- BMW
メニュー

BMW X1中古車徹底購入ガイド(E84)

BMW中古車探し|,

BMW-X1中古車徹底購入ガイド(E84)

はじめに

こんにちは。Toto BMW BMW Premium Selection 東大和の川村と申します。今回、CLUB BMWさんより依頼を受け、BMW X1の中古車選びの解説を担当することになりました。よろしくお願いいたします。国産車だけでなく、輸入車でもコンパクトSUVは非常に人気が高いのはご存じのとおりです。これは日本だけに限った話ではなく、デザインや使い勝手の良さから世界中でSUVは注目されています。そして、BMWのモデルラインナップでプレミアムコンパクトSUVのカテゴリーに分類されるのが、BMW X1(以下、X1)です。初代X1(E84型)は2010年に登場し、世界中で73万台以上のセールスを記録しました。そして2015年10月に初めてのフルモデルチェンジを行い、2代目X1(F48型)にスイッチしています。新型X1から駆動方式が伝統のFR(後輪駆動)からFF(前輪駆動)に変わったことも話題になったのでご存知の方も多いでしょう。今回は中古車購入についての記事ですから、新型X1(F48型)の話ではありません。フルモデルチェンジによって、今後中古車の流通台数が増加し、価格面でも魅力アップが期待できる初代X1(E84型)の中古車事情を紹介します。多くのライバル存在するコンパクトSUVの中でBMW X1(E84型)の魅力、そしてオススメグレードを紐解いていきましょう。

BMW X1 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

Toto BMW BMW Premium Selection 東大和 川村 洋介さん

Toto BMW BMW Premium Selection 東大和

川村 洋介さん

東大和営業所 副所長。ホテルマンから転職し、Toto BMWに入社して6年目。愛車は2002年式3シリーズ325ツーリング Mスポーツで、3台の3シリーズを乗り継いできた。サッカー、ラグビーを愛するスポーツマン。

X1(E84)の仕様、マイナーチェンジについて

X1(E84)の仕様、マイナーチェンジ

クロスオーバーモデル、Xシリーズで初めて2WDを採用

新世代のプレミアムコンパクトSUVとして2010年4月に登場した初代X1(E84)。BMWのSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)のラインナップの中で、他のXシリーズと異なるのは駆動方式が4WD(全輪駆動)のほかにFR(後輪駆動)がラインナップされたことでしょう。グレードは2010年のデビュー当初は2L直列4気筒DOHCエンジンを搭載するsDrive18i(FR)。そして3L直列6気筒DOHCエンジンを搭載するxDrive25i(4WD)の2種類でした。その後2011年8月には2L直列4気筒DOHCターボのxDrive28i(4WD)とxDrive20i(4WD)が加わりました。この2モデルは同じエンジンを搭載していますが、xDrive28iは最高出力180kW(245ps)/350N・m(35.7kg-m)、xDrive20iは最高出力135kW(184ps)/最大トルク270N・m(27.5kg-m)とエンジンの仕様が異なります。X1の車名に付くsDriveはFR車(2WD)、xDriveは4WD車となっています。

BMW X1(E84型)ボディサイズ・車両重量

グレード名 生産期間 全長 全幅 全高 車両重量
sDrive18i 2010年4月〜2012年8月 4,470mm 1,800mm 1,545mm 1,560kg
2012年9月〜2013年3月 4,485mm 1,800mm 1,545mm 1,570kg
2013年4月〜2015年9月 4,485mm 1,800mm 1,575mm 1,570kg
sDrive20i 2010年4月〜2012年8月
2012年9月〜2013年3月 4,485mm 1,800mm 1,545mm 1,600kg
2013年4月〜2015年9月 4,485mm 1,800mm 1,575mm 1,600kg
xDrive25i 2010年4月〜2012年8月 4,470mm 1,800mm 1,545mm 1,710kg
2012年9月〜2013年3月
2013年4月〜2015年9月
xDrive20i 2010年4月〜2012年8月 4,470mm 1,800mm 1,545mm 1,680kg
2012年9月〜2013年3月 4,485mm 1,800mm 1,545mm 1,690kg
2013年4月〜2015年9月 4,485mm 1,800mm 1,575mm 1,690kg
xDrive28i 2010年4月〜2012年8月 4,470mm 1,800mm 1,545mm 1,680kg
2012年9月〜2013年3月 4,485mm 1,800mm 1,545mm 1,690kg
2013年4月〜2015年9月 4,485mm 1,800mm 1,575mm 1,690kg

