- BMW
メニュー

BMW M2(F87)徹底解説

BMW徹底解説|

BMW-M2(F87)徹底解説

BMW M2クーペ(F87)とは?

上位モデルに一歩も譲らない高性能をもつコンパクトクーペ

1985年に登場した初代BMW M3をはじめ、BMWのハイパフォーマンスモデルを手掛けているのがBMW M社です。そのBMW M社がコンパクト・スポーツカー・セグメントの新しいベンチマークとして2016年1月に日本に投入したのがBMW M2クーペ(F87)です。1シリーズより独立した2シリーズクーペ(F87)の最高峰モデルであるM2クーペ(F87)は、高性能スポーツカーという評価を確立した初代BMW M3、そしてスポーティなデザインと高い運動性能によって名車と名高いBMW2002ターボのDNAを引き継ぐ最もコンパクトなBMW Mシリーズであり、現在ラインナップされているMシリーズで唯一車両価格が1000万円を切ったモデルです。そう聞くとBMW Mシリーズのエントリーモデルのように感じますが、そのパフォーマンスの高さは上位モデルに一歩も引けを取りません。例えば、0-100km/h加速を見てみるとM2クーペ(F87)は4.3秒です。実はこの数字、5代目M5(F10)と同じなのです。このスペックだけ見ても、M2クーペ(F87)のパフォーマンスの高さの片鱗がうかがえます。全長4475mmというコンパクトなボディに最高出力272kW(370ps)というハイパワーエンジンを搭載した最新のBMW MシリーズであるM2クーペ(F87)。その特徴や実力を紹介しましょう。

BMW M2(F87)のボディサイズ&パッケージ

BMW-M2(F87)のボディサイズ&パッケージ

ボディの全幅だけにとどまらずトレッドも大幅に拡大

M2クーペ(F87)のボディサイズは全長4475mm×全幅1855mm×全高1410mmです。同じ3L直列6気筒DOHCターボエンジンを搭載するM235iクーペと比較すると、全長と全高は同じですが、全幅は80mmも拡大されています。この拡大されたボディと同様にトレッド(ボディの中心からタイヤまでの距離)もフロントが70mm、リアが65mm拡大したことで、フロント245/35R19、リア265/35R19というワイドタイヤを装着しています。このボディとトレッドの拡大はハイパワーなエンジン出力を路面に伝えるためだけでなく、コーナリングにおける優れた走行安定性に貢献しているのです。欧州Cセグメントで唯一FR(後輪駆動)を採用している2シリーズクーペ同様にM2クーペ(F87)も駆動方式はFRを採用。そしてBMWの伝統と言える約50:50という理想的な前後重量バランスによって俊敏なハンドリングと路面追従性を実現しています。それでも大人4人が余裕の室内空間と390Lというトランク容量を確保しており、実用性の高さも兼ね備えています。

BMW M2(F87)のエンジン(出力、燃費性能)

BMW-M2(F87)のエンジン

サーキット走行を見越した冷却システムとオイル・システム

現在、新車で販売されているBMW Mシリーズ同様にM2クーペ(F87)もターボエンジンを搭載しています。搭載しているのは最高出力272kW(370ps)、最大トルク465Nmを発生する新開発の3L直列6気筒DOHC Mツインパワー・ターボ・エンジンです。型式こそ、N55B30AとM235iクーペに搭載されている3L直列6気筒ターボと同じですが、M2クーペ(F87)に搭載されているエンジンはよりハードな走行に耐えられるようにチューニングされているのが特徴です。その一つが冷却システムとオイル・システムです。激しいサーキット走行時にオイルが偏らないようにオイル・サンプ・カバーとサクション・オイル・ポンプを追加しています。さらにエンジン冷却ラジエターに加えてトランスミッション・オイル・クーラーも追加し、常にミッション・オイルの温度を最適に管理しています。そしてツインスクロール方式のターボに加えて、高精度ダイレクト・インジェクションシステム、アクセルの開度やエンジン回転数などに応じて吸気と排気バルブタイミングを無段階に調整するダブルVANOSや電子制御によって無段階にバルブリフトを可変させるバルブトロニックをエンジンに組み込むことで、低回転域から高回転域まで力強い加速と鋭いレスポンスが体験できるのです。このパワフルな3L直列6気筒ターボエンジンに組み合わされるミッションは他のBMW Mシリーズにも搭載されている7速M DCT Drivelogicです。素早いシフトチェンジが可能で、チェンジ中であってもトラクションが途切れることがないだけでなく、シフトショックをほとんど感じることがないツインクラッチシステムを採用しています。その他にもエンジン・オート・スタート/ストップと呼ばれるアイドリングストップ機構やブレーキ・エネルギー回生システムを搭載することで、JC08モード燃費は12.3km/Lを実現しています。まさに、この新開発の3L直列6気筒ターボエンジンはハイパワーと低燃費を両立した新世代スポーツクーペにピッタリのエンジンと言えるでしょう。

