- BMW
メニュー

BMW Z3(E36/E37/E38) 1996~2003年

BMWの基礎知識|

BMW名車図鑑-Z3

BMW Z3(E36/E37/E38)モデル紹介

BMW Z3は最も手が届きやすいボンドカー

1989年のユーノスロードスター登場をきっかけに、ライトウェイト2シーターオープンカーブームが起きました。その後、世界中の自動車メーカーが、ライトウェイト2シーターオープンカーを販売したのはご存じのとおりです。そのブームの最中、1996年8月にBMW Z3(E36/E37/E38)は日本に導入されます。BMW Z3は導入される以前にティザーキャンペーンの一環として、1995年に公開された映画007「ゴールデンアイ」に主人公ジェームス・ボンドの愛車として登場しました。それまでジェームス・ボンドの愛車はアストンマーチンやロータスといった高額なクルマが登場していましたが、BMW Z3は最も身近で、手の届くボンドカーと言えるのではないでしょうか。

BMW Z3(E36/E37/E38)のスペック

BMW-Z3のスペック

当初は1.9L直4エンジンのみだったが、多彩なエンジンラインアップを誇る

BMW Z3(E36/E37/E38)は1996年8月のデビュー当時は全長4035mm×全幅1690mm×全高1275mmで全幅が1700mm以下の5ナンバーサイズのナローボディだけの設定でした。エンジンは最高出力140ps、最大トルク18.3kg-mを発生する1.9L直列4気筒DOHCを搭載し、ミッションは5速MTのみ。ソフトトップの開閉も手動式でした。1998年1月に最高出力193ps、最大トルク28.5kg-mを発生する2.8L直列6気筒DOHCエンジンを搭載するZ3 2.8iが登場します。こちらのミッションは4速ATのみですが、ボディサイズはエンジンパワーの出力向上に合わせて、全長4035mm×全幅1740mm×全高1280mmのワイドボディを採用し、ソフトトップも電動開閉式となります。その後、1999年7月に行われたマイナーチェンジで1.9L直列4気筒DOHCエンジンが廃止され、最高出力150ps、最大トルク19.4kg-mを発生する2L直列6気筒DOHCエンジン、そして最高出力170ps、最大トルク21.4kg-mを発生する2.2L直列6気筒DOHCエンジン、さらに最高出力231ps、最大トルク30.6kg-mを発生する3L直列6気筒DOHCエンジンの3種類のエンジンが追加されました。2Lと2.2Lエンジンには5速MTと4速AT。3Lエンジンには5速ATが組み合わされます。2001年10月にモデルの統廃合を行い、Z3ロードスター2.2iとZ3ロードスター3.0iの2種類が2003年12月まで販売されました。また、Z3はオープンカーだけでなく、Z3 2.8iをベースとしたクーペも1998年10月に登場しています。デビュー時は2.8L直列6気筒DOHCエンジンを搭載していましたが、マイナーチェンジで3L直列6気筒DOHCエンジンに換装されました。Z3クーペは多彩なグレードを誇るロードスターと比べると、グレードは2.8iと3.0iの2種類というシンプルなグレード構成となっています。

BMW Z3(E36/E37/E38)の特徴

BMW-Z3の特徴

走りは軽快なだけでなくBMWらしいグランツーリングカー

BMW Z3(E36/E37/E38)はモデルコードのE36からおわかりのとおり、プラットフォームはBMW3シリーズコンパクトを流用しています。先ほどのスペックでも触れましたが、エンジン種類は1.9L直列4気筒DOHCから3L直列6気筒DOHCと豊富で、これらのエンジンをフロントに搭載し、駆動方式はFR(後輪駆動)を採用しています。デビュー当初はライトウェイトオープンカー路線でしたが、途中からはライトウェイトと同時に2シーターラグジュアリーオープンカーという異なる提案も行っています。Z3の走りはライトウェイトという軽くヒラヒラと走る。という感覚ではなく、BMWらしく路面を捉えて走行するグランドツーリング的な色合いが強いものでした。だからこそ、小排気量のエンジンではミッションをMTとATの2種類を用意し、軽量化を目指して手動式のソフトトップを採用しています。一方の大排気量エンジンはATのみで電動開閉式のソフトトップを採用しています。これはZ3がBMWの歴史の中で初めてアメリカの工場で生産されたモデルというのも影響しているのかもしれません。

BMWの歴史の中でのZ3の位置づけ

戦前の2シーターオープンカー、BMW-328

数十年振りに2シーターオープンカーのカタログモデル

Z3(E36/E37/E38)以前のBMWの2シーターオープンカーというと、1989年に登場した限定車のBMW Z1を除くと第二次世界大戦前のBMW328まで遡ることになります。BMW328はそのエレガントなスタイリングで成功したスポーツカーでした。まさにZ3はBMWファンにとって待望の2シータースポーツカーでした。しかし、わずかに生産されたのは1世代のみで、Z4へと進化しています。Z3は短いモデルライフでしたが、数十年振りにBMWが発売した2シーターオープンカーとして歴史に名を刻んでいます。

BMW Z3 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW Z3(E36/E37/E38) 1996~2003年 」 に関するページです。

ページトップへ