- BMW
メニュー

フルモデルチェンジされた新型BMW X1(F48) 徹底購入ガイド

BMW徹底解説|

BMW X1

目次

  1. X1とは
  2. ボディサイズ&パッケージ
  3. エンジン(出力、燃費性能)
  4. 装備(グレードによる装備差)
  5. 試乗インプレッション
  6. デザイン(エクステリア)
  7. デザイン(インテリア)
  8. オプション
  9. オプション・パッケージ
  10. ボディカラー
  11. 価格

BMW X1とは?

BMWで最もコンパクトなSUV

プレミアム・コンパクト・セグメント初のスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)として2010年に登場したBMW X1(開発コードE84)が2015年10月にフルモデルチェンジを行い、新型(F48)にスイッチしました。X1はスポーティかつ力強いスタイリングや開放感のある室内空間といったSAVらしい様々な特徴と、BMWのモデルらしい駆け抜ける歓びを両立させたモデルで、世界中ですでに73万台以上が販売されています。先代のX1は1シリーズをベースとしていて、駆動方式はFR(後輪駆動)方式を採用していましたが、新型X1は2シリーズアクティブツアラーと同じFF(前輪駆動)へと駆動方式が変更されています。

駆動方式が変わったものの、BMWらしい駆け抜ける歓びは一点の曇りもないです。それは、アルミや様々な材質を効果的に組み合わせたインテリジェント軽量構造を採用したねじれ剛性の高いボディをはじめ、新開発のサスペンションシステムが大きく影響しているからです。また新型X1 xDrive20iと xDrive25iには新開発の4WDシステムを搭載しています。通常走行時は効果的な走行のため駆動トルクはフロントホイールのみに伝えられますが、ステアリングの切れ角やホイールの回転速度などの車両データでスリップなどの兆候を察知すると瞬時に前後輪への駆動トルクを可変配分し、優れたロードホールディング(安定性)を実現しています。

BMW X1 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

BMW X1 ボディサイズ&パッケージ

BMW X1

全長は短くなる一方で新型X1の室内空間は拡大された

X1は先代のX1よりから全長が3cm短くなった一方で全高は3.5cm高くなったことで、全長4455mm×全幅1820mm×全高1610mm(Mスポーツは1600mm)と取り回しの良いコンパクトなボディサイズながら、Xモデルらしい塊感のあるスタイルとなっています。ホイールベースは2760mmから2670mmと短くなっていますが、ニースペース(足元のスペース)は先代から最大66mm拡大しており室内空間は全くスポイルされていません。

先代モデルと比べて着座位置がフロントで36mm、リアシート64mm高くしたことにより、良好な視界を確保できるだけでなく、乗降性も向上しています。スライディング機能(60:40で前後130mmの調整可能)を備えた40:20:40の分割可倒式のリアシートは用途や乗車人数にあわせて居住性とラゲージルーム容量を自在に調節できます。通常は先代より85L拡大した505Lのラゲージ容量を実現し、リアシートを全て倒すと最大1550Lまで拡大します。また、ラゲージフロア下には100Lのスペースがあり、小物などを収納することができ、とても便利です。

BMW X1 エンジン(出力、燃費性能)

BMW X1

X1は1.5L直列3気筒と2L直列4気筒の2種類のガソリンエンジンを設定

エントリーグレードのX1sDrive18iには1.5L直列3気筒ツインパワーターボエンジンを搭載し、ステアリングに装着されたレバーでシフトチェンジが可能なステップトロニック付きの6ATが組み合わされます。最高出力100kW(136ps)、最大トルク220N・m(22.4kg-m)を発生(ヨーロッパ仕様車値)。高圧の燃料を直接燃焼室内に噴射する、高精度ダイレクト・インジェクション・システムをはじめ、吸気側のバルブのリフト量を無段階に可変制御するバルブトロニック、吸気と排気のバルブ・タイミングを最適化するダブルVANOS、そして、排出ガスを効率良くエネルギーに変換するツイン・スクロール・ターボといったBMW独自の技術が盛り込まれていて、高出力と低燃費を両立しています。

X1xDrive20iは2L直列4気筒ツインパワーターボエンジンを搭載しステップトロニック付の8ATが組み合わされます。こちらの2Lエンジンは新世代モジューラー・エンジンで、気筒当たり500ccの排気量のシリンダーを直列に配置して総排気量に応じた最高出力を実現しています。最高出力141kW(192ps)/5000rpm、最大トルク280N・m(28.6kg-m)を1250-4600rpmを発生します。1.5Lエンジン同様に高精度ダイレクト・インジェクション・システムをはじめバブルトロニックなどBMW独自の技術が盛り込まれています。

