- BMW
メニュー

BMW5シリーズ セダン(F10) 徹底購入ガイド

BMW徹底解説|

P90126654_highRes

目次

  1. モデル概要
  2. 2013年実施のマイナーチェンジについて
  3. ボディサイズ
  4. インテリア
  5. 試乗インプレッション
  6. グレードとエンジン(燃費)
  7. グレードごとの装備差
  8. デザインライン・Mスポーツとの装備差
  9. オプションパッケージ
  10. ボディカラー
  11. 価格・エコカー減税優遇額
  12. ギャラリー(動画・写真)

BMW5シリーズ セダン(F10)のモデル概要

1972年に登場した初代BMW 5シリーズ

充実の装備とともにラインアップされる主力モデル

1972年に端を発する、40年以上の歴史を持つBMW 5シリーズ。2009年3月に登場したハッチバック型グランツーリスモ(F07)が5シリーズの歴史のはじまりで、6代目5セダンは2010年3月に登場しました。半年後に登場したステーションワゴンのツーリング(F11)とともに、BMWの中核を担う主力モデルとして君臨しています。F01の7シリーズと共有となるプラットフォーム採用により、ボディサイズが先代7シリーズ並みの大きさに拡大したことが6代目の特徴なのです。

マイルドな外装にダウンサイジングされたエンジン、8速ATとの組み合わせによる加速と燃費の向上、20kg以上の軽量化、取り回しと高速走行時の安定性を向上させるインテグレイテッド・アクティブ・ステアリングの採用など、5代目(E60)と比較してもあらゆる面でのグレードアップを果たしています。

BMW 5シリーズ 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

2013年実施のマイナーチェンジについて

BMW5シリーズ_前期後期モデル比較

大きく装備が充実した後期モデル

2013年9月にマイナーチェンジを向けて以降、同年11月、そして2014年6月とアップグレードを行ってきた5セダン。まず2010年9月のマイナーチェンジでは、新デザインのキドニーグリルやヘッドライト(上級モデルにはアダプティブLEDヘッドライトが)、前後バンパー、リア・コンビネーション・ライトの換装といったエクステリアが大幅に変更。そして3シリーズで採用され評判のデザインライン(モダン / ラグジュアリーなど、オプションをパッケージ化したもの)が5シリーズにも導入されています。さらに、万一の際にドライバーを守ってくれる「BMW SOSコール*1」および「BMWテレサービス*2」などの安全装備が全車標準装備となりました。

その2ヶ月後の2013年11月には、前車接近警告機構、アクティブクルーズコントロール、衝突回避・被害軽減ブレーキ、車線の逸脱防止支援システムという4つの機能を備えた最新のドライバー支援システムのドライビングアシストプラス(BMW SOSコール、BMWテレサービス*1,2)が全車標準装備となりました。

2014年6月には、528iでオプション装備だったアダプティブLEDヘッドライトが標準化。2010年のデビュー当時のモデルと見比べると、とりわけエクステリアや安全面の向上が主な着手内容で、その充実ぶりには目を見張るものがあります。

  • *1:万が一の事故発生時に、車両の通信機能を介してSOSコールセンターに接続し、救急や消防といった機関の早急な手配を行ってくれる。
  • *2:車両がメンテナンス情報やバッテリー電圧の低下などの情報をBMWディーラーに通知するサービス。適切なメンテナスが受けられるようになります。また路上故障の際など、車両通信機能を利用し、エマージェンシーサービスへ車両情報を含めて連絡、正確で素早いサポートを受けられます。

BMW5シリーズ セダン(F10)のボディサイズ

BMW5シリーズ エクステリア

エレガントさの中に、BMWらしいスポーティさを

このBMW 5シリーズは、メーカー同士がしのぎを削るEセグメントに属します。以下の図で、メルセデス・ベンツやアウディ、ポルシェ、トヨタ・レクサスGSなどライバルモデルのサイズと比較してみました。結果的には10センチ前後の誤差程度ですが、スポーツドライビングにこだわるBMWらしく、ややコンパクトにまとめられた印象です。他メーカーのモデルと乗り比べたとき、取り回しでその差を体感することができるでしょう。

