット・スポーク 2トーン
    7J×17 205/45 R17
    ミニワン:282,000円
    クーパー:202,000円
    クーパーS:94,000円
  • 17インチ John Cooper Works トラック・スポーク ブラック
    17インチ John Cooper Works トラック・スポーク ブラック
    7J×17 205/45 R17
    クーパー:0円
    クーパーS:0円
    *オプションパッケージ「JCWパッケージ」との組み合わせでのみ選択可。
  • 18インチ コーンスポーク シルバー゙ー
    18インチ コーンスポーク シルバー
    7J×18 205/40 R18
    ミニワン:359,000円
    クーパー:279,000円
    クーパーS:171,000円
  • 18インチ コーンスポーク ホワイト
    18インチ コーンスポーク ホワイト
    7J×18 205/40 R18
    ミニワン:359,000円
    クーパー:279,000円
    クーパーS:171,000円

ミニクロスオーバー(R60)/ペースマン(R61)

  • 17インチ 5スター トライアングル スポーク
    17インチ 5スター トライアングル スポーク
    7J×17 205/55 R17
    ミニONE:217,000円(ブラック20.4万円)
    クーパー(D):139,000円(ブラック12.6万円)
    クーパーS(SD):29,000円(シルバー標準装備、ブラック1.6万円)
    *シルバー、ブラック、アンスラサイトあり
  • 18インチ 5スター ダブル スポーク コンポジット
    18インチ 5スター ダブル スポーク コンポジット
    7.5J×18 225/45 R18
    ミニワン:378,000円
    クーパー(D):300,000円
    クーパーS(SD):190,000円
    *シルバー、アンスラサイトあり
  • 18インチ ターボ ファン スポーク
    18インチ ターボ ファン スポーク
    7.5J×18 225/45 R18
    ミニワン:327,000円
    クーパー:249,000円
    クーパーS:139,000円
    *シルバー、アンスラサイトあり
  • 19インチ Yスポーク ライト
    19インチ Yスポーク ライト
    7.5J×19 225/40 R19
    クーパー:420,000円
    クーパーS:310,000円
    *ペースマンのみ選択可能

第2世代用のホイール例

  • 16インチ 6スターツインスポーク ブラック
    16インチ 6スターツインスポーク シルバー
    6.5J×16 195/55 R16
    ミニワン:220,000円
    クーパー:140,000円
    クーパーS:30,000円
  • 16インチ 6スターツインスポーク シルバー
    16インチ 6スターツインスポーク シルバー
    6.5J×16 195/55 R16
    ミニワン:220,000円
    クーパー:140,000円
    クーパーS:30,000円
  • 17インチ コニカルスポーク シルバー
    17インチ コニカルスポーク シルバー
    7J×17 205/45 R17
    ミニワン:330,000円
    クーパー:220,000円
    クーパーS:140,000円
  • 17インチ コニカルスポークブラック
    17インチ コニカルスポークブラック
    ミニワン:330,000円
    クーパー:220,000円
    クーパーS:140,000円

*第2世代ホイールは上記以外にもラインナップがあります。詳細はディーラーでご確認ください。また、上記価格は2014年12月現在のもの。税金や取り付け工賃が別途必要です。

最後に

第3世代になったニューミニ(ハッチバック)では9本の純正ホイールのラインナップがありますが、交換される方は新車購入時のパッケージプランで選択される方がほとんどですね。男性の方ほど女性はホイールにこだわることが少ないような気がします。ホイール交換を希望する女性は軽さや走行性能ではなく、ルーフトップやミラーとの色のマッチングでご自分の車をデザインすることを楽しんでいらっしゃるようです。

ホイール交換は高額なカスタマイズになりますが、足回りの雰囲気にアクセントをつけたいという方にはホイール中心部に取り付けるセンターキャップなどはいかがでしょうか。手頃な価格でエクステリアの雰囲気を変えることができるアクセサリーです。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

MINI 箕面

初めまして。大阪府箕面市のMINI正規ディーラー、MINI 箕面です。イオン箕面店のそばで営業しております。国道176号と国道423号の近くですので北摂地域の皆様のご来店をお待ちしております。
住所:〒562-0012 大阪府箕面市白島1-2-19
電話:072-726-3298 | 営業:9:30~19:00 | 定休日:月曜日

HP:公式サイト|ディーラーページ

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「ミニクーパー ホイールの基礎知識 」 に関するページです。

ページトップへ