メニュー

ベーシックモデル編:ローバーミニの基礎知識

ローバーミニガイド|

クラシックミニ時代のクラブマン

手はかかるが、愛好家が多いクラシック・ミニ

1959年から2000年にかけて生産されたクラシック・ミニ(ローバーミニ)には今でも世界各地に愛好家がおり、日本各地に専門店があります。現行ミニよりさらにコンパクトでレトロなデザインが人気で、女性からも評判がいいのが特徴です。ただ、クラシック・ミニは現代の車のように気軽に乗ることができる車ではありません。部品供給はカスタムパーツも含め安定していますが、最新でも2000年のモデルになるため、現行のミニに比べるとトラブルが多いのは覚悟する必要があります(日本では新車登録から13年を経過した車両は自動車税が10%ほど高くなります)。

また一部の古いモデルは発電機が貧弱なのでエアコンやオーディオの取り付けもオススメできません。少々のトラブルといくつかの我慢、現行車より少し高い維持費がかかるのを覚悟し、「それでもまだ乗りたい」という人にだけにクラシック・ミニをオススメします。ただし、クラシック・ミニは40年以上の歴史を持ち、排気量やグレードにさまざまな違いがあります。そこで、この記事ではクラシック・ミニ入門として、1959~2000年のミニの進化の歴史をエンジンの変遷中心に紹介します。わかりやすくクラシック・ミニを紹介するため、記事は便宜上ベーシックモデルとクーパーシリーズの2本に分けて執筆しています。

ローバーミニ中古車検索(掲載数国内最大級! クラシックミニが700台以上)

人気の90年代インジェクションモデル最終型からヴィンテージのミニまでの全国の中古車在庫を検索できますよ。

メニュー

1. 1959~1967年:Mk-1(マークワン)

非力だけれど軽量コンパクト、高燃費なミニ。Mark 1。

スペック

  • 通称:Mk-1
  • 年式:1959~1967
  • 排気量:848㏄
  • 最大出力:34ps/5500rpm
  • 最大トルク:6.08kg-m/2900rpm
  • 車両重量:600㎏

* Photo by DeFacto

非力だけれど軽量コンパクト、高燃費なミニ

1959年に登場した初代ミニはイギリス最大の自動車メーカーBMC(British Motor Corporation)の傘下にあったオースチンとモーリスの2社で販売され、オースチン・セブンとモーリス・ミニ・マイナーの2つの名前で販売されました。どちらもエンブレムなど一部を除けば同じ仕様で、848㏄のエンジンが採用されています。初代モデルの最高出力は34ps/5500rpm、最大トルクは6.08kg-m/2900rpmと現代の車と比較すれば大変非力ですが、車両重量は600㎏しかありません。現在の軽自動車と数字を比較すると最高出力、最大トルクともに約半分ですが、重量は2/3ほどしかないのです。

ミニは中東の石油危機で燃料が高騰したのを機に開発された車なので、50年以上前の車なのに燃費は現代のミニと比較しても遜色ありません。車体の整備状態、コンディションによりますが、実際の燃費は10~15km/Lほどの数字となっています。なお、848㏄の初代エンジンを搭載した車はMk-1(マークワン)と呼ばれています。

2. 1967~1976年:Mk-2、Mk-3(マークツー、マークスリー)

38ps/5250rpm、7.2 kg-m/2700rpmのエンジンを積んだMark3。

スペック

  • 通称:Mk-2(Mk-3も初期モデルはほぼ同スペック)
  • 年式:Mk-2 1967~1969、Mk-3 1969〜1976年
  • 排気量:998㏄
  • 最大出力:38ps/5250rpm
  • 最大トルク:7.2 kg-m/2700rpm
  • 車両重量:620㎏

* Photo by Lokal_Profil

998㏄のMk-2エンジンの登場

クラシック・ミニのエンジンは1967年に998㏄化され、新エンジンを搭載したモデルはモデル名称の後にMk-2(マーク2)の名が付くようになりました。Mk-2エンジンは38ps/5250rpm、7.2 kg-m/2700rpmとなりました。ただし、Mk-2エンジンは上級モデル(ミニ・スーパー・デラックス・サルーン)のみに搭載し、ベーシックモデル(ミニ・サルーン)には従来の848㏄エンジンが搭載されていました。なお、この時代のミニはAT(現代のオートマとは操作が違います)がオプションで選択できるようになっています。正確にはMk-2エンジンの登場前、1965年からATモデルが設定されています。

