メニュー

【レース速報】ダカールラリー2015。ミニALL4レーシング、4連覇なるか!?

MINI イベント・キャンペーン|,

minidakarall

2015年1月4日にスタートした「ダカールラリー2015(14日間)」。前回大会まで、3連覇中と圧倒的な強さを見せつけてきたミニチームですが、今回はいかがでしょうか。ステージ5(全13ステージ)までの結果を簡潔にお伝えいたしますよ。なおDakarの公式ハイライト動画も、ステージ別に掲載してありますので、興味のあるレースは是非動画でも鑑賞してみてくださいね。

目次

ダカールラリー、コース全体図

ダカールラリー2015の地図
  1. 1月04日 STAGE1:ブエノスアイレス(アルゼンチン)~ビジャ・カルロス・パス
  2. 1月05日 STAGE2:ビジャ・カルロス・パス~サン・フアン
  3. 1月06日 STAGE3:サン・フアン~チレシト
  4. 1月07日 STAGE4:チレシト~コピアポ(チリ)
  5. 1月08日 STAGE5:コピアポ~アントファガスタ
  6. 1月09日 STAGE6:アントファガスタ~イキケ
  7. 1月10日 STAGE7:イキケ~ウユニ(ボリビア)
  8. 1月11日 STAGE8:ウユニ~イキケ(チリ)
  9. 1月12日 休息日・イキケ(チリ)
  10. 1月13日 STAGE9:イキケ~カラマ
  11. 1月14日 STAGE10:カラマ~サルタ(アルゼンチン)
  12. 1月15日 STAGE11:サルタ~テルマス・デ・リオ・オンド
  13. 1月16日 STAGE12:テルマス・デ・リオ・オンド~ロサリオ
  14. 1月17日 STAGE13:ロサリオ~ゴールセレモニー・ブエノスアイレス(アルゼンチン)

レース結果:レース全体のハイライト1分動画

ALL4 Glory “Fourth Straight Victory for MINI at Dakar 2015” | MINI

TOP5のうち上位4台がMINIという圧巻の結果!!

MINI勢の圧倒的な強さが浮き彫りになった、今回のダカールラリー2015。1-2フィニッシュとはいきませんでしたが、TOP5のうち4台がミニという結果に。この圧倒的なレースぶりをMINIが、1分の動画にまとめていますよ。時間がない方はぜひこちらをご覧ください。

1月5日 ステージ2

day2_dakar

コース:ビジャ・カルロス・パス~サン・フアン(625km)

MINIのアル‐アティヤが、2分のペナルティを受けながらも2位に7分以上の差を付けてトップに立っています。ただ初日にトップだったオーランド・テラノバ(MINI)はクルマが4回転する大クラッシュ、10位となってしまいました。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 バーナード・テン・ブリンケ(トヨタ・ハイラックス)

ハイライト動画(5分44秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月6日 ステージ3

day3_dakar

コース:サン・フアン~チレシト(542km)

前日10位まで交代していたミニ・オール4レーシングのオルランド・テラノバがトップタイムを叩き出し3位に浮上しています。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 オルランド・テラノバ(ミニ・オール4レーシング)

ハイライト動画(5分25秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月7日 ステージ4

day4_dakar

コース:チレシト~コピアポ(909km)

初日に出遅れた全体会優勝者ナニ・ロマが、ナッサー・アル‐アティヤとともに1-2フィニッシュを決めました。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 ヤジード・アル‐ラジ(トヨタ・ハイラックス)

ハイライト動画(5分11秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月8日 ステージ5

day5_dakar

コース:コピアポ~アントファガスタ(697km)

ステージ5では、MINIのウラディミル・バジリエフがべストタイムをたたき出しました。これにより1位、4位、5位をミニALL4レーシングが占める圧倒的な展開となっています。なお、上位入賞が期待されていたプジョーのカルロス・サインツ(プジョー2008DKR)はクラッシュし無念のリタイアとなっています。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 ヤジード・アル‐ラジ(トヨタ・ハイラックス)
  • 4位 クリストフ・ホロウィック(ミニ・オール4レーシング)
  • 5位 エリック・バン・ルーン(ミニ・オール4レーシング)

ハイライト動画(5分44秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月9日 ステージ6

day6_dakar

コース:アントファガスタ~イキケ間(647km)

ステージ6では、ナッサー・アル-アティヤー(ミニ・オール4レーシング)が、今大会3回めのステージ優勝となっています。総合順位は以下のとおりで、ミニは第1位と4位となっています。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 ヤジード・アル‐ラジ(トヨタ・ハイラックス)

ハイライト動画(5分42秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月10日 ステージ7

day7_dakar

コース:イキケ-ウユニ間(717km)

ダカールラリーもいよいよ後半戦。1月10日はイキケ-ウユニ(717km)マラソンステージ。オルランド・テラノバが、前日のナッサー・アル-アティヤー(ミニ・オール4レーシング)に続き、ステージ3勝目を挙げました。ステージ2位はトヨタのアルラージ・ヤジードとなり、総合順位3位を死守しています。ちなみにナッサー・アル-アティヤーは高山病にかかった影響で、ステージ7位に終わっています。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 ヤジード・アル‐ラジ(トヨタ・ハイラックス)

