メニュー

ローバーミニの代表的なカスタムプラン

ローバーミニガイド|, , ,

ローバーミニの代表的なカスタムプラン

はじめまして、FLEX Mini 世田谷環七店の吉田と申します。今回、CLUB CARSさんの依頼を受け、ローバーミニのカスタムについてお話させていただくことになりました。当店はBMW MINIとローバーミニの両方を取り扱うお店ですが、以前からローバーミニに力を入れてきました。ローバーミニは他メーカーのクルマと比較するとメーカーオプションやアフターパーツの種類が豊富で、自分好みにデザインできるのが魅力です。BMW MINIでもローバーミニでもそれは同じなのですが、ローバーミニの方が気軽にカスタムできるのはどちらのミニも知る人なら納得していただけるでしょう。1959年の誕生から基本的な部分は変わらずに40年以上の期間現役だったローバーミニは外装パーツであれば(加工が必要なこともありますが)ほぼどの年式のミニにでも取り付けることができます。また、現代のクルマのように各部に電子機器(モーターなど)が搭載されているワケではありません。ミラーが自動で格納される機能なんてありませんし、集中ドアロックもできません。その分、機構がシンプルで、アフターパーツを手頃な値段で購入できるのが魅力です。

ローバーミニ中古車検索(掲載数国内最大級! クラシックミニが700台以上)

人気の90年代インジェクションモデル最終型からヴィンテージのミニまでの全国の中古車在庫を検索できますよ。

FLEX Mini 世田谷環七店 吉田さん

FLEX Mini 世田谷環七店

吉田 憲章さん

FLEX Mini 世田谷環七店セールス担当。ランドローバーと1967年式モーリストラベラーを所有しているが、トラベラーはマイナートラブルで整備中。最近はBMW MINIの先代クラブマン(R55)が気になっている。

部位別ローバーミニのカスタムメニュー:フロントグリル

人気は3種類のMk-1仕様グリル

部位別にローバーミニのカスタムプランについてご紹介していきましょう。まずは当店でローバーミニを購入する方からも人気のフロントグリルのカスタムについてお話します。ローバーミニのフロントグリルは大きくMk-1グリルとそれ以降(Mk-2、Mk-3など)に分けることができます。ローバーミニの中古車は1992年以降のインジェクション(コンピューター制御の燃料噴射)モデルが中心ですが、1992年以降のローバーミニは角張ったMk-3グリルが採用されています。このグリルをMk-1グリルに変更するのは昔から定番のカスタムメニューでした。Mk-1グリルにもいくつか種類があり、オースチンセブンのグリル(さざ波グリル)、オースチンミニ用のグリル、モーリスミニ用のグリルの3種類に分けることができます。初期のミニはオースチンとモーリスの2ブランドで販売されていた時期があり、ブランドごとにグリルなどのデザインが違っていました。そのため、現在でも3種類のMk-1グリルが販売されています。Mk-2以降の角張ったグリルもルーバーの本数などで違いがあり、Mk-2グリル、Mk-3グリルなどと呼ばれています。Mk-2グリル、Mk-3グリルはボンネットオープナーがグリル上部にあるかどうかで、オープナーの逃げの有無に違いがあります。ちなみにMk-1、Mk-2、Mk-3グリルともにグリル自体は2万円ほどで購入可能で、Mk-2以降のグリルを採用しているミニにMk-1グリルを取り付ける際には加工が必要となります。

ローバーミニ:サイドミラーのカスタム

見やすいドアミラーかレトロなフェンダーミラーか

ローバーミニオーナーそれぞれのこだわりを出せるアイテムとして人気なのがミラーです。ローバーミニのミラーにはドア横に取り付けるドアミラーとボンネットの両サイドに取り付けるフェンダーミラーの2種類があります。高年式のミニはノーマルではドアミラーが標準でしたが、中古車はフェンダーミラーに交換されている車両も多いですね。後方の確認のしやすさでは圧倒的にドアミラーの方が上ですが、見た目の可愛らしさ、レトロさを求める人にはフェンダーミラーも人気です。ちなみに、ドアミラー、フェンダーミラーともにミラーデザインは複数あり、1本1万数千円で販売されています。なお、ドアミラーをフェンダーミラーに交換する際には「ドアミラー穴埋めプラグ」というパーツで穴を埋める必要があります(約1000円)。