BMW X1(E84型)エンジンスペック

グレード名 搭載エンジン 最高出力 最大トルク JC08モード燃費
sDrive18i 2L直列4気筒DOHC 110kW(150ps) 200Nm(20.4kg-m) 10.8km/L
2L直列4気筒DOHC 110kW(150ps) 200Nm(20.4kg-m) 12.0km/L
2L直列4気筒DOHC 110kW(150ps) 200Nm(20.4kg-m) 12.0km/L
sDrive20i
2L直列4気筒DOHCターボ 135kW(184ps) 270Nm(27.5kg-m) 14.9km/L
2L直列4気筒DOHCターボ 135kW(184ps) 270Nm(27.5kg-m) 14.9km/L
xDrive25i 3L直列6気筒DOHC 160kW(218ps) 280Nm(28.6kg-m) 9.8km/L
xDrive20i 2L直列4気筒DOHCターボ 135kW(184ps) 270Nm(27.5kg-m) 11.4km/L
2L直列4気筒DOHCターボ 135kW(184ps) 270Nm(27.5kg-m) 13.6km/L
2L直列4気筒DOHCターボ 135kW(184ps) 270Nm(27.5kg-m) 13.6km/L
xDrive28i 2L直列4気筒DOHCターボ 180kW(245ps) 350Nm(35.7kg-m) 11.8km/L
2L直列4気筒DOHCターボ 180kW(245ps) 350Nm(35.7kg-m) 13.6km/L
2L直列4気筒DOHCターボ 180kW(245ps) 350Nm(35.7kg-m) 13.6km/L
マイナーチェンジ前のX1-(E84)
マイナーチェンジ後のX1-(E84)

2012年9月にマイナーチェンジし

エクステリアの変更を伴うマイナーチェンジは2012年9月に行われました。フロントバンパーやリアスカートのデザインが変更され、精悍な印象が高められています。コンパクトSUVのカテゴリーでは都市部で生活し2WDを求めるユーザーも多いため、FR車をこれまでのsDrive18iのほかに2L直列4気筒ターボを搭載するsDrive20iを追加することで、FR車を求めるユーザーの選択の幅が広がっています。なお、このタイミングでxDrive25iは廃止されました。

2013年4月-X1がマイナーアップデート

2013年4月にもマイナーアップデート

2013年4月には4WDモデルに車速に応じてパワステのアシスト量を可変制御するサーボトロニックを標準装備としました。これにより高速走行時の安定性が向上すると同時に、市街地などでの低速走行時や駐車時の取り回し性能が向上しました。

全国の中古車在庫や人気モデルについて

BMW-X1-全国の中古車

前期型のX1が全国の中古車在庫の半数を占めます

2015年12月現在、初期型X1(E84型)の中古車は全国で360台ほど流通しています。デビューイヤーとなる2010年式は2015年に2度目の車検を迎えたことで価格面での魅力がグンとアップしています。中古車は一般的に、走行距離5万kmもしくは登録から5年が経過すると中古車相場が下がり安くなるからです。X1(E84型)は翌年の2011年そして2012年のマイナーチェンジ前の中古車が全体の50%を占めています。車検を受けたばかりの中古車が今後増えてきて、購入後のランニングコストを抑える側面からも初代X1(E84型)の中古車は注目と言えるでしょう。

4WD車に人気が集中する一方でFR車のsDrive18iはお得感が高い

コンパクトSUVのカテゴリーを求めるユーザーは都市部に住んでいる人が多いということもあり、4WDが必要となる使い方をしないケースが多く、2012年9月のマイナーチェンジ以前の前期型だけでもsDrive18iはハイラインパッケージやMスポーツパッケージを含めて120台以上流通しています。グレードで見てみると、最もベーシックなsDrive18iが最も多く、sDrive18i Mスポーツパッケージ、sDrive18iハイラインパッケージと続きます。FR車で最も少ないsDrive18iハイラインパッケージでさえ、4WDモデルで最も多いxDrive25iよりも流通台数が豊富なので、自分にマッチした1台はsDrive18iでなら探しやすいでしょう。

中古車では2WDと4WDの価格差は新車時ほどではない

BMW-X1-2WD-4WDの人気度合

SUVの中古車でよく見られるケースが、相場が下がってきたことによって2WD車と4WD車の価格差が縮まり、俄然4WD車に人気が集中します。新車当時、sDrive18iとxDrive25iの価格差は123万円ありました。しかし現在はsDrive18iの前期型中古車は平均価格が200万円を割り込んで約195万円、一方のxDrive25iの平均価格は約228万円と約33万円まで縮まっています。この価格差に注目すると4WD車がお得!と言えるのでしょう。しかし、流通台数が少ないため、自分に合った1台を見つけるのは難しいのが現実です。とはいえ、5年落ちで走行5万km前後ですが、プレミアムSUVの初代X1(E84型)が新車の日産ジュークより安く手に入るというのは喜ばしい状況でしょう。同じsDrive18iでもエアロパーツやスポーツサスペンションを装着し、走りにさらに磨きをかけたMスポーツパッケージになると平均価格は20万円ほど高くなります。一方、本革シートを標準装備するなど豪華装備が魅力なハイラインパッケージの平均価格はベース車とわずか4万円差となっています。こうして考えてみると、現在、初代X1(E84型)の中古車の狙い目はsDrive18iハイラインパッケージもしくはベースグレードというのが見えてきました。