ハイライト動画(4分59秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月11日 ステージ8

minidakar

コース:ウユニ-イキケ(805km)

ダカールラリー、ステージ8はウユニ-イキケ(805km)で争われました。これまでステージ優勝を独占してきたミニですが、ステージ8ではトヨタのヤジード・アル-ラジが優勝しています。ミニはオルランド・テラノバが2位につけています。なお本日1月12日は、休息日となっている。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 ヤジード・アル‐ラジ(トヨタ・ハイラックス)

ハイライト動画(4分59秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月13日 ステージ9

minidakar_day9

コース:イキケ-カラマ(539km)

1月13日に行われたステージ9(DAY11)は、イキケ-カラマ間の539kmにて競われました。ステージ優勝はミニ・オール4レーシングで、前回大会の総合優勝者のナニ・ロマ選手。総合首位であった同じくミニ・オール4レーシングのナッサー・アル-アティヤーもステージ2位を獲得しています。総合順位は以下のとおり。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 ヤジード・アル‐ラジ(トヨタ・ハイラックス)

ハイライト動画(5分34秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月14日 ステージ10

minidakar_day10

コース:イキケ-カラマ(860km)

1月14日に行われたステージ11(DAY12)。カラマ~サルタ間の860kmで争われています。ステージ優勝は総合順位で1位につけるナッサー・アル-アティヤー(ミニ・オール4レーシング)。この優勝で2番手ジニール・ドゥビリエ(トヨタ)との差を28分まで広げています。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 ヤジード・アル‐ラジ(トヨタ・ハイラックス)

ハイライト動画(5分34秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月15日 ステージ11

minidakar_day11

コース:イキケ-カラマ(860km)

ダカールラリーもいよいよ大詰め、ステージ13(サルタ~テルマス・リオ・ホンド間520km)に突入しました。このステージは前日に続き、ナッサー・アル-アティヤー(ミニ・オール4レーシング)が優勝しています。総合首位のアル-アティヤー選手と総合2番手のジニール選手(トヨタ)との差は前日より1分ほど開き、29分となっています。またこの総合3位につけていたヤジード選手(トヨタ)のマシンにメカニカルトラブルが発生、優勝争いから離脱とないう結果になりました。これにより総合4位であったクシシュトフ・ホロウィッツ選手(ミニ・オール4レーシング)が3位に浮上しました。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 クシシュトフ・ホロウィッツ(ミニ・オール4レーシング)

ハイライト動画(5分50秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月16日 ステージ12

dakar_twelve

コース:テルマス・リオ・ホンド-ロサリオ(300km)

ダカールラリーもいよいよステージ12。明日のステージ13でゴールを迎えるわけですが、ここに来ていよいよミニの強さがはっきりしてきました。なんとTOP5のうち4台までがミニというとんでもないことになっていますよ。昨日行われたステージ12では、オルランド・テラノバ(ミニ・オール4レーシング)がステージ優勝しています。テラノバは今大会で4度めのステージ優勝となりました。またステージ2位にはバルジミール・バシリエフ(ミニ・オール4レーシング)が入りました。これによりバルジミールは総合5位へ浮上しています。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 クシシュトフ・ホロウィッツ(ミニ・オール4レーシング)
  • 4位 ヴァン=ルーン(ミニ・オール4レーシング)
  • 5位 バルジミール・バシリエフ(ミニ・オール4レーシング)

ハイライト動画(5分50秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

1月17日 ステージ13

ダカールラリーファイナル

コース:ロサリオ~ブエノスアイレス(大雨により34kmに短縮)

13日間にわたる「ダカールラリー」もいよいよ最終日。1月17日に行われた「ステージ13(ロサリオ~ブエノスアイレス間)」ですが、天気はあいにくの大雨。かなりの降水量であったため、なんとコースを大幅短縮してのレーススタートとなっています(スタート地点ロサリオから34km付近にある第1チェックポイントがゴール)。最終ステージの優勝は、ロビーゴードン(ハマー)。総合1位のナッサー・アル-アティヤー(ミニ)は6位を死守し、総合順位で見事優勝となりました。これによってミニは大会4連覇達成、今大会ではTOP5のうち4台がランクインする偉業を達成しました(ナッサー・アル-アティヤーは2011年以来、2度目の優勝)。

総合順位

  • 1位 ナッサー・アル‐アティヤ(ミニ・オール4レーシング)
  • 2位 ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
  • 3位 クシシュトフ・ホロウィッツ(ミニ・オール4レーシング)
  • 4位 ヴァン=ルーン(ミニ・オール4レーシング)
  • 5位 バルジミール・バシリエフ(ミニ・オール4レーシング)

ハイライト動画(5分37秒)※自動車は、動画の中盤以降です。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「【レース速報】ダカールラリー2015。ミニALL4レーシング、4連覇なるか!? 」 に関するページです。

ページトップへ