メニュー

アメリカ転勤、留学が決まった人へ アメリカでの中古車探しの心配点とオススメサービスとは?

編集部通信|

アメリカ転勤、留学が決まった人へ アメリカでの中古車探しの心配点とオススメサービスとは?

Photo Credit:Termy

アメリカはどこに住むとしても車が必須

先日、アメリカに出張する機会があり、アメリカの車業界をいろいろと調査してきました。その際に面白い海外サービスを見つけたので、現地の中古車事情とともに紹介させてください。日本以上に車社会のアメリカでは大都市でも小さな町でも車は必須です。一部の大都市を除いては地下鉄や鉄道網が日本のように整備されておらず、日々の買い物や通勤、レジャーに使用できる車がないと間違いなく生活は不便になります。ニューヨークなど地下鉄が整備されている都市でも地下鉄(メトロ)だけで充分生活できるのはマンハッタン島周辺など、賃料が高いエリアです。ニューヨークであっても少し郊外に住むと決めたなら、アメリカ生活がスタートして早い段階で車を購入するのが必須になってくるでしょう。

アメリカでの車購入は日本人にはハードルが高い

Photo Credit:Termy

アメリカで車を買うとなると、ディーラー系販売店や地域の中古車販売店になるのは日本と同じです。しかし、そこはアメリカ。日本らしい至れり尽くせりのサービスは期待できないと思ってください。こちらが何も言わずに値引きしてくれたり、オプション部品をつけてくれたり…なんてことはありません。もちろん「納車整備で…をサービスしておきました」なんてこともまずないでしょう。こちらがお願いしたいことをハッキリ相手に伝え、交渉しないと期待するサービスは手に入らないんです。しかも、その交渉は英語で行う…ネイティブのアメリカ人の英語は日本人には非常に早口に聞こえますから、渡米して間もない人には不安だらけですよね。また、中古車を見に行ったのに新車をススメられる、必要のないオプションをグイグイ営業される…日本より格段にセールスの押しが強いので、そこに疲れてしまう日本人も結構いるようです。

異国の地で信頼できるお店を探すのも大変

Photo Credit:Termy

また、アメリカでは高い車、安い車の価格差は大きく、ディーラー系販売店は高価格帯の車を販売しています。少しでも手頃な車が欲しいとなると、お次は街の中古車販売店となるのですが、初めて訪れた異国の地で信頼できる中古車販売店を探すのはハードルが高いでしょう。不安だらけの新生活では、どこのお店でセールスを受けても「だまされているんじゃないか」と思いがちですしね。

日本以上に車の個人売買が盛んなアメリカ

ディーラー、街の中古車販売店に続いて、車購入の際に話題に上るのが個人売買です。アメリカでの車購入に不安を感じる人は日本に帰国する人にタイミング良く出会えれば、その人から購入なんて話も聞くでしょう。ただ、その場合、デザインやメーカーの好みはひとまず気にせず「ちゃんと動く車をなんとか日本人から買えて一安心」という結果になりがちです。日本人以外からの購入でよければ、個人売買が盛んなアメリカですからeBay、Yahoo!といった大手サイトにいくらでも中古車情報が掲載されていますし、またガソリンスタンドやコンビニに行けば個人売買の専門誌を見つけることもできます。

車のコンディションを知るのに役立つCARFAXとAUTOCHECK

161020carfax

「個人売買だと車のコンディションが心配」という人もいますよね。日本でも多くの人がヤフオクで車を購入しないのは同じ理由からでしょう。悪意を持ってコンディションの悪い車をススメくる人もいますが、売り手のオーナーも自分の車のコンディションをわかっていないことも多いんです。日本でもアメリカでも個人売買で起こりがちなのは、多少問題がある車でも今は何もトラブルが出ていないので「この車はグッドコンディションだ」と売り手が言ってしまうこと。アメリカではこういった状況を防ぐために客観的に車のコンディションを知るためにCARFAX(カーファックス)やAUTOCHECK(オートチェック)というサービスがあります。これは車ごとに割り振られたVINコード(Vehicle Identification Number。車両識別番号やシリアルナンバーとも呼ばれています)からその車の過去の情報を調べることができる有料サービスです。両サービスで具体的にわかる内容は、どこで製造された車なのか、過去に何人のオーナーが所有した車なのか、レンタカーとして使用されたことがあるのか、事故修復歴があるのか、過去にディーラーなどで整備されたときに記録された走行距離などです。

日本でもこういったシステムが整備される話はありますが、現状は存在しません。最近の車にはOBDⅡポート(On-board diagnostics)という、コンピューターで車のトラブルレコードを読み込む機構が用意されており、ここから読み取られたデータを共有化すれば日本でも同様のサービスが可能です。いずれはCARFAXのようなサービスが日本でも導入されるでしょう。ただし、CARFAXのようなサービスも万能ではありません。街の修理工場での修理は記録に残らないことも多いですし、個人での整備はデータとして記録に残りません。そのため、アメリカから日本に輸入された車でCARFAXのデータがあるからと言って、100%それを信用することはできません。あくまで参考になるデータ程度に考えた方がいいでしょう。

