メニュー

新旧ミニ3ドアハッチバック (F56、R56) の違いを徹底解説

ミニクーパー 購入ガイド|, , ,

ミニクーパー

はじめまして、MINI 浦和の佐々木と申します。2014年4月から販売がスタートした第3世代のミニ3ドア(F56)やミニ5ドア(F55)ですが、それ以前の第2世代のハッチバックモデル(R56)との違いについてお客様から質問を受けることがあります。クラシックミニから受け継がれたミニの伝統として「伝統的なデザインは大きく変えない」というポリシーがあるので、パッと見るだけではどこが違うのか、なかなかわかりにくいですよね。そこで今回はF56のクーパーとR56のクーパーを比較して、両モデルにどういった違いがあるのかをご紹介いたします。

ミニ3ドア、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

ミニ浦和 佐々木 茂さん

MINI 浦和

佐々木 茂さん

MINI 浦和のセールスコンサルタント。ミニ ONE(R56)を経て、現在は2014年式 ミニ クーパー クロスオーバーを所有。学生時代に10年間野球に熱中していた体育会系のセールス。

目次

  1. はじめに
  2. エンジンの違い
  3. ボディサイズの違い
  4. エクステリアの違い
  5. インテリアの違い

はじめに

第3世代の3ドア(F56)や第2世代のハッチバック(R56。第2世代は5ドアが無かったので、単に”ハッチバック”と呼ばれることが一般的でした)については、CLUB CARSさんですでに紹介されています(下記の関連記事を参照)。この記事はあくまでF56とR56のクーパーモデルを比較し、どこが違うのかを紹介する記事になります。ONEやクーパーSについてはスペースの関係上、割愛させていただきますが基本的にR56とF56の違いはクーパーでの比較と同様だと思っていただいて大丈夫です。

エンジンの違い

排気量は100ccダウン。しかしパワーは大幅増

まずはエンジンの違いです。R56のミニクーパーは1598㏄、F56のミニクーパーは1498㏄と第3世代になり排気量が100㏄下がりました。排気量が小さくなったと聞くとパワーが無くなったように思いがちですが、F56のエンジンにはターボが搭載されたので逆にパワーは上がっています。街中で走らせるとF56の方が低速から高速まで気持ちのいい加速が楽しめますよ。

新型ミニクーパー、クーパーSのエンジン

実際、クーパーの最高出力は120psから136ps、最大トルクは160Nm→220Nmへとパワーアップしています。R56ではクーパーSのみに採用されていたターボが、F56ではONE、クーパー、クーパーSの全グレードに搭載されたのは非常に大きな違いと言えるでしょう。どの回転域でもトルクが太くなった(力強い加速をする)ことがF56のエンジンの最大のメリットです。ちなみに、パワーが上がったにも関わらず、燃費はR56の18.8km/LからF56では19.2km/Lへと少しだけ向上しています(MT車の数値)。

新型ミニクーパーF56 先代ミニクーパーR56
エンジン 直列3気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHC
排気量 1,498cc 1,598cc
タンク容量 40L 40L
最高出力 136ps 122ps
最大トルク 220Nm 160Nm
燃費(JC08モード走行) MT 19.2km/L MT 20.0km/L
AT 17.9km/L AT 15.4km/L

ボディサイズの違い

新型ミニクーパーは3ナンバー化

次にわかりやすい違いはF56でボディサイズが大きくなったことです。5ナンバーから3ナンバーサイズへと大きくなったので、サイズの違いはお客様との会話でもよく話題に上ります。具体的にはR56の全長×全幅×全高が3,700㎜×1,685㎜×1,430㎜、F56が3,835㎜×1,725㎜×1,430㎜、ホイールベースも2,465㎜から2,495㎜と3㎝延長されています。重量もR56の1,140㎏からF56の1,170㎏(MT車の数値)へと増えていますが、体感できる差ではないでしょう。

r56f56_minifr

ボディサイズが大きくなったことには賛否両論がありましたが、後部座席が広くなったこと、荷物の積載量が160Lから211Lへと拡大されたメリットは大きいでしょう。また、従来は5:5で分割して倒すようになっていたリアシートがF56では4:6に分割して倒すように設計が変更されました。この違いは意外と荷物の積載性に大きく影響をしており、ゴルフバッグの積載性はかなり良くなっています(関連記事:ミニにゴルフバッグは、いくつまで積めるのか?)。

