- BMW
メニュー

BMW X3(E83) 中古車徹底購入ガイド

BMW中古車探し|,

X3走り

はじめに

BMWが誇る滑らかな直列6気筒エンジンを搭載したSUV

こんにちは、CLUB CARS編集部です。今回のBMW中古車徹底購入ガイドではBMW X3(E83)を取り上げさせていただきます。初代BMW X3(E83)は2004年6月から日本導入が始まったミドルサイズのSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)です。BMW 5シリーズ(E39)をベースに誕生したX5がSUV人気の本場、アメリカで成功を遂げたのを受け、BMW 3シリーズ(E36)のプラットフォームをベースに開発されたのがBMW X3(E83)です。2011年3月にX3はフルモデルチェンジを行い、現行モデル(F25)に進化しています。BMWではXシリーズをSUVでなく、あえてSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と名付けていて、クロスカントリー的な要素よりもオンロードのスポーティな走りを重視しているのが大きな特徴です。悪路走破性を高めたSUVながらBMWが誇る駆け抜ける歓びを感じられる高いオンロード性能を両立させたX3(E83)の魅力と最新の中古車情報を紹介しましょう。

BMW X3 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

BMW X3 モデル変遷

BMW X3シリーズ(E83)ボディサイズ・車両重量

グレード名 生産期間 全長 全幅 全高 車両重量
2.5i 4WD 2004年6月〜2005年10月 4,565mm 1,855mm 1,675mm 1,760kg
2005年11月〜2006年9月 4,565mm 1,855mm 1,675mm 1,760kg
2006年10月〜2011年2月
3.0i 4WD 2004年6月〜2005年10月 4,565mm 1,855mm 1,675mm 1,790mm
2005年11月〜2006年9月 4,565mm 1,855mm 1,675mm 1,790mm
2006年10月〜2011年2月
2.5si 4WD 2004年6月〜2005年10月
2005年11月〜2006年9月
2006年10月〜2011年2月 4,585mm 1,855mm 1,675mm 1,800kg
3.0si 4WD 2004年6月〜2005年10月
2005年11月〜2006年9月
2006年10月〜2011年2月 4,585mm 1,855mm 1,675mm 1,830kg

ベースであるX5をダウンサイジングしたボディ

BMW X3(E83)の特徴はBMWのセダンと同様に前後輪50:50の重量配分にこだわっていること、xDriveと呼ばれるBMW独自の新しい4WDシステムが、4WDを基本にしながら状況によってFR(後輪駆動)やそれに近い駆動力配分となっていることでしょう。この駆動力配分は1000分の1秒レベルという速さの反応速度を誇っていて、高重心のボディながらスムーズなハンドリングを実現しています。運転席に座っても、視点が高いことを除けばBMWそのもので、高回転までスムーズに吹け上がる直列6気筒DOHCエンジンを駆使したドライビングが満喫できます。ボディは基本的に上級モデルであるX5をサイズダウンしたもので、X3(E83)ボディサイズは全長4585mm×全幅1855mm×全高1675mmと、ミドルクラスといっても全幅は1855mmと堂々としたサイズを誇ります。ちなみにベースとなったX5(E53)は全長4665mm×全幅1870mm×全高1740mmで、全長が−80mm、全幅が−15mm、全高が−65mmとコンパクトになっています。一方の現行型X3(F25)全長4665mm×全幅1880mm×全高1675mmで全高は先代X3(E83)と同じですが、全長と全幅はX5(E53)と同じ数値になっています。

X3走り

BMW X3(E83)エンジンスペック

グレード名 搭載エンジン 最高出力 最大トルク JC08モード燃費
2.5i 4WD 2.5L直列6気筒DOHC 141kW(192ps) 245Nm(25kg-m) 7.9km/L(10・15)
2.5L直列6気筒DOHC 141kW(192ps) 245Nm(25kg-m) 7.9km/L(10・15)
3.0i 4WD 3L直列6気筒DOHC 170kW(231ps) 300Nm(30.6kg-m) 7.6km/L(10・15)
3L直列6気筒DOHC 170kW(231ps) 300Nm(30.6kg-m) 7.6km/L(10・15)
2.5si 4WD
2.5L直列6気筒DOHC 160kW(218ps) 250Nm(25.5kg-m) 9.2km/L(10・15)
3.0si 4WD
3L直列6気筒DOHC 200kW(272ps) 315Nm(32.1kg-m) 8.4km/L(10・15)

