メニュー

BMWが3シリーズにプラグインハイブリッド導入。MINIにも導入される?

編集部通信|,

bmwefficientcar

EUで実施予定のCO2排出規制(以下、2021年規制)*に対応するため、欧州の自動車メーカー各社が次世代エンジンへの取り組みを加速させているようですよ。そんな中、BMWグループでは来年のマイナーチェンジが噂される「3シリーズ」にて、プラグイン・ハイブリッド車を登場させるようです。これは海外メディアのAutocarが報じたもの。

2021年規制対応を目指して

co2graph

出所:欧州における新車のCO2排出量 / International Council on Clean Transportation

ハイブリッドでは2021年規制は対応できない?

長らく、自動車のCO2排出量低減が叫ばれ続けたEU。欧州の自動車メーカー各社は、こういった声を背景にこれまでクリーンディーゼル車を中心に環境性能の高い車をリリースしてきました。しかし2013年、EU欧州会議はより厳しい削減基準の規制実施を決定しました(2021年規制)。これは2010年まで1kmあたりのCO2排出量が140gであったものを、2021年販売の新車から95g以下…つまり30%以上削減させるという大変厳しいもの(上記グラフ参照)。当初は「ハイブリッドなどでも対応できない」と言われたほどで、欧州の自動車メーカーは電気自動車や燃料電池車に興味を示し始めました。

BMWのEV i8/i3

pluginh

ハイブリッドで2021年規制対応を目指す

上述したように当初ハイブリッドでも対応出来ないと言われた2021年規制ですが、昨年になって現在のハイブリッドを改良・進化させることで2021年規制をクリアできる見立てが各社に立ち始めます。このため2014年のモーターショーではフォルクスワーゲンやプジョー、ポルシェなど欧州メーカー各社が、次々とハイブリッド車やプラグインハイブリッド車(長距離は従来のハイブリッド車として走行)を発表。2021年前後の中期ではハイブリッドが主役になっていく…そんな予感を感じさせてくれました。

bmwi8

電気自動車の開発は進むも課題は多く

一方BMW社は、以前より長期視点で「エフィシエント・ダイナミクス」という標榜のもと、環境に適応しながらもパワーも両立した車づくり取り組んでいました。その成果の一つが2013年に発表、2014年に販売開始された電気自動車「i8」や「i3」です。電気自動車は電気スタンドを始めとした社会的な課題も多く、主流となるにはまだまだ時間がかかりそうですが、BMW社のビジョンは明確になりました。昨年はi8やi3があったため、ガソリンから電気への過渡的な位置付けの車(ハイブリッド車)にはフォーカスがありませんでしたが、今後はBMW社も本格的なハイブリッド車を出してくるだろう…市場関係者は誰もがそう予測していました。

BMWブランドのハイブリッド戦略

bmw_san

主力モデル3シリーズにプラグインハイブリッド

こういった流れの中、BMWは主力モデルである「3シリーズ」にこれまで採用されていたハイブリッド(アクティブハイブリッド)から進化した、本格的なプラグインハイブリッド車を登場させるようです。また海外メディア「Autocar」によれば、2022年には本格的なハイブリッドモデルの登場も予定されているのだとか。

参考:BMW3シリーズのハイブリッドシステム(Autocar)

Autocarでは、次期BMW3シリーズのプラグインハイブリッドモデルは、以下のような構成になるとしています。

  • ボディには「スティール」、「アルミニウム」の複合素材を使用。これによりBMW3シリーズでは従来モデル比で、100kg以上軽量化される。
  • 先進のエアロダイナミクスと、転がり抵抗を最小限に留める技術。
  • 道路のタイプや交通状況を予測し、ドライブモード(スポーツモードやエコモードなど)によって最適なルート提案をする3Dナビゲーション。
  • 2リッターの4気筒ターボ(最高出力180ps)、最高出力95psの電動モーターが搭載される。
  • ミッションは、8速オートマティック。
  • A7.6kWhバッテリーを後輪の上に搭載。このバッテリーのみで、約35km走行可能(参考:TOYOTAのPHV車両で、約26km走行可。2015年1月現在)。

引用元:Autocar

MINIブランド

新型クラブマン(F54) フロント

ミニはハイブリッド化するのか?

今回のAutocarの記事では、ミニやBMW1シリーズに関しては触れられていません(1シリーズとミニはプラットフォームが共通)。ただ規制を考えれば、ミニも将来的に「ハイブリッド化」される可能性は十分ありそうです。もしかすると今年デビューと言われる「新型ミニクラブマン(F54)」でもハイブリッドモデルが登場するかもしれませんよね。また2017年にフルモデルチェンジが噂される「次期ミニクロスオーバー(F60)」や、マイナーチェンジタイミングとなる「ミニ3ドア・5ドア」あたりだと、かなり可能性が高そうです。

今後のミニは現在のようなガソリンではなく、ディーゼルやハイブリッドが主力になっていくのかもしれませんね。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMWが3シリーズにプラグインハイブリッド導入。MINIにも導入される? 」 に関するページです。

ページトップへ