前期型は180万~220万円が中心、後期型なら予算300万円

中古車相場を見てみると2010年~2012年までの前期型と2012年~2015年までの後期型で相場がハッキリと分かれています。前期型は180万~220万円がボリュームゾーン。後期型だと320万円以上の中古車が多くなっています。さきほど、流通台数の多さは圧倒的にsDrive18iのほうが多いと紹介しました。そして中古車としてのバリューを考えると2010~2012年までの前期型に絞ったほうが、得策と言えるのではないでしょうか。中古車の走行距離を見てみても、2010年式でも3万~5万kmが中心で、2011年式でもそれほど変わりません。中古車は年8万kmを超えると過走行車と言われ、相場が下がってしまうのですが、初代X1(E84型)の中古車はそういう過走行物件が少ないので安心して選べます。ボディカラーは白のアルピン・ホワイトⅢが圧倒的に多く、続いては黒のブラックサファイアが続きます。そのほかの色はかなり少なめです。

4WD を狙うならxDrive20iがオススメ

BMW-X1-4WD-ならxDrive20iがオススメ

もし、どうしても4WDがほしいという方はエンジンが2L直列4気筒DOHCターボに換装されたxDrive20iを狙ってみるのはどうでしょうか。シルキー6と呼ばれるBMWの直列6気筒エンジンを搭載したxDrive25iは流通台数も少ないですし、購入後の税金や燃料代などのランニングコストを考えると後になって割高感を感じるかもしれません。そこでオススメなのがxDrive20iです。ベーシックな選択になるであろうxDrive20iの前期型は中古車の平均価格が235万円です。搭載される2L直列4気筒DOHCターボは最高出力135kW(184ps)を発生、ボディサイズがコンパクトで車両重量が1680kgに抑えられているxDrive20iならば十分スポーティな走りが楽しめます。BMWの最新トレンドとなっているダウンサイジングターボの感覚を味わいたい人にとって、狙い目のモデルと言えるでしょう。

最後に

初代X1(E84型)は決して古いモデルではありませんが、初年度モデルはデビューから5年以上が経過しています。状態などが気になる人はBMW正規ディーラーの認定中古車を選ぶのがオススメです。納車前の徹底した点検・整備はもちろん、通常の認定中古車でも1年間走行距離2万km以内の保証、BMW Premium Selectionなら2年間走行距離無制限の保証が付いてきます。初代X1(E84型)はコンパクトSUVのカテゴリーの中で唯一FR駆動を採用しているモデルです。SUVながらBMWらしいスポーティな走りを200万円以下で味わえますので、この機会にスポーティSUVを味わってみてはいかがでしょうか。

最後にToto BMW 東大和営業所の紹介をさせてください。1968年創業でBMWの販売、整備に豊富な経験がありますので、安心して皆さんのBMWライフをお任せいただけます。Toto BMW 東大和営業所はBMWの認定中古車の販売を行うBMW Premium Selectionだけではなく、新車ショールームも併設されています。BMWを新車で購入するのか、中古車で購入するのかを迷っているどちらの方にもご希望に合わせてご提案させていただきます。認定中古車は常時50台以上をご用意していますので、豊富な選択肢の中からお好みのモデルをお選びください。また、サーキットイベントなどBMWを楽しむためのイベント企画も積極的に行っていますので、BMW購入後も末永くお付き合いいただければ幸いです。下記に当店の紹介動画もご紹介させていただきますので、よろしければご覧くださいませ。

動画:Toto BMW BMW Premium Selection 東大和 紹介動画

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

Toto BMW BMW Premium Selection 東大和

電車でいらっしゃる際の最寄り駅は西武多摩湖線「武蔵大和」になります。八王子市や三鷹市、所沢市からのアクセスも良好ですのでお気軽にご来店ください。

住所:東京都東大和市清水4-1125
電話:042-562-2641 | 営業:9:30~19:00 | 定休:火曜日

HP:公式サイト

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW X1中古車徹底購入ガイド(E84) 」 に関するページです。

ページトップへ