- BMW
メニュー

BMW 6シリーズ グランクーペ(F04) 徹底購入ガイド

BMW徹底解説|

BMW 6シリーズ・グランクーペ (F04)

目次

  1. モデル概要
  2. ボディサイズ&パッケージ
  3. エクステリア・インテリア
  4. 試乗インプレッション
  5. グレードとエンジン(燃費)
  6. グレードごとの装備差
  7. オプション
  8. オプションパッケージ
  9. ボディカラー
  10. 価格・エコカー減税優遇額
  11. ギャラリー(動画・写真)

モデル概要

BMW 6シリーズ・グランクーペ (F04)

多様化するニーズにマッチした新感覚のラグジュアリークーペ

BMWの「プレミアム・ラグジュアリー・クーペ」レンジに導入されているのが、こちら6シリーズ。2012年6月に発売された6シリーズグランクーペは、クーペの美しいスタイリングと4ドア・モデルとしての機能性を兼ね備えたBMW初のラグジュアリー4ドア・クーペです。6シリーズとしては、2ドア・クーペ、カブリオレに続く第3弾のモデルとなりました。

国産車ではクーペモデルの不振が続いていますが、輸入車においてはその人気は衰えていません。圧倒的なパフォーマンスを誇る高い走行性能、贅を尽くした室内空間、そして充実した安全装備によって目的地まで移動する時間でさえも、くつろぎの時間へと変えてしまう、それが6シリーズグランクーペです。BMWらしい「駆け抜けるよろこび」を最も表現しつつも、より多様化するニーズにマッチした新感覚の高級車といえるでしょう。

ボディサイズ&パッケージ

BMW 6シリーズ・グランクーペ (F04)

後席の居住性をより向上させるためにホイールベースを拡大

6シリーズグランクーペのボディサイズは全長5010mm×全幅1895mm×全高1390mm。2ドアクーペに比べて、全長が120mm、全高が20mm、ホイールベースが115mm拡大されています。その拡大されたホイールベースはリアシートの快適性に当てられており、スポーティなデザインと高いサポート性を併せ持つ左右独立タイプながら、シート・ベルトやシート・クッションが後席中央にも装備され、後席には3名の乗車が可能になっています。

トランクの容量は460リットルを確保。そして60:40の分割可倒式のリア・シートのバックレストを全て倒せば最大1265リットルまで拡大することができ、様々な用途にマッチした高い機能性を実現しています。

BMW 6シリーズ/ボディサイズ比較

6シリーズ・クーペ 6シリーズ・カブリオレ 6シリーズ・グランクーペ 4シリーズ・グランクーペ
全長(mm) 4,895 4,895 5,010 4,640
全幅(mm) 1,875 1,895 1,895 1,825
全高(mm) 1,370 1,365 1,390 1,395
ホイールベース(mm) 2,855 2,855 2,970 2,810

エクステリア・インテリア

BMW 6シリーズ・グランクーペ (F04) エクステリア

エクステリア:美しいスタイリングに高い快適性と機能性を兼ね備えている

「世界一美しいクーペ」と評され、プレミアム・ラグジュアリー・クーペとしての時代を築き上げた初代6シリーズ。そのDNAを受け継いだ上質さと、高いスポーツ性を兼ね備えた美しいスタイリングにクーペとしてのエモーショナルさ。そして4ドアモデルとしての高い快適性と機能性を兼ね備えています。フロント・デザインは低く構えたワイドな立体的なデザインバーが特徴のキドニーグリルと、左右に大きく開いたクロームインサイトを施したエア・インテークが低重心さとワイド感を強調。

ボンネットには、キドニーグリルへと続くVシャープラインによってダイナミックさを強調しています。新デザインとなったLEDヘッドライトは(アダプティブLEDヘッドライトが標準化されています)、ターン・インジケータがヘッドライト上部に配され、これまで以上にシャープな顔立ちとなっています。サイドは長いフロントノーズとキャビンを包み込むように流れるクーペのルーフ・デザインが特徴で、フロントのショート・オーバー・ハングがスポーティさを、そしてサイドを流れるウェスト・ラインがダイナミックで優雅さを際立たせているのが特徴です。

