- BMW
メニュー

BMW 1シリーズのグレード別徹底解説!ベストな1台に出会える購入ガイド

BMW 購入ガイド|, , ,

BMW1シリーズ_走行イメージ

もはや非常に珍しい存在となったFRコンパクトハッチバック、BMW 1シリーズ。BMWブランドのエントリーモデルとして、日本で扱いやすいボディサイズや比較的手頃な価格帯、ディーゼルエンジンを含む幅広いラインナップで、高い人気を博しているモデルです。今回はその1シリーズの、グレードごとの違いを解説します。1シリーズの購入をご検討中の方、ぜひ参考にしてみてください!

目次

  1. 最初に全グレード共通のスペックをチェック!
  2. 数字、アルファベット、グレード名はそれぞれ何を指す?
  3. まず決めるべきはエンジン!エンジン種類ごとの性能、スペックをチェック
  4. エンジンが決まったら、次はデザイン・ラインを選ぼう
  5. シンプル装備でBMWを気軽に楽しめるスタンダード・ライン
  6. 上質感溢れるスポーツ・ライン
  7. 華やかさ際立つスタイル・ライン
  8. 一頭地を抜くパフォーマンスの追求。Mスポーツ
  9. Mスポーツに専用装備を追加!スタイリッシュな特別限定グレード、Edition Shadow
  10. BMW 1シリーズで最強の一台。M140i
  11. BMW 1シリーズ各グレードの車両本体価格をチェック!
  12. シンプルでも、フル装備でも!好みに合わせて選べるBMW 1シリーズ

最初に全グレード共通のスペックをチェック!

BMW1シリーズ_サイド

まずはBMW 1シリーズの全グレードに共通しているスペックをご紹介します。ここで触れるボディサイズや乗車定員、トランクルーム容量、トランスミッションは、全グレード共通になります。

全グレード共通のスペック

  • 全長:4340mm
  • 全幅:1765mm
  • 全高:1440mm(※1)
  • ホイールベース:2690mm
  • 最小回転半径:5.1m
  • 乗車定員:5名
  • トランクルーム容量:360L
  • (シート折りたたみ時1200L)

  • トランスミッション:8速AT(※2)

※1:Mスポーツ、M140iのみ1430mm
※2:M140iのみ8速スポーツAT

数字、アルファベット、グレード名はそれぞれ何を指す?

BMW1シリーズ_M140iエンブレム

グレード選びに入る前に、グレード名に入っている数字、アルファベット、グレード名それぞれが何を指しているかをご説明いたします。これはBMW 1シリーズだけでなく、他のBMW車にも共通するので参考にしてみてください。

最初の3桁の数字はシリーズ名と排気量の大きさ

BMW 1シリーズには現在、11の通常グレードと2つの限定グレード(Edition Shadowシリーズ)がラインナップされています。その全てに共通するのが、3桁の数字とアルファベットが入っている点です。この数字は最初の1が「BMW 1シリーズ」の1を表しており、残りの2桁が、排気量の大きさを示しています。それぞれ118系が1.5リッター、120系が2リッター、140系が3リッターエンジン搭載車を指します。個人的には、どうせならそれぞれ排気量そのままの「115」「120」「130」にしてほしいのですが(笑)
排気量によって走りはもちろん、税金額や維持費も変わるので、一番に押さえておきたいポイントですね。

iはガソリンエンジン、dはディーゼルエンジン

数字の後ろにつくアルファベットの「i」「d」は、それぞれガソリンエンジンとディーゼルエンジンを指します。かつては一部車種にしかなかったディーゼルエンジン搭載グレードですが、最近ではエコでパワフルな点が評価され、BMW 1シリーズのようなコンパクトカーにも搭載されるようになりました。
ちなみに、同じくBMWブランドの主力車種であるBMW 3シリーズには330e iPerformanceというグレードが設定されており、この“e”はプラグインハイブリッドモデルを示しています。今でこそBMW 1シリーズのラインナップにはありませんが、今後追加されるかもしれません。

後ろにつくデザイン・ラインは内外装の装備や走りのセッティングが異なる

BMW1シリーズ_デザイン・ライン比較

数字とアルファベットの後ろには、デザイン・ラインが続きます。BMW 1シリーズには「スタンダード」(特に名称が付かない)、「スタイル」「Mスポーツ」がラインナップされています。スタンダードは118iにだけラインナップされ、それ以上の118d、120iにはそれぞれスポーツ、スタイル、Mスポーツがラインナップされます。なお最上級グレードのM140iだけは例外で、デザイン・ラインの区分はなく、BMWのモータースポーツ部門を指す「M」が頭についたM140iだけの設定になります。