ローバーミニ:テールランプのカスタム

テールランプには丸型と角型の2種類ある

フロントグリルと同じくらい、見た目の演出に重要なのがテールランプです。1967年までのミニには角が丸く、小振りのテールランプ(Mk-1仕様)が採用されていました。しかし、レンズ面積が狭く、後部からの視認性が悪かったためミニがMk-2仕様に進化した際にサイズの大きな角型のテールランプへとデザイン変更となりました。また、70年代後半までのテールランプはウィンカーとストップランプ&ポジションの2色レンズとなっており、リバースランプが追加された3色ランプが採用されるようになったのは70年代後半からになります。なお、90年代以降の角型テールランプを採用したローバーミニをMk-1仕様にカスタムすることも可能です。「Mk-1テールランプ・コンバージョン取り付けアダプターセット」という製品が15000円ほどで販売されており、このコンバージョンキットをボディに溶接すればMk-1テールランプを取り付けることができます。ただし、法規上リバースランプを別途取り付ける必要があります。

ローバーミニ:メーターカスタム

センターメーターか3連メーターか

BMW MINIにもデザインモチーフとして取り入れられたセンターメーターはローバーミニになる前の1978年まで採用されていました。BMW MINIのセンターメーターでもたまに聞く話ですが、「なぜこんな見づらい場所にメーターを配置したの?」という疑問があるでしょう。ローバーミニ(ローバー社誕生以前なので正確にはクラシックミニ)にセンターメーター採用された理由は輸出先によって右ハンドルや左ハンドルなどの仕様が違い、どちらのハンドル仕様でも部品構成を変える必要がないようセンターメーターが開発されました。しかし、センターメーターが長く採用されるにつれ、ミニのアイデンティティとして認識されるようになったのです。ちなみに、センターメーターは中央にスミス製スピードメーター、左が水温計、右が油温計というイメージですが、Mk-1の時代には小ぶりのスピードメーターだけの時代がありましたし、メーターの配置もダッシュボードデザインによって微妙に位置が違っています。ローバーミニはダッシュボード裏は非常に簡素な設計になっているため、高年式の3連メーターからセンターメーターへの変更はそれほど大変な作業ではありません。ただ、3連メーターのデザインもなかなか評判はよく、わざわざセンターメーターに変更する人は思ったほどはいませんね。

ローバーミニ:ホイールカスタム

ローバーミニ ホイールとオーバーフェンダー

ホイールは10、12、13インチの3種類

1984年以降のローバーミニは12インチ(スポーツ仕様の限定モデルは13インチを採用)ホイールを採用していますが、それ以前は10インチホイールが標準でした。10インチから12インチへとホイール径が大きくなったのは、乗り心地の改善や10インチタイヤを採用する車が少なくなってきたこと、制動力の高いディスクブレーキを採用するためキャリパーが収まるホイールが必要だったことなどが理由です。現在、中古車として販売されているミニのほとんどは12もしくは13インチでしょうけれど、あえてクラシックな10インチホイールに変更することも可能です。また、高年式のローバーミニにはタイヤ上部を覆うオーバーフェンダーが採用されていますが、これは12インチ化の結果、タイヤ幅が広くなりタイヤがボディからはみ出すようになったことへの対策です。13インチタイヤになるとさらにタイヤ幅も広くなるため、オーバーフェンダーもより幅のあるモノが採用されています。オーバーフェンダーはデザインのアクセントにもなるパーツですが、車検のためにも必要なパーツで法律に則すため採用されています。この辺りにこだわる人はオーバーフェンダーをボディと同色にペイントしたり、縁をメッキモールで飾るなどで遊んだりする人もいらっしゃいますね。

最後に

ローバーミニ レストア

今回紹介させていただいたのはあくまでローバーミニを自分好みにデザインする代表的な遊び方です。CLUB CARSの他の記事でも紹介されていますが、エンブレムやグリルバッジを交換してデザインにアクセントをつけることも一般的ですね。また、ローバーミニはボディ面積が小さいので好みの色に塗り替える全塗装は一般的ですし、シートカバーでインテリアのイメージを一新したり、足回りをラバーコーンからコイルサスペンションに変更したり、カスタムの選択肢は無数にあります。お客様の好みに応じて、どんな仕様にも変更でき、現行車ほどコストはかからないのがローバーミニの魅力の1つです。納車時に好みの仕様にする方もいますし、納車後に少しずつカスタムを楽しんでいる方もいらっしゃいます。車両の購入やカスタム、どんな相談でも結構ですので、お気軽にFLEX Mini世田谷環七店まで遊びにきてください。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

FLEX Mini 世田谷環七店

当店はクラシック・ミニ、BMW MINIを取り扱う、ミニ専門の中古車店です。最寄り駅は東急世田谷線「若林駅」、環状七号線沿いに店舗がございます。お気軽にご来店ください。
住所:東京都世田谷区若林5-1-10
電話:03-5431-8811 | 営業:10:00-20:00 | 定休:水曜、木曜

HP:公式サイト

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「ローバーミニの代表的なカスタムプラン 」 に関するページです。

ページトップへ