- BMW
メニュー

BMW X3(F25) 徹底購入ガイド

BMW徹底解説|,

BMW X3(F25)

目次

  1. モデル概要
  2. 前期モデルと後期モデルの違い
  3. ボディサイズ
  4. インテリア
  5. 試乗インプレッション
  6. グレードとエンジン(燃費)
  7. グレードごとの装備差
  8. デザインライン・Mスポーツとの装備差
  9. オプションパッケージ
  10. ボディカラー
  11. 価格・エコカー減税優遇額
  12. ギャラリー(動画・写真)

BMW X3(F25)のモデル概要

X5の成功によって生まれたX3

90年代、BMW社は当時北米を中心に人気だったSUV市場への進出を検討し始めます。また当時、BMW社は英ローバー社を買収(1994年)、SUVの中のSUVと言われたレンジローバーを手に入れていました。ローバー社は巨額の赤字を生み続け2000年には米フォードに売却されてしまうのですが、BMW社はレンジローバーでSUVのノウハウを吸収したと言われています。

ただX5は質実剛健なクロスカントリーモデルではなく、BMWらしい「駆けぬける喜び」を重視した全く新しいコンセプトのSUVでした。BMW社はX5をして「SAV(Sport Activity Vehicle)」、スポーツ走行も楽しめるSUVと呼び販売を開始します。この斬新なSUVは欧州、北米を中心に大ヒットとなり、BMWは2003年にX3(E83)、そして2009年にX1(E84)を登場させます。特にX5のコンセプトを明確に受け継いだX3は、その適度なボディサイズとSAVと標榜されるにふさわしい走行性能で、ユーザーからの大きな支持を得ました。

BMW X3 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

BMW X3(E83)

2011年に2代目X3(F25)が登場

その後2011年に待望のフルモデルチェンジ(F25)。これまで直列6気筒エンジンのみだったパワートレインには、BMWの新しい2リッター直列4気筒DOHC(ガソリン、ディーゼル)が用意されました(2.5L 直列6気筒エンジンは廃止)。もちろんエクステリア、インテリアのデザインや装備内容も先代から大きく進化、さらに2014年にはマイナーチェンジにより装備がさらに充実しています。

本稿ではこの2代目X3について、じっくり詳細まで解説していきます。X3の購入を検討されている方は是非チェックしてみてください。

BMW X3(F25) 前期モデルと後期モデルの比較

2010年秋にデビューした新型X3(F25)も3年半が経過した2014年にフェイスリフト(マイナーチェンジ)が行われました。ここではフェイスリフト前後での違いを紹介します。

x3前後_FR

エクステリア

今回のフェイスリフトで、最も大きな変更点はフロント周りでしょう。ヘッドライトはキドニーグリルとつながったデザインとなりワイド感が大きくアップ。より一層スタイリッシュな外見となりました(なおLEDフォグ・ライトは標準装備に。ただしLEDヘッドライトはオプション)。またフロントバンパーはグリルしたのインテークが横に拡大しています。

それ以外は大きな変更はなく、リアテールランプなどは変更ありませんでした。ただしフロントフェンダーに装着されていたウインカーが、後期型からサイドミラーに格納されることになっています(これによりフロントフェンダーには、クロームメッキ仕上げのアクセントプレートが装着されています)。

BMW X3(F25)

インテリア

インテリアでは、各部にクロームメッキでの加飾とピアノブラックトリムの使用により高級感が更にアップしています。さらにステアリングは、前期型でxDrive 35iに標準装備であった「スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール」が全モデルに標準搭載となっています(M Sportモデルには、Mスポーツ・レザー・ステアリング・ホイールが標準装備)。ちなみにセンターコンソールには、新しいデザインのカップホルダーも採用されました。

BMW X3(F25)