BMW 1シリーズ 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

まず決めるべきはエンジン!エンジン種類ごとの性能、スペックをチェック

BMW1シリーズ_エンジン

それでは実際にそれぞれのグレードの違いをチェックしたいと思います。現在BMW 1シリーズには4種類のエンジンがラインナップされており、それぞれ性能が異なります。

グレードごとのエンジンスペック

118i 118d 120i M140i
エンジン型式 B38B15A B47D20A B48B20A B58B30A
種類 直列3気筒
DOHCガソリン
直列4気筒
DOHCディーゼル
直列4気筒
DOHCガソリン
直列6気筒
DOHCガソリン
排気量 1498cc 1995cc 1998cc 2997cc
最高出力 100kW(136ps)
/4400rpm
110kW(150ps)
/4000rpm
135kW(184ps)
/5000rpm
250kW(340ps)
/5500rpm
最大トルク 220Nm(22.4kgm)
/1250-4300rpm
320Nm(32.6kgm)
/1500-3000rpm
270Nm(27.5kgm)
/1350-4600rpm
500Nm(51.0kgm)
/1520-4500rpm
圧力比:1 11.0 16.5 11.0 11.0

グレードごとの環境性能

118i 118d 120i M140i
燃料消費率(JC08モード) 18.1km/L 22.2km/L 15.9km/L 13.4km/L
平成27年度燃費基準 +20%達成 +20%達成 +10%達成 達成
平成32年度燃費基準 達成 +10%達成
平成17年度排出ガス基準 75%低減 75%低減 75%低減
平成21年度排出ガス基準 達成

BMW 1シリーズのそれぞれのエンジンの特長は?

BMW 1シリーズの各グレードに搭載されているエンジンの特長をご紹介いたします。

  • 直列3気筒ガソリンエンジン(搭載グレード:118i)
  • 燃費性能に優れた、1.5リッターの小排気量ガソリンエンジンです。BMW ツインパワー・ターボ・テクノロジーの採用により、必要最小限の燃料消費で効率よくパワーを発生させます。燃料はハイオクガソリン指定になります。

  • 直列4気筒ディーゼルエンジン(搭載グレード:118d)
  • 低回転域から力強いトルクを発生させるクリーンディーゼルエンジンです。最大トルクは320Nmと、コンパクトカーの1シリーズには十分以上の加速性能を発揮します。燃料消費が少ないほか、燃料がガソリンよりも安い軽油のため、維持費が安く収まるのも嬉しい点です。ちなみに0-100km/h加速は8.1秒で完結します(ヨーロッパ仕様車のデータ)。

  • 直列4気筒ガソリンエンジン(搭載グレード:120i)
  • 118iよりも排気量と気筒数が大きく、余裕ある走りを楽しめるガソリンエンジンです。特に長距離を走る際には、この余裕が快適性に繋がるといえます。燃料はハイオクガソリン指定になります。

  • 直列6気筒ガソリンエンジン(搭載グレード:M140i)
  • BMW 1シリーズに搭載される中で最強のエンジンになります。BMWブランドにおいて長らく伝家の宝刀として扱われてきた直列6気筒レイアウトを持つエンジンで、スムーズな回転フィールと圧倒的なパワーが持ち味です。その加速性能は、0-100km/h加速を4.6秒で完結するというデータにも現れています(ヨーロッパ仕様車のデータ)。

エンジンが決まったら、次はデザイン・ラインを選ぼう

それでは実際にそれぞれのグレードの違いをチェックしたいと思います。現在BMW 1シリーズには4種類のエンジンがラインナップされており、それぞれ性能が異なります。

シンプル装備でBMWを気軽に楽しめるスタンダード・ライン

BMW1シリーズ_スタンダード・ライン

118iだけにラインナップされる、もっとも“素”のグレードになります。装備はシンプルですがその分価格が手頃で、BMWブランドのベースグレードに当たります。エンジンやサスペンション、トランスミッションにはBMW独自のテクノロジーがちゃんと活かされているので、ある意味お買い得ともいえます。特に最近のクルマには先進装備を多数搭載して車両価格が高くなってしまうケースが多く、実は「不要な装備はなくていい、装備はシンプルで十分」という方も一定数いるのではないでしょうか。そんなユーザーには、このモデルがおすすめです。

スタンダード・ライン設定グレード

118i

BMW 1シリーズ スタンダード・ラインの主要装備一覧

  • 16インチスチールホイール(ホイールカバー付。オプションで16インチアルミホイールに変更可能)
  • マルチファンクション・レザー・ステアリングホイール
  • 1ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナー(花粉除去機能付)
  • 8.8インチ ワイド・コントロール・ディスプレイ
  • オーディオ・ビジュアル・システム
  • HDDナビゲーション・システム
  • ドライビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
  • iDriveコントローラー
  • ハンズフリー・テレフォン・システム(bluetoothシステム対応)