ライバル勢のボディサイズ比較

  BMW 5シリーズ メルセデス・ベンツ Eクラス アウディ A6 ポルシェ パナメーラ トヨタ LEXUS GS
全長(mm) 4,915 4,890 4,930 5,015〜5,065 4,850
全幅(mm) 1,860 1,855 1,875 1,930 1,840
全高(mm) 1,475 1,455 1,435〜1,465 1,410〜1,425 1,455
ホイールベース(mm) 2,970 2,875 2,910 2,920 2,850
最小回転半径(m) 5.5 5.3 5.7 5.3

BMW5シリーズ セダン(F10)のインテリア

BMW5シリーズ インテリア

豪華なスポーツデザイン!?

エンジン屋とも言われるBMW、ライバル車に比べてスポーツ性に優れたエンジンを提供する一方でインテリアはシンプルなものが多いのが特徴です(同じドイツ車ではポルシェなどもシンプルですよね)。ただ5シリーズでは、さすがはプレミアムモデルと頷けるモダンでエレガントなインテリア構成となっています。

グロスブラック(艶ありブラック)とレザー、そして効果的なトリムで演出されるコクピットは、メルセデスベンツやアウディといったライバル車と比較しても全く遜色のないレベル。ただひたすらにゴージャスというわけではなく、BMWらしいスポーツ性がアクセントになっているのも好印象です。

プレミアムモデルらしい先端装備

最新テクノロジーも豊富に採用されています。まずは進化したiDriveナビ。こちらは従来からあったダイヤルとボタン操作に加えて、指による文字入力や音声認識にも対応。国産車からの乗り換えユーザーでも違和感なく(むしろ便利に)使用することが出来ます。

さらにアダプティブLEDヘッドライト(自動でハイビームとロービームを選択してくれたり、コーナーなど、走行する方向に照射確度を変化させてくれる)や、左右後方からの車の接近をドライバーに警告する「レーンチェンジ・ウォーニング」などが用意されています。

BMW5シリーズ セダン(F10)の試乗インプレッション

BMW5シリーズ 試乗

スポーツ・エグゼクティブ・セダンのあるべき走りを具現化

試乗車は、排気量4,394cc / 4.4リッター V型8気筒DOHCターボエンジン搭載の5セダン最上級モデル、550i Mスポーツ。最高出力は450ps / 5500rpm、最大トルクは650Nm / 4500rpmを誇ります。日本のロードシーンには十分すぎるパワーで、試乗前はオーバースペックな印象が否めませんでしたが、実際に乗ってみるとその心配が杞憂であったとすぐに気づかせてくれました。走り出しは滑らかで素直、流れるような動き出しが心地よい。

混雑気味の都内でも、滑らかにシフトアップしてくれるのでストレスなく流れに合わせて走れます。特筆すべきは発進時の力強さ。さすが先代のM5を上回る性能のエンジンと感心させられる立ち上がりで、かといってパワーに振り回される心配のない“ちょうどいい”加速感が好印象です。

ハイウェイに乗れば、水を得た魚のように本領を発揮する550i Mスポーツ。アクセルを踏み込んだときの沸き上がるパワーとトルクは、これぞBMW!と唸らされる野太さ。加速時のシフトチェンジも小気味よく、味わい深いトルクとともにスムーズにスピードアップしていきます。このあたりはスポーツモデルとしての真価が発揮されたシーンと言えるでしょう。

ハンドリングも申し分なし、コーナリング時のステアリング操作の軽快さはさすがの一言。こちらも車両のサイズ感やエンジン性能など、あらゆる要素の組み合わせに起因するものでしょうが、試乗前のモアパワーに対するイメージはなんだったんだ、と思わされるほどの安定感が味わえるのがこのハンドリングです。

スペックだけ見比べると、この550iと523iには大きな開きがあるように思えますが、乗ってみればそれが先入観であることがすぐに分かります。スポーツドライビングを楽しませてくれるエグゼクティブセダンとしての完成度は、文句のつけようがないレベルに達していると言えます。

BMW5シリーズ セダン(F10)のグレードとエンジン

BMW5シリーズ エンジン

モデルのキャラクターはエンジンごとにチェック!