BMW 6シリーズ・グランクーペ (F04) インテリア

インテリア:重要な操作系がドライバーの手が容易に届く範囲に配置

インテリアはプレミアム・ラグジュアリー・クーペに相応しい、極めてエクスクルーシブなインテリアデザイン、ドライバー・オリエンテッドなコックピット、そして4ドア・モデルとしての高い機能性と快適性を併せ持っています。センター・コンソールからインスツルメント・パネルに向かって上昇していくラインや、フロントからリアへ流れるドア・トリムの美しいラインなどがインテリアに躍動感を与えています。

コックピットデザインではエルゴノミクスによって、重要な操作系がドライバーの手が容易に届く範囲に配置。そしてドライバーが最も見やすいダッシュボード最上部に配置された10.2インチ高解像度ワイド・コントロール・ディスプレイは独立型フラット・スクリーンを採用し、クロームの枠を施すことでインテリアの美しさを際立たせています。また、インスツルメント・パネルのデザインは助手席を調和と取れたラインで包み込むのが特徴です。

試乗インプレッション

BMW 6シリーズ・グランクーペ (F04)

先進テクノロジーによって、駆け抜けるよろこびを際立たせる

6シリーズグランクーペはラグジュアリーカーとスポーツカーの2つの顔をもつクルマです。FR(フロントエンジン・後輪駆動を採用し、約50:50の理想的な前後重量配分を達成することで精確なハンドリングとコーナリング時の車両安定性を実現しています。

試乗したのは640iグランクーペ。街乗りや高速道路でのクルージングにおいてはラグジュアリーカーらしい高い静粛性と極上の乗り心地が際立つ。前輪の切れ角を車速に応じて可変制御するアクティヴステアリングに、後輪のステアリング機能を組み合わせたインテグレイテッド・アクティブ・ステアリング(前後輪統合制御ステアリング・システム)を装備し、中低速域の多い街中では俊敏性及び取り回しの良さを、そして高速域では走行安定性に大きく貢献してくれます。

スイッチ一つで、エンジン・レスポンスをはじめ、ATのシフトタイミングや、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)の設定が連動して調整されるドライビング・パフォーマンス・コントロールを切り替えて最もハードなスポーツ・プラスにすると6シリーズグランクーペの秘めたスポーツ性が目覚めます。

全長5mを超えるボディサイズながら、パワフルなエンジンと高いボディ剛性、そしてアルミ製のダブル・ウィッシュボーン・フロント・アクスルとインテグラル・アーム式リア・アクスルの組み合わせによってワインディングでも身のこなしが軽く、ステアリング操作に対してリニアな反応を示し、どんなシチュエーションにおいても駆け抜けるよろこびを実感できるクルマになっています。

グレードとエンジン

BMW 6シリーズ・グランクーペ (F04)

6シリーズグランクーペには2種類のガソリンエンジンを設定

640iグランクーペには3リットル直列6気筒ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。最高出力235kW [320ps] / 5800rpm、最大トルク450Nm [45.9kgm] /1300-4500rpmを実現しているこのエンジンは、圧倒的なパワーとシルクのような滑らかなフィールが特徴です。排気ガスを効率良く、エネルギーに変換するツイン・スクロール・ターボチャージャーをはじめ、ダブルVANOS、ダイレクト・イグニッション・システムなどにより、ハイパワーと低燃費性能を両立。0-100km/h加速はわずか5.4秒というパフォーマンスを発揮します。

650iグランクーペにはツインターボチャージャーをはじめ、ダブルVANOS、ダイレクト・イグニッション・システムなど革新テクノロジーを採用した4.4リットルV型8気筒ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。最高出力330kW [450ps] / 5500rpm、最大トルク650Nm [66.3kgm] /1500-5750rpmというハイパワーを実現。0-100km/h加速は4.6秒というピュアスポーツカーに匹敵する性能を発揮しながらもBMWエフィシェントダイナミクステクノロジーによって高い燃費性能を実現しています。

これら2つのエンジンにはスムーズで精確なシフトチェンジを行う8速スポーツオートマチック・トランスミッション(ステップトロニック、シフト・パドル付)を搭載。クロス・レシオのギヤ比によってスポーティな加速性能だけでなく、燃費向上にも貢献し、素早いシフトチェンジによって快適なドライビングが楽しめます。