新型ミニF56の走行シーン

ゴーカートフィーリングは健在

ボディサイズが大きくなったことでミニ独自の運転の面白さ、”ゴーカートフィーリング” が犠牲になったのか、と勘違いするかもしれませんが、その点はご安心ください。ミニのコンパクトさも”ゴーカートフィーリング” の構成要素の1つではありますが、他メーカーの車と比較してもF56でも充分にコンパクトですし、ワイドトレッド・ロングホイールベース(タイヤが車の四隅ギリギリに配置されていること)は健在、視点の低さによるスピード感も充分に味わうことができます。ミニらしいデザインとミニらしい面白さを求める方にはF56は自信を持ってオススメできるモデルです。

新型ミニF56 先代ミニR56
全長 3,835mm 3,740mm
全幅 1,725mm 1,685mm
全高 1,415mm 1,430mm
ホイールベース 2,495mm 2,465mm
車両重量
  • MT 1,170kg
  • AT 1,200kg
  • MT 1,130kg
  • AT 1,170kg
最小回転半径 5.1m 5.1m

エクステリアの違い

mini_f56_r56

フロントマスクの違い

次に新旧ミニクーパーのエクステリアの違いについてご紹介しましょう。まず、わかりやすいのはフロントマスクの違いですね。フロントグリルのデザインがF56からクラシックミニに採用されていたグリル風のデザインになり、メッキ部分が増えて個性が強くなりました。ヘッドライトやフォグランプのデザインもわずかですが変更されています。灯火類のデザインを見直したものの、形状を大きく変えないのは伝統のデザインを守る、ミニらしい決断と言えるでしょう。フルモデルチェンジでビックリするようなデザイン変更がないのは、お客様にもディーラーのセールスコンサルタントにも嬉しいことですね。

新旧ミニクーパーのフロントグリル
newoldmini_light

リアまわりの違い

リアのデザインもぼんやりと見ているだけでは違いがわかりづらいのですが、テールランプのサイズがF56になってから大きく、幅もあるモノに変更になっています。ペースマンでは横型のテールランプが採用されていますが、この縦型のテールランプは1959年のクラシックミニ時代から続く、伝統的なデザインの1つですね。テールランプの大型化に伴い、ハッチバックのドア形状も少しだけ変化しています。バックランプもR56より幅が短く、少しぶ厚いモノに変更されました。あまり気づく人はいませんが、マフラーの取り出し位置がR56の右側から左側に変更されています。

新旧ミニクーパー比較

サイドの違い

側面から見たデザインの違いもなかなか見つけるのが難しいポイントです。まずは給油口が従来の左側からF56では右側に変更されたこと。これはMINIとBMWでプラットフォームを共通化されたことの影響でしょう。他にはサイドスカットルの大きさ、取り付け位置が変わったことくらいでしょうか。よく見るとドアノブに取り付けられていた鍵穴がノブの裏に隠されたり、ドアパネルなどのプレス形状が微妙に変更されたりと些細な修正が加えられた点はまだありますが、違いがわかりづらいかもしれません。しかし、新旧モデルともに真横から見てミニだとわかるデザインなのは素晴らしいことと言えるでしょう。

fr56_miniside

インテリアの違い

新旧ミニのセンターメーター比較

伝統!?のセンターメーターが移動

運転席に座ってすぐに気付くのが、先代ミニではのダッシュボード中央にあったセンターメーターが、ステアリング前面に移動したことでしょう。先代ミニの場合、ダッシュボードの真ん中にスピードメーター、ステアリング前面にタコメーター(回転数を確認するメーター)が取り付けられていました。一方新型はステアリングの前にスピードメーターとタコメーターがセットで取り付けられています。