機能パーツ

機能面もパワーアップしていますよ。まず前車に衝突しそうになったり車線を外れそうになると警告してくれる「ドライビングアシスト」、さらに前期モデルではリアビュー、トップビューだけであったカメラが、サイドビューに対応しました(フロントバンパー左右に装備。両方の画像を同時表示してくれる)。さらにiDriveに、手書き入力可能なタッチパッドが新しく採用されています。

BMW X3(F25)のボディサイズ

BMW X3(F25)外観

ミドルサイズとはいえ、大柄なX3

まずボディサイズから解説していきます。BMWのラインナップでは「ミドルサイズSUV」と言われていますが、実車を目の当たりにすると十分大きなクルマと言えます。しかも新型のボディサイズは先代から拡大され(全長が7cm、全幅が2.5cmアップ)、全長4,650mm×全幅1,880mm×全高1,675mmとなりました。

ライバル車種との比較

BMW X3のライバルとなるのは、レクサス NXやアウディQ5、メルセデス・ベンツGLKあたり。全長や全高はどのモデルもほとんど同じですが、全幅はやや大きめとなっています。都心部での購入を検討されている方は、1900mmに近いサイズで持て余さないかどうか、じっくり検討される方がよいでしょう。

BMW X3 Audi Q5 メルセデス・ベンツ GLK レクサスNX
全長 4,665 4,630 4,550 4,630
全幅 1,880 1,900 1,840 1,845
全高 1,675 1,660 1,670 1,645
エンジン

直列4気筒DOHC

直列6気筒DOHC

直列4気筒DOHC V型6気筒DOHC 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 2000〜3000 2000 3500 2000〜2500
最高出力(ps) 184〜306 224 306 152〜238
最大トルク(Nm) 270〜400 350 370 206〜350
JC08燃費(km/L) 12.1〜18.6 12.5 11.7 12.8〜21
価格(万円) 579〜772 627〜735 599 428〜582
BMW X3(F25)ラゲージ

ラゲッジルーム

ラゲッジ容量は550Lで、リアシートを前倒しすると(40:20:40分割で前倒し可)最大で1600Lにまで広がります。ラゲージルーム内にはレールが設置されており、ゴムベルトやフックなどを使用して荷物を固定することもできますよ。

また最近スタンダードになってきた感もある「オートマチックテールゲート」や、両手が荷物でふさがっている時もテールゲート下に足をいれると開閉できる「コンフォートアクセス」などもオプションで用意されています。

※2014年より販売開始された後期モデルより、オートマチックテールゲート、コンフォートアクセスは標準装備化されました。詳細は、下記の装備の項を参照ください。

BMW X1 BMW X3 BMW X5
ラゲージルーム容量(L) 480〜1,350 550〜1,600 620〜1,870
全長(mm) 4,485 4,665 4,910
全幅(mm) 1,800 1,880 1,940
全高(mm) 1,545 1,675 1,760

BMW X3(F25)のインテリア

BMW X3(F25)

高級感が圧倒的にアップ

インテリアの高級感は格段に向上しています。X5、5シリーズと比較しても遜色ないと感じるレベルに仕上がっています。X1とX3は価格差が200万円ほどありますが、これはその差の意味を十分に理解できるものです。また2014年から販売開始れている「後期モデル」では、艶やかな光沢が美しいブラックパネルが採用されており、さらに高級感がアップしています。

後部座席は、先代同様にゆったりとしたスペースが確保されていますが、X1のようなリクライニング設定がないのは少々残念なポイントです。またX1では後部座席の背もたれを垂直固定して、ラゲージルームのパーティションとして使用できますが、X3ではできません。このあたりは是非X3にも採用して欲しかったですね。

BMW X3(F25)の試乗インプレッション

x3f25

滑らかな走行フィーリング

編集部で使用したのは、「X3 xDrive28i」。こちら、先代X3とはかなり乗り味が異なっていました。まず最初に気付いたのが静粛性。先代ではそこそこ走行音を感じていましたが、新型ではかなり静かになっています。静粛性アップと相まって走行フィーリングも滑らかで、乗り心地はかなり快適といえるでしょう。

