メニュー

最強セダン「M5」(F90)正式発表!4.4リッターV8ツインターボ×4WDで17,030,000円~

BMW ニューモデル|, , ,

BMW「M5」(F90,2017年)

BMWのラインナップの中でもっとも過激なモデルの1つ「M5」がフルモデルチェンジを果たしました。有り余るパワーを路面に伝えるため、Mモデルのセダンで初となる4WDを採用するなど、今回も話題性に事欠きません。その全貌をお伝えします!

BMW M5 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

M5ってどんなモデル?

BMW「M5」(F90,2017年)

5シリーズがベースのモンスターマシン

M5は同社のアッパーミドルクラスセダン「5シリーズ」をベースに、モータースポーツ直系の技術で走行性能を磨き上げられたスペシャルバージョンです。パッと見は普通のセダンのようですが、その内側にはスーパーカー顔負けの強力なエンジンと、それを安定して路面に伝えるために強化された足回り、さらに高速域での安定性を高める空力デバイスが隠されています。

BMW「M5」(F90,2017年)

そもそもMシリーズって何?

MシリーズはBMWのモータースポーツ部門を担う子会社「BMW M社(M GmbH)」が生み出すハイパフォーマンスモデル群になります。同社が1972年に設立して以来、多数の高性能モデルを生み出してきました。
3シリーズがベースの「M3」が特に有名ですが、近年ではSUV(同社ではSAV:Sport Activity Vehicleと表記)の「X5」や「X6」をベースにしたモデルも展開しています。

新車で買えるMシリーズ車種一覧

車名 ボディサイズ(mm) 車両本体価格(税込)
M2クーペ 4475×1855×1410 802万円~
M3セダン 4685×1875×1430 1,185万円~
M4クーペ 4685×1870×1390 1,157万円~
M6クーペ 4905×1900×1375 1,854万円~
M6カブリオレ 4905×1900×1370 1,924万円~
M6グランクーペ 5015×1900×1395 1,891万円~
X5M 4895×1985×1755 1,645万円~
X6M 4925×1990×1690 1,675万円~

注目のスペックは?

BMW「M5」(F90,2017年)

驚愕の加速性能を発揮

新型M5に関して一番に触れるべきは、その驚愕の加速性能。何と0-100km/h加速をわずか3.4秒で完了させるという途方もないもの。5人乗りミドルサイズの4ドアセダンでありながらこの加速性能を実現している点は、まさに驚異的です。ちなみに0-200km/h加速は11.1秒(※)と、これまた途方もない数値になっています。一体どのような最新技術で、ここまでの加速性能を手に入れているのでしょうか。
※欧州仕様車

Mモデルのセダン初となる4WDを採用

もっとも注目すべき点は、Mモデルのセダンで初となる4WDの採用です。5世代目となる先代M5まではFR(後輪駆動)でしたが、エンジンの高出力化に伴い、そのパワーを安定して路面に伝えるため、4WDが採用されました。
この新開発の4WDシステムは「M xDrive」と呼ばれ、以下の特徴を持っています。

  • インテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」と「アクティブ M ディファレンシャル」をベースとして、Mモデル専用に開発された制御システム「ドライビング・ダイナミクス・コントロール」によって制御されている。
  • 車両の安定走行をサポートするDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)が装備されており、日常の安定した走行から、サーキットでのアクティブな走行まで多様な楽しみを提供する。
  • DSCはデフォルトでオン状態になっており、もっともバランスの良いコントロール性を発揮するセッティングになっている。
  • DSCオフ時には任意で「4WDモード」「4WD Sport モード」「2WDモード」のいずれかを選択可能。
BMW「M5」(F90,2017年)

新開発のターボチャージャー×4.4リッターV8エンジン

搭載しているエンジンは、V型8気筒Mツインパワー・ターボ・エンジン。スペックは以下の表のとおりになります。エンジン特性には基本設定以外に「Sport」「Sport Plus」の2つのモードがあり、アクセルペダルの操作に対するレスポンスがより向上するように設定されています。

エンジンスペック
最高出力 441kW(600ps)/5,600~6,700rpm
最大トルク 750Nm/1,800~5,600rpm
BMW「M5」(F90,2017年)

