メニュー

気軽に乗りまわせるクラシックカー、ローバーミニとライバル車を比較

ローバーミニ 中古車ガイド|,

気軽に乗りたいクラシックカー、ローバーミニとライバル車比較

ローバーミニのライバル車とは?

1959年に誕生、2001年に販売が終了するまでローバーミニ(クラシックミニとも呼ばれています)は大きく基本設計を変更せず、長く愛されてきました。ローバーミニに限った話ではありませんが、何十年も愛されて生産されてきた車は21世紀の安全基準や環境基準をクリアすることができず、ローバーミニや古いVWビートルのようなクラシックカーの新車販売はすでに終了してしまいました。ただし、そういった車を求める車好きは今も少なくありません。一部の富裕層にしか手が出せない高級なクラシックカーは博物館で眺めるしかありませんし、購入できたとしても整備や修理には想像以上にお金がかかりますし、コンディションを維持するための部品の調達が困難な場合もあります。しかし、ローバーミニのような一部のクラシックカーは手ごろな値段で中古車が購入でき、維持コストもそれほど高額ではありません。日本では古い車のオーナーであっても日常的にドライブに出かけるなど、気軽に走らせることができるのを前提に購入する方も多いです。その車を整備できる信頼できるメカニックが数多くいて、部品供給もしっかりしていることも気軽に乗るためには重要となってきます。そんなクラシックカーとなると、ローバーミニや今回紹介するライバル車種をはじめ、一部の車しか選択肢はありません。そこで今回はローバーミニとその他のクラシックカーを比較し、ローバーミニの魅力を紹介することにしましょう。ローバーミニの歴史や中古車購入ガイドについては下記リンクのローバーミニの基礎知識の記事をご覧ください。

ローバーミニ中古車検索(掲載数国内最大級! クラシックミニが700台以上)

人気の90年代インジェクションモデル最終型からヴィンテージのミニまでの全国の中古車在庫を検索できますよ。

VWビートルが代表的なライバルだが、フィアット500もライバルと言える?

ローバーミニを購入する人で他の車と悩む人はそれほどいないかもしれません。しかし、「レトロなデザインで手ごろな値段の車が欲しい」と思っている人のなかにはローバーミニとVWビートルで悩む人も少なからずいます。また、ローバーミニのコンパクトな可愛らしさに魅力を感じる人には古いフィアット500(NUOVA 500など)も選択肢に入ってくることもあります。フィアット500の中古車販売台数は日本では非常に少ないのですが、ローバーミニの魅力を伝えるのにはちょうどいい車なので比較対象として紹介させてください。これらの車の購入で迷った際は最終的にはデザインや直感で決めていいと思いますが、それぞれの車のボディサイズやおおよそのスペック、価格帯を知った上で検討した方がいいでしょう。そこで下記でスペックなどのデータを紹介しますね。

ローバーミニとライバル車のスペック一覧

下記で紹介しているのはあくまで各モデルのスペックの一例です。年式やグレードによって排気量やエンジンパワーが違う場合がありますし、ボディサイズに多少の違いがある場合もあります。

ローバーミニ フォルクスワーゲン フィアット
ミニクーパー ビートル(1200LE) 500(NUOVA 500)
全長(mm) 3,075 4,090 2,972
全幅(mm) 1,530 1,550 1,320
全高(mm) 1,330 1,505 1,320
ホイールベース(mm) 2,035 2,400 1,838
重量(kg) 760 830 490
排気量(cc) 1,271 1,584 479
最高出力(ps) 53ps 48ps 21.3ps
最終生産年 2001 1978(メキシコ生産は2003年) 1977

ローバーミニと比較されやすいVWビートルですが、ボディサイズは圧倒的にローバーミニの方が小さいですね。全長で102.5㎝、全高は17cmほどローバーの方がコンパクトとなっています。VWビートルは現代のコンパクトカーと変わらないボディサイズなので、駐車スペースに制限がある人は注意した方がいいでしょう。また、エンジンパワーはローバーミニが1271cc、ビートルが1584ccと排気量に差はありますが、最高出力で言うとビートルの方が低くなっています。ただし、こちらの表で取り上げた数値はローバーミニがほぼ最終型の1999年式ミニクーパー、ビートルは1978年式の本国生産最終型の1200LEで、時代が違うモデルを比較しているのでフェアな比較ではありませんね。ビートルは本国での生産終了後も2003年までメキシコでライセンス生産されており、メキシコ生産モデルはエンジンに改良が加えられ、ローバーミニの最終型とほぼ同じ最高出力となっています。ちなみに、ローバーミニ、ビートルはともに専門店の数も多く、部品供給も安定していますが、中古車の販売台数では圧倒的にミニの玉数の方が多く、選択肢が豊富です。中古車の価格帯はどちらも100万~200万円が中心価格帯で、ローバーミニは玉数が多い分、未整備の車両は格安ですし、しっかりとレストアされた車両は200万円を超えることも珍しくありません。

コンパクトさではフィアット500が上だが、エンジンはローバーミニより非力

イタリアの地方で今も走っているフィアット500

次にフィアット500との比較ですが、古いフィアット500はローバーミニやビートルほどの中古車販売台数が無く、販売車両を見つけるだけでも大変です。次にローバーミニとフィアット500のボディサイズについてですが、全長は大きくは変わりませんが、全幅は21㎝も小さく、フィアット500の見た目でのコンパクトさは実際の数値差以上に感じられるでしょう。フィアット500のエンジンは479cc(もう少し排気量の大きなエンジンもありましたが、それでも6L以下)しかなく、最高出力も21.3psしかありません(最高速度は98㎞)。現代の道路事情では街乗りから高速まで気軽に楽しめる車というワケではないですね。また、日本で販売されている中古車が非常に少なく、レアなため販売価格は100万円台後半~なのを覚悟しておいた方がいいでしょう。フィアット500はイタリア本国では今も日常的に使われている車なので部品供給に問題はありませんが、トラブル時の部品の手配には少し時間がかかるかもしれません。

マニアックな車種ではシトロエン2CVもライバル?

1955年式シトロエン2CV

出展:PLawrence99cx

他にも1990年まで生産されたシトロエンの2CVと比較する人も(わずかですが)いるでしょう。ボディサイズだけ紹介しておきましょうか。2CVは全長×全幅×全高が3,830×1,480×1,600mmとなっており、ビートルに近いボディサイズです。しかし、エンジンは6Lとフィアット500並みの小排気量で充分なパワーはありません。ただし、それを理解した上で楽しむのならフィアット500も2CVも非常に魅力的な車ですよ。

ローバーミニは玉数、中古車価格、整備態勢のすべてが充実

ローバーミニは80年代、90年代の日本で人気だったため、中古車が豊富にあります。なかでも人気なのは1992年以降のインジェクションモデル(コンピューター制御で燃料噴射を行う仕様)ですが、インジェクションモデルだけでも600台弱の中古車が販売されています(ビートルはローバーミニほど中古車は充実していません)。また、コンディションのいいローバーミニでも200万円前後で入手可能で、これほど手ごろな価格で購入できるクラシックカーはローバーミニとVWビートルくらいでしょう。また、クラシックカーは購入後に信頼できるメカニックにどれだけ定期的に整備してもらえるのかが重要になってきますが、嬉しいことにローバーミニの専門店は全国にあります。メカに自信がない人でも安心して乗り続けられる環境が整っていますよ。こういった点を踏まえると、現代でも安心して楽しめるクラシックカーとしてはローバーミニがイチオシとなりますね。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「気軽に乗りまわせるクラシックカー、ローバーミニとライバル車を比較 」 に関するページです。

ページトップへ