動力性能もピカ一

さすがBMWという動力性能です。正確な操舵感と、しっかりしたブレーキ、そして先代より抑えられたボディロールのおかげで、BMWらしい気持ち良い走りを楽しめます。これだけ重心が高いモデルで、このフィーリングは貴重だと言えるでしょう。

4気筒ディーゼルにも試乗

ディーゼルエンジンを搭載した「xDrive 20d」にも試乗。試乗して驚いたのは、そのスムーズさ。4500rpmあたりまで軽々と吹けあがっていくのには、少々驚きました。もちろんディーゼルらしい図太いトルクは健在です。ただ一方でディーゼル特有のガラガラ音は、やはり感じました。特に後部座席では、それが少々大きくなったように思います。このあたりは個々人で違いますから、試乗して比べてみることをおすすめします。なにせJC08モード燃費は、リッター18km超と、xDrive 20iの1.5倍ですからね。

BMW X3(F25)のグレードとエンジン

BMW X3(F25)

ガソリンエンジンで3グレード、ディーゼルエンジンで1グレードと、合計4グレードが用意されています。ガソリンエンジンは2リッター直列4気筒が2グレード(20i、28i)、3リッター直列6気筒が1グレード(35i)、ディーゼルエンジンは2リッター直列4気筒が2グレードのみ(20d)となっています。それぞれを解説していきましょう。

2リッター直列4気筒 / ガソリン

xDrive 20i、xDrive28iが用意されています。20iも28iも使用されるエンジンは同じですが、28iはチューニングが入っており最高出力、最大トルク共に120%程度向上しています。20%というと、一見大した差はないように思えます。しかし、X3のように4輪駆動で1900kg近い車両ではこの差は大きく、試乗でその差を実感し20iを購入した…という方も多いようです。

2リッター直列4気筒 / ディーゼル

20dのみ用意されています。ディーゼルの特徴であるトルク型エンジンであり、最大トルクは20iの270Nmから380Nmへ、140%向上しています。燃費も良好で20iが13.4km/Lに対して、20dでは18.6km/Lと150%高くなっています。価格は20iに較べて23万円割高ですが、エコカー減税、ハイオクガソリンと軽油の価格差(20-30円)を考えれば、かなり経済性は高いと言えそうです。

3リッター直列6気筒 / ガソリン

35iが用意されています。BMW伝統の6気筒モデルを採用する唯一のモデルであり、その優雅なエンジンフィーリングの価値は、燃費や価格とは一緒に語れません。ただ価格が732万円と、あと100万円プラスすると同じ6気筒のX5(840万円)が見えてきます。サイズ的に許容できるならX5にするのも良いかもしれません。

エンジン 燃費 最高出力 最大トルク 価格
xDrive 20i 直列4気筒DOHC 13.4 km/L 184ps 270Nm 579万円〜
xDrive 20d 直列4気筒DOHC 18.6 km/L 184ps 380Nm 602万円〜
xDrive 28i 直列4気筒DOHC 13.7 km/L 245ps 350Nm 639万円〜
xDrive 35i 直列6気筒DOHC 12.1 km/L 306ps 400Nm 732万円〜

BMW X3(F25)のグレードごとの装備差

BMW X3(F25)

他のシリーズでもそうですが、BMWではグレードごとの装備差はそれほど大きくありません。X3では35iにアダプティブLEDヘッドライトやネバダレザーシートなどが装備されており豪華ですが、20i、20d、28iの装備差はホイール程度。価格差はあくまでエンジンの差と捉えてもよいでしょう。

