- BMW
メニュー

BMW4シリーズグランクーペ 徹底購入ガイド

BMW徹底解説|

BMW4シリーズグランクーペ

目次

  1. モデル概要
  2. ボディサイズ&パッケージ
  3. エクステリア・インテリア
  4. 試乗インプレッション
  5. グレードとエンジン(燃費)
  6. グレードごとの装備差
  7. オプション
  8. オプションパッケージ
  9. ボディカラー
  10. 価格

モデル概要

BMW4シリーズグランクーペ

美しさと機能性を見事に融合したスポーティ4ドアモデル

BMWのプレミアム・ミドル・クラスのクーペレンジに導入された「4シリーズ」。2ドアクーペ、カブリオレに続く、4シリーズの第3モデルとしてデビューしたのが「4シリーズグランクーペ」です(2014年6月発売)。「グランクーペ」はすでに6シリーズで導入されていますが、4シリーズが誇るクーペボディの傑出した美しさと圧倒的なダイナミズム…4ドアモデルの優れた機能性を融合した新しいコンセプトモデルとして注目を集めています。

他の4シリーズと同様に約50:50の理想的な前後重量配分に加え、フロント・セクションに専用のボディ強化対策を施しステアリング精度やレスポンスを向上、スポーティなクーペ・モデルに相応しい運動性能や俊敏なハンドリング、そして優れた走行安定性を実現しています。駆動方式はFRに加えて、BMWのクーペ・モデル初となるインテリジェント4WDシステム「xDrive」を搭載した420iグランクーペ xDriveも設定しています。

ボディサイズ&パッケージ

BMW4シリーズグランクーペ

居住性、積載性を向上した使い勝手の良いパッケージ

4シリーズグランクーペのボディサイズは、全長4640mm×全幅1825mm×全高1395mm。2ドアクーペに比べて全高が20mm高くなっており、美しいスタイリングを維持しながら室内のヘッドクリアランスを拡大させることで居住性が向上しています。大きなテールゲートは標準装備のオートマチック・テールゲート・オペレーションによって、かさばる荷物でも簡単に積み込み可能。

また、コンフォート・アクセスオープナーのスマート・オープナー機能により、荷物で両手がふさがった状態でも足元の操作によってテール・ゲートを開けることができます。ラゲージ・ルームの容量は2ドアクーペに比べ、35リットル拡大した480リットルを確保。そして、40:20:40の分割可倒式のリア・シートのバックレストを全て倒せば最大1300リットルという大容量のスペースが出現します。

エクステリア・インテリア

BMW4シリーズグランクーペ

エクステリア:滑らかに伸びる美しいルーフ・ラインが外観の特徴

BMWならではのショート・オーバーハング、ロング・ノーズ、後方に配置されたキャビンによる美しいプロポーションを実現。さらに2ドアクーペより112mm延ばされた滑らかなルーフ・ラインが美しさを強調し、サッシュレスのガラスエリアと相まって4ドアモデルながらエレガントな雰囲気が漂います。光の効果によって一段と強調されたボディ・サイドのキャラクター・ラインが、前に突き進むような躍動感溢れるスタイリングを主張。

そして緩やかなカーブを描く長いルーフのラインが、伸びやかなサイド・ビューを強調しています。リア・デザインは水平方向のボディ・ラインとワイドなデザインのL字型リア・コンビネーション・ライトが張り出したリアホイール・アーチとともにワイドトレッドを主張。また、クーペに比べて、ワイドな形状のルーフがリアビューの存在感をさらに強調しています。

BMW4シリーズグランクーペ

インテリア:リアシートのデザインにかなりのこだわりが伺える

様々なラインが美しく流れて複数の面とまざり合い、すべてがドライバーに向かって集約したドライバーオリエンテッドなコクピットは、センター・コンソールをドライバーに向けてわずかに角度が付けられており、全ての重要な操作系がドライバーの手の届く範囲に配置されています。またダッシュボードから始まり、ドア上部、そしてリア・シート・サイドへと流れるドア・トリムの美しいラインによってダイナミックかつ躍動感溢れるインテリアを演出。

またリアシートは、シートと一体化したスリムなヘッドレストとワイドなサイド・サポートによってボートデッキのようなスタイリッシュな雰囲気を演出するとともに、優れた快適性を実現。スポーティなデザインの左右独立タイプとしながら、シートベルトおよびシート・クッションが後席中央にも装備され、最大で3名が乗車できるようになっています。

