- BMW
メニュー

BMW M3 セダン (F80) | 2014年〜

BMW カタログ|

BMW M3セダン(F80)

目次

  1. 基本データ
  2. モデル概要
  3. フォトギャラリー
  4. 詳細スペック

基本データ

グレード・価格 燃費 最高出力 最大トルク 全長 全幅 全高
M DCT ドライブロジック
3L 直列6気筒DOHC
12.2km/L 431 ps 550 Nm 4,685mm 1,875 mm 1,430 mm
価格:1104万円

モデル概要

2014年2月:充実のパワーと軽量化を実現。BMWのモンスターセダン

M3セダンが最初に登場したのは1985年。3シリーズセダンをベースに、BMWのレース部門がチューンアップするモデルである。現行モデルは2014年にモデルチェンジした5代目となる。エンジンは3.0L 直6 Mツインパワーターボエンジンを搭載し、最大出力は317kWをほこる。組み合わせられるトランスミッションは7段の「M DCT(デュアルクラッチ)」となる。ボディやシャシー周りでは徹底し軽量化が行われ、CFRP製のルーフを採用。これにより、5kgという軽量化だけでなく、低重心化による運動性能も向上させた。

BMWのレース部門でモータースポーツ関連研究開発子会社のBMW M(旧名:BMWモータースポーツ)によって開発されたBMWのスポーツモデル。1985年に販売開始された初代M3(E30)はレース車両のベース車として開発されたが、2代目(E36)移行はスポーツモデルとして生産されることとなった。

5代目となったM3はクーペ、カブリオレがラインアップ再編にともなってM4に移行されているのが特徴。このためM3はセダンモデルのみが残っている。この新型M3セダン(F80)は、2013年12月に発表され、日本では2014年2月より販売開始された。

3L直列6気筒Mツインパワーターボが搭載され、最高出力は431ps、最大トルクは550Nmを誇る(4代目E90/92/93は420ps、400Nm)。

ボディやサスペンションはCRRP(炭素繊維強化プラスチック)や軽量アルミニウムを採用したインテリジェント・ライト・ウェイト構造で、重量は先代比で5kg減となった。

トランスミッションは7速M DCT Drivelogicを採用。トラクションを確保した途切れのない加速と高速シフトチェンジを実現している。また左右のリアホイール間でパワーを自在に配分するアクティブMディファレンシャルを搭載している。

なお、安全装備も充実。「前車接近警告機能」、「前車接近警告機能」や「ドライビング・アシスト」などが標準装備されている。

ボディカラー

アルピン・ホワイトIII、ミネラル・ホワイトメタリック、フローズン・ブリリアント・ホワイトM
ブラック・サファイアメタリック、アズライト・ブラックメタリック、フローズン・ブラック・メタリック
グレー ミネラル・グレーメタリック、ムーンストーンメタリック
パール シルバーストーンIIメタリック
シルバー フローズン・シルバーメタリック
フローズン・レッドメタリック
ヤス・マリナ・ブルーメタリック、タンザナイト・ブルーメタリック
オースチン・イエローメタリック
パイライト・ブラウンメタリック
マゼンダ サキール・オレンジメタリック

フォトギャラリー

エクステリア(外観)

インテリア(内観)

詳細スペック

M3セダン

M DCT ドライブロジック
ミッション 7AT
価格 1104.0万円
駆動方式 FR
車両型式 CBA-3C30
全長(mm) 4,685
全幅(mm) 1,875
全高(mm) 1,430
ホイールベース(mm) 2,760
最低地上高(mm) 120
車両重量(kg) 1,640
乗車定員 5
ドア数 4
エンジン 直列6気筒DOHC
過給器 ターボ
排気量 2979
最高出力 431ps / 7300rpm
最大トルク 550Nm / 5500rpm
燃料 ハイオク
燃料タンク容量 60
JC08モード燃費 12.2
タイヤ(前) 255/40ZR18
タイヤ(後) 275/40ZR18
最小回転半径 5.9
ブレーキシステム(前) Vディスク式
ブレーキシステム(後) Vディスク式
サスペンション(前) ストラット式
サスペンション(後) 5リンク式

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW M3 セダン (F80) | 2014年〜 」 に関するページです。

ページトップへ