2010年のフルモデルチェンジによりドロップされた6代目5セダンの各種エンジン。それぞれのキャラクターを紐解いていきましょう。

2リッター 直列4気筒DOHC

2010年デビュー当時は2.5リッター直列6気筒でしたが、2011年のマイナーチェンジにより現在の仕様にアップグレード。搭載されているのは523iと528iで、最高出力184ps、最大トルク270Nmという523iに対し、528iは後者は最高出力が245ps、最大トルクが350Nmという設定に。

2リッター 直列4気筒DOHC(ディーゼル)

2012年8月より投入された523dのディーゼルエンジン。最高出力が184ps、最大トルクが380Nmと、523iと比べて若干パフォーマンスアップを果たしています。

3リッター 直列6気筒DOHC

BMWツインパワー・テクノロジーを採用する直噴3,000ccターボエンジンで、アクティブハイブリッド5もこちらをベースにしています。2012年9月、アイドリングストップ機能が搭載され、9.3km/Lだった燃費が12.2km/L(JC08モード)まで向上しています。

4.4リッター V型8気筒DOHC

排気量が4,395ccにおよぶツインスクロールツインターボ搭載のエンジンで、最高出力が560PS、パワーウエイトレシオが3.3kg/PSとされています。M5専用のフロントエアインテーク、ディフューザー、4本出しマフラーを装備し、変速機はデュアルクラッチトランスミッションとなっています。

アクティブハイブリッド5

BMWのハイブリッドエンジン。最高出力305ps、最大トルク400Nmの3リッター直列6気筒エンジンに、最高出力55ps、最大トルク210Nmを組み合わせており、システム全体では340ps、450Nmを発揮する。燃費性能は13.6km/Lと、535iよりも約5%向上。「なんだ5%か」というなかれ。このアクティブハイブリッド5、なんと535iセダン(3L 直列6気筒DOHC)の840万円に対し、わずか10万円の上昇にすぎないのです。これはかなり魅力的な価格設定と言えるでしょう。

5シリーズ・日本導入モデルのエンジン一覧

モデル エンジン ミッション 最高出力 最大トルク JC08モード燃費
523i 2L 直列4気筒DOHC 8AT 184 ps 270 Nm 14.2km/L
523d 2L直列4気筒DOHC 8AT 184 ps 380 Nm 16.6km/L
528i 2L 直列4気筒DOHC 8AT 245 ps 350 Nm 13.6km/L
535i 3L 直列6気筒DOHC 8AT 306 ps 400 Nm 13.0km/L
550i 4.4L V型8気筒DOHC 8AT 450 ps 650 Nm 9.2km/L
アクティブハイブリッド5 3L 直列6気筒DOHC 8AT
  • システム全体 340ps
  • エンジン 306ps
  • モーター 55ps
  • システム全体 450Nm
  • エンジン 400Nm
  • モーター 210Nm
13.6km/L

BMW5シリーズ セダン(F10)のグレードごとの装備差

BMW5シリーズ グレード

気になるモデル同士の装備と価格を把握しよう

2013年のマイナーチェンジによってグレードが増えた一方、各モデルともエクステリアをはじめとする装備が増え、装備の差は数えるほどになっているのが現状です。次の項目にあるオプションパッケージとの組み合わせ次第で、自分だけの一台を手にすることができるので、気になるモデルとワンランク上のモデルの装備ラインアップと本体価格を把握したうえで、オプションパッケージなどをにらみながら検討するのがベストですね。

523i 523d 528i 535i 550i アクティブハイブリッド5
車両本体価格 633〜687万円 656〜710万円 699〜739万円 902〜953万円 1101〜1150万円 912〜955万円
電子油圧制御式8速オートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)
電子油圧制御式8速スポーツ・オートマチック・トランスミッション(スポーツ・オートマチック・セレクター・レバー、ステップトロニック、シフト・パドル付)
シフト・パドル
ドライビング・パフォーマンス・コントロール (ECO PROモード付)
ダイナミック・ダンピング・コントロール
サーボトロニック
(車速感応式パワー・ステアリング)
インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング
(前後輪統合制御ステアリング・システム)

