メニュー
新型ミニ(F56)ジョン・クーパー・ワークス

2014年1月にコンセプトモデルとしてデビューした新型MINIジョン・クーパー・ワークス(John Cooper Works、JCW)が、12月10日とうとう公式リリースされました。実車デビューは2015年1月に北米デトロイトで行われる「北米国際自動車ショー2015」の予定ですが、公式のスペック情報や写真が多数公開されましたよ。ジョン・クーパー・ワークスの登場を今か今かと待ち構えていた方も多いでしょう。本稿では、そんな方のためにこの新型MINIジョン・クーパー・ワークスを徹底解説します。

ミニ3ドア、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

目次

  1. パフォーマンス
    1. 歴代MINIとしては最強の231psに
    2. トランスミッション
    3. 新旧JCW、クーパーS比較
    4. 足回り
    5. 燃費
  2. エクステリア
  3. インテリア
  4. 価格
  5. コンセプトモデルについて
  6. おまけ動画
    1. 米国のTVコマーシャル
    2. コンセプト動画
    3. JCWモデルのマフラーサウンド

パフォーマンス

歴代MINIとしては最強の231psに

ジョン・クーパー・ワークスと聞いて最も気になるのがパフォーマンスですよね。公開された情報によりますと、エンジンはクーパーSと同様2リッター4気筒を搭載。JCW専用のピストンや圧縮比変更(10.2:1)、シャフトタイミング変更などのチューニングを施すことで、最高出力は231ps(5200〜6000rpm)、最大トルクが350Nm(オーバーブースト時 / 1250rpm〜4800rpm)となりました。クーパーSの最高出力192ps、最大トルク280Nmと比較すると、かなり向上していますね。JCWというに相応しいスペックに仕上げられています。ちなみに停止状態から100km/hまでの所要時間は、ATモデルで6.1秒、MTモデルで6.3秒(ミニクーパーSは6.8秒)となっています。

トランスミッションはMT、ATともにあり

先代MINIジョン・クーパー・ワークス同様、新型でも6速MTモデルに加えて、6速ATモデルがラインアップされます。今回はATに力が入れられており、より素早いシフトチェンジのためリマッピングされ、MTよりもショートなチェンジを実現しているようですよ(ただし、ファイナルドライブレシオが高めに設定されるようですが)。またATモデルは先代JCWはMTモデル+40kg増でしたが、軽量化された新型は+25kg増にとどまります(MTモデル1,205kg、ATモデル1,230kg)。

新旧MINI JCW、ミニクーパーS 比較表

新型JCW(F56) ミニクーパーS(F56) 先代JCW(R56)
全長 3,874mm 3,860mm 3,745mm
全幅 1,727mm 1,725mm 1,685mm
全高 1,414mm 1,430mm 1,430mm
ホイールベース 2,495mm 2,495mm 2,465mm
最高出力 231ps 192ps 211ps
最大トルク 350Nm 280Nm 260Nm
0-100km/h
  • MT 6.1秒
  • AT 6.3秒
  • MT 6.8秒
  • AT 6.7秒
6.5秒
車両重量(MT) 1,205kg 1,240kg 1,200kg
車両重量(AT) 1,230kg 1,270kg 1,240kg
新型ミニジョン・クーパー・ワークスの17インチホイール、リアスポイラー

足回りなどの装備

足回りも、装備てんこ盛り状態です。ブレーキには新開発ブレンボ製スポーツブレーキシステムをはじめ、DTC(ダイナミックトラクションコントロール)、EDLC(エレクトロニック・ディファレンシャル・ロック・コントロール)、パフォーマンスコントロールなど先進装備が惜しげなく組み込まれています。またさらにオプションで、通常モデルでも装備できる「ダイナミック・ダンパーコントロール」が用意されています。

* DTCやらEDLCって言われてもよくわからない。そんな方のために、それぞれ下記に解説を記載しましたよ。よろしければぜひ。

DTC ダイナミックトラクションコントロール。雪道や砂地などタイヤを滑らせて走る特殊な環境下で使用する機能。タイヤが滑る許容限度を広げて、安全な限界ギリギリまでトラクションを確保してくれる。オプションで選択可。DTCの使用環境では車が滑り、DSCが作動してしまうためDSCをOFFにしてDTCがONになる。
EDLC エレクトロニック・ディファレンシャル・ロック・コントロール。発進時空転した車輪にブレーキをかけてトラクションをコントロールするシステム。
DSC ダイナミック・スタビリティ・コントロール。コーナリング時や濡れた路面でのスリップやスライドを防ぐために、コンピューターが運転状況を監視し、危険を察知するとエンジン出力やブレーキをコントロールして車体を安定させる機能。クーパーSに採用されている。
DDC ダイナミック・ダンパー・コントロール。新型JCWではオプション採用(価格77,000円)。サスペンションの設定を快適性重視のコンフォート、スポーツ設定のどちらかを選ぶことができる。

ホイールは歴代GPモデルのものをリデザイン

ホイールは17インチのJCWレーススポーク(シルバー)となります。またオプションでは歴代JCW GPモデルのデザインを踏襲した18インチホイールの用意もあります。こちらは2006年登場のミニクーパーS with John Cooper Works GP Kit(日本限定160台の特別モデル)のホイールとそっくりです(スポークの数が4本から5本になっていますが)。これはオプションホイールにバージョンアップする方が増えそうです。

歴代JCWのホイール

燃費は、ATモデルで大きく向上

現在発表されているのはEU基準での燃費ですが、参考までに記載しておきます。日本のJU08モードと比較すると、少しだけ悪化しますのでご注意くださいね*。新型JCWは、先代JCWと比較してATモデルの燃費が大幅に向上しています。同じく新型のミニクーパーSと比較しても、遜色のない数字が出ています。

