メニュー

新型BMW X1 徹底解説。FF化され居住空間はより快適に(417万円から)。

BMW ニューモデル|,

P90183719_highRes

2009年にライバルに先駆け登場したプレミアムコンパクトSUV、BMW X1(E84)。その新型(F48)がとうとう発表されましたよ。登場前にはさまざまな噂が出ていましたが、そのあたりどうなのでしょうか。詳しく解説していきます。

最新情報

・車両価格を更新しました(2018年3月23日)
中古車情報に関連する記事へのリンクを追加しました(2018年3月23日)

BMW X1 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

新型BMW X1のプラットフォーム

BMW X1(F48)

BMW X1の特徴は、なんと言ってもプラットフォームと前輪駆動化でしょう。新型X1には、2シリーズのアクティブツアラー(F45)や先日販売開始されたばかりのグランツアラー(F46)と同じプラットフォームが採用されています。また、このプラットフォームは新型BMW MINI(ハッチバックF56)とも共有されているのが特徴です。

これによって先代は後輪駆動車(FR)だったX1も、新型では前輪駆動(FF)となりました。もちろんX1の特徴の一つである四輪駆動(xDrive)は残されています(ただし後輪駆動ベースの4WDではなく、前輪駆動ベース)。

新型BMW X1のラインアップ

bmwx1f48

全6モデル構成

新型X1のラインアップは、6モデル。ガソリンモデルは3つ(sDrive20i、xDrive20i、xDrive25i)、ディーゼルモデルも3つ(sDrive18d、xDrive20d、xDrive25d)となります。主力モデルは、ディーゼルエンジン搭載のsDrive18dになると思われます。またこちらは噂レベルですが、各自動車メディアでは将来的にプラグインハイブリッドモデルの登場もありえるとしています。

新型BMW X1のボディサイズ

BMW X1(F48)ボディサイズ

こちらに上記の大きな写真があります。

全長は46mm小さなり、操作性はアップ!?

全長4,439mm、全幅1821mm、全高1612mmと、先代と較べて全長で46mm減、ホイールベースも2670mmと先代より90mm減少。小回りの効きやすいモデルとなっている一方で、全幅は21mmアップしています。1800mmを超えているので、都心部などでは先代よりも少し運転しづらいかもしれません。また機械式駐車場を契約している方はチェックしておきたいのが、全高。先代は機械式駐車場を考慮した1545mmとなっていましたが(1550mm制限の機械式駐車場は多い)、今回は大幅アップの1612mm。機械式の方は、購入前に駐車場のチェックをお忘れなく。なお上述のとおり、今回全幅が1800mmを超えていますが、こちらは3シリーズのように「日本仕様」として1800mmにしてくる可能性はあります。

bodysize_bmwx1_1
bodysize_bmwx1_2
bodysize_bmwx1_3

FFによる恩恵。居住性は向上

ボディサイズで注目は全高です。先代より67mmアップしたことで、ヘッドスペースが広がり快適な室内空間となっていることが予測されますね。さらに今回FF採用によって、全長は縮んだものの室内空間は逆に広がっています。例えばフロント座席は36mm、後部座席は64mmスペースが広がり快適になりました。

全高アップとFF化の恩恵は、それだけではありません。ラゲッジルームも、先代(420L・後部座席リクライニング時)より85L拡大。新型では505Lとなっています。なお後部座席は先代同様にリクライニングが可能ですし、40:20:40で分割前倒し可能。すべてのシートを前倒しすることで、積載量は最大1550Lにまで拡大します。

新型 X1 先代 X1 2シリーズ アクティブツアラー アウディ Q3 メルセデス・ベンツ GLA
全長 (mm) 4,439 4,485 4,350 4,400 4,417
全幅 (mm) 1,821 1,800 1,800 1,830 1,804
全高 (mm) 1,612 1,545 1,550 1,595 1,494

新型BMW X1のエンジン

BMW X1(F48)エンジン

用意されるエンジンは5種類。直列4気筒ターボエンジンをベースに、ガソリン2種類、ディーゼル3種類が用意されます(2015年10月にかけて徐々にラインアップされていくとのこと)。

