メニュー

難しい電気系トラブルに対応できるオシロスコープを導入しました

メカニズム・メンテ講座|,

MINI BMWの電気系トラブルに役立つオシロスコープ

少し難しい電気の話

こんにちは、京都府のMs+Factoryの大橋です。最初に謝っておきますが、今回のコラムテーマは非常に難しい話です。ですから先に結論から書いておきますと…「MINIやBMWの難しい電気系トラブルに対処できる、オシロスコープという機器をMs+Factoryに導入しましたよ」というのが今回のテーマです。コラムとして紹介する予定は無かったのですが、CLUB CARS編集部の方と話していて、オシロスコープで何ができるのかを説明していたら「コラムで書いてみてくださいよ」と言われてしまいました。…できるだけわかりやすく紹介しますのでお付き合いください。

Ms+factory 大橋 正典さん

Ms+factory

大橋 正典さん

ディーラーのメカニックを経て、2013年にMs+factoryを創業。愛車兼デモカーはR56をベースにしたジオミックのコンプリートカー「G156S(EDITION-G)」。整備の腕に定評があるが、ドレスアップやチューニングも得意。

オシロスコープで確認できる電気の波形

オスロスコープとマルチメーターは何が違う?

まずはオシロスコープとは何か、から説明しましょう。どこの整備工場にも電気系のトラブルをチェックするためにマルチメーター(電圧、電流、抵抗等を計測する機器)という機器があります。配線に電気が流れているのか、ある部品まで正常な電気が流れてきているのか、などをチェックする機器です。MINIに限らず、あらゆるクルマはバッテリーから送られてくる電気を使って火花を飛ばしたり、ヘッドライトなどの灯火類を点灯させたりしています。それ以外にもクルマのコントロールユニットから車両の各部への指示にも電気信号が使われています。マルチメーターを使えば電気が流れていることの計測は可能で、バッテリーが生きているのか、や配線に電気が流れているのか、などの簡単なチェックはできます。しかし、オシロスコープはさらに細かな電気の波、ある場所を流れる電気の波形を確認できる機器なんです。極端な例えですが、電圧計はmまでしか目盛がない定規、オシロスコープはmmまで目盛がある定規だと思ってください。もう少しわかりやすく解説すると…遠くから見るとただの線にしか見えないモノも、近づくと太さや形がハッキリと見えてきますよね。オシロスコープは遠くから見ても太さや形を判別できる優れモノの機器です。

オシロスコープとMINIのエンジン

オシロスコープがあればネットワーク内でのエラーが見つかる

次に「オシロスコープがあれば何ができるの?」という話をしましょう。それにはMINIやBMWに採用されているCANやBUSなどのネットワークについて簡単に紹介する必要があります。現代のクルマはコントロールユニットと呼ばれる指令室のようなコンピューターから、車両の各部へ「こう動け!」という膨大な量の指示が電気信号で送られています。MINIやBMWは車体制御技術が非常に進んでいて、各部にセンサーが設置され、センサーからの情報を基に車体の各部に指示が送られています。単純にアクセルを踏んだときにエンジンに送られる燃料の量を増やす指示も同様に電気信号で送られています。電気信号での指示はマルチメーターでは見ることはできませんが、オシロスコープで確認すると電気の波形の形で確認できるんです。電気系のトラブルではコントロールユニットから間違った指示が出ていたり、各部から間違った情報を受け取っていたり、が原因の場合があります。オシロスコープに表示される波形を見ると、どの部位とのやり取りでエラーが起きているのかがわかるんですね。ちなみに、オシロスコープで確認できる波形が正しいかどうかをジャッジするには正常な形の波形を知る必要があります。正常な形の波形はMINIやBMW用のテスターで確認することができます。そのため、オシロスコープだけを揃えてもMINIやBMW用のテスターがないと、電気系のトラブルシューティングは上手くいきません。

電気系のトラブルはMs+factoryにお任せください

少し難しく書き過ぎました…オシロスコープがあればどんな電気系のトラブルでも解決するような文章になりましたが、実はオシロスコープが必要な状況は年に数回ほどしかありません。ただし、「この電気系トラブルの原因はAかBだな」という状況で、オシロスコープがなければ怪しい部位を1つずつ整備して直ったかどうか確認していく必要がありました。オシロスコープで原因が特定できれば、無駄に部品を交換することはありませんし、必要以上にお客さんをお待たせすることもありません。年に数回でも役立つことがあるのなら、オシロスコープを購入する価値はあるのかな、と思います。元々、Ms+Factoryは電気系のトラブル修理にも自信がありましたが、オシロスコープの導入でさらにできることの幅が広がりました。なかなか解決しない電気トラブルに悩されているMINIやBMWオーナーの皆さんがいらっしゃったら、お気軽にご相談ください。

ショップ案内

MS +factory

当店は京滋バイパス「久御山IC」よりすぐになります。一般道で来られる方は国道1号線の久御山JCTの南西に当店はあります。国道1号線から西側に1本路地を入ってすぐです。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

MS +factory

当店は京滋バイパス「久御山IC」よりすぐになります。一般道で来られる方は国道1号線の久御山JCTの南西に当店はあります。国道1号線から西側に1本路地を入ってすぐです。
住所:京都府久世郡久御山町森川端88-1
電話:075-201-5007 | 営業:10:00~19:00(定休:火曜日)

HP:公式サイト

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「難しい電気系トラブルに対応できるオシロスコープを導入しました 」 に関するページです。

ページトップへ