メニュー

今さら聞けない!? イチからわかるプラグインハイブリッド(PHV)

自動車ニュース|, , ,

MINI CLUBMAN (F54)

ここ最近、欧州メーカーが積極的に発表しているプラグインハイブリッド(PHV)。日本メーカーでもTOYOTA「プリウス」や三菱「アウトランダー」などラインアップされているものの、我々ユーザーには「なんとなく知ってるけど…」という方も多いのではないでしょうか。特に「ハイブリッドと何が違うの?」、「電気自動車じゃないの?」という疑問はよく耳に致します。そこで本稿では、このPHVをイチから解説いたしますよ。

プラグインハイブリッド

BMWプラグインハイブリッド

EV普及はまだまだ遠い!?

PHV車を簡単に説明すると、「電気自動車(以下、EV)とハイブリッド車を足したもの」と言えます。EVは電気だけで走ることができる車でCO2排出がなく、また安価な電気を使用するため環境性能が高いのがメリット。ただ車体価格は「元が取れる」とはいきませんし、インフラもガソリン比較でまだまだ未整備。「充電が切れたら、充電するスタンドが少ない。また充電に時間がかかる」というのが現状です。

将来的にはEV化されていくのは間違いないでしょうけれども、現時点では普及への道のりはまだまだ遠いというところです。ただ一方で、世界的にCO2削減、燃費向上叫ばれる中、各メーカーも悠長なことは言ってられません。そこでクリーンディーゼルやハイブリッドが注目されていますが、ハイブリッドのさらなる進化系として注目されているのがPHVなのです。

性能

プリウス・プラグインハイブリッド

ハイブリッドとEVのいいとこどり

PHVを一言で言うと「ハイブリッド車とEVのいいとこどりをしたシステム」。近距離は電気のみを使って走行、充電が切れれば、ハイブリッド車として走行できます。このためドライバーはバッテリー残量を気にする必要がなく、走行することができます。また近距離は一滴もガソリンを使用しないため、燃費※はもちろんCO2排出量も圧倒的に少なくて済みます。

※代表的なPHVの燃費…プリウスPHV(31.6km/L)アウトランダー(60.8km/L)BMW7シリーズ(47.6km/L。ただし欧州複合モード)

電気のみで走行できる距離は?

PHVのメリットの1つであるEV走行。近距離なら…といいますが、実際はどれくらい走れるのでしょうか。少し調べてみると、現在販売されているPHVの多くは、電気だけで20-40kmほど走行可能というモデルが多いようです。例えば「プリウスPHV」は26.4km(カタログ値)ですし、最近BMWが発表した新型3シリーズPHV(330e)は最大35kmと公表されています。

多くの人が、1日の走行距離は「20km以下」

20-40kmと聞くと「たったそれだけ?」と思われるかもしれませんね。ただ国土交通省が調査した「日本における乗用車の1日あたりの走行距離」によると、日本のドライバーの過半数が1日20km以下しか走らないようなのです。これだと毎日の通期やお買い物はEV走行のみで事足りてしまいますよね。

燃費

prius_phv

バッテリー充電コストは2円以下?

ところでPHVやEVのバッテリー充電コストって、どれくらいなんでしょうね? ガソリンよりは安いでしょうけれども…ガソリン車と較べてどれくらい差が出ているのでしょうか。調べてみると、東京電力の深夜料金では、1回充電で「おおよそ40円」が掛かるようです。

つまり40円で25km走行可能、1km走行するのに1.6円というわけです。一方、リッター20kmくらいのハイブリッド車で、レギュラーガソリンが140円/リットルとすると1kmあたり7円。これはかなりの差ですね。1ヶ月の20kmを週5日走れば、月間走行距離は約400km。コストにして月2,160円、年2.6万円の差が生まれます。

減税・補助金

BMW X5 PHVの燃料補給

減税や補助金の恩恵も大きい

燃料費以外にもPHVには、減税や補助金を受けられるメリットがあります。例えばプリウスPHVですとCEV補助金*が最大25万円支給され、エコカー減税と自動車グリーン税制などで約20万円の免税が可能。つまり40-50万円の負担軽減となるのです。

※CEV補助金:環境性能に優れた新車を購入し、一年間使用する者に交付される補助金のこと。(詳細:一般社団法人次世代自動車振興センター

本体価格

プリウスPHV

費用回収するには、5〜6万キロの走行が必要!?

コスト面で最も気になるのは、車体本体価格でしょう。例えばプリウスですと、ハイブリッドモデルよりPHVが70万円ほど高くなっています。CEV補助金と減税で40万円メリットがあるので、実費では+30万円ということですね。これに燃費を考慮すると、費用回収は約5.5万キロ走行時ということになります。これだとそこまでメリットを感じないという人も多いかも知れません。

BMW X5 PHV

欧州メーカーは、PHV価格を低めに設定!?

ここまで見ていくと、現状で販売されているPHVはそこまでメリットがあるとは言えないように思えます。PHVの価格がもう少し下がる必要がありますね。

そしてその兆しは、欧州メーカーにありそうです。実は欧州では、2021年に新しいCO2排出規制が実施されるのですが、これが大変厳しくガソリンモデルでは対応できないと言われています。このため各メーカーはPHV開発を急いでおり、またガソリン車やディーゼル車並の価格を実現したいと考えているのだとか。

BMWのPHVは、ディーゼルよりも低価格という噂も

BMW社を例に取ると、PHVはかなり低価格に設定されるようです。昨日、7月2日に発信されたBMWの2シリーズ アクティブツアラーPHVのプレスリリースでは、価格は225i xDrive(最上位グレード)とほとんど同じ価格になるとしています。つまり、3シリーズなら335i、5シリーズなら535i、MINIならミニクーパーSと価格は変わらないということかもしれません。なお、これはまだ噂レベルですが、BMW初の市販PHVとなる「X5」はディーゼルモデルよりも€2100(約30万円)安く設定されると言われています。

5年後、6年後に向けて、こういったトレンドになるのだとしたら、我々ユーザーには非常に嬉しいですよね。ひとまずはBMW、MINIのプラグインハイブリッドの登場、そして価格に期待したいと思います。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「今さら聞けない!? イチからわかるプラグインハイブリッド(PHV) 」 に関するページです。

ページトップへ