2015年9月追記:9月3日、BMWは新型X1にエントリーグレードとなる1.5リッター直列3気筒ターボエンジンをラインアップに追加することを発表しました。新型パワートレインは、1シリーズや2シリーズに搭載されているエンジンと同様で、ガソリン・ディーゼルそれぞれが用意されるようです。グレード名はガソリン車がsDrive18i、ディーゼル車がsDrive16dとなっています。なお、最高出力や最大トルクは以下を参照ください。

ガソリンエンジン

新世代の2リッター直列4気筒ターボエンジン、1.5リッター直列3気筒ターボエンジンがラインアップされます。最高出力138psから231ps、最大トルクが220Nm〜350Nmと選択するパワートレインによって性能はかなりの開きがありますね。なお燃費は欧州複合モードで15.6〜19.6km/L。同じプラットフォームを使用するアクティブツアラーやグランツアラーとほぼ同じ数値となりました。

sDrive18i sDrive20i xDrive20i xDrive25i
排気量 (cc) 1496 1998 1998 1998
エンジン 直列3気筒ターボ 直列4気筒ターボ 直列4気筒ターボ 直列4気筒ターボ
最高出力 (ps) 138 192 192 231
最大トルク (Nm) 220 280 280 350
0-100km/h加速 9.7 7.7 7.4 6.5
最高速度 (km/h) 204 225 223 235
燃費
欧州複合モード (km/L)
19.6 16.9 15.9 15.6

ディーゼルエンジン

ガソリン同様に4種類のエンジンラインアップ。1.5リッター直列3気筒ターボ、2リッター直列4気筒ターボがベースで、最高出力は190ps〜235ps、最大トルクが330Nm〜450Nmとなっています。燃費は20〜25.6km/L。燃費とパワーのバランスが良い「sDrive18d」がX1の中でも主力となってきそうですね。なおトランスミッションは、6速MTと8速AT(ステップトロニック)が採用されます。ただ日本導入は…おそらくATだけでしょうね。

sDrive16d sDrive18d xDrive20d xDrive25d
排気量 (cc) 1496 1995 1995 1995
エンジン 直列3気筒ターボ 直列4気筒ターボ 直列4気筒ターボ 直列4気筒ターボ
最高出力 (ps) 118 150 190 231
最大トルク (Nm) 270 330 400 450
0-100km/h加速 11.1 9.2 7.6 6.6
最高速度 (km/h) 190 205 219 235
燃費
欧州複合モード (km/L)
25.6 24.4 20.4 20.0

新型BMW X1のインテリア

インパネは艶ありのブラックパネルを採用。

BMWトレンドを反映したエレガントなインテリア

奥行きとモダンな雰囲気を演出する「レイヤリング(複数の面を重ねる手法)」が採用されていたり、インパネなどのパネルに艶のあるブラックパネルが採用されていたりと、最近のBMWトレンドが反映されたデザインとなりました。もちろんナビゲーションシステム「iDrive(6.5インチディスプレイ)」やUSB/AUXソケットなども標準装備されています。

新型BMW X1のデザインライン・Mスポーツ

先代X1(E89)には「xLine」、「Sport」、そしてMスポーツが用意されていましたが、新型にも用意されるようですよ。

bmwx1sport
inte

Sport

エクステリアは先代同様、ハイグロスブラックのキドニーグリルやエアインテーク、ブラック・シルバーを使ったアンダーボディプロテクションなどが装備されます。またインテリアでは、赤またはグレーのステッチ・アクセントが入ったブラックカラーのスポーツシートに、ハイグロスブラック、アルミトリムが用意されています。

x1inte

xLine

エレガントさを全面に出したのがxLine。インテリアにはレザーとクロスを織り交ぜたシートやオークウッドのトリムなど、品のある仕立てとなっています。なおエクステリアにはマットシルバーバーのキドニーグリルを装備。

新型BMW X1の装備

BMW X1(F48)装備

こちらに上記の大きな写真があります。

安全装備と快適性がさらに向上

新型では最先端装備が多く導入されています。新しいBMWヘッドアップディスプレイや、ドライビングアシスタントプラス(衝突回避・被害経験ブレーキ、レーン・ディパーチャー・ウォーニング、ストップ&ゴー機能付クルーズコントロール)、「LEDヘッドライト」、PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)やリアビューカメラなどの駐車支援システムなどが用意されています。これらは基本オプション装備ですが、日本ではいくつかが標準装備化されるかもしれませんね。

新型BMW X1の販売開始と価格

日本では2015年10月24日(土)販売開始、価格は417万円から!