最上級モデルのX1xDrive25iにはX1xDrive20iと同じ2L直列4気筒ツインパワーターボエンジン+ステップトロニック付8ATを搭載。こちらは最高出力170kW(231ps)/5000rpm、最大トルク350N・m(35.7kg-m)/1250-4500rpmとパワーアップしています。BMW独自の様々な技術によって優れたアクセル・レスポンスを実現していて、SAVながら、0-100km/hの加速は6.5秒というパフォーマンスを実現しています。なお燃費は燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値)で、2L直4ターボエンジンを搭載するX1xDrive20iが14.6km/L、のX1xDrive25iは14.3km/Lを実現し、エコカー減税の対象となっています。なお、X1sDrive18iに搭載されている1.5L直列3気筒ターボエンジンはまだ数値が発表されていません。

BMW X1の装備(グレードによる装備差)

BMW X1

ラグジュアリー仕様のxLine、スポーティな Mスポーツを強調

X1のグレード体系は、X1sDrive18i、X1xDrive20i、xDrive25iすべてのモデルでスタンダード、xLine、Mスポーツの3グレードを設定しています。xLineはベースモデルに対して、クローム仕上げのキドニーグリルがマットシルバーバーとなり、アルミホイールが18インチへ1インチアップ。装着されるタイヤが225/50R18と変更されています。そしてドア・シル・プレートがアルミインサート付になるほか、シートがクロスとレザーのコンビネーションシート。インテリアトリムがハイグロス・ブラック、パールグロス・クローム・ハイライトに変更されます。MスポーツはMエアロダイナミクスパッケージを採用し、よりスポーティなエクステリアデザインとなっています。また足回りにはMサスペンションを採用するほか、スポーツシート、BMW Individual アンソラジット・ルーフ・ライニングを採用しています。

BMW X1の試乗インプレッション

BMW X1

SUVらしさを感じないスポーツカーに匹敵する走行性能

駆動方式がFR(後輪駆動)からFF(前輪駆動)ベースへと変わったX1。BMWの掲げる駆け抜ける歓びはどう変わったのかが興味深いところ。試乗車はxDrive25i xLineです。ボディサイズは、全長が短く、全高が高くなり、SAVらしいスタイリングとなったX1ですが、乗り込んでみると想像以上にアイポジションが高くありません。こういったクロスオーバーモデルはアイポイントの高さと開放感一杯のコクピットが特徴なのですが、開放感はあるものの、アイポイントはセダンなどと同じ高さとなっていますので、コンパクトカーやセダンから乗り換えるユーザーにとって違和感なく乗り替えられるはずです。

モジュール構造を採用した新世代の2L直列4気筒ツインパワーターボはとにかくスムーズな加速感が魅力です。街乗りでの信号待ちからのスタートや高速道路での合流、追い越しなどアクセルペダルを踏むとスッと加速してくれます。これはエンジンの特性にあわせて、8速ATの制御が上手だからと言えます。また信号待ちなどではエンジンがストップするアイドリングストップ機構のエンジン・オート・スタート/ストップ機能が作動し、無駄な燃料消費を抑制してくれます。

最も注目の駆動方式の変更による走行性能ですが、新型X1の走りはBMWらしさそのものです。重心が高くなりがちなSAVですが、軽量化したボディや低重心化によってSAVに乗っていることを忘れてしまいそうです。コーナリング時でも姿勢はフラットでクルマの傾きは小さく抑えられていますので、スムーズにコーナリングできて自分の運転が上手くなったように感じます。

キャビンやラゲージスペースも大きくなり、しかもフラットな乗り味のX1はSAVユーザーだけでなく、セダンユーザーにも注目してもらいたいクルマに仕上がっていると言えるでしょう。

BMW X1のデザイン(エクステリア)

BMW X1

空力性能に徹底的にこだわり機能性を追求

全長4455mmというBMWのSAVラインナップの中で最もコンパクトなボディをもつX1。新型X1はSAVスタイルの中に新しい解釈をつけ加えることで多彩さとダイナミズムを同時に協調しています。ロング・ホイールベースとショート・オーバーハングによる力強いシルエットはどんな場所でも見た人に力強い印象を与えることでしょう。高いルーフラインが室内に広々とした寛ぎの空間を実現しています。また、アンダーガードなどの装備がスポーティさを強調しています。そしてテールゲート上のエア・ブレードやフロント・エプロンのエアカーテンといった卓越したエアロダイナミクス・テクノロジーが空気抵抗を最小限に抑えることで、燃費性能を向上させています。

