メニュー

ミニに取り付けるべきベストなナビとは? 純正・社外含めて調査しました。 – MINI純正編 –

オプションパーツ紹介|

ミニF56,55。ナビゲーションシステム

待望の純正ナビが登場したMINI…で、どうなの?

ミニも第3世代(F56など)となって、日本導入モデルに純正ナビが用意されましたね。MINIの象徴であるセンターメーターをうまく使っていて、ミニの世界観を壊さない秀逸なデザインになっています。

しかし! オーナーとしてやっぱり気になるのは「性能面はどうなの?」ということではないでしょうか。いくらカッコよくても、いくらカワイイのだとしても…「人間は内面が大切!」なのと同様、クルマも内面が大事なワケです。そこで今回は、ミニの純正ナビ(+ オーディオ、TV、バックカメラ)のスタイルや性能調査から入って、社外を含めたベストナビを探ってみたいと思います。

目次

  1. ミニ純正ナビの構成
  2. ナビゲーションシステムの解説
    1. ミニコネクテッド
    2. 操作方法
  3. ナビ周辺のオプション
    1. MINIエキサイトメント
    2. MINIドライビング・モード
    3. ヘッドアップディスプレイ
    4. ETC+自動防眩ミラー
    5. パーキングアシストパッケージ
    6. TVやDVD/CD機能
  4. MINIのナビ選び、まとめ
  5. おまけ動画:ミニ純正ナビの動いてるトコロ!

ミニ純正ナビの構成

見せてもらおうか、MINI純正ナビの性能とやらを!

ミニに限らず「輸入車の純正ナビは、国産ナビ(パナソニックやパイオニアなど)と比べて使いづらい」という声をよく聞きます。確かに国産ナビは操作性(タッチパネルや画面の分かりやすさ)や検索スピード、そして快適機能(空き駐車場情報など)など充実していますよね。ただ、逆に「こんなに機能が必要かな〜」と思うこともある訳ですよ。筆者が今乗っているクルマは3年目ですが、未だに「知らない」機能も多々あります。

そこでまずは、今回のMINIの純正ナビにどんな機能があって、どんな機能がないのか?、またどこがイケていて、どこがイケてないのかを確認したいと思います。

ミニのナビ周り機能一覧

さてMINIのナビですが、分かりづらいですよね。これ、ミニのナビとナビ周辺オプションがごっちゃになりがちだからだと思います。そこでまず、純正ナビと周辺オプションの構成を説明しますね。

ミニのナビ周りを説明します。

ナビゲーション本体

ナビゲーションは、パッケージとして販売されています。パッケージは2種類用意されていますよ。

  • ナビゲーションパッケージ(価格:17万8000円。クーパーSは標準装備)

    ナビシステム(8.8インチの高精細ディスプレイ。タッチパネルではありません)、VICS(渋滞情報)といったカーナビ機能に加えて、スマホ(iPhone、アンドロイドともに対応)とナビを接続してラジオなどが聞ける「MINIコネクテッド」、Bluetoothハンズフリーテレフォンや音声操作システムなどが付いています。またアームレストもついていますよ。価格は17万8000円。クーパーSは標準装備。

  • ナビゲーションパッケージ2(価格:22万3000円)

    ナビゲーションパッケージと同様のナビシステム、VICS、MINIコネクトテッドに加えて、「ETC(ITSスポット対応)」と「自動防眩ルーム・ミラー」が付いてきます。ただし、アームレーストはこのパッケージでは付かないのでご注意くださいね。

ナビ周辺のオプション

  • MINIエキサイトメント(価格:2万3000円)

    センターパネルにある透明リングです。走行状況やパーキングシステムなどと連動していろんな色に光り注意換気をしてくれます。価格は2万3000円。

  • MINIドライビング・モード(価格:2万9000円〜)

    スポーツ、ミッド、グリーンという3つの走行モードを自在に選択できるシステムです。1台で異なったフィーリングを体験できます。価格はONEとクーパーが29,000円、クーパーSが44,000円。

  • ヘッドアップディスプレイ(価格:5万円8000円)

    フロントガラスにナビ情報などが浮き上がって(いるように)表示されるディスプレイ。価格は58,000円。

  • ETC+自動防眩ミラー(価格:69,000円)

    ETC車載器(ミラーに内蔵)です。また防眩機能(光の反射を軽減)もつきますよ。単体価格は69,000円ですが、ナビとのセット「ナビゲーションパッケージ2」だと+45,000円の223,000円で購入できます。

  • パーキングアシストパッケージ(価格:12万円3000円)

