メニュー

軽自動車の予算で輸入車のプレミアムコンパクトが買える! 第2世代ミニ3ドア(R56)のススメ

ミニクーパー (MINI) 中古車探し|, ,

軽自動車の予算で輸入車のプレミアムコンパクトが買える!

200万円以下でミニクーパーの中古車が購入できるってご存知ですか?

ひと昔前までは軽自動車と言えば100万円以下というイメージですが、現在では新車の軽自動車でも最上級グレードでは200万円前後の価格も珍しくなくなってきました。確かに軽自動車はランニングコストが安く、コンパクトなボディのおかげで取り回ししやすいのは事実です。どうしてもそのクルマでなければならないということであれば仕方ありませんが、本当は別のクルマが欲しいけど予算が合わなくて…。という人も多いのではないでしょうか。そんな人は新車にこだわるのを一旦止めて中古車にも選択肢を広げてみるのはいかがでしょう? ミニに限定しても、最新モデルを狙わないのであれば新車の軽自動車の予算で購入が可能なんですよ。クルマはあなたの人生の貴重な時間を一緒に過ごすパートナーです。やはり手に入れて良かったと思えるクルマを選びたいですからね。というワケで、この記事では新車の軽自動車の購入予算の目安となる200万円で中古車の第2世代ミニ(R56)を購入できることを紹介します。

ミニ3ドア、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

今も根強い人気の第2世代ミニ3ドアハッチバック

マイナーチェンジ後のミニ クーパーS

第2世代ミニ3ドアは前期、後期に分けられる

第2世代ミニ(R56)は2007年2月から2014年3月までの7年間販売されました。2010年10月にマイナーチェンジを行い、内外装が変更されました。これを境に前期、後期と分けることができます。そのほかミニ(R56)のトピックスとしてはワンに搭載されているエンジンがデビュー当時は1.4リッターでしたが、2010年4月全車にブレーキ回生システムを採用、1.6リッターエンジンに変更されたことでしょうか。また、2012年10月にはジョン・クーパー・ワークスにAT車が設定されています。それではミニ(R56)の中古車の状況を見てみましょう。

軽自動車と比較したミニ3ドアのボディサイズ

全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) 重量(kg)
軽自動車のボディサイズ規格 3,400以下 1,480以下 2,000以下 通常900㎏前後
ONE 第1世代 3,625 1,690 1,425 1,130
第2世代 3,700 1,685 1,430 1,130
第3世代 3,835 1,725 1,430 1,170
クーパー 第1世代 3,625 1,690 1,415 1,140
第2世代 3,740 1,685 1,430 1,130
第3世代 3,835 1,725 1,430 1,170
クーパーS 第1世代 3,655 1,690 1,445 1,180
第2世代 3,715 1,685 1,430 1,210
第3世代 3,860 1,725 1,430 1,240

中古車市場の中心は今も第2世代ミニ3ドア(R56)が中心

軽自動車と比べて、ミニはどれくらい大きいのと思う方もいるでしょうから、上記に全世代のミニ3ドアのボディサイズを紹介しますね。現在ミニ3ドアハッチバック(以下、ミニ3ドア)の中古車は2100台近く流通しています。そのうち、ミニの中古車の2台に1台は第2世代(R56)となっており、中古車市場では第2世代は今も中心となっています。中古車の価格帯は第1~第3世代のすべてで見ると、30万~400万円と大変幅広くなっています。高年式のジョン・クーパー・ワークスなどが高価格となっていますが、すでに100万円以下でも購入できるミニも出回っていて、平均価格は165万円です。第2世代ミニ3ドアの約1000台の中古車のうち約87%が予算200万円以下で手に入ります。グレードの内訳は約51%がクーパーで、続いて約31%がクーパーS。16.1%のワン、残りはジョン・クーパー・ワークスをはじめとした特別仕様車です。普通のクルマの場合、流通台数は登場した年をピークに減少していくのですが、人気の高いミニは違います。07年は256台と最も多いですが、08年は132台、09年133台、10年111台、11年115台、12年88台、13年128台、14年19台と登場した年と生産終了した年を除くとほぼ横這いです。これほど年式による流通台数の少ない車種はミニのほかには見当たりません。フルモデルチェンジから時間が経ったとしても、魅力が落ちないクルマ、それこそミニが人気車と言える理由でしょう。購入者の中には最新の第3世代ミニ3ドアをまったくチェックせず、最初から第2世代に的を絞って探す人がいるのもミニらしい話ですね。ミニ3ドアの場合、第2世代までと第3世代からではボディサイズが大きく変わったため、駐車場問題などから第2世代以前を購入する人もいます。「軽自動車の購入を考えていたけれど、ミニもいいなぁ…」という方はボディサイズで考えるなら第2世代ミニ3ドアがベストかもしれません。

200万円以内でも高年式のミニ3ドアが購入可能

200万円以内でも高年式のミニ3ドアが購入可能

100万円代前半の車両も豊富

さて、予算200万円で第2世代ミニ3ドア(R56)を狙うとなると、最終年式の2014年式までをターゲットとすることができます。グレードも走行性能を向上させたジョン・クーパー・ワークスも年式によっては手に入れる事も可能です。ミニは運転する楽しさだけでなく、カスタマイズしてオンリーワンのミニを作る楽しさもあります。ノーマルで乗るなら高年式で走行距離の少ない物件を選べば良いですし、購入後にカスタマイズしたい!という人は車両本体を抑えて、カスタム代に予算を回すこともできます。さらにマイナーチェンジ前の2010年式までなら予算150万円でもミニ(R56)を手に入れることが可能です。クーパーS、ジョン・クーパー・ワークスは厳しいかもしれませんが、クーパーやワンならば自分の好みの色や仕様を選ぶことができますよ。ちなみに、2015年にCLUB CARS編集部員が2010年式ミニクーパーSを購入した際は、トータル予算200万円で後期型エンジンのミニクーパーSを探していました。100万円代前半の車両本体価格のミニクーパーS(走行距離6万㎞)を見つけ、いずれ故障しそうな部品をあらかじめ交換して安心して乗れる仕様としました。

軽自動車と比較したミニ3ドア 各世代のエンジンスペック

排気量 (cc) 最高出力 (ps) 最大トルク (Nm)
一般的な軽自動車 660 50~60 60~100
ONE 第1世代 1,598 90 140
第2世代 1,396 (1,598) 95 140
第3世代 1,198 102 180
クーパー 第1世代 1,598 116 149
第2世代 1,598 122 160
第3世代 1,498 136 220
クーパーS 第1世代 1,598 170 220
第2世代 1,598 175 240
第3世代 1,998 192 280

ミニをイメージとしたと思われる軽自動車やコンパクトカーがありますが、同じ予算で本物のミニが手に入るのです。軽自動車より少しボディサイズは大きくなりますが、軽自動車にはない質感の輸入車が手に入り、余裕のあるパワーで走りが楽しめます。BMW譲りの足回りを採用しているので、走りの良さは軽自動車とは比べモノになりません。中古車といってもミニのゴーカートのライクな楽しい走りと優れたデザインは全く色あせていません。そして、どのボディカラーを選んで、どんなカスタマイズをしようかと考える楽しさもミニならではじゃないでしょうか。そんなワクワクするカーライフを送れるミニ3ドア(R56)を手に入れてみませんか。きっとカーライフの充実感が変わりますよ。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「軽自動車の予算で輸入車のプレミアムコンパクトが買える! 第2世代ミニ3ドア(R56)のススメ 」 に関するページです。

ページトップへ