搭載されているエンジンはすべて直列6気筒

搭載されているエンジンは、X5が直列6気筒エンジンのほか4.4Lや4.8LのV型8気筒が中心なのに対し、X3(E83)は直列6気筒エンジンのみのラインアップです。デビュー当時は最高出力141kw(192ps)を発生する2.5Lエンジンを搭載した2.5iと最高出力170kW(231ps)を発生する3Lエンジンを搭載した3.0iの2本立てというシンプルなグレード構成で、ミッションは5ATが組み合わされました。2.5iは右ハンドルのみ、3.0iは左右ハンドルが選べる設定となっています。マイナーチェンジが行われたのは2006年10月。エンジンは2.5L、3Lともマグネシウム-アルミニウム合金製クランクケース、無段階可変バルブリフト量制御のバルブトロニックを採用しそれぞれ26psと41psの大幅なパワーアップを果たしています。これに伴い、ミッションは従来の5ATから6ATに進化しています。外観ではフロントのキドニーグリルが大型化し、前後バンパーは一部ボディ同色に。インテリアもシート生地の変更などでさらに質感を向上させています。この後は2011年3月に現行型X3(F25)が登場するまで大きな変更はありませんでした。

BMW X3(E83)の中古車情報

X3横走り

70万~100万円そして130万~170万円という2つの価格ゾーンが存在

すでに現行型(F25)が2011年に導入されて5年近く経過していますが、中古車としてはこの旧型(E83)が約43%を占めていて中心となっています。2016年1月の段階で158台が流通しています。中古車相場は順調に下がっていて、平均価格が約138万円で、価格帯は50万~270万円と100万円以下でも購入可能です。現在中古車相場ではボリュームゾーンが2つあり、2004~2005年式の初期型の70万~100万円と2006~2008年式の130万~170万円で、予算に合わせてこの2つのボリュームゾーンから探してみるといいでしょう。このミドルクラスのSUVは新車の時は国産、輸入車を問わず数多くのライバルが存在しますが、中古車の場合、何より同じBMWのSUVである上級モデルのX5(E53)との比較が気になってきます。ポイントはボディサイズです。X3はミドルクラスとはいえ全幅1855mm、全高1675mmのサイズ。その分、ベースとなった3シリーズツーリングよりも広く使いやすい室内スペースや荷室が大きな魅力ですが、取り回しの面ではよく使う道や駐車場での制約も気になるところです。価格によってはより上級のフラッグシップモデル、X5も検討対象になってくるでしょう。

狙い目は走行距離が少なく、装備の充実した2006年式以降の後期型

X5(E53)の中で検討するなら、エンジンがパワーアップした2006年10月のマイナーチェンジ後を選びたいですね。年式が進んでいることもあり、マイナーチェンジ前後でそれほど価格差はありませんし、すでに後期型の方が流通量は多く、認定中古車でもまだ1年間走行無制限保証のついたクルマがあります。話をX3(E83)に戻しましょう。100万円以下の前期型の中古車は43台(2016年1月現在)流通しています。2.5iが33台、3.0iが10台と圧倒的に2.5iが見つけやすいです。ボディカラーはシルバー、白、紺の順番で多くなっています。走行距離は5万km以下の中古車もありますが、多くは7万~8万kmとなっています。年式から考えると多くはないですが、今後のメンテナンス費用が気になる距離ではあります。そんな方にはもう一つのボリュームゾーン、予算130万~170万円で探すことをオススメします。2006年のマイナーチェンジ後のモデルが中心となり、それでも流通台数は63台あります。年式が新しくなることもありますが、走行距離はほとんどが、5万km以下の中古車となります。グレードは前期型と同様に2.5Lエンジンを搭載した2.5siが約半数を占めています。ボディカラーは黒、青、白の順番に多く、白は相場が高めです。キセノンヘッドランプをはじめ、本革シート、HDDナビゲーションなど充実した装備の中古車が多く、ディーラー系販売店に絞っても15台も検索できました。予算200万円あれば、スポーティな走りを楽しめるSUVのX3(E83)の走行距離の少なく、装備の充実した即戦力の中古車が手に入る。まさにこれが、中古車の魅力と言えるでしょう。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW X3(E83) 中古車徹底購入ガイド 」 に関するページです。

ページトップへ