    PDC(パークディスタンスコントロール。前後あり)とパーキングアシスト(コンピューターが駐車可能スペースを認識すれば、ハンドルを触わることなく、指示通りにアクセル・ブレーキを操作すれば駐車可)のセット。価格は全グレードともに123,000円。

  • リア・ビュー・カメラ(価格:39,000円)

    文字通り後ろが見られるカメラです。

いかがですか? 非常にたくさんの機能がありますよね。それではこれらの機能について簡単に説明して行きましょう。

ナビゲーションシステム

ミニコネクテッド

まず注目すべき点としては、ナビのトレンドの一つでもあるスマホ接続「ミニコネクテッド」ですね。これはスマホに専用アプリ「MINI CONNECTED」をインストールすることで、スマホとクルマを接続する機能。このアプリにはウェブラジオ(地域を越えたさまざまな放送局を選択可)やTwitter・Facebook、カレンダー(スケジュール)、ニュース(登録しておいたサイトのRSS表示)などが使えるようになっていますよ。個人的にはソーシャルをクルマでやるかなぁと思うものの、ラジオやスケジュール確認ができるのはありがたいですね。将来的にはスケジュールに行き先が入っていれば自動でナビ設定してくれると最高なんですが。

ナビ操作は、専用コントローラーで

操作についてですが、ミニの純正ナビは付属のコントローラー(下記写真では一番下)を使って操作しますよ。国産車のように画面を直接タッチして操作するわけではないので、戸惑う方も多いかもしれませんね。コントローラーはカチカチとダイヤルを回したり押したりして操作しますが、表面はタッチパッドしようになっていて手書で文字入力もできます(ひらがなのみ対応)。もちろんスマホのようにピンチ操作で地図を拡大したり縮小したりも可能ですので、直感的に利用できますよ。また最近トレンドの音声操作もついていますが…例えばiPhoneの「Siri(シリ)」も有名ですが…その精度は「素晴らしい」とは言えません。まぁ…ないよりはマシというくらいに考えたほうがいいですね。

ちなみにオプションの「マルチファンクションステアリング(45,000円)」はミュージックの音量調整や曲送り、ラジオは放送局スキップ、電話の受取りなどが出来るようになります。ただしナビ操作はできませんのでご注意ください(走行中はナビ自体が操作できません)。

【参考】ナビゲーションシステムの動作イメージ

ナビ周辺のオプション

ミニエキサイトメント(価格:2万3000円)

センターディスプレイを加工用に配置されたLEDリングです。エンジン回転数や音量の上下などと連動して発光します。LEDの柔らかな光のため上品な発光が特徴です。特に夜間は美しく、男性女性問わず人気のオプションとなっています。

関連記事:夜に見ると絶対に欲しくなる!! 「MINIエキサイトメントパッケージ」とは

MINIドライビング・モード(価格:2万9000円。クーパーSは44,000円)

ドライビングモードは通常の走行モードに加えて「グリーンモード(ECO運転)」、「スポーツモード」が追加されます。エコモードは高燃費が期待できる走行モードですが、スポーツモードはシフトタイミングやエンジン出力などをスポーツよりに高めてくれますよ。スポーツモードは、第2世代であった「スポーツ・ボタン」と近いシステムですね。こちらはぜひ試乗して体感いただきたいですが、「スポーツモードはかなり変化があり、面白い」というのが編集部評です。

関連記事:ミニの走りを最大限に楽しむために。注目したい “走りのオプション” とは。

ヘッドアップディスプレイ

編集部に勝手に注目しているのが「ヘッドアップディスプレイ」です。フロントガラスにナビ情報が浮かんで見えるという “たいしていらない機能” ですが…あの近未来的な感じはプライスレスだと思っています。かっこいい〜。将来的にはスマートフォンと連携してメッセージや電話などと連携してくれると嬉しいですよね。

ETC+自動防眩ミラー

もちろん純正でETCも用意されていますよ。こちらは少し変わっていて、ETCカードをミラーに挿入して利用します(BMWも同じ形式ですね)。しかもこのETCはITSスポットにも対応しています。ITS?なんじゃそれ?という方、ITSスポットとは「1000kmまでの渋滞情報を取得しルートガイドに反映したり、見通しの悪いカーブ、渋滞が多い場所、合流のある場所を事前に知らせるサービス」のこと。特に渋滞情報が増えて、より効率的なルートガイドをしてくれるのは嬉しいですね。ちなみにミラーは防眩機能(光の反射を軽減)も付いています。車高の低いMINIは、後続車のヘッドライトがまぶしいことが多いので嬉しいですよね。価格は69,000円ですが、ナビゲーションとのセット「ナビゲーションパッケージ2」では、実質45,000円で購入できます(ナビパック2が223,000円。うち178,000円がナビのため)。

