- BMW
メニュー

BMW X5(F15) 徹底購入ガイド

BMW徹底解説|,

BMW X5(F15)

目次

  1. モデル概要
  2. 先代モデル(E70)との比較
  3. ボディサイズ
  4. インテリア
  5. 試乗インプレッション
  6. グレードとエンジン(燃費)
  7. グレードごとの装備差
  8. デザインライン・Mスポーツとの装備差
  9. オプションパッケージ
  10. ボディカラー
  11. 価格・エコカー減税優遇額
  12. ギャラリー(動画・写真)

モデル概要

レンジローバー向けの開発車両から生まれたBMW X

90年代、BMW社は当時北米を中心に人気だったSUV市場への進出を検討し始めます。また当時、BMW社は英ローバー社を買収(1994年)、SUVの中のSUVと言われたレンジローバーを手に入れていました。ローバー社は巨額の赤字を生み続け2000年には米フォードに売却されてしまうのですが、BMW社はレンジローバーでSUVのノウハウを吸収したと言われています。

ただX5は質実剛健なクロスカントリーモデルではなく、BMWらしい「駆けぬける喜び」を重視した全く新しいコンセプトのSUVでした。BMW社はX5をして「SAV(Sport Activity Vehicle)」、スポーツ走行も楽しめるSUVと呼び販売を開始します。この斬新なSUVは欧州、北米を中心に大ヒットとなり、BMWは2003年にX3(E83)、そして2009年にX1(E84)を登場させます。特にX5は2013年までに130万台以上が販売されるいたり、今やBMWのトップセールスモデルの1つへと成長しました。

BMW X5 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

先代BMW X5(E70)との比較

BMW X5(F15)

これまでBMWラインナップでもトップセールに近い販売台数を記録してきたX5。BMW社としても非常に重要なポジションを占めるモデルだけに、3代目のフルモデルチェンジは慎重な市場調査のもとに行われたといいます。そして登場した3代目X5(F15)は、2代目からデザイン的な大変化はほとんどありませんでした。それよりも内容面、エンジンなど機械面での成熟化、そして2代目登場以来、劇的に進化したテクノロジーを惜しげなく搭載したフルモデルチェンジであったと言えるでしょう。

これについて、X5の開発責任者であるニルス氏はこう語っています。

「BMW X5は、すでに完成形に近いモデル。細かく市場調査を行いましたが、ユーザーも大きな変化を望んではいませんでした。そのため我々は、洗礼をテーマに開発に取り組んだのです」

比べるとはっきり理解できる。"洗礼"の意味

パッと見た印象はあまり変化のない新型X5ですが、上の写真をじっくり見てみるとニルス氏のコメントの意味がよくわかります。エクステリアでは一層複雑になったメタルワークのおかげで、見る角度によってさまざまな表情を見せてくれます。またインテリアも新旧で違いは明らか。Xシリーズの頂点にふさわしいエレガントでゴージャスな仕上がりとなっているのがわかります。なお今回のデザインは、BMWドイツ本社に在籍している日本人デザイナー永島穣二氏が担当しているのも注目です。

一方機械的な成熟…つまりパワートレインはどうでしょう。エンジンバリエーション自体は、先代同様3リッター直列6気筒のガソリン、ディーゼル、そして4.4リッターV8をラインアップしています。そのどれもがパワー、燃費ともに向上していますが、特筆すべきはディーゼル(35d)。下にあるインプレッションを参照いただければと思います、素晴らしい完成度に仕上がっています。

テクノロジー面は言わずもがな。前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキといった安全機能をはじめ、車載の通信モジュールを利用し、乗員の安全と車両の状態を見守るBMW SOSコールやテレサービス、指による文字入力など使い勝手が大きく向上したiDrive等、大きく進化しています。

BMW X5(F15) ボディサイズ

x5ボディサイズ

ボディサイズはかなり大きいが…

全長4910mm、全幅1940mm、全高1760mmと、かなり大柄なX5(先代E70比較:全長で+50mm、全幅+5mm、全高-15mm)。このサイズは都市部での利用には「最適」とはいえず、オーナーの駐車環境次第では選びづらいモデルと言えるでしょう。

ライバル車種との比較

X5のライバルとしてよく挙がるのは「レンジローバー・スポーツ」、メルセデスベンツ「Mクラス」、ポルシェ「カイエン」、アウディ「Q7」あたりでしょうか。どれも大型SUVで、X5とボディサイズはほとんど変わりません(Audi Q7が、5mオーバーとかなり大きいですが)。