なお燃費は燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値)で、 640iグランクーペが12.4km/L、650iグランクーペが9.6km/Lを実現し、640iグランクーペは全てのモデルがエコカー減税の対象となっています。

グレードごとの装備差

6シリーズグランクーペは全4グレードのラインナップ

6シリーズグランクーペのグレード体系は全モデルにスタンダードとMスポーツが設定され、全4グレードのラインナップになっています。

ベースモデルに対してMスポーツはMエアロダイナミクス・パッケージをはじめ、マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル、マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリング・ホイール、運転席・助手席スポーツシート、BMWインディビデュアルハイグロス・シャドーライン・エクステリア、ダーククロム仕上げのデュアル・エキゾースト・テールパイプ。そして専用の19インチMライトアルミホイールが装着されています。

オプション

BMW 6シリーズ・グランクーペ (F04)

税贅を尽くしたモデルだけあってほとんどの装備が標準装備

1000万円を超える税贅を尽くしたモデルだけあって、ほとんどの装備が標準装備となっています。640iグランクーペ、650iグランクーペ共にオプション装備として設定されているのはチルト、コンフォート・オープン・クローズ機能付の電動ガラス・サンルーフのみ。

640iグランクーペのスタンダードモデルはBMWヘッドアップ・ディスプレイをはじめ、メタリック・ペイント、BMWインディビデュアルハイグロス・シャドーライン・エクステリア、ソフトクローズドア。640i、650iのスタンダードモデルはマルチ・ディスプレイ・メーター・パネルなどがオプション装備として設定されています。

オプションパッケージ

BMW 6シリーズ・グランクーペ (F04)

コンフォートパッケージを含む2つのオプションパッケージを設定

650iグランクーペのみに2つのオプションパッケージが設定されています。表面に細かい通気孔があり、ベンチレーション機能のあるフロント・コンフォート・シートをはじめ、リア・シート・ヒーティング、そして前後左右独立温度調節機能付4ゾーン・オートマチックエア・コンディショナーがセットになったコンフォートパッケージ。

そして上質で、肌触りの良いナッパレザーを採用した、エクスクルーシブ・ナッパレザー・インテリアをはじめ、ダッシュボードの上部やセンターコンソール、ドアトリム上部までナッパ・レザーを使用するレザー・フィニッシュ・ダッシュボード、そしてコントラスト・ステッチが組み合わされたエクスクルーシブ・ナッパ・レザーパッケージが用意されています。

ボディカラー

ボディカラーは全9色のラインナップ

ボディカラーは全9色のラインナップになります。ソリッドカラーはアルピン・ホワイトIII。メタリックカラーはブラック・サファイア、スペース・グレー、カシミヤ・シルバー、ミネラル・ホワイト、メルボルン・レッド、グレイシャー・シルバー、ジャトバ、メディラテニアン・ブルーというラインナップ。なおエストリル・ブルーはMスポーツのみ選択が可能です。

またMスポーツはソリッドのアルピン・ホワイトIII、メタリックカラーはカーボン・ブラック・メタリック、ブラック・サファイア、スペース・グレー、メルボルン・レッド、グレイシャー・シルバー、メディラテニアン・ブルーの7色のみの設定となっています。

オプション設定のBMWインビディビュアルとして、シトリン・ブラック、ルビー・ブラック、ムーンストーン、タンザナイト・ブルー、フローズン・ブロンズ、フローズン・ブリリアント・ホワイト、ブリリアント・ホワイト、フローズン・グレー、フローズン・シルバー、ピュア・メタル・シルバーの10色を設定しています。

BMW6シリーズ ボディカラー
BMW6シリーズ ボディカラー

価格

グレード 本体価格 エコカー減税 自動車税 優遇額
取得税 重量税
640i スタンダード 1057万円 約102,400円 約22,500円 約25,500円 約150,400円優遇
Mスポーツ 1138万円
650i スタンダード 1340万円
Mスポーツ 1398万円

ギャラリー

フォトギャラリー

動画:BMW AG公式動画

The new BMW 6 Series. Launchfilm.


【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW 6シリーズ グランクーペ(F04) 徹底購入ガイド 」 に関するページです。

ページトップへ