メニュー

都内でグッドコンディションのローバーミニが見られるお店、iR(イール)

ローバーミニガイド|

ミニクーパー専門店、iR(イール)

BMW MINIの記事を中心に掲載しているCLUB CARSですが、クラシックミニを紹介する記事にも想像以上のアクセスが集まっています。「BMW MINIとクラシックミニは別物」という声も聞きますが、少なくともBMW MINIオーナーは少なからずクラシックミニに興味を持っていることは間違いありません。

先日、兵庫県で極上コンディションのポール・スミスが展示されていた記事や群馬県伊香保にあるヴィンテージカー博物館の記事を掲載したのをご覧になった方も多いでしょう。その際に、首都圏のユーザーから「いろんなクラシックミニを見てみたい!」という声を多くいただきました。ただ実は都内に、グッドコンディションのミニを数多く展示しているお店があるんです。東京都世田谷区にある「イール」というショップです。

ローバーミニ中古車検索(掲載数国内最大級! クラシックミニが700台以上)

人気の90年代インジェクションモデル最終型からヴィンテージのミニまでの全国の中古車在庫を検索できますよ。

常時30台以上のクラシックミニが展示中

ミニクーパー専門店、iR(イール)

グッドコンディションのクラシックミニがずらりと並ぶ店内

イールには常時30台前後のクラシックミニが展示、販売されています。台数だけを見れば、同じくらいの数のクラシックミニを展示しているショップは他にもあります。ただこれだけグッドコンディションのミニが展示されているショップは、なかなかありません。錆びが出たり塗装が剥げたりしている車両が並んでいることはありませんし、アンティークショップのようなオシャレな店内に車両が展示されているのもクラシックミニのイメージに合っています。

旧ローバージャパン出身者が揃う店

また、イールは代表をはじめ、セールスマネージャーや工場のサービスマネージャーに旧ローバージャパン(クラシックミニの日本での販売会社)出身者が揃っています。クラシックミニが新車で販売されていた頃を知るスタッフからの話が聞けるのもイールの魅力ですね。

クラシックミニとともにBMWミニも並ぶ

次に、イールではどんなミニが取り扱われているのかを紹介しましょう。ここに掲載しているのはあくまで編集部でチョイスした車両だけになります。また、同じ店内にはBMW MINIも展示されているため、クラシックミニとBMW MINIを比較して、デザインやサイズを見比べることもできますよ。店内での写真撮影はセールススタッフに一声かければOKとのこと。生でクラシックミニを見たことがない人は、ぜひ出かけてみてください。

性能的には現代の車と比べものにならないクラシックミニですが、なぜ50年以上も愛され続けてきているのか、生で見ると伝わってくるものがあるかもしれません。

厳選されたクラシックミニの展示車両を一部紹介

ポール・スミス

ポール・スミス

1998年に発売された限定モデルで、ファッションデザイナーのポール・スミス氏とミニのコラボレーションで製作され、限定1500台で生産されました。この車両は中でも人気のポール・スミス・ブルーの車両で、中古車市場に出回ることは滅多にありません。

BSCC LTD

BSCC LTD

ミニクーパーをベースとして製作された2000年の限定モデルです。BSCCとはブリティッシュ・サルーン・カー・チャンピオンシップの略称で、1960年代にミニクーパーがこのレースで活躍を見せたことを記念したモデルとなっています。13インチホイールとオーバーフェンダ―が採用されるなど、スポーツ志向の装備が採用されています。

ミニクーパー

ミニクーパー

このクーパーは特別仕様車ではなく、スタンダードなミニクーパーですが、編集部員が一番気に入っているタヒチブルーの車両なのがオススメのポイントです。タヒチブルーのボディカラーは全年式に用意されていたワケではありません。室内と屋外の日当たりによって印象が変わるブルーは長く付き合っても飽きがこないカラーですよ。

ミニメイフェア

ミニメイフェア

ブリティッシュレーシンググリーンはミニの伝統色の1つで、BMW MINIでも採用され、人気のカラーとなっていますね。ミニメイフェアのメイフェアという呼称は当時のグレードを表す呼び名で、エンジン性能はミニクーパーと同じですがルーフとボディカラーが同色などの特徴があります。

ミニクーパー

ミニクーパー

こちらの車両は最近、販売済みになってしまった車両なのですが、タヒチブルーと並んで編集部員がお気に入りのサーフブルーのカラーが素晴らしいので紹介させてください。明るいブルーのボディカラーとシンプルなホワイトルーフ、ボンネットストライプのマッチングが完璧です。海沿いに住んでいる人に似合いそうなミニですね。

ミニクーパー

ミニメイフェア

ミニと言えば他メーカーの車にはない鮮やかなカラーのイメージがありますが、上品なカラーを探している人にオススメしたいのがこのシルバーのミニです。元々はタヒチブルーだった車両を塗り替えて製作された車両なのですが、ポイントはオーバーフェンダ―まで同色で統一されていること。ホイールカラーとの統一感も取れており、シンプルながら目が離せない1台に仕上がっています。

こちらで紹介した車両はあくまで一握りです。クラシックミニとBMW MINIを合わせて60台近い車両が展示されており、BMW MINIではオープンカーのコンバーチブルモデルも得意としています。首都圏にお住まいの方でミニを探している人は気軽に足を運んでみてください。

店舗紹介

iR (イール)

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「都内でグッドコンディションのローバーミニが見られるお店、iR(イール) 」 に関するページです。

ページトップへ