上質感溢れるスポーツ・ライン

BMW1シリーズ_スポーツ・ライン

118i、118d、120iにラインナップされるのが、スタンダードよりも各種装備が充実したスポーツ・ラインです。外装では16~17インチのアルミホイールや、LEDヘッドライトとフロントフォグランプが装備されます。内装では、レッドのアクセントが入った樹脂パネルがインパネ部分に装着されるほか、シートも運転席・助手席ともに電動調整式のサイドサポートが装着されたものになります。メカニズム面では、ドライビング・パフォーマンス・コントロールにスポーツ・プラス・モードが追加され、よりスポーティなドライビングを楽しめます。

スポーツ・ライン設定グレード

118i、118d、120i

BMW 1シリーズ スポーツ・ラインの主要装備一覧

    内装

  • ドア・シル・プレート(BMWロゴ、アルミ・インサート付)
  • スポーツシート(運転席&助手席、電動調整式サイドサポート付)
  • コーナー・クロス・インテリア(シート・ドアトリム)
  • ※標準仕様でアンソラジット/グレー・ハイライト。オプションでアンソラジット/レッド・ハイライトが選択可能。

  • ハイグロス・ブラック・インテリア・トリム/マット・コーラル・レッド・ハイライト
  • ホワイト/オレンジに切替可能なアンビエント・ライト
  • ドライビング・パフォーマンス・コントローラー(スポーツ・プラス・モード付)
  • ITSスポット対応DSRC車載器(ルームミラー内蔵ETC機能付)
  • クルーズ・コントロール(ブレーキ機能付)
  • ドライビング・アシスト
  • 外装

  • 16/17インチ・アルミホイール
  • LEDヘッドライト
  • LEDフロント・フォグ・ランプ
  • エキゾースト・テールパイプ(ブラック・クローム仕上げ)

華やかさ際立つスタイル・ライン

BMW1シリーズ_スタイル・ライン

スタイル・ラインは華やかさやラグジュアリーな雰囲気が打ち出されており、上記のスポーツ・ラインとはまた異なった魅力があります。外装で特長的なのが、縦のルーバーがマットシルバーに塗装されたキドニーグリルです。他のラインではいずれもブラックのため、これだけでだいぶ雰囲気がかわります。スポーツ・ライン同様、LEDヘッドライトとフォグランプは標準装備になっています。
内装も大きく差別化されており、グレー系のカラーを基調としたシートとドアトリムが採用されます。またこのシートは、クロス(布)とレザーのコンビになっています。

デザイン・ライン設定グレード

118i、118d、120i

BMW 1シリーズ スポーツ・ラインの主要装備一覧

    内装

  • ドア・シル・プレート(BMWロゴ、アルミ・インサート付)
  • バス・クロス/レザー・コンビネーション・インテリア(シート・ドアトリム)
  • ホワイト・アクリル・ガラス・インテリア・トリム/パール・クローム・ハイライト
  • オレンジ/ブルーに切替可能なアンビエント・ライト
  • ITSスポット対応DSRC車載器(ルームミラー内蔵ETC機能付)
  • クルーズ・コントロール(ブレーキ機能付)
  • ドライビング・アシスト
  • 外装

  • 16/17インチ・アルミホイール
  • LEDヘッドライト
  • LEDフロント・フォグ・ランプ

一頭地を抜くパフォーマンスの追求。Mスポーツ

BMW1シリーズ_Mスポーツ

内外装ともにスポーティな装備を設定し、よりパフォーマンス寄りのモデルであることを一目で感じさせるのがMスポーツの特長です。外装面で目を引くのが、Mエアロダイナミクス・パッケージに含まれる専用設計のエアロパーツになります。特にフロントバンパーの開口部は大きく拡大され、上品ながら迫力を感じさせます。ホイールはつや消しグレーに塗装された17/18インチのものが装着されるほか、スポークの隙間からは、ブルーに塗られたブレーキキャリパーが見えます。内装ではMスポーツ系に専用設計のステアリングが設定されているほか、ノーマルでクロス&アルカンタラのシートが、オプションで2色のレザーシートが選択可能です。

Mスポーツ設定グレード

118i、118d、120i

BMW 1シリーズ Mスポーツの主要装備一覧

    内装

  • ドア・シル・プレート(Mロゴ、アルミ・インサート付)
  • スポーツシート(運転席&助手席、電動調整式サイドサポート付)
  • ヘキサゴン・クロス/アルカンタラ・コンビネーション・インテリア(シート・ドアトリム)
  • (カラー:アンソラジット/ブルー・ハイライト)
    ※オプションでダコタ・レザー・シート(カラー:ブラック/オイスター)