参考:ITSスポットとは?(一般財団法人 道路交通情報通信センター)

パーキングアシストパッケージ(価格:12万円3000円)

ミニはコンパクトなので駐車に困る!という方はあまりいないと思いますが、どうしても苦手だ!という方のために「パーキングアシストパッケージ」が用意されていますよ。こちらは価格が123,000円と高い上に、リアビューカメラ(39,000円)が別売りと冷汗もんオプションですが、性能はかなりいいです。特にミニが駐車スペースを認識すれば、ハンドル操作を 勝手に” やってくれるのは便利ですよね。

関連記事:自動で駐車してくれる!? ミニの「パーキングアシスト」とは?

TVやDVD/CDは付いていません

ところで読者のみなさんの中には「何か足りないな」と思っている方もいるのではないでしょうか?「あ、そうだ。アレだ。アレはどうした!」。そう、テレビ(地デジ)機能がないんですね。ディーラーオプションで「MINIデジタルTVチューナーパッケージ(151,200円+工賃)」もありますが、高額なので慎重に検討するべきかと思いますよ。またCDプレイヤーもありませんが、こちらは内蔵されている記録メディア20GBに楽曲を保存したり、スマートフォンや音楽プレイヤーなどを接続して再生可能です。

またもう一点注意が。それは「走行中のナビ操作が “できない” 」点。「あ、そうそう。帰りにココも寄って行きたいな。ナビを再設定しなきゃ」なんて時には、一旦停車が必要になってしまいます。これはなかなかしんどいかもしれませんね。まあ安全面を考えるとこちらの方がいいのかもしれませんが、例えば助手席で奥様や友人に操作してもらうこともできないので、少し不便だとは思います。まぁそんなに多々あることではないですが。

さて、ではここまで紹介した機能群をまとめましょう!

ミニのナビのイイトコ!

  • 社外ナビと比較しても、そこまで高額ではない(同機能のものなら15万円以上が相場)。
  • 8.8インチの高精細な大型液晶を使ったナビゲーション。
  • スマホと連携しクルマからスマホ操作できる「ミニ・コネクテッド」。ウェブラジオや加速やシフトチェンジ、ステアリング操作やブレーキなどを分析する「ドライビング・エキサイトメント・アナライザー」がある。
  • ナビのトレンドであるヘッドアップディスプレイ、音声操作に対応。
  • 新オプションの「パーキングアシストパッケージ」を導入すれば、縦列駐車でハンドルを自動で”アシスト”してくれます(もちろんオプションでリアビューカメラもあり)。

ミニのナビの(人によっては)残念なトコ!

  • TV(地デジ)が映らない。ただしディーラーオプションあり(MINIデジタルTVチューナーパッケージ。151,200円+工賃)。

  • 標準でDVD/CDプレイヤーがない(オプションでDVDチェンジャーあり。63,000円。ただし音楽ファイルのみ再生可能)。

  • 走行中にナビを操作できない。

MINIのナビ選び、まとめ

テレビやDVD/CDが追加オプションだったり、走行中にナビ操作ができなかったりとまぁデメリットはあるものの、やはり純正の安心感や他の機能との連動性(ヘッドアップディスプレイ、パーキングアシスト)を考えると、やっぱり純正がいいな!という方も多いのではないでしょうか。また先ほどは「内面が大事!」とは言いましたが、やっぱり外見も大事です(笑)。純正ゆえの他のインテリアとのマッチング、ミニ独特の世界観との調和は純正ならでは。他では得られない価値があると思います。

一言でいうと!

機能面はやや不満もあるが“ミニの世界観との調和、統一感”を重視するなら、純正ナビを選ぶのが◎!

さてここまでMINI純正ナビについて見てきましたが、次回は社外ナビについて検討していきますよ。おそらくデザインやMINI世界との統一感では純正に劣ると思いますが、我ら日本が誇るパナソニックやパイオニアなどなど性能面ではまだまだ強いですからね。どうなんでしょうか〜。

おまけ動画

「やっぱり動いているトコロを見たい」という方はこちら! 動画の3分30秒付近では夜の絵もありますよ。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「ミニに取り付けるべきベストなナビとは? 純正・社外含めて調査しました。 – MINI純正編 – 」 に関するページです。

ページトップへ