BMW X5(F15) レンジローバー スポーツ メルセデス・ベンツ Mクラス ポルシェ カイエン Audi Q7
全長 4,910 4,855 4,810 4,855 5,090
全幅 1,940 1,985 1,925 1,940 1,985
全高 1,760 1,800 1,795 1,710 1,740
エンジン
  • 直列6気筒 DOHC
  • V型8気筒 DOHC
V型6気筒 DOHC V型6気筒 DOHC V型6気筒 DOHC V型6気筒 DOHC
排気量(cc) 3000〜4400 3000〜5000 3000〜3500 3600 3000
最高出力(ps) 258〜450 340〜510 258〜306 300 272
最大トルク(Nm) 570〜670 450〜625 370〜620 400 400
JC08燃費(km/L) 8.6〜13.8 7.3〜8.4 12.5 7.4 6.7〜8.6
価格(万円) 842〜1248 821〜1321.4 781.7〜848.5 859.1〜1720 785〜876.6
BMW X5(F15)ラゲッジルーム

ラゲッジルーム

容量は先代から30L拡大、620L(X3より70Lプラス)となり実用性は、さらにアップしています。もちろんリアシートは40:20:40で分割前倒し可能ですから、最大容量は1870Lにまで拡大できます(先代プラス120L)。なおゴルフバッグは、シートを倒した状態で最大3つまで積載可能です(トノカバー/目隠しカバーを外すと4つも可能)。

BMW X1 BMW X3 BMW X4 BMW X5 BMW X6
ラゲージルーム容量(L) 480〜1350 550〜1600 500〜1400 650〜1870 580〜1525

BMW X5(F15) インテリア

BMW X5(F15)

先代からさらにディティールアップした豪華仕様

上述しましたが、新型となってディティールの質感が大きくアップしています。写真で見比べれば、その違いは歴然。特にインパネ部分が顕著ですが、新型は複数の面を重ねて室内に奥行きを表現する「レイヤリング」という新しい手法を採用、モダンでエレガントな雰囲気を実現しています(上写真参照)。

テクノロジー面では安全装備(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、レーン・ディパーチャー・ウォーニング*1など)、また渋滞や高速道路の移動を楽にしてくれるアクティブクルーズコントロール*2、指による文字入力に対応した最新型iDriveなどが採用されています。装備全体を見わす限り、BMWの最先端テクノロジーのほとんどをX5では体験できるといえるでしょう(オプション含む)。

  • *1:前方の監視を行い車線の逸脱をドライバーに警告する。
  • *2:先行車との車間距離を測定し、あらかじめ設定された距離を維持。レーダーを用いた前車接近警告機能とともに、衝突回避・被害軽減ブレーキも搭載されています。ストップ&ゴー機能は停止に至るまで自動的に速度を制御するだけではなく、交通の流れが回復すれば設定された速度まで再び自動的に加速します。
BMW X5(F15)

BMW X5(F15) 試乗インプレッション

BMW X5(F15)

進化したディーゼルの出来はピカイチ!!

試乗車はX5 xDrive35d。直列6気筒ターボ、ディーゼルエンジンです。各メディアでも大きく進化したと好評のディーゼルですが、実際乗って見て納得しました。まず驚いたのが、静粛性と振動。こちらは「もはやガソリン車と比較する必要もないのでは?」と思うほどスムーズ。ネガな部分は、ほとんどないと思っていいでしょう。

さてフィーリングですが、低回転から強烈なパワーを発揮するのは先代どおりですが、4000rpmからレッドゾーン(5400rpm)まで軽やかに吹け上がってくれます。BMWらしいシャープな操舵感や、高いボディ剛性と相まって、実に気持ちよく走ることが出来ます。このディーゼルらしからぬフィーリングは、昔のディーゼルを知っている人はもちろん、先代X5オーナーも驚くに違いありません。

ちなみに数値面では、新型となって最高出力は245psから258psへ、最大トルクは540Nmから560Nmへとパワーアップしています。なお燃費はJC08で、13.8km/Lと先代より25%程度向上しているというのだから素晴らしいという他ない。

この他特筆すべきポイントとしては、アクティブ・ステアリングの進化。低速時のハンドルの軽さは先代とは明らかに違います。切り返す局面が多いであろうX5には、嬉しい進化の一つといえるでしょう。

