メニュー

MINIのロールスロイス!? バンデンプラス・プリンセス1300

プロが手がけたミニ|

1995年登録バンデンプラス・プリンセス1300

ローバーミニ中古車検索(掲載数国内最大級! クラシックミニが700台以上)

人気の90年代インジェクションモデル最終型からヴィンテージのミニまでの全国の中古車在庫を検索できますよ。

モデル紹介

1995年登録バンデンプラス・プリンセス1300

今回はクラシックミニを見慣れた人でも「何の車?」と思うような車両を紹介しよう。この車はミニではなく、ミニの親戚のような車だ。ただ、熱狂的なクラシックミニファンなら「バンデンプラス」の名前は聞いたことがあるだろう。バンデンプラス・プリンセス(以下、バンデンプラス)を開発したバンデンプラス社はベルギー生まれの企業だった。ロールスロイスやベントレーなどの高級車のボディ製作を手掛ける名門企業だったが、イギリス国内の自動車産業の統合の流れの中、ミニを販売していたオースチンに吸収されることとなった。やがてオースチンもイギリス国内の他メーカーと統合され、BMC(British Motor Corporation)になるのだが、BMCの元でミニやバンデンプラスが開発されることとなった。

バンデンプラスを開発したのはミニの生みの親として有名なアレック・イシゴニスで、ミニで成功した基本設計がバンデンプラスにも受け継がれている。ワイドトレッド・ロングホイールベースの車体設計やFF(前輪駆動)で横置きレイアウトのエンジンなどはミニと共通となっている。ミニは開発の際にADO15(Austin Drawing Office Project No.15の略称)と呼ばれていたが、バンデンプラスはADO16となっており、ミニとの深い関連性がここからもうかがえる(ADO16は開発コード。バンデンプラス以外にもADO16がベースとなった車は存在する)。

当時のミニは手頃な価格で庶民にも手が届く大衆車だったが、バンデンプラスは高級車に位置づけられており、そのためエクステリアやインテリアは高級感が溢れる仕様となっている。見た目からはミニとの関連性は見つけられない。フロントマスクはコンパクトなロールスロイスを思わせるデザインで、実際にロースロイスを所有するファミリーのセカンドカーのような位置づけで愛用されていた。初期のバンデンプラスは1100cc(Mk-Ⅰと呼ばれていた)だったが、1967年のマイナーチェンジ後に排気量が1300㏄へと拡大され、以後Mk-Ⅱ、Mk-Ⅲへと続き、1974年まで生産された。

排気量:1300㏄ 4速AT車。取材協力:ワラシナカーズ(静岡県焼津市)。

ショップのこだわり

  • ワラシナカーズ
  • ワラシナカーズ 藁科さん

    完全オリジナルではありませんが、整備を受けて”ランニングコンディション”に

生産台数が限られるモデルのため、部品供給が厳しいパーツもあります。そのため、当店に入荷する前にヒーターは他車種のパーツを流用して整備が行われています。ボディパーツや灯火類などエクステリアはオリジナルが保たれているので安心してください。エンジンなどは整備を続ければ今後もコンディションを保つことは可能ですが、ボディパーツやホイールキャップなど、入手困難なパーツもありますから、次のオーナーさんには大事に乗っていただきたいですね。

公式ウェブサイト:ワラシナカーズ

チェックポイント

1995年登録バンデンプラス・プリンセス1300 ウォールナットのダッシュボード
ウォールナットのダッシュボード
磨きこめばいつまでも美しさが続くウォールナットのダッシュボード。60、70年代のレトロなデザインがたまらない。
1995年登録バンデンプラス・プリンセス1300 レザーシート
職人の手による手縫いレザーシート
大量生産品ではない手縫いのレザーシート。年式相応のヤレはあるが、ヴィンテージ感を演出してくれている。
1995年登録バンデンプラス・プリンセス1300
後部座席にはピクニックテーブルを装備
ベビーロールスと呼ばれる高級車だったため、後部座席にはピクニックテーブルが用意されている。コンパクトなボディだが乗車する人への気遣いが溢れている車。
1995年登録バンデンプラス・プリンセス1300
AT採用モデル
現代の至れり尽くせりのATではないが、非常に構造がシンプルなATが採用されている。トラブルの際は現在でも修理が可能。
1995年登録バンデンプラス・プリンセス1300
クラシックなデザインのホイールキャップ
センターにはバンデンプラス・プリンセスの “P” のロゴが刻まれている。代換品の入手は困難なので大事に維持して欲しいパーツだ。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「MINIのロールスロイス!? バンデンプラス・プリンセス1300 」 に関するページです。

ページトップへ