BMW X1のデザイン(インテリア)。

BMW X1

人間中心にデザインされすぐにフィットする

X1インパネのデザインはBMWモデル共通の水平ラインで構成。すべてが自分にジャストフィットしているように感じられ、それはまるでテーラーメイドの服に袖を通すような感覚です。ドライバー中心に設計されたコクピットは機能を追求しているだけでなく、レザーやアルミニウムといった素材の手触りまでこだわっています。センター・コンソールに設置された8.8インチのワイドコントロール・ディスプレイはドライバー側にやや傾けられてレイアウトされているのが特徴です。また、センター・コンソールには開閉カバー付きのカップホルダーが備えられ、インパネ回りには数々の収納スペースが設置され使い勝手を向上させています。またiDriveコントローラーなどの操作系は人間工学に基づいてレイアウトされドライバーは直感的な操作が可能です。

BMW X1のオプション

BMW X1

本革シートやインテリアトリムで自分好みに仕立てられる

チルト&スライド、コンフォート・オープン/クローズ機能の付いた電動パノラマ・ガラス・サンルーフ。運転席&助手席、運転席メモリー機能付電動フロント・シート(xDrive25iを除く)。寒い冬でも快適な運転席&助手席フロント・シート・ヒーティング。そしてインテリアトリムはオキサイド・シルバー・ダーク・マット・トリム/ハイグロス・ブラック・ハイライトとファインライン・ストリーム・ウッド・トリム/パールグロス・クローム・ハイライトの2種類。そしてBMW Individualアンソラジット・ルーフ・ライジングが設定されています、

BMW X1のオプション・パッケージ

BMW X1

アドバンストドセイフティパッケージをはじめ4種類を用意

X1全モデルを対象に4つのオプション・パッケージを設定しています。まずはボタンを押すだけで、テールゲートを開閉できるオートマチック・テールゲートオペレーションをはじめ、リア・シートバックレストリリース機能、スライディング・リア・シートがセットになったコンフォートパッケージ。車速やナビのルート案内などをフロントウィンドウに投影し、ドライバーが常に前方の道路状況に集中できるように装備されるBMWヘッドアップディスプレイとドライバーが任意に設定した速度をベースに車間距離を維持しながら自動で可減速を行う、ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)がセットになったアドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ(xDrive25iを除く)。パーフォレテッド・ダコタ・レザー・シートとフロント・シート・ヒーティングがセットになったハイラインパッケージ(Mスポーツのみ)。そして、万が一トラブルが発生したときにドライバーをサポートしてくれる、BMWドライバー・サポートデスク、BMWリモート・サービス、コネクテッド・ドライブ。サービスがセットになったBMWコネクテッド・ドライブ・プレミアムが設定されています。

BMW X1のボディカラー

BMW X1

Mスポーツ専用色のエストリルブルーをはじめ全11色

ボディカラーはメタリック・カラーが9色、ソリッド・カラーを2色の全11色をラインナップ。ソリッド・カラーはアルピン・ホワイトII。そしてメタリック・カラーはブラック・サファイア、グレイシャー・シルバー、ミネラル・ホワイト、ミネラル・グレー、スパークリング・ストーム・ブリリアント・エフェクト、プラチナ・シルバー、メディラニアン・ブルー、チェスナット・ブロンズ、エストリルブルーとなる。エストリルブルーはMスポーツの専用色だ。そして、インテリア・トリムはスタンダードがオキサイド・シルバー・ダックマットトリム。xLineがハイグロス。ブラックトリム、Mスポーツがアルミニウム・ヘキサゴン・トリムとモデルによって異なっている。

BMW X1の価格

グレード 価格
X1 sDrive 18i 385万円
X1 sDrive 18i xLine 413万円
X1 sDrive 18i Msport 431万円
X1 xDrive 20i 473万円
X1 xDrive 20i xLine 492万円
X1 xDrive 20i Msport 511万円
X1 xDrive 25i xLine 569万円
X1 xDrive 25i Msport 591万円

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「フルモデルチェンジされた新型BMW X1(F48) 徹底購入ガイド 」 に関するページです。

ページトップへ