メニュー

中古部品を利用した第1世代ミニクーパーのCVT→MT化

ミニクーパー カスタム|, , , ,

中古部品を利用したミニクーパーのCVT→MT化

こんにちは、福井県福井市のファイブスターの蒔田です。前回のコラムで第1世代ミニの中古車がじわじわと人気が出てきている話をご紹介しましたが、最近ファイブスターでは第1世代ミニの引き合いが多く、今回も第1世代ミニの話になります。先日、第1世代のミニクーパー コンバーチブル(R52)の中古車を販売させていただきました。4シーターのオープンカーは実は他メーカーにはなかなかありません。オープン状態で走行しても暖房が効いたり、シートヒーターを装備していればさらに快適だったりするので、ミニコンバーチブルは福井県のような冬が寒い地域でもオススメできるミニで、第1世代なら手ごろな値段で購入が可能ですよ。そのミニコンバーチブルで少し面白い整備(カスタム?)を行ったのでこちらのコラムで紹介させてください。

ファイブスター 蒔田 真裕さん

ファイブスター

蒔田 真裕さん

2000年式ミニメイフェアを新車で購入したのを機にミニの世界にどっぷりと浸かりはじめ、メカニック修行を経て、2005年にファイブスターを創業。クラシックミニ、BMW MINIの販売とカスタムを手掛けている。元パン職人。

CVTのミニクーパー コンバーチブルをMT化

CVTのミニクーパー コンバーチブルをMT化

CVTをMT化し、コンバーチブルをもっと楽しいミニへとカスタム

さて、今回のクーパーのコンバーチブルですが、第1世代のミニでありがちなCVTトラブル(第1世代ミニは後期のクーパーS以外はATに似たCVTという機構を採用)が発生しており、納車前に整備が必要でした。昔はCVTのトラブルとなると高額な修理費用がかかっていましたが、今は修理費用も手ごろになり、修理用の対策部品も用意されています。今回は新しいオーナーさんと相談した結果、「どうせならCVTではなくマニュアル化しよう」という話になりました。新オーナーはMT車好きの方で、MT化できるのであれば、そちらの方が面白そうと思っていただけたようです。コンバーチブルやクーペ、ロードスターなどを購入するオーナさんには他のミニと比べてMT車を選ぶ方が多いですね。車好きの方が選ぶ通好みのミニということなのでしょう。

中古部品を使用してミニの修理費用を抑える

中古部品を使用すればコストを抑えられますよ

CVT→MT化の作業と言ってもみなさんはピンとこないでしょう。「エンジンを丸ごと載せ換え?」と思うかもしれませんが、実はミッションとクラッチ部分の部品を交換すれば(厳密にはそれだけの部品ではありませんが)MT化が可能です。新品の部品を使っての載せ換えとなると、正確に計算したことはありませんが部品代、工賃を含めて100万円オーバーになるでしょう。そこまでの予算になるとお客さんにMT化を気軽にオススメできませんが、中古部品を使用してMT化すれば各段に安い予算で作業することができますよ(中古部品の金額はその時々によって違います)。希望の世代やグレード、年式を指定して、車の中古部品を扱う会社のネットワークで探してもらい、部品の手配が可能です。今回のようにミッションだけで探すこともできますし、エンジン丸ごとやボンネットやドアパネル、ヘッドライトレンズやサイドミラーなどを探すこともでき、予算に制限のある修理やカスタムの際は役立つこともあります。ただし、中古部品なので部品のコンディションには注意を払う必要があります。そこはミニのエキスパートのファイブスタースタッフにお任せください。

修理作業のついでに各部の点検も行います

せっかくなのでCVT→MT化の作業行程を簡単にご紹介しましょう。エンジン回りの部品交換なのでエンジンを下しての作業となります。なかなかエンジンを下す機会はありませんから、この機会に普段は手が届かない箇所を綺麗にして、何かトラブルの予兆がないのかのチェックも行います。ミッションケース内部もかなり汚れていたのできっちりと洗浄して綺麗な状態で部品を組み込みます。MT化の作業自体はそれほど複雑なものではありませんが、各部のチェック(トラブルの予兆だけではなく、ボルトの状態や緩みなどもチェックします)も注意深く行うので気が抜けません。これからお客様に納車して、永くミニコンバーチブルを楽しんでいただくので、MT化作業と車の登録時の点検作業は注意深く行いました。

修理だけではなく、カスタム時にも中古部品が役立つことも

今回は第1世代のミッションの載せ換えについての紹介でしたが、ミニの中古部品は第1、2世代のミニなら幅広く手配することも可能です。第3世代のミニ用も探せば何とかなるかもしれません。板金修理が難しいほどダメージを受けたボディパーツの交換や、クーパーSにクーパーのボンネットとグリルを取り付けたい、クーパーSのスポーツシートを探している、など何なりとご相談ください。

ショップ案内

FIVESTAR

旧国道8号線沿い、福井市の南側にあります。高速道路でも最寄りは福井ICもしくは鯖江ICで、電車でお越しの方は福井鉄道福武線の「ハーモニーホール駅」が最寄り駅になります。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

FIVESTAR

旧国道8号線沿い、福井市の南側にあります。高速道路でも最寄りは福井ICもしくは鯖江ICで、電車でお越しの方は福井鉄道福武線の「ハーモニーホール駅」が最寄り駅になります。
住所:福井県福井市今市町35-3-2 | 電話:0776-37-3221
営業:9:30〜18:30 | 定休:水曜日

HP:公式サイト

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「中古部品を利用した第1世代ミニクーパーのCVT→MT化 」 に関するページです。

ページトップへ