デザインライン、Mスポーツの装備差

各グレードでは装備差が少ないBMW 5シリーズですが、デザインライン間では装備の差別化が行われています。ちなみに各デザインラインともにグレードに関係なく一律の価格が設定されています(Modern、Luxuryがスタンダード+54万円、Mスポーツが+46万円)。それぞれ具体的な装備差は以下を参照ください。

エクステリア

スタンダード modern / Luxury M Sport
M エアロダイナミクス・パッケージ
フロント・エプロン、サイド・スカート、リヤ・スカート
電動調節式&電動可倒式ワイド・アングル・ドア・ミラー
左右:自動防眩機構/ヒーター内蔵、助手席側:リバース・ポジション付
クローム・ライン・エクステリア
サイド・ウインドー・フレーム・モールディング
BMW Individual ハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア
ブラック・サイド・ウインドー・フレーム・モールディング〔光沢仕上げ〕
ソフト・クローズ・ドア 550iのみ標準装備 550iのみ標準装備 550iのみ標準装備
アダプティブLEDヘッド・ライト 523i/523dのみオプション 523i/523dのみオプション 523i/523dのみオプション
バイ・キセノン・ヘッドライト
LEDフロント・フォグ・ランプ 523i/523d/528iのみオプション
リヤ・フォグ・ランプ
エキゾースト・テールパイプ
クローム仕上げ
エキゾースト・テールパイプ
ダーク・クローム仕上げ

ホイール

スタンダード modern / Luxury M Sport
17Vスポーク・スタイリング236 アロイ・ホイール
8J×17ホイール+225/55R17タイヤ 〔ランフラット・タイヤ〕
523i/523d
17インチ マルチスポーク・スタイリング456 アロイ・ホイール
8J×17ホイール+225/55R17タイヤ 〔ランフラット・タイヤ〕
528i
523i/523dオプション可
18インチ ストリームライン・スタイリング364 アロイ・ホイール
8J×18ホイール+245/45R18タイヤ 〔ランフラット・タイヤ〕
アクティブハイブリッド5標準
523i/523d/528iオプション可
18インチ マルチスポーク・スタイリング454 アロイ・ホイール
8J×18ホイール+245/45R18タイヤ 〔ランフラット・タイヤ〕
523i/523d/528i
18インチ M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング613M
(フロント) 8J×18ホイール+245/45R18タイヤ
(リヤ) 9J×18ホイール+275/40R18タイヤ 〔ランフラット・タイヤ
523i/523d/528i
18インチ Vスポーク・スタイリング328 アロイ・ホイール
8J×18ホイール+245/45R18タイヤ 〔ランフラット・タイヤ〕
523i/523d/528iオプション可 523i/523d/528iオプション可
18インチ タービン・スタイリング452 アロイ・ホイール
8J×18ホイール+245/45R18タイヤ〔ランフラット・タイヤ〕
535i/550i標準
19インチ マルチスポーク・スタイリング455 アロイ・ホイール
(フロント)8.5J×19ホイール+245/40R19タイヤ
(リヤ)9J×19ホイール+275/35R19タイヤ 〔ランフラット・タイヤ〕
535i/550i標準
523i/523d/528iオプション可
19インチ M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング351M
(フロント) 8.5J×19ホイール+245/40R19タイヤ
(リヤ)9J×19ホイール+275/35R19タイヤ 〔ランフラット・タイヤ〕
535i/550i標準
523i/523d/528iオプション可

インテリア

スタンダード modern / Luxury M Sport
マルチファンクション・レザー・ステアリング・ホイール
マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール
マルチファンクション M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール(シフト・パドル付)
チルト&テレスコピック・ステアリング・コラム 523i/523d標準
電動式チルト&テレスコピック・ステアリング・コラム
523i/523dオプション
シート
電動フロント・シート
8ウェイ/運転席& 助手席、運転席メモリー機能付

523i/523dオプション
電動フロント・シート
6ウェイ/運転席、4ウェ3/助手席
523i/523d標準
スポーツ・シート
運転席& 助手席
ランバー・サポート
運転席&助手席、電動調節式