BMW M2(F87)の装備(グレードによる装備差)

BMW-M2(F87)のグレードによる装備差

最新の安全装備を採用しスポーティな走りをバックアップ

BMW M2(F87)は高い走行性能を支える装備の充実はもちろんですが、最新の安全装備である、カメラによる前方の監視を行うドライビング・アシストを標準装備することで高レベルの安全性能を実現しています。車線逸脱傾警報システムのレーン・ディパーチャーウォーニングをはじめ、全車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキなどによりドライバーの安全運転支援を行います。さらにエアバッグが、展開するような事故や側方及び後方からの衝突や横転が発生した際に車両から自動的にSOSを発信するBMWSOSコール。そして車両の通信機能を利用して車両のメインテナンスやバッテリー低下などを自動的に担当のBMW正規ディーラーに通知するBMWテレサービスを標準装備し、カーライフを万全の体制でバックアップしてくれます。さらにディスプレイに車両後方の障害物や歩行者を確認できるリア・ビューカメラ。車両後方にある障害物との距離を信号とディスプレイの表示で知らせるパーク・ディスタンスコントロールも標準装備しているので、狭いスペースでの駐車もラクラク行えます。一方の高い走行性能を支える装備ではダーク・ブルーのメタリック塗装が施されたブレーキキャリパーとドリルド・ブレーキ・ディスクを組み合わせたMコンパウンド・ブレーキシステムをはじめ、エンジンパワーを左右のリアホイール間で自在に配分するアクティブMディファレンシャル。車速に応じてパワー・ステアリングのアシスト量を可変制御し、ドライバーの意図に通りに反応する車速感応式パワー・ステアリングのMサーボトロニックなどを標準装備しています。

BMW M2(F87)の試乗インプレッション

BMW-M2(F87)の試乗インプレッション

自然吸気エンジンのようにどこまでも吹け上がるエンジン

2015年10月にM2クーペ(F87)が欧州で発表された際に公式のローンチ・ビデオには初代M3とM2クーペ(F87)が登場し、ニュルブルクリンク北コースを7分58秒というラップタイムを刻んだことがアピールされました。このタイムは現行型M4(F82)には及びませんが、4代目M3(E92)のラップタイムを上回る速さです。BMW Mシリーズの最新モデルであるM2クーペ(F87)は全長約4.5mのコンパクトなボディに最高出力272kW(370ps)を発生する3L直列6気筒DOHCターボエンジンを搭載したハイパフォーマンスコンパクトクーペです。一見、小さなボディに直列エンジンを搭載するとフロントヘビーでは?と思いがちですが、そこは前後50:50の重量配分というBMWらしい理想的なバランスを実現しています。車両重量は1580kgとM235iの8速AT車と比べても30kgの重量増に抑えています。M2クーペ(F87)の走りは初代M3(E30)を彷彿させるほど、レーシーなもので、搭載される直列6気筒ターボエンジンはまるで自然吸気エンジンのように滑らかにレッドゾーンまで廻ります。しかも7速M DCT Drivelogicによってパワーの切れ間がなく、どこまでも加速していきそうな感覚に襲われます。様々な電子デバイスのサポートによって直線やコーナリングなどどんな道路状況においても安定感は抜群なうえ、アクセルワークやステアリングなど思い通りに動くので、ドライバーとクルマの一体感を生み出します。コンパクトクーペで770万円は高いと思われるかも知れませんが、M2(F87)のパワフルで軽快な走りを体験したら、逆に安いくらいと感じるはずです。

BMW M2(F87)のデザイン(エクステリア)

名車BMW3.0CSLを彷彿させるフロントデザイン

M2クーペ(F87)のキドニーグリルはBMW Mシリーズ特有のダブルスポークホイールのデザインを反映した、ハイグロス・ブラックペイントが施されたダブル・バーを採用しています。そのためキドニーグリルを見ただけでMシリーズとわかります。そしてM2クーペ(F87)のフロントスポイラーには伝説のレーシングカーBMW3.0CSLを彷彿させる台形のブレードと大型のエア・インテーク(空気取り入れ口)を備えており、高い冷却効果とともに、圧倒的なパフォーマンスを表現するフロントマスクとなっています。ショートオーバーハング、ロングノーズ・ショートデッキというBMWクーペ特有のスタイリングは、ワイド化されたフェンダーによって鍛え抜かれたアスリートの筋肉のような力強さを演出しています。フロントからボディパネル下を通過した空気を最適化するリアデューザーをはじめ、トランク・リッドに一体化されたリア・スポイラーなどボディに組み込まれたパーツ類はM2クーペ(F87)の機能美を追求したスタイリングに溶け込んでいます。

