- BMW
メニュー

BMW Z1(1989〜1991)

BMWの基礎知識|,

BMW名車図鑑 Z1

BMW Z1モデル紹介

BMWの2シーターオープン、 Zシリーズの祖

BMWの2シーターオープンカーといえばZシリーズが思い浮かびます。リトラクタブル・ルーフを採用したZ4(E89)が最新モデルとなりますが、そのルーツを遡るとZ1にたどり着きます。BMW Z1はBMW本社ではなく1984年に子会社として設立されたBMWテクニック社(BMW Technik GmBh)で開発されました。この会社は主に技術開発やコンセプトカーの製作を業務としており、Z1の開発は1985年にスタートし、1987年のフランクフルトモーターショーで発表されます。そして2シーターオープンカーブームが起きた1989年に販売開始しますが、1991年には生産終了となり、わずか2年、8000台しか生産されませんでした。しかも日本には正規輸入されておらず、並行輸入車のみが販売された非常にレアなモデルです。

BMW Z1 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

BMW Z1のスペックについて

BMW-Z1のスペック

3シリーズ(E30)のパワートレインを流用

BMW Z1のボディは全長3921mm×全幅1690mm×全高1227mmというコンパクトな5ナンバーサイズのボディで、伝統的なロングノーズのデザインが特徴です。そして世界的なヒットモデルとなった初代マツダロードスターとほぼ同じ大きさなのです。搭載されるエンジンは3シリーズ(E30)の325iと同じ最高出力170ps、最大トルク222Nmを発生する2.5L直列6気筒SOHCをZ1用に改良し、ミッションはゲドラグ製の5速MTが組み合わされます。ソフトトップの開閉は手動式のため、車両重量は1250kgと軽量です。駆動方式はFR(後輪駆動)を採用し、前後の重量配分は49:51と理想的な数値を実現しています。ウィンカーやワイパー、ヒーターなどのコントロールスイッチは3シリーズ(E30)のパーツが流用されました。しかし、BMW Z1のリアサスペンションにはZアクスルと名づけられたマルチリンク式を採用し3シリーズ(E30)は異なっています。このZ1のリアサスペンションが発展し、セントラルアームサスペンションとして3シリーズ(E36)に採用されています。Z1より後に登場したZ3のリアサスペンションがセミトレーリングアームだったことを考えるとZ1はかなり挑戦したモデルという色合いが強いと言えるでしょう。

BMW Z1の特徴

BMW-Z1の特徴

コペンのような着脱式アウターパネルと上下するドア

BMW Z1はボディの骨格に当たるシャシーはスチールを使用した専用設計を採用しています。一般的には防錆のための亜鉛メッキを施した後に、鋼板を溶接して組み立てるのですが、Z1は全く逆の行程で製造されています。それはボディ構造こそスチールを使用したモノコックなのですが、フロア部分には別の樹脂で製作して接着しているからです。その通常とは逆の行程で製造されたシャシーはボディパネルが無くても、パワートレインなどを搭載すれば走行可能というユニークなものです。その特徴的なZ1のシャシーにすべてFRP製のアウターパネルが装着されます。脱着可能なボディ外装パネルは使用される部位によって3種類の樹脂素材が使い分けられています。側面パネルとドアはゼネラル・エレクトリック製の熱可塑性プラスチックのゼノイを採用。そしてボンネットとトランクなどはゼガー+ホフマン社製のGPRが採用されていました。全て取り外すのに30分で済んだといわれています。なかでもZ1の最大の特徴といえるのがドアです。クラシックなロードスターが採用していた脱着式の金属製や布製のドアをモチーフとして、Z1のドアはボディ内部に垂直に引き込まれる引き込み式ドアを採用しています。乗車するときはこのドアを下げて乗り込みますが、Z1はドアを上げても、下げても走行可能です。特に下げた状態で走行すると、まるでオートバイのように風を感じて走行することができ、一般的なオープンカーとは全く異なるフィーリングを味わうことができるのです。これだけ特徴的なZ1は1日の生産台数は6台~10台がやっとというモデルでした。

BMWの歴史の中でのZ1の位置づけ

BMWの歴史の中でのZ1の位置づけ

ディスチャージヘッドランプをはじめ様々な特許技術を生み出した

BMW Z1の生産期間はわずか2年と短かったため、セールスとして失敗に思えますが、実はそうではありません。Z1は先ほど紹介しました、リアサスペンションのZアクスルをはじめ、ディスチャージランプ、格納式ロールバーそしてアンダートレー型床構造など様々な特許技術を生み出すことに貢献しています。そう考えるとZ1は市販された次世代技術を搭載したスタディモデルという側面をもっていたと言えるでしょう。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW Z1(1989〜1991) 」 に関するページです。

ページトップへ