- BMW
メニュー

BMW新旧対決 X1の違いを徹底解説(旧型[E84])vs現行型[F48])

BMW 購入ガイド|

BMW-X1-新旧モデルの違い

目次

  1. BMW X1の歴史
  2. BMW X1 新旧モデルのボディサイズの違い
  3. BMW X1新旧モデル エクステリアの違い
  4. BMW X1新旧モデルでのインテリアの違い
  5. BMW X1新旧モデルでのエンジンの違い
  6. BMW X1 新旧モデルでのグレード・装備の違い

はじめに

2代目 X1はスタイリングだけではなく、エンジン&駆動方式も大きく変化

BMWのSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル。BMWではSUVをこのように表現します)ラインナップのエントリーモデルとして、2010年に登場したのがBMW X1(E84)です。X1は2015年10月にフルモデルチェンジを行い、2世代目のX1(F48)に進化しました。今回のX1のフルモデルチェンジの注目点は駆動方式がエンジンを縦に置く、BMW伝統のFR(フロントエンジン・後輪駆動)からエンジンを横に置くFF(フロントエンジン・前輪駆動)へとなったこと。そしてワイドで背の高いクロスオーバーSUVのスタイリングへと変わったことです。走行性能に大きく影響のある駆動方式、取り回しや室内空間の広さに影響のあるスタイリングが大きく変わったX1を理解するには旧型(E84)と現行型(F48)の違いを知る必要があります。そこで、今回は両モデルを比較して、どういった違いがあるのかをご紹介しましょう。

BMW X1 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

BMW X1の歴史

Xシリーズのエントリーモデルとして2010年に登場

2000年に登場したBMW X5からBMWのSAVシリーズはスタートしました。X3、X6とニューモデルが続々と登場していましたが、そのラインナップを拡充していく中でよりコンパクトなモデルを望む声も上がりはじめます。その声に応え、2010年4月に登場したのが初代X1(E84)で、E91型3シリーズツーリングをベースに作られたプレミアムコンパクトSUVでした。3シリーズツーリング譲りの車高の低いスタイリングが特徴で、駆動方式はxDriveと呼ばれる4WDとXモデルには初めて採用されるFR(後輪駆動)が設定されました。そして2012年9月には早くもマイナーチェンジを敢行。フロントバンパーやリアスカートのデザインが変更され、一部のグレードを除いて燃費を向上させるアイドリングストップ機構なども備わりました。

2015年10月 2世代目のX1(F48)へバトンタッチ

2015年10月、X1は第2世代となるF48型へとフルモデルチェンジ。プラットフォームがE91のFR(後輪駆動)ベースから2シリーズアクティブツアラー/グランツアラー(F45/46)と共通のFF(前輪駆動)ベースへと変更されています。駆動方式はFF(前輪駆動)を採用するsDriveと4WDのxDriveの2種類を設定し、ミッションにはsDriveが6AT、xDriveには8ATが搭載されました。

BMW X1 新旧モデルのボディサイズの違い

全長とホイールベースが短くなったが、室内空間は拡大

E91型3シリーズベースの先代(E84)は全長4485mm×全幅1800mm×全高1575mm。それに対しFFベースの現行型(F48)は全長4455mm×全幅1820mm×全高1610mmと、初代よりも全長が短くなり全高が高くなりました。これにより取り回し性能が向上しましたが、先代(E84)も街中の扱いやすさは折り紙つきですので先代モデルだからと言って不安になる必要はありません。ホイールベースは先代(E84)がE91型3シリーズと同じ2760mm。現行型(F48)は2670mmと先代より90mm短くなりました。全長やホイールベースは現行型(F48)で短くなりましたが、それでもFFベースになったことに加えリアシートに130mmの前後スライド機能をつけられたことで十分な室内空間は確保されています。

現行型X1(F48)sDrive18i 現行型X1(F48)xDrive20i 先代X1(E84)sDrive18i 先代X1(E84)xDrive20i
全長 4,445mm 4,445mm 4,485mm 4,485mm
全幅 1,820mm 1,820mm 1,800mm 1,800mm
全高 1,610mm 1,610mm 1,575mm 1,575mm
ホイールベース 2,670mm 2,670mm 2,760mm 2,760mm
車両重量 1,660kg 1,570kg 1,690kg
トランク容量 505~1,550L 505~1,550L 420~1,350L 420~1,350L