BMW M2(F87)のデザイン(インテリア)

黒を基調としたインテリアは専用カーボンファイバートリムでスポーティ感を演出

M2クーペ(F87)のインテリアはベースとなっている2シリーズクーペと同様に人間工学に基づき設計されています。例えば、センターパネルはドライバー側に傾いていますし、スイッチ類はドライバーが手の届く範囲に設置され、直感的に操作することができます。さらにM2クーペ(F87)はサーキットなどでの過酷な走行でも体を支えられるようにニーパッドが装着され、スポーツシートとの相乗効果でよりしっかりとドライバーの体をホールドしてくれます。運転席&助手席に装着されたスポーツシートはシート地にはブラックのダコタレザーを使用し、サイドサポートなどにブルーのステッチが施されています。さらにバックレストにはMロゴがエンボス加工されています。そして専用のカーボンファイバートリムやアルカンタラのドアパネルによってスポーティ感溢れる室内空間に仕上げています。

BMW M2(F87)のオプション

BMW-M2(F87)のオプション装備

電動ガラスサンルーフや高級オーディオなど4つのオプションを用意

M2クーペ(F87)は4つのオプション装備を用意しています。まずはチルト&スライド、コンフォートオープン/クローズ機能が付いた電動ガラス・サンルーフ(14万4000円)です。室内を明るくしてくれるだけでなく、夜は星空を車内から楽しむこともできます。そしてコーナリング時にハンドルを切った方向に照射範囲を変化してくれるアダプティブ・ヘッドライト。さらに総合360W12スピーカーでM2クーペ(F87)の車内で音楽を楽しむことができる高級オーディオのharman/kardonnサラウンド・サウンドシステム(11万5000円)が設定されています。最後は長尺物などを積む際にリア・シートのバックレスト全体を折りたたむことができるスルーローディング・システム(3万8000円)です。センターアームレストにはカップホルダーが内蔵されており、リア・シートの乗員への配慮もしっかりとなされています。

BMW M2(F87)のオプション・パッケージ

BMW-M2(F87)のオプション・パッケージ

カーライフをサポートするBMWコネクテッド・ドライブ・プレミアムのみ

BMW M2(F87)は安全装備や快適装備などほとんどが標準装備となっているので、オプション・パッケージはBMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム(6万1000円)しか設定されていません。BMW M2(F87)ではBMW SOSコールとBMW テレサービスがセットになっている設定されているBMWコネクテッド・ドライブ・スタンダードは標準装備されています。さらにオプション・パッケージのBMWコネクテッド・ドライブ・プレミアムを装着することで、コールセンターのオペレーターが24時間365日運転中のドライバーに代わって様々な情報を調べて、車両に転送しナビゲーションの画面に表示するBMWドライバー・サポート・デスク。スマートフォン専用アプリ、My BMW Remoteを介して車外からスマホでエアコンを起動させられます。またクルマを離れてからドアのロックをし忘れたと不安に思った時でもクルマに戻ることなく、スマホでドアの解施錠が行えるという非常に便利なBMWリモートサービス。そして車載モジュールを通じて車内にいながら様々なニュースなどが楽しめるコネクテッドサービスなどがセットになったものです。有効期間は3年で、M2クーペ(F87)のドライブをさらに楽しく、充実した時間にしてくれるサービスです。

BMW M2(F87)のボディカラー

BMW-M2(F87)のボディカラー

ロングビーチ・ブルーをはじめ厳選された4色のみ

BMW M2クーペ(F87)は設定されているボディカラーはソリッド・カラー1色、そしてメタリック・カラー3色の合計4色とかなり厳選されています。ソリッド・カラーはアルピン・ホワイトⅢ、メタリック・カラーはカタログなどにも使用されているM2クーペ(F87)のイメージカラーと言えるロングビーチ・ブルー。そしてミネラル・グレーとブラック・サファイア4色となっています。

BMW M2(F87)の価格

BMW-M2(F87)のボディカラー

1000万円を切った唯一のMシリーズ

M2クーペは他のBMWのようにエンジンの違いはなく、複数の値段設定はありません。
M2クーペ(7速 M DCT Drivelogic): 770万円

M2クーペ(7速 M DCT Drivelogic) 770万円

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW M2(F87)徹底解説 」 に関するページです。

ページトップへ