xDrive 20i xDrive 20d xDrive 28i xDrive 35i
車両本体価格 ¥5,790,000 ¥6,020,000 ¥6,390,000 ¥7,320,000
アラームシステム
盗難防止アラーム。
¥70,000 ¥70,000 ¥70,000
シフトパドル
ハンドルで、シフトアップ・ダウンができるボタン。
¥19,000 ¥19,000
パフォーマンスコントロール
インテリジェントな4輪駆動システム、xDriveと連動する装備で、エンジンおよびブレーキを制御することで、コーナリング時の走行安定性とハンドリング性能を向上させます。
¥25,000 ¥25,000 ¥25,000
アダプティブLEDヘッドライト
コーナーに差しかかるとヘッドライトの角度を自動制御し、車が曲がる方向を照射。車速に応じて照射範囲や到達距離を調整するバリアブル・ライト・コントロール機能付。また40km/h以下での走行時には、コーナリング・ライトがターン・インジケータと連動して曲がる方向を明るく照らします。
¥145,000
バリアブル・スポーツステアリング
ステアリング・ホイールの操作量にあわせてステアリング・ギヤ・レシオを連続的に変化させることで、常に快適かつ安全なハンドリングをもたらします。
¥30,000 ¥30,000 ¥30,000
ランバーサポート
腰の部分を、張り出し支える自動車のシート。
¥45,000 ¥45,000 ¥45,000
フロントシートヒーティング
運転席、助手席のシートヒーター。
¥57,000 ¥57,000 ¥57,000
ネバダレザーシート
シートヒーティングとのセット価格。
¥315,000 ¥315,000 ¥315,000
17インチ Yスポーク スタイリング305
18インチ Vスポークスタイリング307
19インチ ダブルスポーク・スタイリング309

BMW X3(F25) スタンダード、xLine、Mスポーツの装備差

BMW X3 装備類

グレードでは装備差が少ないX3ですが、デザインライン間では装備の差別化が行われています。ちなみに各デザインラインともにグレードに関係なく一律の価格が設定されています(xLineがスタンダード+23万円、Mスポーツが+21万円)。それぞれ具体的な装備差は以下を参照ください。

エクステリア比較

Standard xLine Mスポーツ
シフトパドル*
スポーツサスペンション
パフォーマンスコントロール
インテリジェントな4輪駆動システム、xDriveと連動する装備で、エンジンおよびブレーキを制御することで、コーナリング時の走行安定性とハンドリング性能を向上させます。
¥25,000 ¥25,000
Mエアロダイナミクス・パッケージ
フロントエプロン、サイドスカート、リアスカート、ワイドホイールアーチ。
BMW Individual ハイグロス・シャドーライン・エクステリア
サイドウインドー・フレームモールディング下、Bピラー、ウインドーガイド(リア)、ミラーベース、ミラーフレーム
ルーフレール サテンアルミニウム 無料
BMW Individual ハイグロス・シャドーライン
エキゾーストテールパイプ クローム
マットクローム
キドニーグリル ブラックバー
マットアルミニウム
サテンアルミウムエクステリア

* xDrive28i、35iには設定なし

ホイール比較

Standard xLine Mスポーツ
17インチ Yスポーク スタイリング305
18インチ スポーク スタイリング307 *1 ¥102,000
スポーク スタイリング607
スタースポーク スタイリング368M
19インチ ダブルスポーク スタイリング309 *2 ¥145,000
Yスポーク スタイリング608 ¥145,000
Mスタースポーク スタイリング622M ¥145,000

*1 xDrive28iはこちらが標準装備

*2 xLineは14.5万円、xDrive28iスタンダードは15.9万円。xDrive28i xLine、xDrive35i xLineは無料。

インテリア比較

Standard xLine Mスポーツ
マルチファンクション スポーツレザーステアリング
3本スポークのステアリング・ホイール。スポークの一部はクローム仕上げとなります。オーディオ・コントロール、ハンズフリー・テレフォン・システム(オプション)などの操作系統を配置。また、ステアリング・ホイールに設置されたシフト・パドルによって、よりスポーティな操作性を実現します。
マルチファンクション Mスポーツレザーステアリング
ドライバーの手に心地よく、しっかりとフィットする、エレガントな本革巻きマルチファンクション M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール(シフト・パドル、M Drive ボタン付)。
BMW Individual アンソラジット・ルーフ・ライニング
屋根の内張りをブラックにしたもの。高級感がアップ。<
ステンレス・スチール製 ラゲッジルーム・シルプレート
シート スポーツシート ¥92,000 ¥92,000
リボンクロスシート
カーヴクロス/レザー・コンビネーション
パールポイント・クロス/レザー・コンビネーション
インテリアトリム サテンシルバーマット
ハイグロスダークコッパー
ブラッシュドアルミ

