- BMW
メニュー

BMW 7シリーズに自動駐車システム「リモート・コントロール・パーキング」が搭載!

BMW オプションパーツ紹介|

BMW自動駐車

近年、自動車メーカー各社はクルマの自動運転化や緊急ブレーキなど、ドライバーをサポートしてくれる運転支援システムを積極的に開発、導入しています。その中BMWは車外からリモコンの遠隔操作によって、クルマの駐車を自動で行なうことができる「リモート・コントロール・パーキング」を2015年に発表、2016年5月よりBMW7シリーズにその革新機能を搭載して販売をスタートしました(オプション価格7万4000円)。まだまだ日本では実用的とは言えない機能ですが、数年のうちに進化し、使いやすい機能となってくれるのを期待します。まずは7シリーズへの採用ですが、機能熟成を進めながら3シリーズなどにも展開し、いずれはMINIにも採用されていくでしょう。

概要

2016年5月16日より日本市場導入

リモート・コントロール・パーキングを量産車として搭載するのは、BMWが世界初。面倒な駐車を自動でこなしてくれるということで、世界中から注目を受けています。ただ7シリーズに搭載されるものは、車幅の1.5倍のスペースが必要という但し書きがあります(2015年11月発表時のデータ)。7シリーズは車幅が1902mmですから、車庫の幅は3m弱必要になりますね。狭いところに停められるのが自動駐車のメリットと考える方も多いでしょうし、大都市圏では駐車スペースが狭いことが多いので今後の改善に期待したいところです。

操作方法

BMWディスプレイ・キーで操作

実際に、リモート・コントロール・パーキングを行うには、BMW専用のディスプレイ・キーが必要になります。ディスプレイ・キーの操作によりドライバーは車外から駐車を行なうことができるのです。リモート・コントロール・パーキングの作動中は、PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)、パーキング・アシスタント、さらにはカメラ・システムによりモニターされているので安心。クルマが移動している時に、歩行者の不意な飛び込みを検知し、駐車を自動的に停止する安全設計も搭載しています。駐車したあとは、BMWディスプレイ・キーを使ってエンジンの停止もできます(もちろんエンジン始動も可能)。リモート操作で駐車スペースから出す際は、クルマは自動的にまっすぐバックします。

リモート・コントロール・パーキングの注意点が3つあります。まず利用において、クルマを駐車スペース(ガレージ)に向かって、正面中央に停車させる必要があること。次に車は前向き駐車になることでしょう。特に日本は後退式パーキングが多いですからこの辺りはやや不便ですし、狭いスペースを自動で切り返しして駐車してくれる機能を求める人が日本では多いでしょうね。最後に上述しましたが、パーキング自体のスペース。車幅の1.5倍くらいのスペース(7シリーズだと3m弱)が必要です。

ディスプレイキー

photo2

2016年中旬以降の日本市場で販売する全モデルに標準装備

このディスプレイ・キーには新しい技術基準が投入されています。走行可能距離やドア、ウインドウのロック/アンロック操作、パーキング・ベンチレーション機能、BMWディスプレイ・キーの充電状況といった、さまざまな情報を液晶ディスプレイに表示してくれます(もちろん時計もあり)。さらに、選択した機能をディスプレイ内蔵のタッチ・パネルからも操作ができるようになっています。こちらは、2016年中旬以降に日本市場で販売する全モデルに標準装備する予定ですよ。

動画

2016年5月に公開されたリモートパーキングイメージ動画

BMWが公式動画にて、実際の自動駐車シーンを公開しています(動画再生後、2分後くらいから)。実にスムーズに駐車してくれることがわかります。

Overview: The innovative features of the all-new BMW 7 Series.

日本語字幕付きのリモートパーキングイメージ動画です。

関連記事
Related Articles

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW 7シリーズに自動駐車システム「リモート・コントロール・パーキング」が搭載! 」 に関するページです。

ページトップへ