試乗インプレッション

BMW4シリーズグランクーペ

ハンドリングの良さが魅力。意のままに操れる楽しさがある

試乗したのは「420iグランクーペ Mスポーツ」。スポーツセダンのベンチマークとなるBMW 3シリーズとほぼ同じボディサイズ、高いユーティリティをもつ4ドアクーペです。フロントサスペンションのフロント・アクスル・キャリアとサイド・シルの間にトーション・バーを装着し、ボディとフロント・アクスルの接続部分の剛性を強化したことで、ステアリングの精度やステアリング・フィードバックが格段に向上しています。BMWらしいドライバーのステアリング操作に、リニアで俊敏に反応するそのタイムラグがさらに短くなった印象を受けるはずです。

Mスポーツはフロントに225/45R18、リアに255/40R18と異なるサイズのタイヤを装着していますが、リアのスタビリティが高いので、高い直進安定性だけでなくコーナリング時の旋回中でもタイヤからのインフォメーションが非常にわかりやすいというのも特徴的。その結果、ドライバーがクルマを操る楽しさを十二分に味わうことができます。2リットル直列4気筒エンジンはどんなシーンにおいてもパワフルで、ワインディングでも鋭い加速を性能を見せてくれるでしょう。

美しいクーペのスタイリングと4ドアの高いユーティリティ。そして高い運動性能を実現した4シリーズグランクーペ。これまでのBMWファンだけでなく、新しいファンの獲得にも大きく貢献しそうな一台です。

グレードとエンジン

BMW4シリーズグランクーペ

2リットル直列4気筒ターボは2つの異なる出力を設定

420iグランクーペ/420i xDrive グランクーペには2リットル直列4気筒ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。最高出力135kW [184ps] / 5000rpm、最大トルク270Nm [27.5kgm] /1250-4500rpmを実現しているこのエンジンは、パワーと低燃費そしてCO2の排出量を低減をすべて実現しています。そして428iグランクーペには420iグランクーペと同じ2リットル直列4気筒ツインパワー・ターボ・エンジンながら、こちらは180kW [245ps] / 5000rpm 、最大トルク350Nm [35.7kgm] /1250-4800rpmという仕様で、0-100km/h加速は6秒を記録するほどの俊敏性が特徴です。

4シリーズグランクーペのフラッグシップとなる435iグランクーペには世界で権威のある「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー 2014」の2.5〜3リットル部門で栄誉を獲得した3リットル直列6気筒ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。最高出力225kW [306ps] / 5800rpm、最大トルク400Nm [40.8kgm] /1250-5000rpmというハイパワーを実現。0-100km/h加速は5.2秒、最高速度は250km/hをという卓越した性能を誇ります。

これらにのエンジンには2種のオートマチック・トランスミッションが組み合わされ、420iグランクーペ/420i xDrive グランクーペには8速オートマチック・トランスミッション、そして428iグランクーペ/435iグランクーペには8速スポーツオートマチック・トランスミッションを搭載しています。

なお燃費は燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値)で、420iグランクーペが16.4km/L、428iグランクーペが15.2km/L。そして435iグランクーペは12.7km/Lを実現し、420iグランクーペと428iグランクーペはエコカー減税の対象となっています。

グレードごとの装備差

BMW4シリーズグランクーペ

全モデルにスタンダード、ラグジュアリー、Mスポーツを設定

ラグジュアリーはベースモデルに対しフロント・シートヒーティング機能の付いたダコタレザーシートをはじめ、クロームバー仕上げのキドニーグリル、18インチアルミホイール、そしてインテリア・トリムがファインライン・アンソラジット・ウッド・トリム/パール・グロス・クローム・ハイライト仕上げとなっている。そして、MスポーツはMエアロダイナミクスパッケージを採用し、よりスポーティなエクステリアデザインに。

インテリアではシートにヘキサゴン・クロス/アルカンターラ・コンビネーションのスポーツシートを採用しています。足回りにはMサスペンションを採用するほか、各部にBMWのハイパフォーマンスモデルを手がけるBMW M社が開発した専用装備を数多く搭載しているのが特徴です。全モデルにスタンダード、ラグジュアリー、Mスポーツを設定しており、全12グレードのラインナップになっています。