JCW(F56、R56)、ミニクーパーS燃費一覧

新型ミニJCW(F56) 新型ミニクーパーS(F56) 先代ミニJCW(R56)
MT 14.9km/L 17.4km/L 15.2km/L
AT 17.5km/L 18.7km/L 14.1km/L

* EUの場合、燃費測定の際の平均速度が、日本のJU08モードより高いため高燃費になりがちなのです。

エクステリア

JCWエアロダイナミック・キット同様のスタイル

エクステリアは、ミニクーパーやミニクーパーSのオプションパッケージで用意される「JCWパッケージ」同様のエアロパーツ「エアロダイナミック・キット」が組み込まれます(下記にJCWパッケージとの比較を写真で掲載しましたので参照ください)。

ただし2点異なるポイントがあります。1点目はフロントグリルに、JCWを象徴するチリレッドのルーバーとジョン・クーパー・ワークスのロゴバッチが置かれていること(ロゴはリアのハッチ右下にも同じく置かれています)。2点目はフォグランプ。JCWパッケージではフォグランプのところが、新型JCWですとエアダクトになっています(日本での販売時にはフォグランプに戻るかもしれませんが…)。

新型MINIジョン・クーパー・ワークス – 外観

オプションのエアロダイナミックキット

ボディカラーは未公開だが

公式に公開されているのは写真のチリ・レッドのみです。ちなみに先代JCWのボディカラーは、全8種類(ペッパー・ホワイト、ミッドナイトブラック、エクリプスグレー、ホワイト・シルバー、チリレッド、ライトニングブルー、ブリティッシュ・レーシング・グリーンII、スパイスオレンジ)でした。ミニONEやミニクーパー、クーパーSであったカラーで、JCW採用されなかったカラーは3種類(ホットチョコレート、ベルベットシルバー、アイスブルー)。ややポップなカラーがJCWでは採用されないのかもしれませんね。今回の場合は、アイスドチョコレートあたりでしょうか。

インテリア

マイクロファイバー製のスポーツシート

インテリアで注目は、ジョンクーパー専用のバケットシートでしょう。こちらはサイドにレザーを張り込み、着座部分や背もたれに「Dinamica」と呼ばれるマイクロファイバーを採用しています。Dinamicaはスウェード調のルックスで、通気性・保温性が非常に高いことで知られるハイテク素材。スポーツ走行の多いジョン・クーパー・ワークスにはぴったりと言えますね。

細部までこだわり抜いた豪華装備

その他の装備では、ステアリングホイールは通常モデルでも用意されるJCWレザーステアリング(ATモデルはパドルシフトを標準装備)、スピードメーターにJCWロゴ、ステンレス製のアクセルやブレーキペダルなどが装備されています。また意外と気になるキーですが、今回もジョン・クーパー・ワークス専用デザインとなっていますよ。

価格

先代モデル同様、400万円前後!?

2014年10月に海外メディア「Car Advice」が報じた記事によれば、MINIは新型ジョン・クーパー・ワークスのライバル車としてアウディS1を挙げているようです。このため価格もアウディS1と近しい金額になるのではないかという予測がでていますね。アウディS1の価格は、日本導入モデルで410万円(5ドアのスポーツバックが430万円)ですから、新型JCWの価格は400万円前後でしょうか。先代JCWの価格が、MTモデルが390万円、ATモデルが403万円でしたからほとんど同等ということになりますね。

2015年3月16日、日本販売スタート!!

3月16日より、正式に日本での販売が開始されました。気になる価格は、MTモデルが398万円(税込)、ATモデルが415万円(税込)となります。先代ミニよりも税引前価格は割安の設定ですね。なお標準装備は別途ページをまとめておきましたので、そちらをご参照ください。

関連記事:ミニ ジョンクーパーワークス(F56)、日本仕様車が遂に販売開始!!

コンセプトモデル

2014年1月に「北米国際自動車ショー2015(デトロイト)」にて登場したコンセプトモデルです。基本的には市販版とほぼ同様ですが、ボディカラーが非常に斬新ですよね。マットシルバーというのでしょうか、削りだしのようなシルバーにチリ・レッドが印象的です。各部のエアロに効果的に配色されたチリ・レッドが非常にクールですよね。

MINIジョン・クーパー・ワークスのコンセプトモデル

※関連記事:ミニジョン・クーパー・ワークス・コンセプトの写真をすべて公開中です。

おまけ動画

米国のテレビコマーシャル

スケボーの神とも呼ばれ、米国で人気のトニー・ホーク氏との共演が話題となったTVCF(米国)。かなりカッコよく仕上がっていますよ。動画が見づらい環境の方は、こちらの動画を静止画でもご紹介しています。「MINIジョン・クーパー・ワークス動画を静止画で紹介!」をよろしければ参照ください。

コンセプトモデルのデビュー動画

2014年1月のデトロイトモーターショーにて公開された本モデルの動画を紹介します(英語)。内容は概ね写真通りですが、ボディカラーは写真とは少々違った印象に感じますね。まあモーターショーは照明がかなり強いので、屋外で見るとまた印象が異なりそうですが…。このカラーが市販モデルで登場するかどうかは未定なので、単なる取り越し苦労かもしれないですけどね。


新型MINI JCWのマフラー音

This how any MINI should sound like. #mtts2104 #mini #miniusa #jcw #f56

@motoringfileが投稿した動画 –

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「新型ミニ ジョン・クーパー・ワークスを徹底解説!! 」 に関するページです。

ページトップへ