BMW X1新旧モデル エクステリアの違い

キドニーグリルが立体化され、Xシリーズらしい重厚感を演出

先代(E84)で目を引くのがフロントバンパーから続くキドニーグリルとキュッとつり上がったフロントライトでしょう。力強い表情が与えられたことで、コンパクトSUVながら存在感は上のクラスのモデルにも負けていません。現行型(F48)にも同様のフロントライトが採用され先代を彷彿とさせますが、直立したキドニーグリルが採用されるなど、モダンな雰囲気が高められました。また、先代(E84)のリアスタイルはシルバーの大きなアンダーガードが特徴的です。これによりコンパクトながらSUVらしい逞しさが強調されています。現行型(F48)のリアスタイルはアンダーガード付近を中心により立体的になりました。リアライトにはLEDライトバーが配されたことで、スポーティで都会的な印象も高められました。

BMW X1新旧モデルでのインテリアの違い

ドライバーの操作性を考慮したインパネデザイン

メーター周りから助手席の方へ伸びる水平ラインが印象的な先代(E84)のインパネデザイン。このラインはそのままドアトリムへと続きます。SUVでありながらBMWらしいクルマとドライバーがフィットするタイト感を出してスポーティな演出が施されています。操作パネルがわずかに運転席側を向き、操作性に優れているのも人間工学を得意とするBMWらしいデザインです。現行型(F48)でもインパネからドアトリムへと続く水平ラインは健在です。ヒップポイントがE84よりも36mm高められたことにより、運転席から見える景色はかなり変わります。現行型(F48)はコンパクトでありながらXモデルらしさが強調された雰囲気が漂います。現行型(F48)インテリアで印象的なのは、助手席側センターコンソールに仕切りがあること。これによりコックピットとの一体感が高まりました。

BMW X1新旧モデルでのエンジンの違い

縦置きから横置きに変わりターボエンジンが主力に

2L直4を積んだsDrive18i(FR)と3L直6を積んだxDrive25i(4WD)でスタートした先代(E84)。2011年8月には2L直4ツインパワーターボを搭載するxDrive28i(4WD)とxDrive20i(4WD)が加わります。xDrive28iは最高出力180kW(245ps)、最大トルク350Nmを発生する先代(E84)のトップグレードです。現行型(F48)のエンジンはBMW Efficient Dynamicsの理念を追求した新世代モジュラーエンジンが搭載されます。最大出力100kW(136ps)を発生する1.5L直列3気筒ツインパワーターボをはじめ、141kW(192ps)と170kW(231ps)の2つの異なる仕様がある2L直列4気筒ツインパワーターボの2種類です。2011年以降はすべてのグレードが2L以下のエンジンになっています。そのため毎年の自動車税の負担が少なくなくて済むのが嬉しいですね。

現行型X1(F48)sDrive18i 現行型X1(F48)xDrive20i 先代X1(E84)sDrive18i 先代X1(E84)xDrive20i
エンジン 直列3気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHCターボ
総排気量 1,498cc 1,998cc 1,995cc 1,997cc
最高出力 100kw(136ps) 141kw(192ps) 110kw(150ps) 135kw(184ps)
最大トルク 220N・m (22.4kg-m) 280N・m (28.6kg-m) 200N・m (20.4kg-m) 270N・m (27.5kg-m)
タンク容量 61L 61L 60L 60L
JC08モード燃費 15.6km/L 14.6km/L 12.0km/L 13.6km/L

BMW X1 新旧モデルでのグレード・装備の違い

現行型は衝突軽減ブレーキやLEDヘッドライトを標準装備

先代(E84)にはベースグレードのほか、ハイラインパッケージとMスポーツパッケージが設定されていました。MスポーツパッケージはBMW M社が手掛けたスポーツシートやレザーステアリング、18インチアロイホイールなどが備わる人気グレードです。現行型(F48)にはMスポーツのほか、xLineが設定されています。さらに現行型X1(F48)全モデルにエンジンおよび、コーナリング時の走行安定性とハンドリング性能を向上させる「パフォーマンスコントロール」を標準装備。さらに先進安全装備ではカメラによる前方の監視を行い、車線逸脱をドライバーに警告するレーン・ディパーチャー・ウォーニングをはじめ、衝突が不可欠な場合にシステムが自動的にブレーキをかける衝突回避・被害軽減ブレーキ、安全運転に貢献するドライビング・アシストなどが採用されました。また、夜間や日中の悪天候時でもドライバーの視界を確保してくれるLEDヘッドライトも全車に標準装備となっています。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW新旧対決 X1の違いを徹底解説(旧型[E84])vs現行型[F48]) 」 に関するページです。

ページトップへ