メニュー

アップルとBMWの電気自動車プロジェクト、その後のまとめ

自動車ニュース|,

apple

今年1月に報道され、一躍注目を集めているのが米アップル製EV(コードネームはタイタン)開発の噂。アップルは元フォードのデザイン副社長、テスラやバッテリーメーカーのA123システムズから大量のエンジニアを引き抜くなど積極的な投資に打って出ています。その後、この手の報道は途切れていましたが先月になっていくつか情報が出てきました。そこで本稿では、ここ最近の報道をまとめて整理してみましたよ。

米アップルとBMWの交渉

BMWI i3。観音開きのドア。

アップル社はBMW i3に強い興味

アップルカーを開発すると一言で言っても、アップルは量産工場も販売網も持っていませんから、どこかの自動車会社とタッグを組む必要があります。そんなアップルが興味を持っているのがBMW社で、実は2014年秋から両社の交渉は始まっていました。米アップルのCEOティム・クック氏は、独ライプチヒにあるBMWの工場にてBMW幹部とミーティングを重ね、特にBMW i3の炭素繊維製ボディに高い関心を寄せたといわれています。

BMW社は単なるサプライヤーになるのを嫌気

ただ残念ながら、アップルとBMWの交渉ははっきりとした結論を得ないままに終了したようです(7月31日、ロイター通信より)。報道によれば、アップル社は自前で自動車開発を行いたい一方、BMW社は単なるサプライヤーになってしまうことを警戒した結果とされています。ロイターでは決裂したわけではなく、今後交渉再開の可能性もあるとしていますが…そう簡単ではないようです。

cruiger

BMW CEO ハラルド・クルーガー氏

i3幹部の移籍、CEO交代も向かい風に

というのも、交渉が行き詰まっているのはBMWの警戒感だけが問題でもないようなのです。BMWは昨年12月にBMW i3の開発担当取締役だったヘルベルト・ディース氏がフォルクスワーゲンに移籍してしまいました。また今年5月にはハラルド・クルーガー氏が新しくCEOに就任。当面は本業に専念するとみられています(ただしハラルド・クルーガー氏は、独新聞紙へのインタビューでシリコンバレー系のIT企業との連携の重要性を強調する発言もしています。期待ゼロ…というわけでもないのです)。

BMW & アップル。夢のEVの登場は?

tesla

期待先行のアップルカー

グーグルのEV参入(自動運転)、テスラの「スーパーチャージャー*」など、なにかと話題のEVまわり。アップル社は優秀な人材と豊富な資金、そして圧倒的なブランド力でEVでも十分通用するように思えます。ただ量産・販売はどうしても自動車メーカーとのタッグが必要ですし、どんなメーカーとでもいいというわけにもいきません。そういった意味で先進的で、プレミアムなイメージを持ったBMW社は、またとないパートナーでしょう。

BMW i3もまだ130km程度の走行距離でありますし、障壁な多々ありますが、自動車ファンの多くはBMW製アップルカーの登場を期待しているはずです。ぜひ実現に向けて、両社は対話を再開してほしいですよね。CLUB BMW/MINIでは、今後もこのトピックについて定期的に記事にしていきます。

*スーパーチャージャー:テスラ「Model S」を数十分で充電できる無料コネクター。スーパーチャージャーは長距離ドライブの際に停車回数を最小限に抑えるよう戦略的に、レストラン、ショッピングセンターやWifiホットスポット付近の便利な場所に設置されている。日本ではまだ少ないが、欧米では急速に普及してきている。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「アップルとBMWの電気自動車プロジェクト、その後のまとめ 」 に関するページです。

ページトップへ