メニュー

BMWが燃料電池車 (FCV) の開発車両を公開! i8と5シリーズがベース【FCV解説付き】

編集部通信|

BMW Hydrogen fuel cell drive system

2012年6月にBMWとトヨタは、燃料電池車(FCV)やスポーツカー開発で提携しましたが、いよいよFCVのプロトタイプが出てきたようですよ。ベース車両はBMW i8とBMW 5シリーズグランツーリスモです。FCV自体の解説とともに、ご紹介していきますよ。「FCVのことはわかってる! BMWを見せてくれ」という方は、このリンクをクリックください

燃料電池車

TOYOTA MIRAI

究極のエコカー

現在、環境性能の高い車といえばハイブリッドやプラグインハイブリッド、電気自動車など様々なものがありますよね。中でもFCVは「究極のエコカー」として、注目を集めているテクノロジー。昨年末、トヨタ自動車が初の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を発売、大きなニュースとなったのを覚えておられる方も多いのではないでしょうか。ただ、燃料電池車と言っても具体的にどういう仕組なのか(電気自動車やハイブリッドと何が違うのか)、いまいちわかりませんよね。そこでまず燃料電池車について、簡単にご説明いたします。

FCVの仕組み

写真:TOYOTA自動車

電気を作れる車、FCV

燃料電池を一言で説明すると、「水素と酸素を化学反応させて電気を作る電池」ということになります。燃料電池車とは、これを搭載してモーターで走る電気自動車(EV)のことです。「じゃあ、電気自動車と呼べばいいじゃない」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、FCVとEVの間には大きな差があります。それが「電気を作れるかどうか」という点。EVは充電して貯めた電気で走りますが、FCVは自動車で電気を作ることが出来ます。このためEV最大の課題である「航続距離の心配」は、ほとんどありません。ガソリン車同様に走行できる安心感は絶大と言えるでしょう。ちなみに最近TOYOTA社が発表したFCV車「MIRAI」の航続距離は650kmに達しています。これで足りないという方は、ほとんどいないのではないでしょうか。

MIRAI 水素充填

燃料は水素。充填はわずか3分で完了

FCVは大気中の酸素に水素を化学反応させることで、走ります。このため水素充填が必要になるわけですが、こちらも電気自動車よりもメリットがあります。現在、電気自動車は急速充電でも30分程度の時間がかかりますが、FCVなら約3分(TOYOTA MIRAI)となっています。これならガソリンと同じ感覚で利用できますよね。

水素ステーション

圧倒的に少ない水素ステーション

このようにメリットが大きいFCVですが、まだまだ課題も多くあります。中でも最大の課題が、水素ステーションの少なさ。2015年現在では全国に100ヶ所以下しかない状態です(ガソリンスタンドは34,000ヶ所)。電気自動車は受電スタンドがなくても、家庭用コンセントがあればなんとか充電できますが、FCVは水素充填なのでどこでも行うわけにはいきません。水素ステーションが100ヶ所以下という状況は、実用性という観点ではほぼないと言っていいでしょう。FCVのコンセプトは非常に素晴らしいですが、現時点においてはインフラが間に合っていないというのが実情です。

FCVまとめ

メリットも多いが、肝心のインフラが不足

  • 水素重点で、車が発電してくれる
  • 燃料は酸素と水素のみ。このため走行中のCO2はゼロ
  • 航続距離が非常に長い。MIRAIは650km
  • 充填時間が短い。MIRAIはわずか3分
  • 水素は多様な1次エネルギーから製造可能。最近では下水から水素を取り出す研究も
  • インフラが少なく水素ステーションは、全国で100ヶ所以下(自動車メーカーとエネルギー会社では2015年に100ヶ所を目標に掲げている)

BMWのFCV

BMW Hydrogen fuel cell drive system

5シリーズを使ったデモンストレーション

課題の多いFCVですが、それでもメリット考えれば、今後インフラが充実していく可能性は大いにあります。そういった意味で、日本の自動車メーカーはもちろん、欧州メーカーも多くがFCV研究をスタートさせています。中でもBMWは、MIRAIで先行するTOYOTAと提携し、FCVを強力に推進している状況です。

そんな中、BMWは「BMW Group Innovation Days 2015」において、BMWはFCVのデモンストレーションを行いました。ベースとなったのは5シリーズ グランツーリスモです。

BMW Hydrogen fuel cell drive system

最高出力248ps、満充填で500km走行可能

使用されたのは最高出力248psのEVモーターで、これはBMW i8やBMWが開発中のプラグインハイブリッド用を改良したもの。燃料電池部分は、トヨタと共同開発したものを使用しており、MIRAIのものとは異なっているようですね。なお水素の燃料タンクは車体中央付近に設置され、満充填で最大500km以上走行することが可能とされています。充填時間は約5分です。

BMW Hydrogen fuel cell drive system

2020年に初期モデル完成!?

今回のBMWとトヨタの提携では、2020年でのFCVの初期モデル完成を目指しているようです。すでにMIRAIがありますから、おそらく2020年には新型BMWのFCVモデルが見られるでしょう。ただどんなに素晴らしいモデルも、肝心の水素ステーションがなければ絵に書いた餅同様。BMWの新型車も楽しみですが、こちらの充実も是非お願いしたいものですね。

フォトギャラリー

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMWが燃料電池車 (FCV) の開発車両を公開! i8と5シリーズがベース【FCV解説付き】 」 に関するページです。

ページトップへ