アメリカは日本より距離を走った中古車が多い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、アメリカでは日本ではあまり見ない、走行10万㎞を超える車も多く見かけます。日本では走行距離が5万㎞、6万㎞を超える中古車は価格が下がりがちですが、本来その程度の距離なら、しっかり整備されてきた車ならさほど心配する必要はありません。STOP&GOが多い日本でなら、足回りのヘタりやエンジンの消耗が気になるかもしれません(実際は日本でもそこまで気にする必要はないと思います)。しかし、アメリカでは一部の大都市を除けばSTOP&GOや渋滞は日本ほど酷くありません。また、フリーウェイなど長距離を時速100㎞以上のスピードで移動することが多く、同じ距離を走っていてもノロノロ運転で逆にエンジンに負担がかかる日本ほどのダメージはありません(スピードを出してエンジン回すのもエンジンコンディションを保つ秘訣です)。また、アメリカは乾燥した気候の地域が多いため、経年劣化での塗装へのダメージは高温多湿な日本ほどでもないんです。

アメリカでの中古車の適正価格はKelly Blue Bookでチェック!

161020kelly-blue-book

店頭でも個人売買でもアメリカで売られている中古車が適正価格なのかがわからない、という悩みもアメリカに来たばかりの人には発生します。そういう人のためにアメリカには「Kelly Blue Book」というサイトがあります。欲しい車の車種や年式、走行距離などをベースに中古車相場を算出してくれる優れモノサービスです。当然ながらこのサービスは英語での提供となります。

関連記事
Related Articles

時間がない、不安も多い人にオススメ beepiでの中古車探し

161020beepi

アメリカの中古車事情と車探しに役立つサービスをいろいろと紹介してきましたが、どれも自分で中古車探しに動く際に参考となるサービスであって、使いこなせる自信とそれを役立てられる現場での交渉力・語学力がないと意味がありません。そこまで自分で調べる時間も渡米したばかりのときは惜しいでしょう。アメリカで生まれ育ったローカルにとっても、その手間と時間を惜しみたい人は多いようで、2013年にアメリカで面白いベンチャー企業が立ち上がりました。カリフォルニア州を拠点に全米でのサービスを拡大中のbeepiという企業なのですが、売り手と買い手の個人売買の仲立ちをする企業で、両者の不安をbeepiが解消してくれることが評価されグングン成長しています。

関連記事
Related Articles

ユーザーがbeepiを利用するメリットを紹介すると…

  • beepiが派遣するメカニックが車のコンディションを目視でチェックしていて、客観的な車両評価がわかる
  • 良質な車両が多くそろう。beppiは出品基準が高く設定されており、粗悪なコンディションの車両はほとんど掲載されない
  • 購入希望の車をbeepiのスタッフが持ってきてくれるので、店舗や売り手のいる場所に出向く必要がなく、買い手の手間が省ける
  • 車のコンディションや走行距離を基に適正価格を設定しているので中古車販売店より手頃な値段で購入できる。販売車両の価格交渉はできないが、英語での価格交渉のわずらわしさがない
  • 購入時に車の試乗はできないものの、購入後10日以内であれば返品完全無料
  • 以上の5点が挙げられます。2016年10月時点での全米でのサービス提供地域はハワイ、アラスカを除くすべての州に広がりました。アメリカに転勤・留学する日本人の居住エリアのほとんどがカバーされていると考えていいでしょう。もうすぐアメリカに行くことが決まっている方、現地での車探しが不安な方は「こんなサービスがあるんだな」と見ておいてはいかがでしょうか。メーカーやボディタイプ、年式から希望モデルの価格をあらかじめチェックすることができますよ。ちなみに、beepiは日本へ帰国するときに車を売るのにも便利です。帰国準備で忙しいときに車のことはbeepiに丸ごとお任せできるので他の作業に集中できますよ。

    ミニ3ドア、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

    【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

    ◆買い替えでよくある失敗にご注意!

    今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

    ◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

    ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

    ◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

    見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

    ◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

    「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

    ▼査定申し込みはこちらから!

    ◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

    ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

    1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

    2.同じ時間にアポイントを設定する。

    3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

    これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

    シェア

    あなたにオススメの記事

    この記事へのコメント

    制作・協力

    CLUB CARS 編集部

    CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

    HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

    CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

    いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

    RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。

    
    ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
    BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

    これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「アメリカ転勤、留学が決まった人へ アメリカでの中古車探しの心配点とオススメサービスとは? 」 に関するページです。

    ページトップへ