- BMW
メニュー

BMW Z8(E52)(2000~2003)

BMWの基礎知識|,

BMW名車図鑑 BMW-Z8(E52)(2000~2003)

BMW Z8(E52)モデル紹介

名車507をモチーフとした2シーターオープンカー

1995年に公開された映画「007・ゴールデンアイ」で主人公ジェームス・ボンドの愛車、ボンドカーにBMW・Z3が採用されました。これをきっかけに1997年のトゥモロー・ネバー・ダイではBMW7シリーズ(E38)、続く1999年のワールド・イズ・ノット・イナフでは今回取り上げるBMW・Z8(E52)がボンドカーとしてスクリーンに登場しました。それでは、華麗にデビューを飾ったBMW・Z8について紹介しましょう。BMW・Z8(E52)は1999年に発表されたコンセプトモデルZ07型の市販車で1956年~59年まで生産されていたBMW・507をモチーフとしたクラシカルなスタイリングをした2シーターオープンです。日本には2000年5月に導入され、2003年まで販売されていました。販売終了後、BMWのチューニングブランドであるアルピナが手を加えたZ8をベースとしたアルピナ・ロードスターV8を2003年に発表し、2004年7月から日本に導入されました。全世界で555台の限定販売で、そのうち105台がヨーロッパや日本に割り当てられています。ミッションはBMW・Z8が6MT車だったのに対して、アルピナ・ロードスターV8は5ATのみというクルマのキャラクターの違いを明確にしていました。しかしBMW・Z8、そしてアルピナ・ロードスターV8ともに非常に販売台数が少ないため、中古車として見つけるのも厳しいクルマです。

BMW Z8(E52)のスペック

BMW-Z8(E52)のスペック

M5のエンジンを搭載したハイパフォーマンスオープンカー

BMW・Z8(E52)のボディサイズは全長4400mm×全幅1830mm×全高1317mm。ホイールベースは2505mmで駆動方式はFR(後輪駆動)を採用しています。搭載されるエンジンは当時M5にも搭載されていた5L V型8気筒DOHCです。最高出力400ps、最大トルク51.0kg-mを発生し、ミッションは6速MTのみという設定でした。車両重量は1630kgで前後の重量比はフロントが820kg、リア810kgでほぼ50:50という理想的な数値を実現し、0-100km/h加速はわずか4.7秒という圧倒的な加速フィーリングを味わえます。400psを発生する5L V型8気筒エンジンのパワーを伝えるため、タイヤはフロント245/45R18、リアには275/40R18という前後で異なるサイズのタイヤを装着しています。クラシカルなスタイリングのBMW・Z8(E52)ですが、ABSをはじめ、横滑り防止装置のDSC、ブレーキの前後配分を行うCBC。そして4輪の回転差からタイヤの空気圧の変動を感知するRDWといった当時最新の電子デバイスが搭載されています。

BMW Z8(E52)の特徴

BMW-Z8(E52)の特徴

直線だけでなくコーナリングも楽しく走れるように仕立てられている

BMW・Z8(E52)はシャーシやボディはオールアルミニウムとなっています。こう聞くと最新のオープンカーのように思えますが、ドアを開けるとルーツであるBMW・507の鉄板むき出しのインパネを再現し、スピードメーターや回転計はセンターに配置されました。シルバーとブラックの2色でコーディネイトされたクラシカルなデザインのステアリングにはエアバッグが組み込まれています。電動開閉式のソフトトップはセンターコンソールに設置されたボタン操作によって約20秒で開閉操作が可能です。400psのハイパワーエンジンを搭載したBMW・Z8(E52)は野太いエキゾーストノートを奏でながら、そのパワーを極太のタイヤを通じて、しっかりと路面を捉えて走ります。M5と同じエンジンを搭載したオープンカーではなく、Z8らしい、直線だけでなくコーナリングも速いハイパフォーマンスオープンカーに仕立てられています。

BMWの歴史の中の位置づけ

BMWの歴史でのBMW-Z8(E52)の位置づけ

Z3のハイパワーモデルではなく、名車をモチーフとしたラグジュアリーモデル

BMW・Z8(E52)はそのZという名前からZ3のハイパワーモデルという位置づけと考える人も多いでしょう。しかし、実際には全く違います。エクステリアやインテリアデザイン、そして妖艶さそしてスピードへの誘い。これは1950年代の名車、507の復刻版という色合いが強いと感じます。残念ながらBMW・Z8(E52)はわずか1世代しか生産されませんでしたが、BMWの歴史に燦然と輝く特別なモデルです。

BMW Z8 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW Z8(E52)(2000~2003) 」 に関するページです。

ページトップへ