日本での販売開始は24日からとなりました。導入されたモデルは3つで、1.5リッター直列3気筒ターボ搭載の「18i」、2リッター直列4気筒ターボの「20i」、「25i」となっています。価格はエントリーモデルの18iで417万円となっています。先代モデルが登場した際は363万円でしたから50万円ほどアップとなります。

ただ今回は先代ではオプション装備だったり、用意されていなかった「レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱防止システム)」、「ドライビング・アシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)」、「iDrive ナビゲーション・システム」、「LEDヘッドライト」、「BMW コネクテッドドライブ・スタンダード(BMW SOSコール/BMWテレコール)」などが”全車”標準装備となっています。価格としてはむしろお得になっていると考えてもいいでしょう。

モデル エンジン トランスミッション 希望小売価格
X1 sDrive18i 1.5 リッター直列 3 気筒 DOHC 7速AT 417万円
X1 sDrive18ixライン 445万円
X1 sDrive18iMスポーツ 463万円
X1 xDrive20i 2.0 リッター直列 4 気筒 DOHC 8速AT 495万円
X1 xDrive20ixライン 514万円
X1 xDrive20iMスポーツ 533万円
X1 xDrive25ixライン 2.0 リッター直列 4 気筒 DOHC 605万円
X1 xDrive25i Mスポーツ 627万円

新型BMW X1の主要装備

  • PDC/パーク・ディスタンス・コントロール(リヤ、ビジュアル表示機能付)
  • リヤ・ビュー・カメラ(予測進路表示機能付)
  • ドライビング・アシスト
  • レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)
  • 前車接近警告機能
  • 衝突回避・被害軽減ブレーキ
  • BMW SOSコール/BMWテレサービス
  • ドラインビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
  • サーボトロニック(車速感応式パワー・ステアリング)
  • LEDヘッドライト(LEDハイ/ロービーム、LEDフロント・ターン・インジケータ、LEDスモール・ライト・リング)
  • コンフォート・アクセス
  • マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリングホイール*1
  • マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリングホイール*2
  • 40:20:40分割可倒式リヤ・シート
  • アンダー・ラゲッジ・フロアの収納ボックス
  • ストレージ・パッケージ: 12V電源ソケット(センター・コンソール後端、ラゲージ・ルーム内)、シートバック・ネット、収納ネット(ラゲージ・ルーム右側面)、フロント・シート下の収納スペースなど
  • ライト・パッケージ: 照明付きバニティ・ミラー、アンビエント・ライト(フロント&リヤ)、リーディング・ライト(フロント&リヤ)、フロント・センター・コンソール、ストレージ・ボックス内ライト、アンビエント・ライト(フロント・ドア・トリム)、フットウェル・ライト(フロント&リヤ)
  • 10.8インチ・ワイド・コントロール・ディスプレイ
  • HDDナビゲーション・システム
  • iDriveコントローラー(コントロール・ディスプレイ用、ダイレクト・メニュー・コントロール・ボタン、タッチ・パッド付)
    インテグレイテッド・オーナーズ・ハンドブック
  • スピーチ・コントロール
  • USBオーディオ・インターフェース
  • ハンズフリー・テレフォン・システム
  • ITSスポット対応DSRC車載器(ルーム・ミラー内蔵、ETC機能付)
  • *1: スタンダード・モデル、およびxLineに標準装備。
  • *2: M Sportに標準装備。

新型BMW X1の中古車価格相場

BMW X1の第1世代/第2世代の中古車価格についてはこちらので詳しく紹介しています。
ぜひチェックしてみてください!

新型BMW X1の紹介動画

BMW社 公式動画


海外自動車メディア、実車を使った解説動画

フォトギャラリー

クリックで拡大できます。なおこちらのページ(BMW X1のオフィシャル写真集)にて、さらに多くの写真を公開中です。合わせてご覧ください。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「新型BMW X1 徹底解説。FF化され居住空間はより快適に(417万円から)。 」 に関するページです。

ページトップへ