BMW X5(F15) グレードとエンジン

BMW X5 xDrive 35d クリーンディーゼルエンジン

ガソリン2種類(直列6気筒、V型8気筒)、ディーゼル(直列6気筒)の3種類が用意されています。それではそれぞれ解説していきましょう。

3リッター直列6気筒 / ガソリン・ディーゼル

最高出力306ps、最大トルク400Nm、燃費10.3km/Lのガソリンエンジン、最高出力258ps、最大トルク560Nm、燃費14km/Lのディーゼルエンジンがラインアップされています。ガソリン車の出力も魅力ですが、エンジンの完成度としては新型ディーゼルの出来が素晴らしく、ガソリンと決めている方も是非試乗だけはしてみて欲しいと思います。

4.4リッターV型8気筒 / ガソリン

最高出力450ps、最大トルク650Nm、燃費8.4km/Lのガソリンエンジンです。強烈なパワーは魅力ですが、価格も大幅にアップ、+250万円で1000万円オーバーとなっています(しかも35d、35iはエコカー減税対象ですが、50iはエコカー減税対象ではありません)。

エンジン 燃費 最高出力 最大トルク 価格
xDrive 35d 直列6気筒DOHC ガソリン 14.0 km/L 258ps 560Nm 842万円〜
xDrive 35i 直列6気筒DOHC ディーゼル 10.3 km/L 306ps 400Nm 843万円〜
xDrive 50i V型8気筒DOHC ガソリン 8.6 km/L 450ps 650Nm 1124万円〜

BMW X5(F15) グレードごとの装備差

BMW X5(F15)

他のシリーズでもそうですが、BMWではグレードごとの装備差はそれほど大きくありません。X5ではxDrive 50iの装備が多少豪華…という程度です。価格差は、あくまでエンジンの差と捉えてよいでしょう。

xDrive 35d xDrive 35i xDrive 50i
メタリックペイント ¥93,000 ¥93,000
ホイール 18インチ ダブルスポーク スタイリング446
19インチ Vスポーク スタイリング450
フトクローズドア
フロント&リヤのドアを閉める際に電動でゆっくりと閉まる。
¥96,000 ¥96,000
BMWヘッドアップディスプレイ
現在の車速やナビゲーション・システムによるルート案内の矢印表示など、さまざまな情報をフロント・ウインドーに投影することで、ドライバーの視界内に表示します。
¥207,000 ¥207,000

BMW X5(F15) スタンダード、xLine、Mスポーツの装備差

BMW X5(F15)

グレードでは装備差が少ないX5ですが、デザインライン間では装備の差別化が行われています。ちなみに各デザインラインともにグレードに関係なく一律の価格が設定されています(xLineがスタンダード+23万円、Mスポーツが+36万円)。それぞれ具体的な装備差は以下を参照ください。

エクステリア

SE スタンダード xLine Mスポーツ
Mエアロダイナミクス・パッケージ
フロントエプロン、サイドスカート、リアスカート、ワイドホイールアーチ。
ルーフレール ブラック
サテンアルミニウム ¥26,000 ¥26,000
BMW Individual ハイグロスシャドーライン ¥26,000 ¥26,000
サイドウィンドー、フレーム、モールディング BMW Individual アルミニウムライン ¥77,000 ¥77,000
BMW Individual ハイグロスシャドーライン ¥77,000 ¥77,000
ホイール 19インチ スタースポーク スタイリング449
19インチ Mダブルスポーク スタイリング467M
  • 35d/35iのみ
20インチ Mダブルスポーク スタイリング469M
  • 50iのみ

インテリア

SE スタンダード xLine Mスポーツ
ステアリングホイール
マルチファンクション・スポーツ・レザーステアリング(シフトパドル付)
電子油圧制御式8速スポーツオートマチックトランスミッションとの組み合せでのみ設定可能。
¥43,000 ¥43,000
マルチファンクション・Mスポーツ・レザーステアリング(シフトパドル付)
リアサイド・ウインドーローラー・ブラインド(手動) ¥38,000 ¥38,000
シート
フロントコンフォートシート
バックレスト上部角度、バックレスト幅、サイサポート電動調節機能、アクティブヘッドレスト、コンフォートヘッドレスト、ランバーサポート付。
¥180,000
  • ¥97,000
  • 50iは標準
¥41,000
スポーツシート
運転席&助手席。
¥98,000 ¥98,000 ¥41,000
リアシートヒーティング
フロントセンターコンソールボックス内およびフロントセンターコンソール後端(1個)の12V電源ソケットが含まれています。
¥62,000
  • ¥62,00
  • 50iは標準
ランバーサポート
運転席&助手席、電動調節式
¥56,000
  • ¥56,000
  • 50iは設定なし
リア・コンフォートシート ¥62,000 ¥62,000
BMW Individual アンソラジット・ルーフ・ライニング ¥67,000 ¥67,000
インテリアトリム ダークオキサイド・シルバーマットトリム
ポプラウッドトリム
  • 35d/35iのみ
アルミニウムヘキサゴントリム
アメリカンオークウッドトリム
  • 50iのみ
12V電源ソケット
フロントセンターコンソールボックス1個、フロントセンターコンソール後端2個
¥40,000 * ¥40,000 *

