メニュー

BMWグループ、電気自動車年間10万台販売の目標達成!本社ビル「フォー・シリンダー・ビル」がブルーに

自動車ニュース|, ,

2017年初に掲げた「電気自動車10万台販売」の目標を達成!

BMWグループは、2017年々初に掲げた「年内にグローバルで10万台以上の電気自動車を販売する」という目標を達成しました。これを記念して、ドイツ・ミュンヘン北部にあるBMWグループの本社ビル「フォー・シリンダー・ビル」に光のインスタレーションでバッテリー風の装いを施し、モビリティの未来へ向けた道筋を示しました。
BMW AG取締役会会長のハラルド・クルーガー氏はこのゴール達成に対して喜びを露わにするとともに、それはあくまで同社にとってのスタートであり、今後のさらなる成功への布石であると語りました。同社は2013年に初の電気自動車としてBMW i3を導入して以来、20万台以上の電気自動車を販売してきたほか、2025年までに25車種の電気自動車を投入予定と発表しています。

将来的にはすべてのモデルを電動化

他のメーカーの例に漏れず、BMWもエレクトロモビリティに力を入れており、それは同社の企業戦略「NUMBER ONE > NEXT」の重大な要素として位置づけられています。同社の戦略としては、2025年までに電気自動車を25車種に拡大すること、またそれに先立つ2021年から、拡大・縮小搭載が可能なモジュール式電動化キットを全てのモデル・シリーズに搭載することを明言しています。

2019年にはいよいよミニもピュアEV!今後の戦略とは

その他、2011年に設立された電気駆動モデル群であるBMW iブランドは、すでにBMW i1~i9、BMW iX1~iX9の命名権を確保し、着々と開発が進んでいます。また来年にはBMW i8ロードスターが発売される予定です。2019年にはミニのピュアEVが導入予定のほか、2020年にはBMW X3の電気駆動モデルが、2021年には同ブランドの新たなテクノロジー・フラッグシップとなるBMW iNext(アイネクスト)によって、初めて自律走行をする新コンセプトの量産EVが登場予定です。

意外に高い?ピュアEV市場におけるBMWのシェアは21%

独立機関のPOLK/IHSの報告書(2017年12月7日公開)によると、BMWグループはヨーロッパでのピュアEV車両およびプラグイン・ハイブリッド車両の新車登録台数に関して競合他社を大きくリードしており、市場占有率は21%にも及びます。つまり電動車部門におけるBMWグループのシェアは、従来型エンジン・モデルの市場シェアの3倍以上にもなっているのです。
欧州の全自動車メーカーの新規登録車両に占める電動車両の比率は現在まだ2%にとどまっていますが、これをBMWグループ内に絞ると、6%と大きく上昇します。日本でもどんどんそのイメージが定着しつつありますが、ヨーロッパでは既に、BMW車のシェアはどんどん伸びているのです。

BMW i3 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMWグループ、電気自動車年間10万台販売の目標達成!本社ビル「フォー・シリンダー・ビル」がブルーに 」 に関するページです。

ページトップへ