  • マルチファンクション Mスポーツ・レザー・ステアリング・ホイール
  • ハイグロス・ブラック・インテリア・トリム/パール・クローム・ハイライト
  • ホワイト/オレンジに切替可能なアンビエント・ライト
  • ドライビング・パフォーマンス・コントローラー(スポーツ・プラス・モード付)
  • ITSスポット対応DSRC車載器(ルームミラー内蔵ETC機能付)
  • クルーズ・コントロール(ブレーキ機能付)
  • ドライビング・アシスト
  • 外装

  • 17/18インチ・アルミホイール
  • Mエアロダイナミクスパッケージ
  • LEDヘッドライト
  • LEDフロント・フォグ・ランプ
  • エキゾースト・テールパイプ(クローム仕上げ)
  • Mスポーツサスペンション
  • Mエクステリア・バッジ

Mスポーツに専用装備を追加!スタイリッシュな特別限定グレード、Edition Shadow

BMW1シリーズ_Edition Shadow

現在、BMW 1シリーズ 118i Mスポーツ、118d Mスポーツをベースにした限定グレードのEdition Shadowシリーズがラインナップされています。ブラックアウトされたLEDヘッドライト/テールライト、ハイグロス・ブラックのキドニーグリル、ジェット・ブラック塗装の18インチアルミホイール、その他の専用装備により、ノーマル以上のスタイリッシュな佇まいに仕上がっています。

Edition Shadow設定グレード

118i Mスポーツ、118d Mスポーツ

BMW 1シリーズ 118i Mスポーツ/118d Mスポーツ Edition Shadow 主要装備

  • ダークLEDヘッドライト/リヤ・コンビネーション・ライト(専用装備)
  • ハイグロス・ブラック・キドニー・グリル(専用装備)
  • 18インチ M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング719M(ジェット・ブラック、専用装備)
  • ダコタ・レザー・シート:コニャック(専用色)
  • ハイグロス・ブラック・インテリア・トリム/パール・グロス・クローム・ハイライト(専用装備)
  • 専用バッジ
  • パーキング・サポート・パッケージ
  •   -リヤ・ビュー・カメラ(予想進路表示機能付)
  •   -PDC/パーク・ディスタンス・コントロール(フロント&リヤ)
  •   -パーキング・アシスト
  • ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)
  • コンフォート・パッケージ
  • HiFiスピーカー・システム(205W、7スピーカー)

BMW 1シリーズで最強の一台。M140i

BMW1シリーズ_M140i

BMW 1シリーズ最上級モデルとなるM140iには、デザイン・ラインという概念はなく、M140i一本になります。いわずもがなBMWのモータースポーツ部門であるM社のテクノロジーで走行性能を強化されており、その性能は先に紹介したとおり、圧倒的なものとなっています。エンジンだけでなく、専用設計のMスポーツ・サスペンションや強化されたブレーキ、エグゾーストシステムにより、トータルで操縦する楽しさ、高いスタビリティを追求しています。

BMW 1シリーズ各グレードの車両本体価格をチェック!

最後に、これまで見てきた各グレードの車両本体価格一覧をまとめました。グレード、デザイン・ラインの違いにより価格が大きく変わるので、個々のグレードの説明と合わせて、ベストな1台を見つけてみてください。

BMW 1シリーズ グレード別車両本体価格一覧

  • 118i:3,170,000円
  • 118i スポーツ:3,640,000円
  • 118i スタイル:3,640,000円
  • 118i Mスポーツ:3,840,000円
  • 118i Mスポーツ Edition Shadow:3,980,000円
  • 118d スポーツ:3,850,000円
  • 118d スタイル:3,850,000円
  • 118d Mスポーツ:4,050,000円
  • 118d Mスポーツ Edition Shadow:4,200,000円
  • 120i スポーツ:4,390,000円
  • 120i スタイル:4,390,000円
  • 120i Mスポーツ:4,520,000円
  • M140i:6,180,000円

シンプルでも、フル装備でも!好みに合わせて選べるBMW 1シリーズ

BMW1シリーズ_リアビュー

ここまでBMW 1シリーズの各グレードを見てきましたが、走りに振ったグレードからデザイン重視のもの、シンプルなものからフル装備のものまで、多数のラインナップが揃っていました。今後も何かのタイミングで新しくグレードが追加されたら、改めてご紹介させていただきます!

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW 1シリーズのグレード別徹底解説!ベストな1台に出会える購入ガイド 」 に関するページです。

ページトップへ