BMW X3(F25)のオプションパッケージ

いくつかのオプションをパッケージ化することで、割安価格で提供されるのがオプションパッケージです。気に入った装備がある場合はこちらを検討してみるのもよいでしょう。X3では「アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ」、「BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム」という2つのオプションパッケージが用意されています。

パッケージ 内容
アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ
価格:185,000円
ドライビングアシストプラス
停車/発進をくり返す渋滞時の運転負荷を軽減するシステム。先行車との車間距離を測定し、あらかじめ設定された距離を維持して走行します。またストップ&ゴー機能が搭載されており、前方の車が停車すれば停車まで行ってくれます(交通の流れが回復すると自動的に設定した速度まで加速)。なおレーダーを用いた前車接近警告機能とともに、衝突回避・被害軽減ブレーキも搭載されています。
BMWヘッドアップディスプレイ
ナビのルート案内やオーディオ情報などをメーターとフロントウインドーの間にある昇降式スクリーンに投影するシステム。ドライバーの視線の移動を最小限に抑えます。
BMWコネクテッド・ドライブプレミアム
価格:61,000円
BMWドライバーサポートデスク、リモートサービス
オペレーターによるナビ設定やレストラン情報などの検索代行(24時間365日)や、スマホを使ったドアのロック開閉を行えるサービス。
コネクテッドドライブサービス
クルマに居ながらにして、ドライブに役立つ情報を取得したり、さまざまなエンターテインメントを楽しむこともできます。

ボディカラー

全11色のカラーバリエーション

ソリッドカラーが2種類、メタリックカラー(+87,000円)が9種類の合計11色が用意されています。下記にシミューレーション画像を付けましたので、参考にしてみてください。なおディープシーブルー、ミネラルホワイト、ミネラルシルバー、ブラックⅡ、スパークリングブラウンはMスポーツには設定できませんのでご注意ください(ただし、カーボンブラックはMスポーツのみ選択可能)。

BMW X3(F25)ボディカラー
BMW X3(F25)ボディカラー

BMW X3(F25) 価格・エコカー減税優遇額

グレード 車両本体価格 エコカー減税 自動車税 優遇額
取得税 重量税
xDrive 20i スタンダード 5,790,000 約57,900 約30,000 約19,500 約107,400
xLine 6,020,000 約60,200 約30,000 約19,500 約109,700
Mスポーツ 6,230,000 約62,300 約30,000 約19,500 約111,800
xDrive 20d スタンダード 6,020,000 約150,400 約30,000 約29,500 約209,900
xLine 6,250,000 約156,200 約30,000 約29,500 約215,700
Mスポーツ 6,460,000 約161,400 約30,000 約29,500 約220,900
xDrive 28i スタンダード 6,390,000 約63,900 約30,000 約19,500 約113,400
xLine 6,620,000 約66,200 約30,000 約19,500 約115,700
Mスポーツ 6,830,000 約68,300 約30,000 約19,500 約117,800
xDrive 35i スタンダード 7,3200,00 約73,200 約22,500 約25,500 約121,200
xLine 7,520,000 約75,200 約22,500 約25,500 約123,200
Mスポーツ 7,720,000 約77,200 約22,500 約25,500 約125,200

ギャラリー

フォトギャラリー

動画:BMW AG公式動画

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW X3(F25) 徹底購入ガイド 」 に関するページです。

ページトップへ