オプション

BMW4シリーズグランクーペ

安全装備、快適装備など自分好みの1台をつくれる

安全運転を支援してくれるアドバンスド・セーフティ・パッケージや縦列駐車時に効果を発揮するパーキング・サポート・パッケージ、そしてMスポーツの走りをさらに磨きをかけるファスト・トラック・パッケージなどのセットオプションをはじめ、4シリーズグランスポーツには様々なオプション装備が設定されています。チルト&スライド機構付きの電動ガラスサンルーフ、総合出力600W、16スピーカー、9チャンネル・サウンドで高音質なサウンドが楽しめるharman/kardonサラウンド・サウンド・システム。

ステアリングの切った角度に合わせてフロントライトを照らしてくれるアダプティブLEDヘッドライト。そしてMスポーツにはフロント・シート・ヒーティング機構が付いたダコタレザーシートもオプション設定。さらにラグジュアリーとMスポーツにはインディビデュアルカスタマイズオーダープログラムを用意し、自分だけの1台を作ることもできます。

オプションパッケージ

BMW4シリーズグランクーペ

パーキング・サポートやBMWコネクテッド・ドライブも設定

4シリーズグランクーペ全モデルに、トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラやPDC(パークディスタンスコントロール)、そして縦列駐車をサポートするパーキング・アシストがセットとなったパーキング・サポート・パッケージを設定。さらに万が一の事故や故障のときにサポートしてくれるBMWドライバー・サポートデスクをはじめBMWリモート・サービス、コネクテッド・ドライブ・サービスがセットのBMWコネクテッド・ドライブ・プレミアムも用意しています。

また420iグランクーペと420i xDrive グランクーペのみに標準装備のドライビングアシスト機能をさらに強化するアドバンスド・セーフティ・パッケージを設定。Mスポーツの全モデルにはアクティブMサスペンションをはじめMスポーツ・ブレーキ、19インチアルミホイールがセットとなるファスト・トラック・パッケージが設定されています。

ボディカラー

4シリーズグランクーペは全14色のラインナップ

ソリッドカラーはアルピン・ホワイトIII、ブラック。メタリックカラーはブラック・サファイア、カラハリ・ベージュ、メルボルン・レッド、グレイシャー・シルバー、インペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクト、ミネラル・ホワイト、ミッドナイト・ブルー、ミネラル・グレー、スパークリング・ブラウン、ジャトバ、エストリル・ブルー、カーボン・ブラック・メタリックというラインナップ。

なおエストリル・ブルーはMスポーツのみ選択が可能。またMスポーツはソリッドのブラックの代わりにカーボン・ブラック・メタリックを設定し、ブラック・サファイア、グレイシャー・シルバー、ミネラル・グレーの6色のみの設定になっっています。

BMW4シリーズグランクーペ
BMW4シリーズグランクーペ

価格

モデル トランスミッション 車体本体価格 取得税 重量税 自動車税減税 減税・補助金 合計
420i グラン クーペ 8速AT 522万円 約52,200円 約30,000円 約19,500円 約101,700円
420i グラン クーペ Luxury 8速AT 565万円 約56,500円 約30,000円 約19,500円 約106,000円
420i グラン クーペ Msport 8速スポーツAT 563万円 約56,300円 約30,000円 約19,500円 約105,800円
420i xDrive グラン クーペ 8速AT 553万円 約55,300円 約22,500円 約19,500円 約97,300円
420i xDrive グラン クーペ Luxury 8速AT 596万円 約59,600円 約22,500円 約19,500円 約101,600円
420i xDrive グラン クーペ Msport 8速スポーツAT 594万円 約59,400円 約22,500円 約19,500円 約101,400円
428i グラン クーペ 8速AT 633万円 約63,300円 約22,500円 約19,500円 約105,300円
428i グラン クーペ Luxury 8速AT 676万円 約67,600円 約22,500円 約19,500円 約109,600円
428i グラン クーペ Msport 8速スポーツAT 674万円 約67,400円 約22,500円 約19,500円 約109,400円
435i グラン クーペ 8速AT 772万円 約0円 約15,000円 約0円 約15,000円
435i グラン クーペ Luxury 8速AT 793万円 約0円 約15,000円 約0円 約15,000円
435i グラン クーペ Msport 8速スポーツAT 809万円 約0円 約15,000円 約0円 約15,000円

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW4シリーズグランクーペ 徹底購入ガイド 」 に関するページです。

ページトップへ