- BMW
メニュー

BMWが作るEV。その特徴とは?

BMWの基礎知識|

P90120708

次世代車のパワートレインとして、最も注目されるものの1つが電気モーター。日産や三菱自動車、フォルクスワーゲングループなど主力自動車メーカーはもちろん、テスラのようなベンチャー企業、はたまたIT企業のGoogleやAppleの参入も噂されています。もちろんBMWグループもBMW i3やi8など、EVには積極的な姿勢を示しています。本稿ではハイブリッドやプラグインハイブリッドの記事に続いて、BMWが作るEVの特徴について解説していきたいと思います。EVにも「駆け抜ける喜び」はあるのでしょうか。

BMWとEVの歴史

P90168294

40年以上に及ぶ研究を経て、次世代自動車のコア技術としてさらに進化し続ける

BMWは古くからEV(電気自動車)の開発に携わってきたメーカーのひとつです。1972年のミュンヘンオリンピックの会場では「1602 Electric」と名付けられた鉛電池を搭載したEVが披露され、’80年代に入るとナトリウム硫黄電池を3シリーズに搭載した325iXを開発(1987年)、’90年代にはアルミニウムやプラスチック素材を多用し軽量化を図った「E1」をデビュー(1991年)させています。

その後もBMWのEV開発は進められ、2010年には欧米向けに1シリーズクーペをベースとした「BMW Active E」のリース販売を開始しました。その後、2013年に持続可能な次世代モビリティを提供するサブブランド「BMW i」からデビューを果たした「BMW i3」の販売を2014年の春からスタートさせています。

BMW i3

P90169190

i3の基本性能

BMWのEV「BMW i3」は、これまでの常識を覆す様々なチャレンジを行ったモデルです。カーボンファイバーのセルとアルミシャーシを組みあわせ、車体骨格を極限まで軽くすることで、重量増となる大容量バッテリーを搭載しても50:50の前後重量配分、そして1195kgという軽さを実現。タイヤも空気抵抗および路面抵抗を極限まで抑える全く新しい発想から生まれたものを装着しています。

こういったBMWらしいこだわりによって、ステアリング操作に素早く反応してコーナーを駆け抜ける気持ちの良さ、タイヤのグリップを身近に感じられるフィーリングなどなど。i3は「BMWの走りへのこだわり」をはっきりと感じることができる仕上がりになっています。

もちろん実用性もスポイルされてはいません。フロア下にはリチウムイオンバッテリーが搭載され、一度の充電で約160kmの航続距離を実現していますし、レンジエクステンダーと言われる34馬力の2気筒ガソリンエンジンを搭載したモデルも設定。バッテリー残量が少なくなると発電のためにエンジンが始動し、これにより最大航続距離を300kmにまで伸ばすことができます。日本仕様では高速道路等にも普及している急速充電器CHAdeMO(チャデモ)方式に対応しています。

P90129234_highRes

感性を刺激するEVを目指す

EVは、まだまだ黎明期。各メーカーともに暗中模索というのが現状です。そんな中、BMMは今年ウィーンで行われたシンポジウムにおいて、今後のEVについて発表しました。内容は非常にBMWらしいものです。

今後BMWは、「Power eDrive」という考えのもと、BMWならではの "感性を刺激する電動駆動システムを開発し続ける" としました。EVというとエコ重視で走行性を犠牲にする向きもありますが、BMWはあくまで「走り」にこだわるとしたのです。こういうブレない点は、ファンとしても本当に嬉しいですね。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMWが作るEV。その特徴とは? 」 に関するページです。

ページトップへ