メニュー

昨年のMINIペースマンに続き、今年はBMW i3 が 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト選出

編集部通信|

BMWI i3がカー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーに。

昨年のMINIペースマンに続き、今年はBMW i3が10ベストカーに選出!

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会主催の2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーが発表されましたよ。

日本カー・オブ・ザ・イヤーには5年連続でベスト10入りしているBMWグループ(受賞遍歴はこちら。ページ内遷移)。昨年はMINIペースマンが10ベストカー入りしましたよね。今年は残念ながらMINIの選出はありませんでしたが、同じグループのBMW i3が10ベストカー選ばれましたよ(この10台の中から日本カー・オブ・ザ・イヤーが1台、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーが1台決定されます。2013-2014年ではBMW 3シリーズがインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いています)。最終選考会は10月13日(月・祝)に実施されます。

2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー。10ベストカー一覧

  • BMW i3
    BMW i3
  • メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
    メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
  • プジョー 308
    プジョー 308
  • ジープ チェロキー
    ジープ チェロキー
  • スバル レヴォーグ
    スバル レヴォーグ
  • ニッサン スカイライン
    ニッサン スカイライン
  • トヨタ ヴォクシー/ノア
    トヨタ ヴォクシー/ノア
  • ホンダ N-WGN/N-WGN カスタム
    ホンダ N-WGN/N-WGN カスタム
  • スズキ ハスラー
    スズキ ハスラー
  • マツダ デミオ
    マツダ デミオ

日本カー・オブ・ザ・イヤーとは

市販を前提とした日本国内の乗用車から、年間を通じて最も優秀な乗用車を選定するタイトル。開発者、製造時業者を称えることで、性能・品質・安全の向上を促進するとともに自動車業界発展と地球環境保護・交通安全に寄与することが目的とされている。ちなみに日本カー・オブ・ザ・イヤー以外にも世界各地でカー・オブ・ザ・イヤーが存在している。日本は1980年が第1回で今年は35回目を無糧いる。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは実行委員、評議員、選考委員で構成されている。実行委員は自動車雑誌、自動車関係の記事を積極的に扱っている一般雑誌、紙、放送、Web媒体などの媒体本位で構成され、その実行委員から推薦を受けた59名が選考委員となり、厳正な投票が行なわれる。

日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト

BMWグループの受賞歴(過去5年)

  1. 2014-2015: BMW i3
  2. 2013-2014: MINIペースマン
  3. 2012-2013: BMW 3シリーズ(インポート・カー・オブ・ザ・イヤー)
  4. 2011-2012: BMW 1シリーズ
  5. 2010-2011: BMW 5シリーズ

BMW i3について

電気だけで走行するBMW初の量産車がi3。電気自動車(EV)というと国産車の三菱「アイ・ミーブ」や日産「リーフ」などが思い浮かびますよね。プレミアムブランドBMWが放つEVカーとはどんなものなのでしょうか。

このBMW EV。実はBMWらしからぬデザインになっていますよ。まずボディサイズは全長4,010mm、全幅1,775mm、全高1,550mmとミニ並みのコンパクトさ。エクステリアもロゴエンブレムやBMWの象徴と言えるキドニーグリル(空気を通す必要がないのでクローズドタイプに)はあるものの、U字型LEDヘッドライトとテールライト、ボンネットからルーフ、リアドアにかけてのブラックベルト塗装、コーチドアと呼ばれる観音開きの4枚ドアなど、これまでのBMWとはかなりデザインが異なっています。

ただパワートレインは、BMWらしさ満載です。後輪駆動のRR、前後50:50の重量配分、低重心化といったBMWの伝統を実現し、BMWの象徴と言える「駆け抜ける喜び」を電気自動車でも体感できるというのがウリ。ちなみに時速60キロまで3.7秒、100キロまで7.2秒、最高速度150キロを実現しているようですよ(最高出力170ps、最大トルク250Nmと非常にパワーがあります)。気になる燃費ですが、電気自動車だけにすごいです。JC08モードで299km! ガソリンやハイブリッド、ディーゼルとは桁が違いますね。

ただEVの最大の課題が航続距離。インフラが充分に充実していないEVは、より長い航続距離がもとめられます。i3の航続距離は通常の「コンフォートモード」で130~160km、「ECO PRO MODE」で150〜180kmといったところ。「ECO PRO + MODE(エアコンなどの使用なし)」では170〜200kmまで伸びるようですが…。うーん、経済性は抜群ですが、実用面を考えるともう少し後続距離が欲しいですかね(航続距離を追加で300km伸ばせる「レンジエクステンダー(650ccガソリンエンジンを追加で装備するモデル)」もラインナップされているようです)。価格は499万円(税込)、レンジエクステンダーモデルが546万円です。さすがにお高いですねぇ。

BMW i3の特徴

  • 最大出力125kW/170ps、最大トルク250Nmを発生する電気モーターおよび総電力量22kWhのリチウムイオン電池を搭載し、7.2秒の0-100km/h加速をゼロ・エミッション走行で実現。
  • 一回の充電で、約160kmまでの走行が可能。走行モードをECO PRO(エコ・プロ)モードにする事により約180km、ECO PRO+(プラス)にする事により約200kmまで航続距離を延ばす事が可能(実用走行を想定したBMW社内基準)。
  • レンジ・エクステンダー(発電用エンジン)搭載モデルにおいては、航続距離を約300kmまで延ばす事が可能。
  • 日本仕様のBMW i3はCHAdeMO(チャデモ)方式の急速充電に対応している。急速充電の利用により、約30分で80%充電が可能となる。通常使用する自宅や勤務先での普通充電の場合は、約8時間で満充電となる。
  • 車両寸法は日本の機械式駐車場の利用が可能となるよう、全幅1,775mm、全高1,550mmを実現。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「昨年のMINIペースマンに続き、今年はBMW i3 が 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト選出 」 に関するページです。

ページトップへ