*12V電源ソケット単品販売はなく、ストレージコンパートメントパッケージの購入が必要となります。ストレージコンパートメントパッケージには、パーセルレール、ラゲージエリアネット、ラゲージエリアストラップ、ラゲージラック、サングラスホルダーが付属します。

BMW X5(F15) オプションパッケージ

いくつかのオプションをパッケージ化することで、割安価格で提供されるのがオプションパッケージです。気に入った装備がある場合はこちらを検討してみるのもよいでしょう。X5では「セレクトパッケージ」、「コンフォートパッケージ」、「BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム」という3つのオプションパッケージが用意されています。

パッケージ 内容
セレクトパッケージ
価格:329,000円
電動パノラマ・ガラスサンルーフ
簡単な操作で新鮮な空気を取り入れ、車内を換気することができる。スイッチ操作によって、スライドさせたり、チルト・アップさせることができる。ウインドー、サンルーフを車外からリモート・コントロール・キーで開閉できるコンフォート・オープン/クローズ機能付。
リアシートヒーティング
12V電源ソケット
フロントセンターコンソールボックス1個、フロントセンターコンソール後端2個。
ソフトクローズドア
フロント&リヤのドアを閉める際に電動でゆっくりと閉まる。
ランバーサポート
運転席&助手席、電動調節式。
コンフォートパッケージ
価格:267,000円(Mスポーツは216,000円)
フロントコンフォートシート
バックレスト上部角度、バックレスト幅、サイサポート電動調節機能、アクティブヘッドレスト、コンフォートヘッドレスト、ランバーサポート付。
フロントベンチレーションシート
座面とバックレストのベンチレーターがシート表面に開けられた微笑な穴から送風してくれる。
リアコンフォートシート
電動リヤ・シート(左右)。シート・クッション前後、角度、バックレスト角度、バックレスト上部角度、ヘッドレスト高さ、ランバー・サポート調節機能付。コンフォート・ヘッドレストは電動で位置を調節できるほか、パッドをマニュアルで前方に引き出すことにより、頭部のホールド性が向上する。
4ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナー
前後左右独立調節式のエア・コンディショナー。後部座席の空調を個別にコントロールすることができる。
BMWコネクテッド・ドライブプレミアム
価格:61,000円
BMWドライバーサポートデスク、リモートサービス
オペレーターによるナビ設定やレストラン情報などの検索代行(24時間365日)や、スマホを使ったドアのロック開閉を行えるサービス。
コネクテッドドライブサービス
クルマに居ながらにして、ドライブに役立つ情報を取得したり、さまざまなエンターテインメントを楽しむこともできます。

BMW X5(F15) ボディカラー

全11色のカラーバリエーション

ソリッドカラーが2種類、メタリックカラー(+93,000円)が9種類の合計11色が用意されています。下記にシミューレーション画像を付けましたので、参考にしてみてください。なおカーボンブラックはMスポーツのみ選択可能となっていますのでご注意ください。

BMW X5(F15)
BMW X5(F15)

価格・エコカー減税優遇額

グレード 本体価格 エコカー減税 自動車税 優遇額
取得税 重量税
xDrive 35d SE ¥8,420,000 約210,400 約37,500 約38,000 約285,900
スタンダード ¥8,650,000 約216,200 約37,500 約38,000 約291,700
xLine ¥9,100,000 約227,400 約37,500 約38,000 約302,900
Mスポーツ ¥9,260,000 約231,400 約37,500 約38,000 約306,900
xDrive 35i スタンダード ¥8,430,000 約84,300 約28,200 約25,500 約138,000
xLine ¥8,880,000 約88,800 約28,200 約25,500 約142,500
Mスポーツ ¥9,040,000 約90,400 約28,200 約25,500 約144,100
xDrive 50i スタンダード ¥11,240,000
xLine ¥12,190,000
Mスポーツ ¥12,430,000

BMW X5(F15) ギャラリー

フォトギャラリー

動画:BMW AG公式動画

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW X5(F15) 徹底購入ガイド 」 に関するページです。

ページトップへ