523i/523dオプション

523i/523dオプション

523i/523dオプション
フロント・シート・ヒーティング
運転席& 助手席

523i/523dオプション

523i/523dオプション
可倒式リヤ・シート(60:40に分割可能)
アクティブハイブリッドは不可

アクティブハイブリッドは不可

アクティブハイブリッドは不可
ダコタ・レザー・シート
523i/523dオプション

523i/523dオプション
グレー・シャドー・クロス/アルカンタラ・コンビネーション・シート
インテリア・トリム ハイグロス・ブラックトリム/パール・グロス・クローム・ハイライト 523i/523d/528i標準
ファインライン・アンソラジット・ウッド・トリム/パール・グロス・クローム・ハイライト
アッシュ・ウッド・トリム/パール・グロス・クローム・ハイライト
アルミニウム・ヘキサゴン・トリム
BMW Individual アンソラジット・ルーフ・ライニング 523i/523d不可 523i/523d不可
リヤ・ウインドー・ローラー・ブラインド(電動)
リヤ・サイド・ウインドー・ローラー・ブラインド(手動)
BMW ヘッドアップ・ディスプレイ
オートマチック・エア・コンディショナー
AUC〔オートマチック・リサーキュレーティング・エア・コントロール〕、マイクロ・フィルター[花粉除去機能付]、REST機能〔余熱暖房〕、左右独立温度調節機能付
4ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナー(前後左右独立温度調節機能付)
ドア・シル・プレート(BMWロゴ/イルミネーション)
ドア・シル・プレート(Mロゴ付)
ドア・シル・プレート(クローム仕上げ、ActiveHybrid 5 ロゴ付)

BMW5シリーズ セダン(F10)のオプションパッケージ

BMW5シリーズ 装備類

使い方次第ではお得な割安パッケージ

オプション単品をパッケージ化して割安設定とされるオプションパッケージ。グレードごとの差を持たせつつもプラスアルファをお求めやすくしたこのパッケージ、当然気になるのはメニュー内容と価格。実際の車両価格と見比べて、自分に合った一台に仕上げることができます。

HI-LINE パッケージ

  • 価格:390,000円
  • 対象:532i、523d BluePerformance
  • 528i、535i、550iには標準装備
対象モデル 内容
電動フロント・シート 8ウェイ/運転席&助手席、運転席メモリー機能付
フロント・シート・ヒーティング
ダコタ・レザー・シート ヴェネト・ベージュまたはブラックで仕上げられたレザー・シート。
リヤ・ウインドー・ローラー・ブラインド リヤ・ウインドーおよびリヤ・サイド・ウインドー用。眩しさを防ぎ、車内のプライバシーを守る。

コンフォート・パッケージ

  • 価格:270,000円(Mスポーツ パッケージと組み合わせた場合は190,000円)
  • 対象:528i、535i、550i
対象モデル 内容
フロント・コンフォート・シート バックレスト上部角度、バックレスト幅、サイ・サポート調節機能、コンフォート・ヘッドレスト付。
フロント・ベンチレーション・シート パーフォレーテッド(小孔)・パターンとなり、表面に細かい通気孔が開きます。
リヤ・シート・ヒーティング シートヒーターを後部座席にも搭載。

イノベーション・パッケージ

価格:480,000円(550i)、630,000円(532i、523d BluePerformance、528i、535i)

対象モデル 内容
ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール

停車/発進をくり返す渋滞時の運転負荷を軽減し、アクティブ・セーフティに貢献します。このシステムは先行車との車間距離を測定し、あらかじめ設定された距離を維持。レーダーを用いた前車接近警告機能とともに、衝突回避・被害軽減ブレーキも搭載されています。ストップ&ゴー機能は停止に至るまで自動的に速度を制御するだけではなく、交通の流れが回復すれば設定された速度まで再び自動的に加速します。

先行車が急ブレーキをかけた際、前車接近警告機能が働き、瞬時に車両が反応します。第1段階は表示による警告で、それでもドライバーが反応しない場合、第2段階として警告音によってドライバーの注意を喚起します。さらに衝突が不可避と判断すると、短時間軽いブレーキをかけ被害を軽減します。

