閲覧履歴

中古車情報・中古車検索

日本最大級の掲載数!!:425,683

CLUB CARSの中古車検索

CLUB CARSは、日本でも最大級の中古車掲載台数を誇る中古車情報サイトです。サイト内には圧倒的にわかりやすい中古車購入ガイドを多数掲載。またBMW、MINI、メルセデス・ベンツ、アウディ、そしてフォルクスワーゲンといった輸入車は編集部にて徹底的な購入ガイドを作成しています。こちらにて間違いのない中古車選びをシてください。もちろんトヨタや日産、ホンダなどの国産車の中古車も多数掲載。

ブランドから探す

国産車を探す

トヨタ
トヨタ
(97,355)
レクサス
レクサス
(6,465)
日産
日産
(54,216)
ホンダ
ホンダ
(52,617)
マツダ
マツダ
(18,058)
スバル
スバル
(13,458)
スズキ
スズキ
(51,589)
三菱
三菱
(15,784)
ダイハツ
ダイハツ
(48,627)
国産車
すべて

輸入車を探す

メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツ
(10,545)
BMW
BMW
(9,667)
ミニ
ミニ
(5,019)
フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲン
(7,713)
アウディ
アウディ
(5,341)
ポルシェ
ポルシェ
(2,577)
プジョー
プジョー
(1,573)
ボルボ
ボルボ
(3,031)
シボレー
シボレー
(1,463)
輸入車
すべて

ボディタイプから探す

コンパクトカー
コンパクトカー
(200,877)
セダン
セダン
(48,609)
ワゴン
ワゴン
(17,978)
SUV
SUV
(43,353)
クーペ
クーペ
(12,769)
オープン
オープン
(7,655)
ミニバン
ミニバン
(66,044)
ピックアップトラック
ピックアップトラック
(922)
トラック
トラック
(13,235)

中古車の特集

中古車購入のキホン

見積書の見方
中古車の見積書の見方
中古車の購入前にもらうのが見積書。ただどうやって見るかご存じですか? ここでは見積書の確認ポイントを簡潔にまとめてみましたよ。あとで見逃した!なんてことのないようチェック!
中古車の保証
中古車の保証でチェックしておくべき5つのポイント
中古車購入で気になることの1つが保証。ただ保証といっても内容はさまざま。ここでは保証の期間、内容について、購入時に確認しておきたいポイントを詳細にご説明いたします。購入前には是非チェックしておきましょう
中古車の購入に必要な書類まとめ
中古車の購入に必要な書類まとめ
気に入った中古車を見つけ、実車を見て納得したらいよいよ契約。ただその前に、中古車を契約する際の必要書類はご存じですか? こちらでは購入決定後から納車までをスムーズにするための中古車購入書類をご紹介します。
中古車購入時にある納車前整備を調査
中古車購入時にある納車前整備を調査
中古車購入時に必ず出るのが「法定整備」。整備内容は…なんとなく知ってるけど…という方は、内容をしっかり見ておくことも大切です。ここでは中古車の法整備について解説しますよ。中古車検索の前に理解しておきましょう。
中古車ユーザー調査まとめ
中古車の購入単価は上昇中!? 中古車ユーザー調査まとめ
リクルート自動車研究所が調査した中古車約5000人の調査結果をまとめました。他の中古車ユーザーはどういった中古車選びをしているのでしょうか。価格帯や購入店舗の属性などなど調査結果を簡潔にまとめましたよ。
中古車購入にかかる税金と諸費用
中古車購入にかかる税金と諸費用
中古車購入時にはさまざまな税金がかかります。新車ほどの税額ではないものの、その費用はバカになりません。ここでは中古車の税金と諸費用について細かく解説いたしますよ。
中古車の買い時
中古車に買い時ってある? 中古車が安い時期と高い時期を検証
中古車や認定中古車に買い時ってあるのでしょうか? 実はあるんです。ここでは中古車をお得に購入するために知っておきたい買い時、売りどきについてご紹介します。中古車の購入時期に制限がない方はぜひチェックしてみてください。
中古車ユーザー調査まとめ
ミニの中古車検索に表示されている「支払総額」とは?
CLUB CARSでも実施している中古車の総額表示。これは中古車本体価格に加えて、税金や諸費用など納車までにかかる費用全体について徹底的に解説いたしますよ。
中古車購入にかかる税金と諸費用
中古車購入のポイント – 走行距離編
中古車購入する際に最も気になるポイントの1つが走行距離。ただ走行距離は少なければいいというものでもありません。ここでは中古車購入に最適な距離について検証してみました。