ミニクーパーのナビあり、ナビなし

純正初のビルトインタイプのナビが登場

センターメーターが移動したことで、ダッシュボードの中央にはセンターディスプレイ(ラジオ局名など簡単な情報を表示)が配置されています。またオプションで、待望のビルトインタイプの純正ナビゲーションが採用されました(クーパーSでは標準装備)。F56のナビは工場出荷時にのみ取り付けが可能で、納車後の追加オーダーはできませんので注意してください。なお、センターディスプレイを飾るLEDチューブが美しい、MINIエキサイトメントパッケージも工場出荷時のみのオーダーとなります。

panel

センターパネルのスイッチ類の変更

センターパネルに配置されたスイッチ類もいくつか変更されました。先代ミニまではセンターパネルにあったサイドウィンドウやドアロックスイッチが、一般的な自動車同様にドア横に移動し、操作しやすくなりました。R56ではミニのエンブレムを模してデザインされていたスイッチですが、F56ではシンプルなデザインに変更されていますね。

door

ドア横に移動したスイッチ

R56ではドア横にスイッチ類はほとんどありませんでしたが、F56からサイドウィンドウやドアロックスイッチがドア側に移動してきました。国産車から乗り換えた方からは違和感なくスイッチ操作ができるので好評です。なお、R60のクロスオーバーでも2014年9月のマイナーチェンジ後にF56と同様にサイドウィンドウとドアロックスイッチがドア側に移動しています。

key

スマートキーの採用

F56から新型のスマートキーが採用になっています。このため、ステアリング横にキーを指すスロットルが設けられていません。スマートキーはポケットに入れっぱなしのまま、センターパネルの赤いトグルスイッチをONにするだけでエンジン始動が可能です。なお、先代ミニのキースロットルがあった場所にはF56ではヘッドライト専用のスイッチが移設されています。

新型ミニのUSBジャック

携帯充電に便利なUSBジャック

R56ではオプションアクセサリーのMINIビジュアルブーストを搭載したモデルのみUSBジャックが用意されていましたが、F56ではセンターパネル下にUSBジャック、シガーソケットなどが標準で用意されています。R56でもUSBシガーチャージャーを購入すればシガーソケットをスマートフォンや音楽プレイヤーの充電に利用できましたが、やはり標準装備だと嬉しいものですよね。

スポーツボタンからMINIドライビングモードへ

もう1点。これはデザインではなく機能面の変化ですが、R56で「スポーツボタン」と呼ばれていたオプションが、新型ミニでは「MINIドライビングモード」に進化しました。スポーツボタンはボタンを押すことでアクセルのレスポンス向上したり、ステアリングに適度な重みが加わったりと、スポーツマインドを高めてくれる走りを楽しむことができました(ATモデルは、シフトタイミングも変化していました)。

新型ミニのMINIドライビングモードでも同様の変化が楽しめるのですが、選択できるモードがグリーン、ミッド、スポーツの3種類に増えています。新しく追加されたグリーンモードは高燃費な運転ができるモードで、ご家族が運転する際に喜ばれるかもしれません。なお、MINIドライビングモードに別オプションの「ダイナミック・ダンパー・コントロール」を組み合わせれば、ドライビングモードの変更でサスペンション設定も変更されるようになります。一層のスポーツ走行が楽しめるでしょう。詳しくはCLUB CARSさんのこちらの記事(MINIをもっと面白くする"走り"のオプションたち)をご覧ください。

ボンネットオープンレバーが運転席へ

最後に。これはあまり注目されていませんが、ディーラー側で有難いのはボンネットオープンレバーがこれまでの助手席の足元から運転席側に移動したことです。オーナーの皆さんはあまり使うことはないかもしれませんが、整備の際はこれが意外と便利なんです。同じ第2世代のクロスオーバー(R60)では運転席側にボンネットオープンレバーがあり、ずっと気になっていたポイントでした(笑)。

関連記事
Related Articles

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

MINI 浦和

当店は国道17号線沿い、外環道浦和IC近くにあります。電車でお越しの方は埼京線「戸田駅」、もしくはJR京浜東北線「蕨駅」が最寄り駅になります。駐車場に余裕がありますのでお車での来店も大歓迎です。
住所:〒335-0005 埼玉県蕨市錦町2-1-37
電話:048-442-2532 | 営業:10:00 - 20:00 | 休日:火曜日

HP:公式サイト|ディーラーページ

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「新旧ミニ3ドアハッチバック (F56、R56) の違いを徹底解説 」 に関するページです。

ページトップへ