BMWナイト・ビジョン フロント・グリル内に設置された赤外線カメラにより最長100m先までの人や動物の姿をコントロール・ディスプレイに映し出します。
BMWヘッドアップ・ディスプレイ 車速やナビ情報などをフロントウィンドウに表示(550iには標準装備)。
レーン・チェンジ・ウォーニング 時速50km/h以上で走行中に、リヤ・バンパーに組み込まれたセンターが、ドライバーから死角になる左右後方の車両や追い越し車線上を急接近してくる車両を認識し、ドア・ミラー内側に組み込まれたインジケータを点滅させ、ドライバーに警告します。
レーン・ディパーチャー・ウォーニング 車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリング・ホイールを振動させてドライバーに注意を促します。
前車接近警告機能 前方車両に近づき過ぎたり、衝突の危険を察知した場合に、2段階の警告を発します。

アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ

価格:240,000円 | 対象モデル:532i、523d BluePerformance、528i、535i

対象モデル 内容
ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール

停車/発進をくり返す渋滞時の運転負荷を軽減し、アクティブ・セーフティに貢献します。このシステムは先行車との車間距離を測定し、あらかじめ設定された距離を維持。レーダーを用いた前車接近警告機能とともに、衝突回避・被害軽減ブレーキも搭載されています。ストップ&ゴー機能は停止に至るまで自動的に速度を制御するだけではなく、交通の流れが回復すれば設定された速度まで再び自動的に加速します。

先行車が急ブレーキをかけた際、前車接近警告機能が働き、瞬時に車両が反応します。第1段階は表示による警告で、それでもドライバーが反応しない場合、第2段階として警告音によってドライバーの注意を喚起します。さらに衝突が不可避と判断すると、短時間軽いブレーキをかけ被害を軽減します。

レーン・チェンジ・ウォーニング 時速50km/h以上で走行中に、リヤ・バンパーに組み込まれたセンターが、ドライバーから死角になる左右後方の車両や追い越し車線上を急接近してくる車両を認識し、ドア・ミラー内側に組み込まれたインジケータを点滅させ、ドライバーに警告します。
レーン・ディパーチャー・ウォーニング 車線からクルマが逸脱しそうになると、ステアリング・ホイールを振動させてドライバーに注意を促します。
前車接近警告機能 前方車両に近づき過ぎたり、衝突の危険を察知した場合に、2段階の警告を発します。

BMW5シリーズ セダン(F10)のボディカラー

全11色からなるカラーバリエーション

ソリッド・カラーが2色、メタリック・カラーが10色の計12色がラインアップされる5セダンのカラーバリエーション。なおカーボンブラック、ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクトはMスポーツのみ選択可能となっています。

BMW5シリーズ ボディカラー
BMW5シリーズ ボディカラー

価格・エコカー減税優遇額

本体価格 減税合計
 取得税+重量税 
523i スタンダード 633万円 約70,800円
モダン / ラグジュアリー 687万円 約76,200円
Mスポーツ 679万円 約75,400円
523d スタンダード 656万円 約193,900円
モダン / ラグジュアリー 710万円 約207,400円
Mスポーツ 702万円 約205,500円
528i スタンダード 699万円 約77,400円
モダン / ラグジュアリー 724万円 約81,000円
Mスポーツ 739万円 約82,500円
535i スタンダード 902万円 約97,700円
モダン / ラグジュアリー 926万円 約100,100円
Mスポーツ 953万円 約102,800円
アクティブハイブリッド5 スタンダード 912万円 約151,800円
モダン / ラグジュアリー 931万円 約154,700円
Mスポーツ 955万円 約158,300円

減税額はオプション選択などにより減税率が異なる場合や対象外となる場合があります。正確な金額はお見積もり時にお確かめください。

BMW5シリーズ セダン(F10)のギャラリー

フォトギャラリー

クリックで拡大できます。

動画:BMW AG公式動画

The new BMW 5 Series. Launchfilm.

The New BMW 5 Series. Interior.

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集チーム

クラブカーズ編集部です。これから自動車を購入する人のための入門記事や購入した後のカーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW5シリーズ セダン(F10) 徹底購入ガイド 」 に関するページです。

ページトップへ