メニュー

自動車購入時に支払うリサイクル料金って…絶対払う必要があるの?

MINI一問一答|---

自動車のリサイクルシステム

リサイクル料金って、みんなが支払わなきゃいけないモノなの?

20世紀の終わり頃からよく耳にするようになった「リサイクル」という言葉。もう普段の生活でも馴染み深い言葉になっていますよね。知っている人も多いと思いますが、自動車の世界でもリサイクルは当たり前のように行われており、2005年から国内で販売されるすべての車両でリサイクル料金が徴収されるようになっています。では、リサイクル料金はどういう仕組みになっているのか、自動車のリサイクルはどのように行われているのか、MINI三宮さんにお聞きしてきました。

ディーラーの方に聞いてきました

  • MINI三宮 大川 博之さん
  • MINI三宮 大川さん

    新車も中古車も、車両購入時にはリサイクル料金をお支払いただいています。

リサイクル料金は、公益法人 自動車リサイクル促進センターが管理

自動車リサイクルの考え方が一般に浸透しているのか、最近はリサイクル料金についてあまり質問されなくなってきました。しかし、この費用が何に使われているのかは気になりますよね。ミニを購入いただいた際にお支払いただくリサイクル料金は私どもが管理しているわけではありません。リサイクル料金の管理は「公益法人 自動車リサイクル促進センター」が行っており、車検証と一緒にお渡ししているキットの中に預かり金額が記載された「リサイクル券」があります。「リサイクル券」は車検や下取り、廃車の際に必要になるモノなので無くしたり、捨てたりしないでくださいね。

自動車のリサイクル券サンプル

なお、リサイクル料金は新車購入時のみにかかると思っている人もいますが、車の下取りの際には下取り料金と合せて、手数料を引いたリサイクル料金がオーナーさんに返却されます。そのため、中古車の購入時には次のオーナーがリサイクル料金を改めて支払う必要があります。

リサイクル料金の内訳について

リサイクル料金ですが、ミニの場合およそ15,000~20,000円の料金を頂いております。その内訳は…

  • シュレッダーダスト料金
    10,000~13,000円になります。ボディサイズによって料金が違います。
  • エアバッグ類料金
    3,000~4,000円前後。装備されているエアバッグの数などで変わります。
  • フロン類料金
    2,000円前後。充填されているガスの量によって変わります。
  • 情報管理料金と資金管理料金
    500~600円程度。ミニのモデルごとのリサイクル料金の詳細はこちらのページをご覧ください。

大きな金額を占めるのは、シュレッダーダスト料金

各項目についてご説明しましょう。シュレッダーダストにはボディや内装など車を構成するほとんどの部品が含まれています。エンジンやバッテリー、タイヤなど個別にリサイクルに回される部品を取り外した後に、ボディやフレームなどが破砕機にかけられます。砕かれた部品は鉄や銅、アルミ、プラスチックやガラスなどに分別され、リサイクルに回されます。昔と比べると使える部品は可能な限りリサイクルされるようになっており、自動車リサイクル促進センターによれば適切に処理されれば車の99%はリサイクルすることができるようです。実際のリサイクル率については正確な情報はありませんが、BMWは昔から環境負荷やリサイクルに関心が高く、2005年1月から施行されたリサイクル法にも積極的に協力しています。

一度も使用されなくてもエアバッグは解体しなければいけない

エアバッグ類料金はその名の通り、エアバッグの解体にかかる費用です。多くの車ではエアバッグは一度も使用されることはありませんが、安全に関わる部品のため、取り外してそのまま別の車に再利用することはできません。最近は1台の車に搭載されるエアバッグの数が増えていますし、火薬を使って作動させる部品のためエアバッグの取り外し&リサイクルにかかる手間と費用は安いものでは無くなっています。

大気放出ができないフロンガスも、回収費用負担が必要

フロン類料金はエアコンに使われているフロンガスの回収料金になります。かつて、オゾン層を破壊すると話題になったフロンガスですが、環境ダメージが大きいCFCというフロンガスは1995年に使用が禁止されており、今、使われているのは環境負荷が少ない代替フロン(HCFC)と呼ばれているモノです。代替フロンも2020年までには使用が禁止される予定で、代替フロンを大気放出せずに回収し、無害化するための費用が法律で定められています。

シュレッダーダストやフロン、エアバッグはそれぞれに指定の引き取り事業者が指定されており、どこにでも廃棄できるわけではありません。資源の有効利用と環境負荷の軽減のために国が定めた制度ですので、車両購入時にリサイクル料金をいただくことについてご理解いただければと思います。

まとめ

  • 新車でも中古車でも、あらゆる車の購入でリサイクル料金を支払う。
  • 車を下取りに出した時、リサイクル料金は戻ってくる。
  • 費用は5種類の項目から構成されている。

MINI三宮 大川 博之さん

MINI 三宮

大川 博之さん

MINI 三宮のセールスコンサルタント。ハッチバック、クラブマン、クロスオーバーと乗り継ぎ、現在はミニクーパーD ペースマンを所有。子供の成長に合わせてミニを乗り換えてきており、ファミリーのメインカーとしてのミニの使い勝手については実生活で経験しており、非常に頼りになる。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

MINI 三宮

MINI 三宮は神戸の中心地、三宮にあります。最寄り駅はJR「灘」もしくは阪神「岩屋駅」で、国道2号線と43号線の分岐近くにMINI三宮はあります。MINI NEXT 三宮と店舗は近いのですが、住所が違いますのでお気を付けください。
〒657-0845 兵庫県神戸市灘区岩屋中町四丁目1番4
TEL: 078-803-3298 | 営業時間:9:30~19:00 | 休日: 火曜日

HP:公式サイト|ディーラーページ

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「自動車購入時に支払うリサイクル料金って…絶対払う必要があるの? 」 に関するページです。

ページトップへ