すべての中古車メーカー一覧

日本日本

ドイツドイツ

アメリカアメリカ

カナダカナダ

イギリスイギリス

スウェーデンスウェーデン

フランスフランス

イタリアイタリア

オーストリアオーストリア

ロシアロシア

韓国韓国

タイタイ

マレーシアマレーシア

南アフリカ南アフリカ

中古車の基本ガイド

新車と中古車、どちらがオトクなの?

中古車購入する際に、一番の迷いどころが新車との比較。新車は高いけど、その分新しくて保証もしっかりしていそう…こんなお悩みをよく聞きます。ただ中古車が保証が薄いというのは間違い。ここ最近の中古車は多くの自動車メーカーが力を入れておりしっかりした保証が付いていることが多いようです。ただ年式が古めの中古車になれば、販売店保証に加えて追加の保証を検討してみてもいいでしょう。本体価格も非常に安くなっているはずなので、しっかりした保証に入っても十分メリットがあるはずです。この他新車と中古車の最大の違いは、オプションやボディカラー。新車は好きな様にオプションを選んだり、ボディカラーを選んだり出来ますが、中古車は出来ません。また完全に自分の好みのオプションとボディカラー、それに価格や走行距離といった条件を満たした車両を見つけるのは非常に困難です。もちろんその分、価格が安いことがメリットですが、条件面で譲れないなら新車を購入するのがよいでしょう。ただ中古車のメリットは価格だけではありません。新車の多くはオプションやボディカラーによって納車までに時間がかかります。ただ中古車だと現物が近くにあるため、購入後、最短で納車できるメリットも。最後に中古車を購入する際の注意点として、車検を計算に入れておきましょう。新車登録から3年目、それ以降は2年ごとに車検があります。この費用が15〜25万円程度かかりますから、購入時に車検の残などはチェックしておきたいものです。

中古車の支払総額とは

CLUB CARSの中古車検索では、本体価格とともに支払総額を記載している物件があります。これは中古車を買う際に発生する整備や手数料などの諸費用、また税金などすべての費用を足したもの。本体価格が安くても、支払総額が高い中古車もあります。これはその中古車の年式が古かったり、高級スポーツカーのように整備部品が高くつく中古車があるから。中古車選びは支払総額で検討するようにしましょう。中古車検索で支払総額が入っていないものは、中古車販売店に電話またはメールにて問合せ、見積もってもらうようにしてください。

車種選びのヒント

中古車を選ぶ時、多くの方が希望車種は1、2あると思います。ただ本当にその車種でいいのか? と不安になる方も多いようですね。そんな時は、その車種と同じボディタイプの中古車を探してみるといいでしょう。エンジンや装備、価格帯などを比較することで、本当にその車種でいいのか?がわかるかもしれません。CLUB CARSではボディタイプをしっかり分けて中古車を登録しているので、便利です。ボディタイプ自体がわからない?という方は、このページの上にイラスト付きでボディタイプを紹介しています。まずはそちらを参考にしてみてくださいね。ちなみにどのボディタイプにも、各メーカーが低価格車から高級車まで幅広くラインアップしています。例えばSUVですと20-30万円のものもあれば、ポルシェやレンジローバーなどのように1000万円を超える中古車もあります。このあたりは各ボディタイプのページで中古車を価格で絞込して調べるようにしてください。

