- BMW
メニュー

BMW初のアメリカ人チーフデザイナー、クリス・バングル

BMWの基礎知識|

BMW初のアメリカ人チーフデザイナー、クリス・バングル

保守的なBMWのデザインを変革したデザイナー

2000年までのBMWのデザインといえば、キープコンセプトが当たり前になっていて、フルモデルチェンジしても変化の小さいコンサバティブなデザインが中心でした。そんなBMWのデザインを変革したのがアメリカ人デザイナーのクリス・バングル(本名:クロストファ−・エドワード・バングル)です。クリス・バングルは1992年にチーフデザイナーに就任。2001年に発表した4代目7シリーズ(E65/E66)を皮切りに、2009年に退任するまで続々とニューモデルを発表しました。現在、中古車で購入できる5代目5シリーズ(E60/E61)、初代Z4(E85/E86)、5代目3シリーズ(E90)といった2000年代に登場したBMWの多く のモデルは彼がチーフデザイナーとして手掛けた作品となっています。先鋭的でありながら、時間の経過を感じさせないデザインがクリス・バングルのデザインの特徴と言えるでしょう。そこで、今回はBMW初のアメリカ人チーフデザイナーとなったクリス・バングルについて紹介しましょう。

クリス・バングルが手がけた-コンセプトモデルのZ9

デザインだけでなく、iDRIVEなど後のBMWの装備に様々な影響を与えた

クリス・バングルは1956年生まれのアメリカ人です。1981年にカリフォルニアのデザイン大学院である、アートセンター・カレッジ・オブデザインを卒業し、ドイツの自動車メーカー、 オペルへ就職します。その後、オペルからフィアットに移籍、フィアットではデザイン部長としてクーペフィアットやバルケッタを手掛けました。そして1992年BMWに移籍し、アメリカ人初のチーフデザイナーに就任します。そして、1999年のフランクフルトモーターショーでクリス・バングルが手がけた コンセプトモデルのZ9が出展されます。このZ9は市販されることはありませんでしたが、このモデルが提示 した数々の新基軸はiDRIVEをはじめ、後の市販車で多くが採用されることになりました。何より注目されたのはクリス・バングルの手掛けた斬新なエクステリアデザインが、これまでのBMWのデザインとは異なっていたことです。ちなみに、 Z9のデザインエッセンスは2003年に発売される2代目6シリーズ(E63/E64)に引き継がれました。

発表当初は評価が分かれたデザイン

クリス・バングルが手掛けた最初の市販車は2001年に登場した4代目7シリーズ(E65/E66)です。空気抵抗係数(Cd値)0.29という優れた空力性能を誇るボディのエクステリアデザインは大きな議論を呼びました。その評価や批判について、当時クリス・バングルは「ファッションは好き嫌いで済むが、デザインはおおいに議論すべき。一つのメーカーのデザインが安定してしまうと、それを見る人々の思想も固定されてしまい、顧客が固定されてしまう恐れがある。そしてタイムフレームの問題がある。革新的な作品は最初、人々は驚きますが、理解されるようになり 、評価が完結する。現在のBMWのデザインも5年、7年と時間が経過してから、評価が決まる」と話しています。その後、5代目5シリーズ(E60/E61)、2代目6シリーズ(E63/E64)、初代Z4(E85/E86)などが登場し、さらにクリス・バングルのデザインの評価は分かれていきました。その後、2005年に7シリーズ(E65/E66)は大幅なマイナーチェンジを行い、エクステリアデザインは従来のBMWのデザインであるコンサバティブな路線へと戻りました。クリス・バングルは2009年2月にBMWを退社しています。

賛否両論あった4代目BMW7シリーズ(E65)のデザイン

中古車となっても古さを感じさせないクリス・バングルのデザイン

クリス・バングルが「長い時間が経過してから、評価が決まる」と話していたように、中古車として流通している4代目7シリーズ(E65/66)や5代目5シリーズ(E60/E61)のエクステリアデザインは今見ても古さは感じられません。 一般的に革新的なデザインというのは時が経つと古さが目立つものですが、クリス・バングルの手掛けたBMWは斬新なデザインながら、時間が経っても色褪せないという特徴があります。一時はライバルメーカーが送り込んだスパイとまで言われ、賛否両論があったクリス・バングルのデザインですが、販売終了から何年も経っても斬新さを失っていないのを見ると、現在の評価としては大成功と言えるでしょう。

クリル・バングルがデザインについて語る映像

アメリカの人気番組TEDでクリス・バングルがクルマのデザインについて語った講演の映像です。動画のSubtile(字幕)でJapaneseを選ぶと、日本語でトーク内容を見ることができますので、よろしければご覧ください。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW初のアメリカ人チーフデザイナー、クリス・バングル 」 に関するページです。

ページトップへ