- BMW
メニュー

進化し続ける自動車ヘッドライト。そのトレンドを調査しました。

BMW オプションパーツ紹介|

bmwm4iconiclights

ここ最近、7シリーズの「レーザーライト」やM4の「OLED(有機発光ダイオード)」など、ヘッドライトに関する新しい技術が次々に発表されていますね。車にとってヘッドライトは、ルックス面からも走行面からも非常に重要なパーツ。そこで本稿では、BMW・BMW MINIを中心に自動車業界のライト技術について調べてみましたよ。

ライティング技術

bmwi8laserlight

圧倒的な小ささと、明るさ「レーザーライト」

ヘッドライトのライティングでは、これまであったハロゲンやHID、LEDからさらに進化した「レーザーライト」が登場しています。レーザーライトとは、LEDにレーザー光を組み合わせたもの。LEDより照射距離で2倍、明るさで5倍という驚異的な性能を誇ります。しかも本体サイズは、LEDの1/100で済むのだとか。このレーザーライト、現状ではi8や7シリーズといったハイエンドモデルにのみの搭載となっていますが、今後はBMW、BMW MINIへと採用されていくのは間違いないでしょう。

bmwoled

色鮮やかなOLED

この他、ヘッドライトではOLED(有機発光ダイオード)も見逃せません。こちらはBMW M4で採用されたライティング技術で、発光体をわずか1,4mmの薄さで作成可能。これまでは寿命や発光効率の悪さが課題となっていましたが、これらの課題が解決され一気に市販化への道がひらけました。今後はこのOLEDを使って、いっそう表現が豊かになりそうですね。

制御技術

アダプティブヘッドライト

ここ最近で一気に進んだ制御技術

一昔前は前面を照らすだけだったヘッドライトですが、現在はさまざまな技術が導入されています。例えば交差点などで進行方向を照らしてくれたり、ハイビーム走行中に対向車が来れば自動的にロービームにしてくれたり。

こう聞くと「ハイビームにすることってあまりないから、別にいらないよ」と思う方もいるかも知れませんね。しかし、本来ハイビームはもっと積極的に使った方がいいのです。というのも、ハイビームを使えば安全性も大きく高まるからです。茨城県警察本部交通企画課の調べによれば、ハイビーム走行すれば、夜間に発生した歩行者死亡事故の半数は防げただろうとしています。

とは言え、ハイビームは対向車が来るたびにロービームに切り替える必要があったり、使いづらいのも確か。そのため「オートハイビーム」技術は、かなり注目されています。

lexus_ahs

オートハイビーム技術は、対向車や先行車を認識し照射範囲を自動制御しているわけですが、単に対向車が来たら自動でロービームに切り替えているだけではありません。例えば、マツダが1月にマイナーチェンジしたCX-5に採用した「アダプティブ・LED・ヘッドライト:ALH」では、前方を認識するカメラとLEDのライトを効果的に組み合わせています。これにより、照射範囲を左右合わせて8つのエリアに分けてLEDの点灯と消灯を制御し、対向車のいる方向のハイビームだけを消灯するというような制御を行っています。

また、トヨタでは同じようなシステムとして「アダプティブハイビームシステム(AHS)」を開発、クラウンやLEXUSの各モデルに導入しました。こちらのシステムでは、マツダのシステムのように部分的に消灯するのではなく、ヘッドライト内の遮光板を制御することで、対向車などへのハイビームを遮っています。その他、ハイビームとロービームの自動切り替えシステムはスバル レヴォーグや日産 スカイライン、ホンダ レジェンドなど多くの車種に普及しております。

BMWのライト技術

BMW レーザーライト

オートヘッドライトの先の世界を提示

こうしたライト技術の発展の中で、BMWは単なるオートハイビーム…ではなく、新たな未来を提示していますよ。最近発表されたBMW M4コンセプトで用意された「Concept Iconic Lights」などがその例です。このコンセプトでは、レーザーライトとハイビーム制御技術を組み合わせ…

  • 600メートル先までを照射するハイビーム制御
  • 歩行者への選択的なスポットライト照射
  • カーナビと連動した、カーブなどでの照射方向の制御
  • 車両前方へのアラートの表示

など、さらに進んだ機能を提案しています。

最後に

これまでの自動車におけるライトの歴史では、主に発光体の革新に主眼がおかれていましたが、これからはその発光体を活かした制御技術でも新たな発展を遂げようとしています。何年か後には、今のヘッドライトとは全く違ったもの…つまり自動車の顔が変わっていくということも起こりえるかもしれませんね。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「進化し続ける自動車ヘッドライト。そのトレンドを調査しました。 」 に関するページです。

ページトップへ