ボディサイズとタイプ

クルマにはさまざまな形があります。実はこれ、形によってグループ分け出来るのをご存じですか? まずタクシーなどでも有名なセダン、プリウスなど後ろに大きなドアを持つハッチバック、ファミリー層に人気のミニバン、ワンボックス、さらにはアウトドア志向の高い方に人気のSUVやステーションワゴンなどです。またそれぞれのボディタイプには、ボディサイズによってさらに分類されることがあります。よく聞く5ナンバー車や3ナンバー車は、このボディサイズによって区切られています。日本で特に人気の5ナンバー車は排気量2000cc、長さ4.7m、幅1.7m、高さ2mとなっており、これをオーバーすると3ナンバー車となります。機械式駐車場などは5ナンバーまでにしか対応していないなどと言われますが、最近では全体的に車のサイズが大きくなっているため、そこまで気にする必要はないでしょう。また3ナンバーは税金が高いとも言われますが、税金は排気量や重量で決まりますから3ナンバーになれば税金が高くなるということはありません。実際3ナンバーはボディサイズが大きく、エンジンも大きなものが要求されることが多いのでそう思われる用になったのでしょう。

年式・初年度登録とはなにか

自動車購入の際、ポイントになるものの1つが年式。ただこれって一体何なのでしょう? 車を生産した年? 車が売れて登録された年? 不思議に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。年式は生産年のことを言い、初年度登録は登録した年のことを言います。自動車メーカーによってはイヤーモデル方式といって、毎年改良していくやり方をしているところもあります。年式によって装備内容やエンジンスペックが変わることがありますので、年式ごとの違いなどは中古車を調べる前に調べておくとよいでしょう。ただ注意したいのが年式とともに初年度登録年。こちらは登録した年を表しますから、初年度登録2016年となっていても、年式は2015年であることもあります。年式と初年度登録年は必ず確認する癖を付けましょう。また年末年始も要注意です。12月登録と、翌年1月登録では登録年は異なります。中古車を売る際は登録年が新しいほうが高い値がつくことが多いですから、このあたりも注意するとよいでしょう。

走行距離の注意点

中古車選びの基準として、年式や価格とともに注目されるのが走行距離。一般的に走行距離は少ない方がいいと思われていますが、それだけではありません。自動車は機械ですので、年式と較べてあまりにも走行距離が少ないものも考えものです。国土交通省の調査によると日本人の年間の平均走行距離はおおよそ8,000-10,000kmのようです。ですので、中古車選びはこれを基準に行うとよいでしょう。

修復歴

ここでいう修復歴は、フレームにまで手が入る大きな修復歴のことです。ドアを擦って直した…という小さなものは含まれませんのでご注意くださいね。修復歴の内容は、自動車の業界団体が細かく共通ルールを設定しています。ただこう書くと修復歴ありという中古車をみれば、「危ない車」、「事故車」などと思われる方もいるかも知れません。ただ必ずしも事故車でもありませんし、修復されているので危ない車というわけでもありません。気になる車両であれば、中古車販売店にその内容、修復状況などを聞いて見るようにしましょう。

ボディカラー・装備・オプション

新車と異なりオーナーの好みで自由にカラーや装備を選択できないのが中古車。簡単な装備なら後付でも可能ですが、電子制御部品などは後付できなかったり、サスペンションやタイヤ・ホイールなどは変更できても大変な費用が必要になったりシます。このため、中古車選びではカラーや装備も比較検討の重要な項目と言えます。中古車選びをする際は、まずは新車のカタログやウェブサイト、自動車メディアの購入ガイドなどをチェックして、どんな装備があるのかを調べておいてから中古車を見るのが良いでしょう。