新開発の8速トランスミッション

トランスミッションには、ドライブロジックつき新型8速 Mステップトロニック・トランスミッションを採用。このトランスミッションには3つの変速モードが備わっており、走る道や、ドライバーの技量に応じて使い分けが可能です。

3つの変速モード
モード1 効率的な走りをサポートする通常モード
モード2 シフト時間を短縮してスポーティな走りを可能にするモード
モード3 サーキット走行を想定したもっともアグレッシブなモード。急カーブ手前の減速時、複数のギアを飛び越えて一気にシフトダウンすることも可能。さらにエンジンがリミットに達した際の強制シフトアップも行われず、最大限自由に車両をコントロールできる。
BMW「M5」(F90,2017年)

軽量化・空力特性にも抜かりなし

ルーフには歴代M5で初めて、カーボン・ファイバー強化プラスチック(CFRP)素材が採用されています。またボディ各所のエアロパーツは性能を徹底的に追求して設計されており、高速巡航時の安定性向上に貢献します。

BMW「M5」(F90,2017年)

部分的自動運転機能も搭載!

パフォーマンス面ばかりが注目されがちなM5ですが、部分自動運転が可能な「ドライビング・アシスト・プラス」を搭載しているのも見逃せないポイントです。基本的には通常の5シリーズと共通の装備で、以下の機能が搭載されています。

「ドライビング・アシスト・プラス」機能一覧

ステアリング&レーン・コントロール・アシスト ステレオカメラで車線・前方車両を検知し、ステアリングに操舵支援を行うことで車線中央維持をサポートします。
アクティブ・サイド・コリジョン・プロテクション センサーで車両側面を監視し、側面から車両が接近するなど衝突の危険性が高まった際は、ステアリング操作に介入し衝突を回避します。
後車追突警告 リアのセンサーで後部からの衝突の危険を予測し、接近する車両に対しハザードで注意喚起。衝突が避けられないと判断した場合は、シートベルトのテンションを高めるなどして乗員保護に備える。
クロス・トラフィック・ウォーニング(フロント&リヤ) 駐車スペースから出たり、視界の悪いT字道路を横切ったりする際、車両や歩行者との衝突の危険を検知し、コントロール・ディスプレイに警告を表示する。
ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付) 任意の速度をベースに、前方の車両との車間距離を維持しながら自動で加減速を行い、先行車に追従する。低速走行時には停止まで行なう。
レーン・ディパーチャー・ウォーニング 車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリング・ホイールを振動させてドライバーに警告。その際ドライバーが反応しないまま車線を越えた場合には、ステアリング操作に介入し、車線への復帰をサポートする。
レーン・チェンジ・ウォーニング ドライバーから死角になる左右後方の車両や、追い越し車線上を急接近してくる車両を検知しドライバーに警告する。また、ドライバーがシステムによる注意喚起を無視してそのまま車線を越えた場合には、ステアリング操作に介入し、車線復帰をサポートする。
前車接近警告機能 前車との感覚を詰めすぎて追突する危険性が高まった際、ドライバーに警告を発する。
衝突回避・被害軽減ブレーキ 前方への衝突が回避不能と判断される場合に、システムが自動的にブレーキをかけて衝突を回避・被害の軽減を図る。また、歩行者検知機能の採用により、歩行者への接近に対しても、ドライバーへの警告と衝突回避・被害軽減ブレーキを作動させる。
アクティブ・プロテクション 衝突などの危険が回避不可能な場合に、シートベルトの締め付けを強め、ウインドウとサンルーフを自動で閉めることにより、乗員を最大限保護する体制を整える。

注目のお値段は?

BMW「M5」(F90,2017年)

車両本体価格は17,030,000円と発表されています。
スーパーカークラスの運動性能に加え、最新鋭の運転支援技術を搭載していると言う意味では、納得のプライスと言ったと事でしょうか。ちなみにこのM5には「BMW Individualコレクション」という、様々な内外装の仕立てやオプションパーツを自由に組み合わせて自分好みの一台に仕上げられるプログラムが採用されています。この選択内容によっては、さらに高額でスペシャルな一台にもできてしまうのです。一部を下記のギャラリーでご紹介しますので、ご覧ください。

カラーバリエーション

クリックで拡大することで、各ボディカラーの名前も見られます。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「最強セダン「M5」(F90)正式発表!4.4リッターV8ツインターボ×4WDで17,030,000円~ 」 に関するページです。

ページトップへ