70、80年代のエンジンに大きな変化は無い

Mk-2が登場してわずか2年後にミニはモデルチェンジし、以降のモデルはMk-3(マーク3)と呼ばれています。モデルチェンジを受けたと言っても、エンジンのラインナップはそれまで通り848㏄と998㏄の二本立てで、エンジン内部も圧縮比や変速比がわずかに変わった程度です。1970年代に入るとドライブシャフトや発電機(従来のダイナモからオルタネーターへ)などが変更されます。

エンジンは圧縮比の変更などで少しずつ性能は伸びていきますが大きな変化はありません。エンジン以外の特筆すべき変更点だと、1984年から12インチホイール採用され始め(従来は10インチホイール)、ホイール径が大きくなったことでディスクブレーキの採用が可能になったことでしょうか。なお、日本へのミニの正規の輸入は1976年から1984年まで停止されていました。この間に輸入されていたモデルは並行輸入モデルになります。

なお、Mk-3などのクラシック・ミニを表す名前はシャシーやエンジン種別などマイナーチェンジが行われた時期で区切られています。マニアの間ではMk-3(1969~1976年)以降もMk-4(1976~1983年)、Mk-5(1984~1989年)、Mk-6(1990~1996)、Mk-7(1997~2000)とされています。Mk-4以降の名称についてはあまり一般的ではなく、また海外と日本ではニューモデルの導入時期が違うため、人によって各名称が指す期間が違うことがあります。

3. 1992~2000年:インジェクションミニ

1992年、インジェクションモデルの登場。

スペック

  • 通称:インジェクションミニ
  • 年式:1992~2000
  • 排気量:1271㏄
  • 最大出力:53ps/5000rpm
  • 最大トルク:9.3 kg-m/2600rpm
  • 車両重量:710㎏

1992年、インジェクションモデルの登場

1984年にオースチン・ローバー・ジャパン(後のローバー・ジャパン)がミニの正規輸入を再開したことで、日本でのミニ人気に火が付き始めます。ローバー時代のミニの最大のターニングポイントは1992年のインジェクション(燃料の電子制御)採用の1271㏄モデルの登場でしょう。ヨーロッパでの環境規制の強化に備えてモデルチェンジされた新エンジンは53ps/5000rpm、9.3 kg-m/2600rpmと従来の1Lエンジンと比べて大幅にエンジン性能が向上しています。このエンジン性能は現代の軽自動車と比べると見劣りする数値ですが、車両重量が710㎏(1959年の初代ミニは600㎏、現代の軽自動車は1000㎏前後)しかありません。

先代の1Lエンジンについて補足しておくと、Mk-2エンジン初期の998㏄エンジンは38ps/5250rpm、7.2 kg-m/2700rpmでしたが、インジェクション登場前の999㏄エンジンは46ps/5250rpm、6.8 kg-m/2700rpmと性能はMk-2時代より向上しており、1Lエンジンが60年代半ばから進化していなかったわけではありません。

なお、インジェクション仕様のミニは1992年~1996年までの前期と、前期モデルの問題点が改善され、エアバッグが搭載された1997年~2000年までの後期モデルに分けることができます。一般的には後期モデルが安心とされていますが、後期モデルはコストダウンが行われドアなどに錆びが出やすいという声もあります。すでに生産中止になっているローバーミニですが部品供給に問題はなく、それどころかカスタムパーツも豊富に揃っています。信頼できる販売店さえ見つけ、マメな整備を怠らなければ、末永く付き合っていくことができるでしょう。なお、ローバーミニはAT車のラインナップもありますが、90年代以降のモデルを除くと中古市場で流通しているモデルの多くはMT車です。

次のページでは「クーパーモデル」について解説します。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「ベーシックモデル編:ローバーミニの基礎知識 」 に関するページです。

ページトップへ