認定中古車

BMWが始めた中古車の認定制度。これをきっかけに輸入車、国産車へと広がりました。どのメーカーも基本的には同じ仕組みを使っており、メーカーが定めた認定基準をパスしている必要があります。また多くの認定中古車には1〜2年ほどの保証がついており、また追加金を支払うことでさららに1〜2年延長することができます。さらに認定中古車は納車前にも徹底的な整備が行われるため、安心して乗れることができます。ここまで書くと認定中古車の良い点が多数見られますが、その分に認定中古車は価格が高いことが多いです。

整備

車には2年ごとに車検があり、また1年ごと法定定期点検があります。これらの整備を記録するのが定期点検記録簿で、ここには車ごとの点検内容や補修部品の交換状況が記録されています。中古車では、この点検記録簿から車のこれまでの状況がわかるため、非常に重宝されています。なお中古車購入時にも、多くの場合は整備が入ってきます。ここで入る整備は店舗によってさまざまで厳格な法定整備を行うお店もあれば、整備なし(現状渡し)で販売しているところもあります。また正規ディーラーが販売する認定中古車などは100項目以上の点検を義務付けているところも多いですね。もちろん点検は人が行うものですので、点検量が増えれば費用も増しますが、やはり命を載せて走る車。点検や整備にはある程度余裕をもって費用をかけておきたいところです。

中古車問合せ

気になる中古車が見つかって、いざ問合せしようとなった時、何を聞けばいいのかわからなくなること、ありませんか? 中古車問合せではまず在庫の有無をチェック、その後は購入費用のざっくりとした見積を取得する事になると思います。ただ注意して欲しいのが、中古車は一点モノということ。新車と違って、その中古車が売れればもう購入することは出来ません。中古車は1ヶ月ほど在庫のままという車両もありますが、条件のいいものはネットなどに掲載された途端売れてしまうことも多々あります。特に最近は、現車確認をせずに購入する「車の通販」もどんどん増えている状況ですから注意したいものです。また在庫があるとなっていても、来店前には必ず在庫確認をするようにしてください。タッチの差で売れてしまった…ということでは、交通費も馬鹿になりません。

下取りや買取(中古車査定)

現在も車に乗っている方が新しい車に乗り換える際、発生するのが現車の買取。中古車購入先の販売店で下取ってもらうのが一般的ですが、事前に買取専門店などに査定してもらって売却することも良いかもしれません。買取価格は下取りと買取専門店でどちらが高いか、状況によりますが、できれば両方に査定してもらうのがよいでしょう。中古車の場合、値引きがあまりないため、新車のように新車値引きと買取額が混じって得か損かわからなくなる…ということは起きにくいのでその点はご安心ください。また距離を乗っていたり、購入後10年、15年と経ち買い取りできないような車も、廃車にする前に消費者向け・業者向けオークションの出品代行サービスなどを利用すれば、値段がつく場合があります。

中古車価格が安い時期、高い時期

中古車は相場によって動いています。このため中古車が高い時期、安い時期というのが存在しているのをご存知ですか? 例えば3月。一般的には自動車が売れる時期と言われていますよね。つまり、多くの人が自動車を買う = 中古車の球数が少なくなるという状況ですから、価格は高めになります。新車の場合は割引が多く見られるため、お買い得なのですが中古車は少し違うのです。これは中古車が世の中に1つしかない一点もので有限であることが理由ですね。これと同様に半期決算などが多い9月もやや価格が上昇する傾向にあります。一方で値段が下がるのが6,7月や12月あたり。このあたりに車を買う人は少なく、中古車はややタマ数が増えてきます。このため中古車を購入するのはこのタイミングだとお買い得なことが多いようですよ。ただ中古車は何度も言いますが、一点もの。3月でも条件に合うものがあれば、待ってはいられません。素早い決断が求められます。

ミニクーパー/BMW初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「中古車検索(ミニ、他) | 中古車検索はCLUB CARS」に関するページです。

ページトップへ